fc2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

憔悴死の寸前に見るハルシネーション(幻覚)は、本当の3次元の仕組み

山や海上や砂漠で遭難して憔悴し、意識が朦朧としてくると、
ハルシネーション(幻覚)を見ることが多いようですが、
それは脳の分泌物によるまやかしではなく、
3次元ではないものが見えている状態なんだそうです。

「それは、本当の3次元の仕組みを見ていることでもあるし、
究極の悟りでもあるんだよ」

と、ポコプン。

「もちろん死ねば、本当の3次元の仕組みを知ることはできるんですけど、
生きたままそれを知ろうとする人が、即身成仏になるそうです」
とノンモさん。



即身成仏とは、高野山真言宗では、密教の修行者が「行」を行うことを通じ、肉身のままで究極の悟りを開き、仏になることとする。

真言宗の宗祖空海は即身成仏を果たしたとされる。

インドや中国では密教が衰退してしまったのに対して、日本とチベットでは密教が現存し、即身成仏するための修行の方法(「修法」)が保存されている。


(Wikipedia『即身成仏』より抜粋)

羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)
真言密教において「即身成仏」の「即身」を視覚的に表現する「四種曼荼」のうちの
「羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)」の一部である、大日如来と阿弥陀如来(手前)




余談ですが、空海も相当なキーパーソンらしく、
なにかにつけて、登場するんですよね・・・。

話は戻って、
即身成仏は、一種の苦行ですよね?

「本当の3次元の仕組みは、苦行ではほぼ見られません。
もちろん、苦行者はこの究極の悟りを得ようとしているんですけどね。
内臓の器官が止まる完全死の間際に、
特別な修業により、ある意識レベルに達している人のみが、
この究極の悟りを得られるんだそうです」

じゃあ、臨死でも本当の3次元の仕組みが見れるってことですね?

「日ごろから、究極の悟りを得たいと強く願って、
修業を積んでいれば見れるでしょうけど、
ほとんどの方は臨死で、あの世からお迎えがやって来たら、
一緒にそのまま光の中に入ってしまうんです。
で、そこで癒しを得てまたこの世に戻ってくるので、
アニータ・ムアジャーニさんのように、
ガン細胞が消え失せて、健康体になったりするんですが、
(→記事『喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと』をご参照ください)

即身成仏は、臨死状態でもお迎えが来るその前に、
3次元の仕組みを知ろうとするので、
光に入るころには時間が超過しすぎて、死を迎えるか、
まれに生還する人は、光に入れず癒しを得られないままに帰ってくるので、
生き返っても、すぐに死を迎えてしまうんです。
その状態で、意識をはっきり持って、
周囲の人に3次元の本当の仕組みを言葉で伝えられる人は、
本当に少数でしょうね」

と、ノンモさん。

ふつう臨死状態では、すぐに思考が止まって、
あの世からのお迎えの導くがままになるそうですが、
即身成仏は臨死状態でも思考が止まらず、
3次元の仕組みを知ろうと奮闘するのだそうです。

万が一、私がどこかで遭難して死を迎えることになったら、
よし!本当の3次元の仕組みを知るぞ♪
って構えてたら良いわけですね?

「でしょうね(笑)
自分も臨死状態になったら、
本当の3次元の仕組みを見に行きますよ!」
と、ノンモさんも言うんですけど、

できれば、そんなにしんどい思いしないで、
本当の3次元の仕組みを知りたいですね・・・。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

クフ王ピラミッドは、天体の星を投影している

これまでのセッションを全部受けて下さっている、
私の旅友のTさんが、
先日、内なる神との繋がりを深めるために、
癒守結アレンジセッションを遠隔で受けて下さったところ、

内なる神というよりも、ポコプンのシリウスの同僚から、
すっごいメッセージを受けられたんです。

「そのシリウス情報は、自分の管轄外」
と、のたまうポコプンが、
なぜか濃い追加情報を降ろしてくれていて(笑)
こちらはまた改めてブログでお伝えしようと思っています。

過去記事『私たちは実は地球内部に住んでいるのかも(?)』のように、
ポコプンは管轄外のことが伝えられない時には、
同僚に頼む節があるようです。苦笑)

そのTさんが受けた情報は、
ほぼエジプトに関することだったのですが、

エジプトのギザのクフ王ピラミッドはメカで、投影機ですね。
ピラミッドが天体の星を投影しているそうです」
と、ノンモさん。

クフ王ピラミッド夜


たしかに、クフ王ピラミッドの内部はまさにメカって感じで、
明らかに人間の作ったものじゃないと感じましたけど・・・。
ということは、クフ王ピラミッドがなければ、星も存在しないということですよね?
でもなんで、星を投影する必要があるんですか?

「この世を支配するためです。
クフ王ピラミッドは、地球外生物が創ったものですね」
と、ノンモさん。

古代に神と人間が協力し合い、人間が神の導きによって、
3次元に作り上げたのが、クフ王ピラミッドだそうで、

「作られた当初は支配ではなく、保護だったのかもしれませんが、
その後、人間によって支配に利用されるようになったのかもしれませんね」

なんて、ノンモさんと話していたんですけど、

たまたま昨日、この情報に限りなく近い記事を、
見つけてしまいました。



この宇宙はホログラムによって3Dで“演出”されており、その本質は体積のない2次元の世界であるという。つまり我々が今目にしている世界は、2次元の世界から見かけ上の3次元の世界に“変換”されているものなのだ。

スケンデリス教授によれば、我々が目にしている世界は2次元の情報から構成された、いわば3D映画を観ているような世界であるという。映像が3Dであるのみならず、手触りも立体に感じられるように触覚情報も3Dに変換されているということだ。

 一般相対性理論をはじめとするアインシュタインの方程式は、おおむねこの世のすべてのことを説明できるといわれているが話を宇宙に広げると、その起源などの説明に徐々に綻びが出はじめてくるという。そして一方で現在の物理学ではもはや無視できない学説となった「量子論」の説得力が増してきている。


(TOCANA 【ガチ科学】「この宇宙は複雑な二次元世界、3D映画のようなもの」英物理学者らが主張! ホログラフィック宇宙論の復権か? より抜粋)



(i|!゜Д゚i|!)ヒィィィ

で、でた・・・、
アインシュタイン」 「相対性理論」 「量子学

この3つ、すっかり忘れてたころにまた・・・。
(→記事『次元をわかりやすく説明してみました』をご参照ください)

楽しいエジプト情報なのに、
またそっち(物理)方面にいっちゃうんですか・・・💦

そして、地球平面説ってこういうことなんですか?
(→記事『再熱する地球平面説』をご参照ください)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

封印が解かれるのは、人間以外の生き物です

「多くの人が、もうすぐ人間の封印が解かれると思っているかもしれませんが、
封印が解かれるのは、人間以外の生き物です」
と、ノンモさん。

人間以外の生き物って、動物や植物ですか?

「主に哺乳類や魚類や爬虫類です。
植物と昆虫類は・・・ピンとこないですね。
ちょっと分からないです」

人間の第六感以上の人間の特殊能力が、
アヌンナキによって封じられているように、
人間以外の生き物の能力も、アヌンナキが封じたんですか?

「いいえ。神が封じました。
神が、人間以外の生き物の持つ神の能力を、ある時まで封印したんです。
封印と言っても、危険を感じた亀が、甲羅に身をひそめるような感じで、
生き物の神の能力が隠れている状態です」

その人間以外の生き物の封印を解くある時とは、
アヌンナキを滅亡させる時、
またはアヌンナキの勢力が弱まった時なんだそうです。

「それは、そんなに遠い先の話ではありません。
神の能力の封印が解かれ、生き物がこの世を先導するようになり、
アヌンナキの支配がなくなった地球は、
急速にパラダイスに戻っていくそうです」


アメリカ中西部のワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州に横たわる、
イエローストーン国立公園の中心には、毎日45,000トンもの二酸化炭素を排出する、
超巨大火山が存在するのですが、
近年、イエローストーン国立公園周辺で火山性地震が多発しており、
いつ噴火してもおかしくない状態だと言われています。

噴火すれば、地球全体が寒冷化し、
北アメリカ大陸に人間が暮らせない状態になるのだそうで、
アメリカ政府はイエローストーンが噴火した場合のために、
南アフリカ、ブラジル、オーストラリアなどへの、
「米国人の数百万人規模の大量移住」を要請しているとか。

us-yellowstone-move.gif

(以下のサイトを参考にさせて頂きました。

『NAVERまとめ、世界一ヤバい火山「イエローストーン」周辺で火山性地震が多発!!』

『In Deep、アメリカ政府はイエローストーンが噴火した場合のために、南アフリカ、ブラジル、オーストラリアなどへの「米国人の数百万人規模の大量移住」を要請していた』)



「アメリカのイエローストーン国立公園の火山が噴火して、
アメリカに誰も住めなくなれば、アメリカ政府が機能しなくなります。
アメリカという国、そのものがなくなるかもしれません。
そうなれば、国境がなくなり、戦争がなくなり、宗教がなくなり・・・、
その時に人間以外の生き物の封印が解かれれば、
生き物の導きにより、地球は急速に正常化していくのかもしれません」
と、ノンモさん。

「人間の封印が解かれたところで何にもならない。
今は人間が自然や生き物の頂点に立っていると思っているだろうけど、
封印が解かれると、生き物と人間の立場が逆になるよ」


と、ポコプン。

人間は自然界の頂点に立った気になり、
自然破壊や動物や魚類の乱獲や虐待など、
抵抗できないものに対して、暴力の限りを尽くしていますが、
生き物が自然界の頂点に戻ったら、
すべてを愛で包み込むのだそうです。

「愛といっても、甘やかしの愛ではないですけどね」

はい。山に囲まれた家で育ちましたので、
自然界の厳しさはよ~く承知しております。

その時がきたら、一気に生き物の封印が解かれ、
急速に神としての能力は、誰にでも分かる形で示されるそうです。

「ポコプンは生き物の中でも、特にタコの覚醒が早いと言っています。
タコの擬態もすごいですが、教えてもらったわけでもないのに、
ペットボトルの蓋をあけて中に入っている餌を食べたりできるんですよ。
だから、宇宙人がタコのように描かれているイラストって、
まんざら間違ってないのかもしれませんね」
と、ノンモさん。


ペットボトルの蓋をあけるマダコの動画

イエローストーン国立公園の火山が爆発したら、
ノンモさんはどの国に移住しますか?

「え?そうなったら、日本に帰りますよ」

あ、そっか、日本なんですね。
私は混乱に紛れて、エジプトやアラブの国に移住しよう~って思っちゃいましたよ。
重症ですね(笑)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

「最後の審判」は、今

最後の審判って、遠い未来の出来事ではなくて、
今なんだそうです」
と、ノンモさん。

「この3次元での輪廻転生こそが、
最後の審判なんだそうです」

説明が難しいんですけど・・・と、ノンモさんが言うには、
この審判の3次元が終わると魂は、
何万、何億にも分かれている、いずれかの層のひとつに向かうのだそうです。
その層には、それぞれの魂が一番心地良さを感じる、
同じ心を持っている世界の人たちのがいるとのこと。

「夢から覚めたくないと思った、素晴らしい夢を見たことはありますか?
その夢の世界が層の中では、永遠に続くんです」
と、ノンモさん。

その層って過去記事『この世は短い夢の世界』の、
幽界のことですか?

「いいえ。幽界とはまた違うんです。
幽界は3次元の輪廻転生の一部なので…
この層には、3次元が終了した後に向かいます」

ということは、審判が終わること、イコール、
輪廻転生がなくなるから解脱ということですか?

「う~ん。解脱ではないんです。
説明できなくて、すいません」

大丈夫です。
じゃあ、3次元、幽界、観念界みたいに、
あの世の仕組みとは違う次元の層があるってことだと考えるんですね?

(→あの世の仕組みについては、カテゴリー「あの世と魂の仕組み」をご参照ください)

例えば私は、90回以上輪廻転生をしていますが、
今世が最後の審判で、この私が死んだら3次元がなくなり、
その層に向かうんですか?

「これもまた、説明が難しいんですけど、
あの世には時間がないので、
前世も、今世も、未来世もが、同時に起きていることで、
そのすべてが、最後の審判なんです」

じゃあ、私はエジプトやアラブ諸国の、
暖かい心を持つ人達の集まる層に行きたいです。

「エジプトやアラブ諸国は、今世の八多さんが経験したことですが、
たくさんの輪廻転生からの経験を総合した、
八多さんの魂が望んだ世界の層になるので、
エジプトやアラブ的とは限りませんよ。

それに、人を欺いて搾取して、
ちやほやされる世界が心地良い人にとっては、
八多さんの世界は居心地が悪く感じられるように、
それぞれの魂が感じる。心地良さは違うんです。
なので、何万、何億にも層は分かれています」

この審判って、昨年の10月16日(日)の審判のスーパームーンのように、
神によってではなく、自分で自分自身を審判するんでしょうか?
(→記事『10月16日(日)、審判のスーパームーン』をご参照ください)

最後の審判は、自分で自分自身を審判もしますが、
外側(天)も審判しますね」

ただ今、地球はA(光)とB(闇)に分かれている過程ですが、
この地球はこの審判後にある3次元上にあるそうで、
3次元がなくなった後に、すべての魂が層に振り分けられた後に、
さらに、地球はA(光)とB(闇)への振り分けがされるようです。

最後の審判は行いを審判されると考えられているようですが、
審判されるのは、行いではなくて、心です。
例えば、殺人という行為よりも、その犯罪者の、
殺してしまった人や家族に対する心からの後悔や、
悲しい気持ちがあればA(光)に行きます」

それは過去記事『行動よりも心のほうがあの世では大切』
にも書かれていますね。

なんとなく、今世が最後の審判だろうな~って、
薄々感じていたので、驚きはありませんでした。
自分が居心地の良さを感じる人や環境を、
もっと経験して、自分にとっての最高の層に向かいたいです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。