FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

ご先祖や守護霊は誰にも、絶対に話しかけません

こちらは、東京の座談会の参加者様からいただいたご質問なんですが、
最近、いろんな方から同じ質問を頂くので、
東京の座談会の開催前に、ブログでシェアさせていただくことにしました。
ご質問くださったNさん、ありがとうございました。



Q チャネラーや霊能者が実際に能力があるとしてですが、よく、「守護霊がこう言っている」、「ご先祖さまが怒っている」などと、守護霊や先祖霊の言葉を導きとして語られる方がおられます。

「神は個人的なことに意見・指図はしない」とポコプンが言っていたと記憶しています。神(ポコプン)的には、守護霊や先祖霊をどのように考えているのでしょうか。そして、それらとどのように付き合っていくほうがよいのか教えて下さい(先祖を敬うが、そこに縛られないということでしょうか???)



A: ご先祖や守護霊は誰にも、絶対に話しかけません。

人は死んで肉体を脱ぐと、脳(意識)がなくなるため、
幽体には、批判や非難をする意識がありません。
恥ずかしいという気持ちも、悪意をジャッジする気持ちもなくなるので、
『ああしなさい』 『こうしなさい』
という思いも消えてしまいます。

(記事『魂とは?ハイヤーマインドとは?内なる神さまとは?』をご参照ください)

ある程度の意識レベルに達し”脱皮”できたご先祖様だけが、
あの世から見守りたい人を見守ることができます。
なので、何らかの理由があって、
子供や孫を見守っているというケースが、まれにあります。

けれど心配事などの見守る理由がなくなれば、いなくなるので、
いつもあなたのそばにいて、見守っているわけではありません。
ということから、ご先祖様はみんなについている、
守護霊ではありません。

(記事『”脱皮”できた人だけが、 あの世から見守りたい人を見守ることができるそうです』をご参照ください)

守護霊はみなさんが思ってるような存在ではありませんが、
仮に守護霊のように導く存在があるとすれば、
こちらもまれに現れる、自分のハイヤーマインドがそれになります。

ハイヤーマインドとは、
人間の身体(脳=意識)に備わっている、
悟りや解脱に限りなく近い未来の自分のマインドです。
様々な苦労を重ねて乗り越え、数々の経験を積んだ、
300年~400年先の未来の自分だと思ってみて下さい。

けれど「過去⇒現在⇒未来」へと進む、
3次元の時間軸は関係しない来世の転生先は、
未来にばかり向かうとは限らず、過去に転生することもあります。

今の自分が生まれ変わって、4度目の来世で、
古代エジプト人になったとしたら、
それが今の自分のガイドとしてついていて、
霊能者にはその古代エジプト人が見えるので、
「あなたには、古代エジプトの(守護)霊がついていますよ」
と言われるのです。

また、珍しいケースでは、
自分の家系についている3次元とあちら側の道案内人がいて、
予定外の生命の危機に陥った時だけ、姿を現して守護にやって来ます。
けれど、3次元の肉体を持って現れるわけではありません。

まれにいる、本物の霊能者は、
ぼんやりと幽体は見えるけど、声は聞こえないので、
その表情を見て、何を伝えようとしているのかを判断します。
なので伝える内容は、霊能者の判断力次第となり、
間違いがとても多くなります。
幽体に声はないので、「ご先祖様が〇〇と言っていますよ」
ということは、絶対にありえません。

また、真正面に見えると言って、
正面を指さす霊能者がいますが、それはウソです。
本当に見える人は、視界の端で見ています。

(記事『視界の端っこで見て聞く(第三の目で見る方法)』をご参照ください)



ご先祖様は守護霊としてついていないとのことですが、
みなさんの方から、亡くなった方のエネルギー体と、
コミュニケーションをとることはできます。

あの世は思いが叶う世界です。
だから、あなたの思いもあの世では形になるのです。
亡くなった方は、あの世であなたの形になった思いを実際に経験でき、
そして、あなたからのポジティブなエネルギーを受けた、
その方のエネルギーは上昇します。

コミュニケーションの方法は、
記事「神式会社 本編その3 4コ目❉ 亡くなった方のエネルギー体と、コミュニケーションをとる訓練をして下さい」
を、ご参照くださいね。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

古代エジプトの記憶を持つ転生者オンム・セティと、バー(魂)と、カー(精神)の世界

今年アビドス神殿を訪れた私に、
クライアントさんが絶対に読んでほしい!と、
『転生者オンム・セティと古代エジプトの謎―3000年前の記憶をもった考古学者』
を、貸してくださいました。

あらすじ:1904年イギリス生まれのエジプト考古学者である、
ドロシー・イーディーは、アラブ語の『セティおばさん』という意味の、
オンム・セティというあだ名で呼ばれていた。
彼女は古代エジプト人だった3000年前の記憶を持っており、
前世は「ベントレシュト」という名の、アビドス神殿の女神官であり、
ふとしたことからセティ1世と許されない恋に落ちたという。
そして、現世に転生した彼女の元を、
あの世からセティ1世が、逢瀬を重ねに毎夜訪ねてくる。


オンム・セティ

(余談ですが、本の検索をしていて、販売価格を知り目が飛び出ました・・・

それで毎夜、セティ1世はオンム・セティに、
色んなことを教えてくれるんですが、
アメンティと呼ばれるあの世には、
セティ1世が在位していた当時のままのアビドス神殿が存在しているそうで、
アメンティは、地上と鏡像関係だから、
神殿は、朽ち果てていくこの世のために建てたのではなく、
永遠である、あの世のために建てたのだとのことなんですが、
これは本当ですか?

「まんざら間違っていないそうですよ。
この世で滅びたものも、あの世では完全体として残っているそうです。
この世で『欲しい』という感情が入って、買ったものはあの世に持って行けます。
欲しいと思って買ったもの全てです。
神殿やマイホームもそうですが、
例えば靴が好きで、何足も買い集める人や、
時計やジュエリーが好きな人、また車やバイクを買うのが大好きな人は、
その全てのコレクションをあの世に持っていけます。
ただし、お金は持って行けませんけどね」

それって、過去記事『あの世に物は持っていけます』
でも言っていましたよね。

ところで、セティ1世のいるアメンティという世界は、
死後に魂が向かう幽界のことですか?

「肉体が死んだら、魂と意識に分かれるそうです。
魂は幽界に向かいますが、
意識が向かうのはそのアメンティで・・・、
エゴの世界のようなものでもあるみたいですね」

それって、古代エジプト人たちの霊魂観の、
バー(魂)と、
カー(精神)
のようですね!

「欲しいと思って買ったものは、
意識(アメンティ)の世界には持っていけます。
この意識の世界というのが、どれだけ続くのかは分かりません。
90回転生していたら、90それぞれの意識の世界があるというよりも、
転生するたびに意識の世界は無くなるのかもしれません」
と、ノンモさん。

欲しいと思って買ったものを、
全部あの世に持っていけるなんていうのは、
強い煩悩だから良くないんじゃないの?と思ってしまいますが・・・。

「でも、自分が満足することでもあるので、
欲しいものを買うのは悪いことではないんですよ。
逆に欲しいと思っているのに、
貯蓄や物を減らす生活のために、我慢して買わないでいたり、
断捨離で、思い入れのあるものを処分してしまったりすると、
死後に意識は、不足感や寂しさを感じて、
満足できない状態になるんです」
と、ノンモさん。

「自分で作ったもの、書いたものもあの世に持って行けますよ。
思考が邪魔して買わなかったりする人が多いですが、
湧き上がる『欲しい』という気持ちは、意識の世界からきているものなんです。
ただし、欲しいと思って盗んだものは罪になります。
盗んだものも持っていけるんですが、
意識の世界で、とても深い罪悪感にかられるんです。
これは神ではなく、自分の意識が善悪を判断するためです」

ところで、本当にあの世からセティ1世は、
オンム・セティに会いに来ていたんでしょうか?

長くなるので、次回に続きます♪

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

月双ノンモのなんでも愛ランドの記事『神のこころ、人知らず』の補足

月双ノンモのなんでも愛ランド~世界で一番悟りに近い島~
の記事『神のこころ、人知らず』

の補足情報なんですが、

本当なら旅行先で、事故にあって死んでいたはずのノンモさんが、
その数時間前に、ポコプンに「あっちに行くと、良い写真が撮れるよ」
と言われたので、その場所に行ったら、
思いっきりこけて、買ったばかりの高額なカメラに傷がついて、
手と足が擦り剥けて血だらけになったそうで、

「見てくださいよ~!ほら、ここも、そこも、
いい歳した大人が、すり傷作って、
血がダラダラ~だったんですよ!
買ったばかりのカメラに傷がついて、
ポコプンに、おまえふざけんな!
って本気で怒ってしまいましたよ」
と、ノンモさん。

で、ポコプンいわく、

みんなは神に助けを求めるとき、
100%の不幸を0%にしてくれるような、
奇跡が起こるのを待っているだろうけれど、
100%の不幸を引き起こさないために、
半分の50%を数時間前に経験させて、
50%に減らしてあげたんだよ!
100%だったら死んでたんだよ!

とのこと。

「みんな、自分は不幸のどん底なのに、
神は助けてくれないと嘆いて罵るけれど、
こんな風に神はいつもみんなを助けているんだよ!」


とポコプン。

神は100%の不幸を取り除くことはできないので、
こんな風に、不慮の死や重症などで極端な不幸が起こらないように、
不幸のバランス配分をとって下さっているらしいのです。

(寿命や、魂が望む経験などの場合は、
神は手が出せないでしょうけれど)

私が3月のエジプト旅行で、足止めと予定変更をくらった、
大雪嵐、砂嵐などの数々の不運も、
どうやらポコプンが不幸の配分調整をしてくれたからだそうです。

ノンモさんは今世ではもう2度死んでいるそうですけど、

(→記事『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』をご参照ください)

その時はこの不幸の配分調整がされなかったんですね?

「肉体が完全崩壊しなかったので、
新しいパラレルワールドで、再生可能だったからでしょうね」
と、ノンモさん。

(→記事『『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』の追記です』をご参照ください)

「旅行先で死んでたら、谷底に落ちて肉体が完全に崩壊して、
パラレルワールドも生まれず、
この世から完全に消えることになっていたらしいので、
ポコプンが助けてくれたそうです」

では、先週末にノンモさんがこの世から完全に消えていたら、
この癒守プロジェクトも、未完になっていたってことですね

ノンモさんには、まだまだまだまだ死なれては困りますから、
無茶は控えてくださいよね~

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』の追記です

以前の記事『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』
では、

「人は生まれる前に寿命を決めてきます。
その寿命に満たない場合は、
事故や病気や戦争などで死んでしまっても、
別のパラレルワールドでは生き続けるんです。
けれど寿命に達していた場合は、
肉体を脱いで幽界に向かいます。
ただし自殺した場合は、寿命に達していなくても、
パラレルワールドは分かれないそうです。」


と、ノンモさんが言っていましたが、

60階建てのビルの屋上から飛び降りるなどで、
肉体が完全に崩壊した自殺の場合は、
寿命に達していなくても、
パラレルワールドは分かれないそうですが、

肉体が完全に崩壊しないで再生可能な、
リストカットや、致死量に至るガスまたは、
薬物の大量摂取などの自殺の多くの場合は、
寿命をが尽きるまで、
別のパラレルワールドで生き続けるそうです。

なので私たちにとって、自殺して亡くなった誰かが、
別のパラレルワールドでは、
辛く悲しいことばかりで生きているのが嫌だから、
何度も自殺を試みるけれど、いつも失敗して、
自分は死ねないと思いながら、生きているのかもしれません。

「自殺で生まれるパラレルワールドは、とても複雑だそうです。
なので、やはり自殺はタブーとされているようです」
と、ノンモさん。

そして、臨死体験で死後の世界を体験するのは、
どういったことかというと、

「事故や病気などで寿命に達していないのに、
死後の世界に行ってしまった人は、
寿命がまだ残っているからと言われて、
この世に帰されてしまうようですね」

だから、ほとんどの臨死体験者が、
あの世の光に包まれて、事故や病気の苦痛から解放され、
3次元では体験できない心地良さのあまりに、
ずっと一生ここにいたい!と、願うのに、

「まだ死ぬときではない。
あなたは生きてまだまだやることがある」


と、あの世の存在に言われて生還するというのは、
この寿命の約束のためなんですね。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

感謝と感動を経験するために3次元に生まれてきている

スピリチュアル界でよく耳にするのが、
『3次元では、思い通りにならないことを経験するために生まれてきた』
ということなんですけど、

やはり、あの世(幽界)では願い通りなので、
そうではない経験をしたいがために、
私たちは生まれてきているんでしょうか?

「3次元は思い通りにならない・・・というよりも、
頑張らないと、経験することができない世界です。
あの世では、居心地の良い魂と一緒にいたいと願えば、
いたいだけ一緒にいられるんですが、
3次元では、まず居心地の良い人に出会うまでに時間がかかるし、
出会っても喧嘩したり、すれ違ったりして、一緒にいられなくなりますよね。
そんな風に3次元とは、何事も努力しないと、
簡単に手に入れることができない世界なんです」
と、ノンモさん。


あの世(幽界)は、願うと叶う世界です。

(→あの世については『あの世の仕組み(3つの世界の特徴)』をご参照ください)

もちろん、ある一定以上の意識レベルの魂に限りますが、
あの世(幽界)は、お腹が空けば目の前に食べ物が出てきて、
会いたいと願えばすぐにその人が目の前に現れる世界です。
けれどそうすると、願いが叶った時の感動を味わえないのです。

なので、空腹を我慢し、努力や苦労を重ねた上で、
願いが叶った時の感謝や感動を経験したいと思って、
私たちは3元に生まれてきているそうです。

「3次元はそういう仕組みになっているので、
数百億の宝くじの当選者って、偽造じゃないかと思うんですよ。
実際に自分の周りに少額の当選者はいても、
大金を手にした人には会ったことないですしね」
と、ノンモさん。

多くの子供たちが、
『小学校に入ったら算数を徹底的に学ぶぞ!』
などと思わないように、
感謝や苦労や忍耐を学ぶぞ!と思って、
3次元には生まれてきていないそうです。

義務教育


「3次元では、小、中、高の義務教育のように、
まんべんなく全てを学んで、
義務教育を終了しなければ、
大学に入れないような感じになっているそうです」

高校をすっ飛ばして、いきなり大学に入ったりする、
秀才はいないんですか?

「魂の学びには、飛び級はありません。
なのに、小学校を卒業したら、すぐに就職して、
結婚して、子供を作って、金持ちになって・・・、
と考えてしまっている人が多いんですよ」

この世のほとんどの人は、小・中学校レベルの、
義務教育の真っ最中だそうです。
なので、焦って先を急ぐのではなく、
マイペースにゆっくりと学べば良いのだそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。