癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

緊急の依頼です。6月27日(火)「Oneness☆Togetherness」に、ご参加下さい

ご都合のつくみなさまへ、
「Oneness☆Togetherness」へのご参加をお願い致します。


IS(イス)の光ネットワーク・ヒーリング
「Oneness☆Togetherness」

開始日時:
6月27日(火) 

日本時間は、夜23時より
ニューヨーク時間は、朝10時より
5分間の瞑想


コールイン(※)の場合は、上記の時間までに瞑想をしてください。

(他州や他国にお住まいの方は、お手数をお掛けしますが、
現地のお時間を調べて頂けますか?)


☆光を受ける方のお名前:

メージュンさん

☆依頼者のメージュンさんより、みなさまへのメッセージ:


足の骨を折ってしまいました。
手術は、30日なんですが骨を折ってから、6日間激痛に耐えていましたが、そろそろ限界にきました。
激痛にくわえ、ストレスで胃もムカムカしてくるし
眠れないし、手術は、怖いし、メンタルがボロボロです。
みなさんの力をお貸しください。
よろしお願いします。

image1.jpg



☆ 光を送る方法:

一人で、または、同じ祈りを捧げる方とご一緒に、
静かなリラックスできる場所で、
楽な姿勢で座るか寝転び、開始時間に目を閉じます。

光を受ける方のお名前と、上の画像を思い浮かべ、
写真から感じるエネルギーの色をイメージして下さい。
そして、そのエネルギーを、優しく抱きしめてあげて下さい。
(みなさんそれぞれに、抱きしめてあげて下さい)
そして、ご自分が発するOneness☆Togethernessの白い光で包み込んで、
エネルギーが癒されて溶けていくのをイメージして下さい。
5分経ったら、静かに目を開けます。


 *******

できれば瞑想の直前に、画像を見て下さい。
無理な方は、画像の印象を覚えるようにして下さい。

開始時間に、できれば、
ひとりきり、もしくは、同じ祈りを捧げる方と共に、
静かなリラックスできる場所で目を閉じて下さい。

場所は、お風呂でも、お手洗いでも、ベッドの中でも構いません。
一般的な瞑想とは違いますので、
背筋を伸ばして頂く必要はありません。
5分間リラックスできるなら、どんな姿勢でも大丈夫です。
お香やキャンドルなども必要ありませんが、
ご自身がリラックスできるようなら、お使いください。

「Oneness☆Togetherness」の5分間には、
必ずポコプンも参加します。
参加者さまの中には、瞑想中にポコプンを見る方がいるでしょう。
それは、みなさんの持つポコプンのイメージかもしれませんし、
青い光かもしれません☆

 *******

(※)Oneness☆Togethernessのコールインについて。
 
コールインとはコール・イン・メソッドCall-in-method)の略で、あらかじめ送り手がエネルギーの受取日時などを設定し、受け手はその設定日時・期間内であれば、いつでも好きな時にエネルギーを受け取れる方法のことです。
 
時間と空間の制限を受けないので、遠方に住んでいたり、海外で時差がある方、仕事が忙しくて厳密な時間設定が難しい方などには特にコールインは有効だそうです。
 
Oneness☆Togethernessのコールインの場合、グループ瞑想時間の日本時間は午後23時(ニューヨークは午前9時)に、受取人が、みなさまからの光を受け取ることにします。
 
この時間に瞑想ができない方は、日本時間の午後23時(ニューヨークは午前9時)に、光が届くようにイメージして、この時間までにお祈りをしてください。お祈りは何度していただいてもかまいません。
 
瞑想時間を過ぎてからのお祈りでも、もちろん光は届くのですが、コールインとしての効果は薄まるそうですので、できるだけ時間の前までにお祈りを済ませて下さいね。

 *******

以前にもお伝えしましたように、IS(イス)の光の効果で、
ご病気や苦しみが癒えるお約束はできません。
どうぞご了承くださいますようお願い致します。

ただ、たとえ治癒できない病の方でも、光を受ける事によって、
心の安らぎと平穏を感じて頂けるようになるそうです。

それでは、みなさま、よろしくお願い致します。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************




スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

血縁関係やビジネスのグループエネルギーがもつれると・・・の追記

先日の記事『血縁関係やビジネスのグループエネルギーがもつれると・・・』
に、なかなかの反響を頂いて、嬉しかったです♪

でも、グループのエネルギーがもつれるのは、とてもレアで、
誰もかれもに当てはまるわけではないそうです。

このエネルギーのもつれの原因は2つあって、
ひとつは、『ただの不運』
もうひとつは、『誰かの恨み』だそうです。

「八多さんの元ご主人の場合はただの不運です。
原因はなく、ある時から突然エネルギーがもつれ出します。
この不運のケースは、この世にとても数が少ないです」
と、ノンモさん。

はい。元夫の家族や親族のほぼ全員が、
このブログには紹介できないレベルの、
法に反することに関わっていましたし、
その中でも法に反したことをしない元夫でしたが、
家族と親戚がこんな調子で、常にトラブルが巻き起こるので、
心が休まる暇がなかったようですねぇ。

なので、ただの不運の場合は、
元夫の家族のような、よっぽどのケースとなります。

「ふたつめの原因の『誰かの恨み』は、『ただの不運』よりもっと少ないです。
というのも、恨みでエネルギーをもつれさせ、
一家を滅ぼせるだけの強い能力がある人は、
この世にほとんどいないからです」

それは、黒魔術とか、ブードゥー教みたいなものですか?

「はい。そうです。
恨みを持った人が、プロの黒魔術師に依頼して、
エネルギーをもつれさせ、呪いで一族を滅ぼすとします。
でも、その一族の恨みは、黒魔術師にも依頼者にも返ってこないんです」

そうなんですか?
それはフェアじゃないですね。

「ですね。その相手の恨みは、
黒魔術師と依頼者をすり抜けて消滅するんです」

原因が、グループのエネルギーのもつれなのか、
個人の心理なのかを見極める力を持ち、きちんと判断ができる人で、
エネルギーのもつれた部分をいったん切って、
なおかつ、また一つ一つ繋げてあげる作業ができる能力のある人でなければ、
危険だそうです。

「適当な人にやってもらうと、
グループが全滅するから気をつけて」

とポコプン。

「この世の霊能者や霊媒師のほとんどには能力がなく
お金儲けでやっている人がほとんどです。
能力がないので、人の心理を利用するんです。
不安にさせておいて、ちょっとした救いを与えて、
また不安にさせ、救いを与え…という風に、
クライアントを依存させるんですね。

ものすごく荒く低いエネルギーと繋がっているのに、
高いエネルギーと繋がっていると思い込んでセッションをしている、
霊能者もいます」

「怖いのは、
荒いエネルギーと繋がっている霊能者のセッションを受けると、
クライアントのエネルギーも一緒に下げてしまうんだよ。
運が悪くなっていって、エネルギーが落ちてしまう」


と、ポコプン。

「ブログを通して何度もみなさんにもお伝えしていますように、
この世の霊媒師や霊能者のほとんどが偽物です。
なぜ本物ではないかというと、神は人間にそういった力を与えないからです。
自己の内にではなく、外側に解決を求めさせ、
依存させ、元凶を自分の内ではなく、外側の責任にするのは、
人間として生きていく上で、ルール違反であることはご存知ですよね?

なのになぜ、この世の霊媒師や霊能者は、
ルール違反の手助けをしようとするのでしょうか?

ですが、信じる者は救われるという言葉にもありますように、
ご自身の信じたいものを信じてください。
ただし、その道は僕の目指す方向ではありません。」


と、ポコプンは言います。

今月に入ってから、何度も何度もこのメッセージを伝えられるので、
ポコプン的に何かの意図があるのかもしれないと思って、
以前にも書いた内容と重なる部分もありますが、
記事にさせて頂きました。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

6月25日(日)「Oneness☆Togetherness」に、ご参加下さい

ご都合のつくみなさまへ、
「Oneness☆Togetherness」へのご参加をお願い致します。


IS(イス)の光ネットワーク・ヒーリング
「Oneness☆Togetherness」

開始日時:
6月25日(日) 

日本時間は、夜23時より
ニューヨーク時間は、朝10時より
5分間の瞑想


コールイン(※)の場合は、上記の時間までに瞑想をしてください。

(他州や他国にお住まいの方は、お手数をお掛けしますが、
現地のお時間を調べて頂けますか?)


☆光を受ける方のお名前:

Mさんのお母さん

☆依頼者のMさんより、みなさまへのメッセージ:


実家の母が数日前胆石の発作で救急車で運ばれたそうで、
夏に手術するのことになりました。
元々胆石持ちだったのですが、米粒ほどの胆石が18ミリぐらいに成長してたそうです。
手術までの間また発作が起きないか心配しています。
少しでも楽に過ごせるように、皆さまのお力をお借り出来れば幸いです。

Mさんのお母さん


☆ 光を送る方法:

一人で、または、同じ祈りを捧げる方とご一緒に、
静かなリラックスできる場所で、
楽な姿勢で座るか寝転び、開始時間に目を閉じます。

光を受ける方のお名前と、上の画像を思い浮かべ、
患部に黒いものを感じる方がいらっしゃったら、
その黒いものと画像を、参加者のみなさんと共に暖かい光で包み込み、
光で溶かすイメージを持ちます。

5分経ったら、静かに目を開けます。


 *******

できれば瞑想の直前に、画像を見て下さい。
無理な方は、画像の印象を覚えるようにして下さい。

開始時間に、できれば、
ひとりきり、もしくは、同じ祈りを捧げる方と共に、
静かなリラックスできる場所で目を閉じて下さい。

場所は、お風呂でも、お手洗いでも、ベッドの中でも構いません。
一般的な瞑想とは違いますので、
背筋を伸ばして頂く必要はありません。
5分間リラックスできるなら、どんな姿勢でも大丈夫です。
お香やキャンドルなども必要ありませんが、
ご自身がリラックスできるようなら、お使いください。

「Oneness☆Togetherness」の5分間には、
必ずポコプンも参加します。
参加者さまの中には、瞑想中にポコプンを見る方がいるでしょう。
それは、みなさんの持つポコプンのイメージかもしれませんし、
青い光かもしれません☆

 *******

(※)Oneness☆Togethernessのコールインについて。
 
コールインとはコール・イン・メソッドCall-in-method)の略で、あらかじめ送り手がエネルギーの受取日時などを設定し、受け手はその設定日時・期間内であれば、いつでも好きな時にエネルギーを受け取れる方法のことです。
 
時間と空間の制限を受けないので、遠方に住んでいたり、海外で時差がある方、仕事が忙しくて厳密な時間設定が難しい方などには特にコールインは有効だそうです。
 
Oneness☆Togethernessのコールインの場合、グループ瞑想時間の日本時間は午後23時(ニューヨークは午前9時)に、受取人が、みなさまからの光を受け取ることにします。
 
この時間に瞑想ができない方は、日本時間の午後23時(ニューヨークは午前9時)に、光が届くようにイメージして、この時間までにお祈りをしてください。お祈りは何度していただいてもかまいません。
 
瞑想時間を過ぎてからのお祈りでも、もちろん光は届くのですが、コールインとしての効果は薄まるそうですので、できるだけ時間の前までにお祈りを済ませて下さいね。

 *******

以前にもお伝えしましたように、IS(イス)の光の効果で、
ご病気や苦しみが癒えるお約束はできません。
どうぞご了承くださいますようお願い致します。

ただ、たとえ治癒できない病の方でも、光を受ける事によって、
心の安らぎと平穏を感じて頂けるようになるそうです。

それでは、みなさま、よろしくお願い致します。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************




スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

スカイプでの遠隔セッションのご体験記(@日本 Kさん)

スカイプでの遠隔セッションを受けて下さったKさんは、
10年以上の鑑定歴のある、プロの占い師さんでした。

占いなどに関しては、あまり良いコメントをしないポコプンの手前、
どういった結果が出るのか少し心配だったのですが、
この世には無駄なものなど一切なく、
すべては完ぺきであるという、素晴らしい結果となり、
あまりの完ぺきさに、Kさんとともに、言葉を失ってしまったセッションでした。

Kさんには、セッションの記録のシェアをご快諾いただいております。
Kさん、セッションを受けて下さって、本当にありがとうございました。
私にとっても、たくさんの学びのあったセッションでした。

     *********

Kさんから内なる神様への3つのご質問は、

① はじめたばかりの電話鑑定について違和感があります。鑑定よりも、ただ話を聞いてもらいたい人が多くて、依存させているのではないかと思いますし、とても疲れるのでやめたほうが良いでしょうか?

② エネルギー療法を学んで鑑定に取り入れたのですが、体感が強くて、相手の負のエネルギーまで取り込んで疲れてしまいます。なにか良い対処法はありませんか?

③ 子供が発達障害かもしれません。良い接し方を教えて下さい。


でした。


誘導の後、内なる神と繋がっていただいて、
一番最初にKさんが受けたメッセージは、

「安らぎを与えなさい」

「あなたのしている事すべてが人の役に立ち、繋がっていくのです。目を覚ましなさい。愛で包みなさい。自分を信じ、前に進むことで道は開けます」


の、ふたつ。


早速、内なる神様に、電話鑑定について質問してみると、

「やり続けること」

という、意外な回答。

えー!でも、Kさんにとっては、ストレスなんですよ~!
と、私が言うと、

「思い方や、やり方次第で鑑定の方法は改善できる。もっと自由に自分のやり方でやること。電話鑑定の会社のやり方を気にしながらしている。何事においてもそこはクリアしないといけないところ。人の目は気にしないように。人生相談などは聞き流すことも必要。あなたは『気にしないこと』をクリアすること。どんな形でも聞き流せるように。会社に反発するのではなく、できる事と、できない事をしっかり伝えることで改善できる。あなたは、断ることが苦手。人の目と評価が気になるから、言われるとつい何でも引き受けてしまう。これを乗り越えられたら変化がある。楽になる。どうでもいいやと思えて、鑑定も楽しくできるようになるよ」

との回答が返ってきました。

次にエネルギー療法についての質問をすると、

「エネルギー療法はやらなくてもいい」

とのこと。

「違った方法でやれば良い。占い師として人の気持ちを読み取る。共鳴している相手の負のエネルギーについて深く思わなくても良い。大切なところはそこじゃない。大切なのは、その人の心が落ち着けば良いこと。あなたが安心させてあげられればそれで良い。あなたの占いをしなさい」

との回答。

じゃあ、ストレスの多い電話鑑定は続けて、
エネルギー療法はやらなくて良いってことですねと、
最後の質問、発達障害のお子さんとの接し方を質問すると、

「ありのままに一度、子供が選ぶ道を見てあげて。焦らないで。愛すこと。お子さんは特別な能力を持って生まれている。障害を持って生まれたのは、今世のお子さんさんの役割が『純真無垢』であるため。お子さんさんが関わる周囲の人には、純真無垢な愛が伝わり、それに触れた周りの人は愛を思い出すのです」

「発達障害の人を癒しなさい。発達障害と診断されていない依存症の人たちも癒しなさい。あなたには癒す力がある。依存症の人を癒すことで、あなた自身も癒される。なぜ発達障害者を癒すのか?は、彼らが純真無垢だから。その純真無垢な愛をこの世に広げるため。依存ではなく無垢な形に。依存と無垢は紙一重なのです。依存が愛に向えば広がるのです。

あなたがその人達と関わることで、依存を愛に変えられます。乱れた他人のエネルギーを取り入れてしまう、あなたの体感の良さは、エネルギー療法のためではなく、依存症の人の愛や無垢を感じ取るためにあるのです。その体感した彼らの愛と無垢だけに集中していれば、あなたはどんなことも聞き流せるようになります。

依存を愛に変えてあげると、依存はなくなるのです。
それは、なぜなら依存ではないから。
本当は愛だから。
依存というものは人間が勝手に作り上げたもの。

すべては愛の形なのです」

     *********

Kさんの周りには、いつも依存症の人達が集まってきていたそうです。
いつも彼らに純真さを感じて、そこだけに集中していたので、
他の人にとっては、ぎょっとする発言や行動をとる人でも、
Kさんは、まったく気にならなかったと言います。

「暴れて手が付けられないから来て!って呼ばれることもあるんですけど、
私が行くと、(その依存症の人は)なぜか猫のようにおとなしくなるんですよね」
と、Kさんは微笑みます。

けれどある時、人を依存させることは良くないということを読んで、
Kさんは、依存してくる人達を避けるようなったそうです。
そうして、しばらく経ったある時、
電話鑑定の仕事の依頼が入ってきたそうです。

「躊躇しながらも、はじめてみたら、
誰もかれもが、依存症で・・・(苦笑)
なんで私は、依存症の人から逃げられないのかと思ってたんですが、
それが私の今世の役割だったんですね」

お子さんが発達障害であり、それを調べていくことで依存について詳しくなったKさん。

電話鑑定で、Kさんの癒しを必要とする依存症の方たちとの出会いが増え、
負のエネルギーを受け取ってしまう、生まれ持った優れた体感で、
その依存症の人達の無垢な愛を感じ取り、
そこに集中することで、表面的な相談は聞き流せるようになり、
依存を愛に昇華するために、独自の占いという手段を使うので、
人の目も気にならなくなる。

そうやって、Kさんの今世の課題である、
『気にならなくなること』がクリアされ、
依存症の人を癒すことで、Kさん自身も癒される。

すべての存在が必要であり、
この世に不必要なものはなにもない。
そういった、神の意図を垣間見たようなセッションでした。
Kさん、本当にありがとうございました。

癒守結(いしゅい)セッションの7月のご予約受付をはじめました。
ご予約はホームページからして頂けます。

『癒守結(いしゅい)ホームページ』
http://isyui.weebly.com/


ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった超意識とのつながりを取り戻す、
癒守結(いしゅい)セッションを、ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも、
対面セッションと全く変わらない効果と結果が出ております。
以前に癒守結セッションを受けたけど、
薄まってしまった内なる神と天との繋がりを取り戻したい方、
良ければまた、セッションを受けて下さいね。
ご質問、お問い合わせもお気軽にご連絡下さい。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

血縁関係やビジネスのグループエネルギーがもつれると・・・

まめな元夫から毎月メールが届くのですが、
結婚当初もそうでしたが、
相変わらず、家族や親せきの誰かがトラブルを引き起こしている様子を報告してくるので、
大変そうだなぁ~と、思いつつ、
正直、部外者になれた安堵感もあったりしています。

「八多さんの元旦那さんの家族は、
ご両親のご両親の、そのまたご両親の途中の・・・、
2.5つ前からおかしくなっていますね。
元旦那さんのご家族に関係する人達のエネルギーの糸がもつれてしまって、
なにをやっても、悪い方向に向かってしまっていますね」
と、ノンモさん。

それって、元夫の2.5つ前の先祖の祟りとか、呪いとか、因縁ですか?
・・・って、やっぱりそういうのって、あるんですか!?

「何かにとり憑かれたり、祟られたりではなく、
ただのエネルギーの乱れです」

でも、なにがきっかけで、エネルギーの乱れが起こるんですか?
元夫の血縁者の誰かのエネルギーの乱れなんですか?
それとも、魂レベルでのソウルグループ的なエネルギーの乱れなんですか?

「あの世でのソウルグループは関係ありません。
もっと3次元的なエネルギーです。
何がきっかけかなのはちょっと分かりませんが、
念や霊的なものではなくて、ただエネルギーがもつれ出すんです。

家族や血縁関係だけじゃなくて、
最初は上手く行っていたレストラン経営やビジネスが、
ある時から急に何をやっても悪い方向にばかり転んでいく・・・、
といったケースも、このエネルギーのもつれが原因の場合があります。

たとえば・・・、操り人形を想像して下さい。
元旦那さんの2.5つ前のご先祖から、糸が絡まりはじめて、
最初はそれほどひどくなかったけれど、
子孫が増えていくほど、糸の絡まりがひどくなって、
がんじがらめになって動けなくなってしまう感じです。

エネルギーには、個人の心理的なものと、グループ的なものがあります。
だから八多さんの元旦那さんの場合は、個人の心理をいくら癒したところで、
グループのエネルギーがもつれているので、完全に癒されないんです。

なので、いったんその絡まりを、プロが切る必要があります。
自分にはその能力がないので無理ですけど、八多さんならできますよ。
もちろん、それ専用のセッションが必要になりますけど」

除霊や、スペースクレンジングみたいなセッションですか?
前々から、除霊系のセッションをすすめていただいていますけど、
私は怪談とか、霊的なものが誰よりも苦手なんですよ~!
勘弁して下さい。

「このセッションをする人は、
ちゃんと、その原因が、グループのエネルギーなのか、
個人の心理なのかを見極める力を持つ必要があります。
きちんと判断した上で、エネルギーのもつれた部分をいったん切って、
また一つ一つ繋げてあげる作業ができる人でないといけません」

切りっぱなしではだめなんですね・・・。

「八多さんは、元旦那さん一家のもつれに、
どっぷり浸かっていたって、ポコプンが言ってますよ」

やっぱり・・・。
ノンモさん&ポコプンに、救い出していただいたんだと思います。
本当にありがとうございます。
ノンモさん&ポコプンに出会わなかったら、
今はどんなにひどい状態になっていたことか・・・。

「も~!なに言ってるんですか、八多さん(笑)」

いや~。元夫の家族や親族って、
昼ドラ見てるよりも面白いって思ってたんですが、
ニューヨークに暮らす家族は、どこも同じように崩壊してるので、
ここは、エネルギーの糸がもつれまくっている家族が、
たくさん存在する街なのかもしれませんねぇ。

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  |