癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

奇跡の生還へ導く目に見えない第三者「サードマン現象」

先日の記事、『憔悴死の寸前に見るハルシネーション(幻覚)は、本当の3次元の仕組み』
の、調べものをしていたら出てきた、
「サードマン現象」

「サードマン現象」とは、 遭難や漂流、災害現場などで生きるか死ぬかの危機的状況に陥った者の傍らに突然、「何者か」が現れて、奇跡の生還へ導いてくれる目に見えない第三者(サードマン)をいいます。

こちらは、他サイトで見つけた、
『奇跡の生還へ導く人―極限状況の「サードマン現象(ジョン・ガイガー著)』
からの抜粋なんですが、

サードマン現象


1983年、28歳の大学院生、ジェームズ・セビニーは、友達と一緒にカナディアン・ロッキーの氷の溝を登っていました。

しかし友人が氷の破片を落としてしまったことをきっかけに激しい雪崩が生じ、セビニーはそれに巻き込まれ、押し流され、意識を失います。目が覚めたとき、彼は重傷を負い、全身のさまざまなところを骨折していました。友人は死んでいました。

彼が絶望感に襲われたそのとき、その存在は現れました。


『そのとき突然、すぐそばに見えない〈存在〉があるような奇妙な感覚におそわれた。「目には見えないが、たしかに何かがそこにいた」。その〈存在〉は心に語りかけてきて、はっきりと告げた。

「あきらめてはいけない。がんばりなさい」(p19)』



その存在、つまり「サードマン」は、彼を導き、励まし、助けます。


『それはセビニーを立ち上がらせた。そして、どう動けばよいかを具体的に指示した。たとえば、鼻の先からしたたる血の跡を追って歩くよう告げた。

…そのあいだ何者かは右肩の後ろに立っていて、いくらあがいても生き延びられるはずがないと思われたときでも、あきらめないでと哀願した。また、黙っているときでも、すぐそばについてきているのがわかった。(p20)』



そしてついにセビニーは、スキーをしていた他の登山者に発見されます。その瞬間、「サードマン」はどこかへ消え去り、セビニーは初めて孤独感を覚えました。ともあれ、彼はなんとか生き延び、救出されました。

(サイト「いつも空が見えるから」より)




「サードマンは別次元の存在で、本当に存在します。
そして、自分たちを助けてくれるんです」
と、ノンモさん。

この瞬間も目には見えないだけで、
サードマンは、そこら中に存在しているそうです。
そして、サードマンからは私たちが見えているそうです。

「たとえば、サードマンが空気の世界で、
自分たちが水の世界に住んでいるとします。
水槽の中からは、空気(外)の世界は見えないけれど、
空気の世界からは、水槽の中が見えますよね。

なので、空気の世界のサードマンが、
水槽の中で溺れて死にかけている人間を見つけると、
助けるような感じだそうです」

サードマンって、地球上に暮らす別次元の存在のことですか?
少し高い次元から、この3次元を操っているんでしょうか?

「サードマンは3次元を操っていません。
高野山真言宗の即身成仏は、生死をさまよいながら、
サードマンの暮らす世界を見るのかもしれませんね」

このサードマン現象は、
孤独な子供やストレスを受けた子供が、空想上の友達という形で仲間を呼び出す、
イマジナリーフレンドとはちょっと違うそうなんです。

生死をさまよわずに、サードマンに会える方法って、
ないんでしょうかねぇ?

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

インナーチャイルドの癒しセッション

新しくセッションメニューに、
「インナーチャイルドの癒し」
が、増えました。

     ******
inner-child3.jpg

「インナーチャイルドの癒し」セッションとは。

全ての魂は記憶を消されて、ピュアな状態で肉体に入り、この世に生まれてきます。そして生まれてから、怒ったり、泣いたり、苦しんだりした経験を通して、傷ついた今世の子供時代の記憶(インナーチャイルド)が生まれます。

幼い時の辛い経験なんかもう乗り越えて、自分のインナーチャイルドは癒されていると思っていますが、それは経験を積んで理性と知性で、過去を理解できる大人になったからであって、冷静に判断できない子供の自分は、未だに癒されないまま、今この瞬間に存在しています。そして、多くの大人が自分のインナーチャイルドは癒されていると思い込んでいます。

なので理由もなく突然悲しくなったり、体が震えるほど怖くなったり、不安になったりして、みんなは平気なのに自分だけなぜこんな風に感じるんだろう?って不思議に思うこと、それがこの瞬間、あなたの内に存在するインナーチャイルドの感情なんです。このインナーチャイルドの癒しセッションでは、そのあなたの内に存在するインナーチャイルドに会って、友達になって、対話して、理解をする癒しを起こします。そして、このセッションを通して今までにない経験をしたインナーチャイルドは、新しいパラレルワールドに暮らし始めます。

     ******

ポコプンが常々、

「心理面とスピリチュアル面の両面を、
バランス良く成長させてね!」


と、くどくど言っているのを、みなさまご承知かと思いますが、
その一環として、

「インナーチャイルドの癒しのセッションをやって!
もう十分経験積んでるんだから、
自分でスクリプトを書けるでしょ!」


と、前々からポコプンにくどくど言われてて、
スクリプトなんて書けないし・・・と、
ずっとスルーしていたのですが、

さすがにそろそろ始めないとまずい時が来たのか、
みなさんから、癒守結パート3のご要望をいただいてるんですけど・・・と、
ポコプンに言った日には、

「自分でスクリプトを書くのが先!
でないと、癒守結パート3は出せないよ
(; ・`ω・´)キッ!!」


脅され、言われる始末。

その後、クライアントさんから、
インナーチャイルドの癒しセッションへのご要望をいただき、
見かねたノンモさんがスクリプトの骨組みを作って下さって、
ポコプンがシリウスの呪文を加えて下さって、
おふたりのお力とご協力のおかげで、ようやく、
「インナーチャイルドの癒し」セッションが完成しました。

詳しくは、こちら↓のホームページをご覧下さい。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』


絶対に書けないと思って放置していたスクリプトに、
しぶしぶ取り組んでみると、さらさらと筆が進んで、
2~3時間ほどで完成してしまったのには、自分でも驚きでした。

次は「アカシックレコードの書きかえ」
スクリプトを書くようにと、ポコプンに言われています。
こちらは来年からになりそうですが、
ハードルが少しずつ上がっていきますね💦

     ******

「インナーチャイルドの癒し」セッションには、
傷ついた幼い自分と対話して友情を築く、
私の経験も踏まえた現実的なアプローチと、
このセッションを通して、今までにない経験をした、
インナーチャイルドが新しいパラレルワールドに暮らし始める
といった、スピリチュアルなアプローチの両方が入っています。

「インナーチャイルドの癒し」セッションは、
対面セッションでも、遠隔セッションでも承らせていただきます。

年内は10月12日をもって、
遠隔セッションとNYでの対面セッションは終了となり、
2018年は1月15日からの受付開始となります。

東京での対面セッションのご予約をいただいたみなさまに、
会場の住所を連絡差し上げておりますが、
まだメールを受け取っていらっしゃらない方は、
迷惑メールのフォルダをお確かめの上、
eko8ta@gmail.com
まで、ご連絡下さいますか?
9月25日までにご返信を頂けない場合は、
ご予約をキャンセルとさせて頂きますので、ご了承ください。

それでは、みなさまからのご予約をお待ちしております\(^o^)/

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

前世のノンモさんには翼が生えていたそうですΣ(- -ノ)ノ

ノンモさんが、ボーッとしてる時に、

「昔の人間は翼をもって飛んでたでしょ!」
と、ポコプンに言われて、

『あ!そっかぁ、忘れてた~』

と、すっごく納得してたんですけど、
意識がはっきりと戻ってきたら、
なんだそれ?って思ったんですけど・・・(笑)」

と、ノンモさん。

Σ(- -ノ)ノ

ということから、
どうやら前世のノンモさんには翼が生えてたらしいです。

それは、きっと古代の前世なんでしょうね?
古代エジプト?それとも、シュメール文明なんでしょうかね?

「分からないですけど、
場所は日本ではないですね~」

当時のノンモさんの肉体の背中には、
翼が生えていたそうなんですけど、
空を飛ぶにはまず、気流を手でつかむ必要があったそうで、

「空気の中にある気流を手でつかめば、
翼はその流れに乗って、空を飛ぶことができたんです。
この気流を手でつかむ感覚は小さい頃から持ってて、
今でも車に乗って手を窓から出してる時に、
その空気の流れを手でつかまえることがあるんですけど、
あれ?つかまえたのに、飛べない?
って、不思議な感じになるんですよ」

と、ノンモさん。

気流をつかまえる・・・って、まるで、
「風の谷のナウシカ」の、風使いのナウシカみたいですね。
ナウシカは肉体から翼は生えていませんが、
その翼に代わるメ―ヴェという乗り物に乗っていましたけど。

その「風の谷のナウシカ」に、
白き翼の使徒というのが登場するんですけど、

ナウシカ 白い翼の使徒

この白き翼の使徒って、
シュメール神話のイナンナや、
古代エジプト神話のイシスに関係するのかな?
って、前々から思っているんですけどね。

「自分はそういう特別な存在じゃなくて、
数多くいた、翼を持った人間の中の一人だったと思います。
当時の自分は、子供じゃなくて大人の男性でしたね。
それで、その中の誰かがミイラ化して、
聖櫃の中に入っていると思います」

と、ノンモさん。

この聖櫃の中の翼をもつミイラは、
かごめかごめ唄の、

♬ かごのなかのとりは ♬

のことのようです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

NYのオベリスクに今年と来年の合計3回、 シリウスのエネルギーが降ろされます

これまでのスピリチュアルの概念を覆し、、
真実の世界の扉が開く、ニューヨーク唯一のパワースポット、
オベリスク

オベリスク2

この古い石柱は紀元前1450年頃に、古代エジプトの都市ヘリオポリスに大18王朝6代目の王トトメス三世(Thutmose III)によって建てられたもので別名クレオパトラの針(Cleopatra's Needle)とも呼ばれており、1880年にスエズ運河開通工事に伴う、アメリカからの援助の謝礼としてエジプトから寄贈された。
(写真&説明文ともに、ネットから拝借させていただきました)


このオベリスクに今年と来年の合計3回、
シリウスのエネルギーが降ろされるそうです。

そして、世界中のシリウスにつながっている人たちが、
各々にメッセージをうけて導かれ、
その日ここに集ってくるそうなんです。

「でも、この人たちは、グループ単位ではなくて、
個人的に集まってきて、まるでただの観光客のように、
なんでもない風を装っているそうなので、
パッと見には、そういった目的で来ていると分からないそうですよ」
と、ノンモさん。

このシリウスのエネルギーが降ろされる日は、

2017年10月20日
2018年の4月?日
2018年7月3日


の、3日間です。

すいません、4月はノンモさんと一緒に、
オベリスクに行かないといけないので、
日付は伏せさせていただいております。

7月3日は、以前からご要望を頂いている、
「八多と行く!ニューヨーク・パワースポットツアー&
メトロポリタン美術館」

を、開催しようと思っておりますので、
日本のみなさま、これを機にニューヨークにお越しになりませんか?
(残念ながら、ポコ点800点未満の方はノンモさんにはお会いできませんが・・・)

これは、あくまでも、ポコプン的なお遊びで、
シリウスのエネルギーをニューヨークに降ろして、
世界やアメリカ全土に広めるとか、
そういった大きな目的はないそうです。

そして、ニューヨークだけでなく、
2018年の2月17日は、南米ペルーの遺跡にも、
このシリウスのエネルギーが降ろされるそうで、
やはり、この日、この遺跡にも世界中から、導かれた人たちが集まってくるそうです。

「ポトロさんも、きっとここに来ますよ」
と、ノンモさん。

(ポトロさんについては、記事『光のネットを広げる』をご参照ください)

そのペルーの遺跡って、マチュピチュですか?

「いえ。そこまで有名じゃない、
知る人ぞ知る!って感じの遺跡だそうです。
ペルーの4番目くらいに有名なパワースポットだそうですよ」
と、ノンモさん。

「本当はエジプトにしようとしたんだけど、
世界中から人を集めるのには難しい国だから、
予定を変更してペルーにしたんだよね」
と、ポコプン。

このシリウスのエネルギーが降ろされるペルーの遺跡については、
フェイスブック『癒守の地球』グループにてお知らせしますね♪
ご興味のある方は、ぜひグループにご参加ください。

『癒守の地球』グループへ参加ご希望の方は、
フェイスブックのアカウントを作成して頂いて、
管理者の八多 恵子(Eko Hata)に、まず友達申請をして下さい。

フェイスブック 八多 恵子(Eko Hata)
https://www.facebook.com/eko8ta

そして、八多 恵子と友達になって頂いた後に、

フェイスブック『癒守の地球』グループのページ
https://www.facebook.com/groups/isearth/


へ、ご参加申請して頂けます。

詳しくは、こちらをご覧下さい→☆

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

イスラーム世界の「ラーハ(ゆとり+くつろぎ)」という時間

ただ今、ラッキー☆神式、
『9月16日(土)、17日(日)、18日(月) 完全にスイッチ・オフの時間の日 (ポコ点:4)』
ですが、

みなさま思い存分、ダラダラ~、ボケーッとしていらっしゃいますか?

「現代人は、常になにかしようとして、
スイッチを完全にオフにできず、
十分に休息がとれない人が多いんですよ。
自分のクライアントのほとんどがそうです。
自分もオフにはなれないので、よくポコプンに、
キャンプに行ったときくらい、何もしないでのんびりしなよ!
って叱られていますよ」

と、ノンモさんが言う、
ポコプンのススめる完全スイッチ・オフの時間の概念に近いものを、
最近読んだ本『イスラームの日常世界(片倉ともこ著)』の中に見つけました。



イスラーム世界の人たちの生活は、
3つのワクト(とき、時間)にわけられる。

「ショグル(労働)」
「ラアブ(遊び)」
「ラーハ(ゆとり+くつろぎ)」


の3つのワクトである。


「ショグル」のワクトは、仕事をする時間、労働の時間のことである。かれらはこれをあまり重視しない。生活していくために、必要な時間ではあるけれども、どちらかといえば必要悪だ。(中略) アーダムは、禁じられていた木の実を食べたがゆえに、それまでのエデンの園での自由な楽しい生活から追放され、死ぬまで食物を得るために労働することになった、つまり労働は神からの呪いであるというのである。かれらは、できるならばこの呪いからのがれて、エデンの園にもどりたいという願望をもっている。


「ラアブ」のワクトとは、遊びの時間を意味する。ここでは労働と同様、遊びも軽視される。遊びというものは子供のすることであって、一人前のおとながすることではない。ゲームをして遊んだり、はねまわったりするのは、おとなとしての威厳をおとすことだと考えられている。マージャンもゴルフも、大のおとなのすることではない。日本人は、一日の時間を仕事と遊びにしかついやしていない。それも、遊びが仕事の延長になっていたり、仕事への英気をやしなうための遊びだったりするというではないかと、その生き方をムスリムたちは、おどろきをもって眺める。


日本人にしたら、他に何があるかといいたくなるが、かれらがもっとも重視しているのは、仕事でも遊びでもない。「ラーハ」とよばれるものなのである。


「ラーハ」というのは日本語に訳しにくい言葉で、しいていえば「休息」、「安息」にあたるだろうか。しかし、労働をしたから休む、疲れたから休息する、といった受動的なニュアンスは、ラーハにはない。むしろ、ラーハの時間をもつために労働をするといった、能動的で積極的な意義をもっている。


ラーハの時間をたくさんもつことが人間らしい。いい生き方なのである。どういうものがラーハの範疇に入るのか、順不同にならべてみると、家族とともにすごすこと、人を訪問すること、友人とおしゃべりをすること、神に祈りをささげること、眠ること、旅をすること、勉強すること、知識をうること、詩をうたいあげること、瞑想すること、ぼんやりすること、ねころがることなどである。ごろんとすることも、勉強することも、同じラーハの範疇に入り、同じ価値をもっているのである。


日本にやってきたムスリムたちがおどろくことの一つは、家族と顔をもあわせないで仕事をしている人がいるということである。お父さんが帰るころには子どもはもう寝ていて、子どもがもう学校にいってしまってから、おとうさんがのこのこ起きてくるんですよ、などということをきくと、びっくり仰天してしまう。


かれらは労働のなかにラーハをもちこみ、できれば、別々のものではなく、両者を一元化したいと考えている。仕事のなかに礼拝やら断食やら、「ゆっくりズム」をもちこむ。仕事場に、子供たちを連れていく。大臣の記者会見の席に子どもが同席していることもある。いいかげんな仕事ぶりのようにみえるけれども、ラーハをもっとも大切にするかれらにとっては、それこそが人間らしい生き方なのである。


『イスラームの日常世界(片倉ともこ著)』より抜粋




この3つのワクト!そして、ラーハ!
これ、私が長年探し求めていたものなんですよ!
まさか、まさか、あんなに毛嫌いしていたイスラムにあっただなんて!!!

「少し次元の高い光の地球が、この『ラーハ』の世界なんだそうです。
多くの人は光の地球は、みんなが笑顔で、争いがなく、
みんながテレパシー会話していて・・・、
なんて世界だと思っているでしょうけど、

光の地球は心のゆとりの世界。
人間が人間らしい世界。
けんかはあってもいじめがない世界なんです」
と、ノンモさん。

すぐにいじめはなくならないかもしれませんが、
いじめることを良く思わない人や、
いじめられている人を助けようとする人が増えるでしょうね。

「でも、残念ながら、このラーハは3次元では難しいんです。
アヌンナキに完全に押さえつけられていますからね」

そうですね。
人間性よりも生産性が重視されている先進国では、
ラーハは、怠け者や浮世離れした人間のすることと見なされますからね。



ムスリムたちが、現実の生活のなかで、それを実現していくことは、もちろん容易なことではない。しかし、生産的活動と非生産的活動とをできれば同時におこなうことが理想的であるとかれらはつねに考えている。うたいながら、笛をふきながら、子供をあやしながら仕事ができれば、どんなにか人間的なときのすごし方になるだろうに、と思っているのである。

『イスラームの日常世界(片倉ともこ著)』より抜粋




今年の3月以前までの私が、
問題ばかり起こすから、地球上からなくなってしまえばいい!
と思っていた、アラブ諸国とイスラムの中に、
私の長年の探し物は、あるようです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 地球・地球語
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  |