癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

今さら、薬や予防接種を避けたところで・・・

先日クライアントさんが、

「アヌンナキが薬や注射で、人類をコントロールしようとしているのを知って、
薬はできれば飲みたくないんです」


と、おっしゃっていたのですが、

それは、

「そう。彼らアヌンナキはバクテリアやウィルスの病原菌をばら撒いて人々を病気にした後、有無を言わさず(チョイスを与えず)、手術やバイオプシーを使ってチップを埋め込む。また、薬を処方して飲ませたり予防接種という名目で注射を打たせて、人間の情緒を不安定にする液体を脳に送り込んでいる」

と、月双ノンモのなんでも愛ランドブログ、
「『ノンモの部屋』 ―ノンモとポコプンの脳内対談― 4」
でのポコプンからの情報を読まれてのことのようなので、
もう一度、きちんとお伝えしたほうが良いと思うのですが、

「そういった世界に自分たちは住んでしまっているので、
もう今さら、薬を抜いたり、予防接種を抜いたところで、何の変化もないですよ。
だから、この世界の方法に合わせて生きるしかないんです。
なので、薬もそういった意味で飲んだ方が良いと言えます」
と、ノンモさんは言います。



残念ながら現在の人間は、アヌンナキのコントロールによって、
ワクチンや医薬品も含む、そういったものに頼らざるを得ない身体になってしまっています。
そういったものを避けると、逆に別の病気にかかってしまったりするのです。
こんな風に、人間がアヌンナキのコントロールを避けることができないように、
この世は作り上げられてしまっています。

ですので、この3次元で生きていく上では、
アヌンナキのコントロールに影響を受けない身体を作るしかありません。

影響を受けない身体を作るには、
心理面の課題と合わせ、潜在意識を高められるように、「まっ、いっか!」の精神やいつも笑顔でいること、
日々の小さな幸せを感じることがとても大切になってきます。

そして、その上で、おいしいものをおいしく召し上がってください。
健康維持のためにあれこれ考えて、農薬や、GMO製品や肉を避けたり、
菜食主義者になったりなどして、食べ物をコントロールしていると、
おいしいものを、純粋においしく食べられなくなってしまいます。
それは、あなたの肉体にとっては良いことかもしれませんが、
心はハッピーではないかもしれません。

なぜなら食物からエネルギーを受けるのは、あなたの心だからです。
なので、心の健康のために、その時、食べたいものを我慢せずに、喜びを持って召し上がってください。
心が望んで、ハンバーガーやラーメン、パフェやケーキなどを食べてハッピーになるほうが、
身体は食物からアヌンナキの影響を受けなくなるのです。

※ただし、健康状態に問題があって、食事療法が必要な方はこのケースに当てはまりません。




と、記事『予防接種とワクチンについて』
で、ポコプンが言っていましたが、

「アヌンナキはいなくとも、この世に病気は存在しますからね。
このあいだ血液検査したら、ちょっと血糖値が高めだという、
検査結果が出たんです。
そしたら医者が、将来的に糖尿病になる可能性があるので、
予防のために今から薬を飲みなさいと言うんです。
その数値は、20年前なら正常な血糖値だったんですよ。
自分はそんな理由での、薬は絶対に飲まないですし、
避けたほうが良いのは、こういった類の薬ですね。
けれどすでに、糖尿病にかかっていたら、
薬は飲むしかないですけどね」
と、ノンモさん。

私の元夫も、血液検査の結果は正常だったのに、
父親が心臓発作で亡くなったので、
予防として低アスピリン剤を飲みなさいと医者に言われて、
飲んでたら、血小板がなくなる得体のしれない病気にかかって、
緊急入院となったことがありましたよ。

それから、フロリダ州に住んでいた時に、
元夫は糖尿病として診断されて、通院していたんですけど、
ニューヨークで検査をしたら、正常値と言われました。
州によって、正常値が違うことに驚きでしたが、
ニューヨークよりも人口が少ないフロリダだから、
少しでも患者を増やそうという魂胆だったのか!?
と、思ってしまいましたよ!

「医者や医療機関が全てそういうことをしているのかと言ったら、そういう訳じゃない。ちゃんと良心を持って患者を良くしてあげたいという気持ちで仕事をしている医者だってたくさんいる。正当な薬だって出回っている。ただ、それを人々が見分けるのは本当に難しいんだ」

と、月双ノンモのなんでも愛ランドブログ、
「『ノンモの部屋』 ―ノンモとポコプンの脳内対談― 4」
で、ポコプンも言っていますが、

本当に世も末ですね・・・

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

アヌンナキたちが時間を早めているのは、 子供が子供である意識を持つ時間を短くするため

以前の記事、『アヌンナキが地球上の時間を操作し早めています』で、

「なぜアヌンナキが地球の時間を早める必要があるのか、
詳しくは教えてもらえないのですが・・・」
と、今年の2月にノンモさんが言っていた、
その理由を唐突に伝えられました。

「アヌンナキたちが、地球上の時間を早めているその狙いは、
子供が子供である意識を持つ時間を短くすることにあるようです」

最近の子供たちが、すごく大人びていると感じませんか?
私たちの時代なら、十代になってようやく発言するようなことを、
まだたった3歳~4歳なのに言う、
姪っ子たちや、同僚の子供たちに私は驚かされたりしていましたが、

「アヌンナキたちは、
赤ん坊の状態で意識を持たせるくらいまで、
時間を早めていくそうです」

それは、顕在意識ですね?

(顕在意識と潜在意識については、
月双ノンモのなんでも愛ランド~世界で一番悟りに近い島~ブログの、
記事『人間の脳と潜在意識』をご参照ください)


「はい。以前なら7歳ごろまでの子供の意識は、
潜在意識とつながっていた状態だったんですが、
早くから顕在意識を発達させて、
人間が神とつながらないような状態にしようと考えているようです」

それは・・・、人間のロボット化では?

「はい。人間のロボット化です。
もちろん神は、そうさせないように手を打ちますけどね」

そのために、人間以外の生き物の封印が解かれるのかもしれませんね。
(→記事『封印が解かれるのは、人間以外の生き物です』をご参照ください)

教えてもOKな時がきたからなんでしょうけど、
あまりにも唐突に伝えられた情報でした。
7月になってから急に、濃いポコ情報が降りてきているように感じます。

7/18/17追記です:
ポコプンからの追加情報です。シリウスの子供たちは生まれながらに、感情豊かで、考えることをしない、おっとりした穏やかな子供たちなんだそうですが、3次元に生まれてきたら、アヌンナキの早いスピードには逆らえないので、残念ながら顕在意識の方が成長してしまうのだそうです。
  
よくポコプンが、ニューヨークが世界で一番の精神修業の場と言っていますので、この早いスピードにも対応できつつ、シリウスチャイルドの心を失わない、臨機応変さを求められているのかもしれないな~って思います。こうやって、シリウスチャイルドもふるいにかけられるのかもしれません。


================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

封印が解かれるのは、人間以外の生き物です

「多くの人が、もうすぐ人間の封印が解かれると思っているかもしれませんが、
封印が解かれるのは、人間以外の生き物です」
と、ノンモさん。

人間以外の生き物って、動物や植物ですか?

「主に哺乳類や魚類や爬虫類です。
植物と昆虫類は・・・ピンとこないですね。
ちょっと分からないです」

人間の第六感以上の人間の特殊能力が、
アヌンナキによって封じられているように、
人間以外の生き物の能力も、アヌンナキが封じたんですか?

「いいえ。神が封じました。
神が、人間以外の生き物の持つ神の能力を、ある時まで封印したんです。
封印と言っても、危険を感じた亀が、甲羅に身をひそめるような感じで、
生き物の神の能力が隠れている状態です」

その人間以外の生き物の封印を解くある時とは、
アヌンナキを滅亡させる時、
またはアヌンナキの勢力が弱まった時なんだそうです。

「それは、そんなに遠い先の話ではありません。
神の能力の封印が解かれ、生き物がこの世を先導するようになり、
アヌンナキの支配がなくなった地球は、
急速にパラダイスに戻っていくそうです」


アメリカ中西部のワイオミング州、アイダホ州、モンタナ州に横たわる、
イエローストーン国立公園の中心には、毎日45,000トンもの二酸化炭素を排出する、
超巨大火山が存在するのですが、
近年、イエローストーン国立公園周辺で火山性地震が多発しており、
いつ噴火してもおかしくない状態だと言われています。

噴火すれば、地球全体が寒冷化し、
北アメリカ大陸に人間が暮らせない状態になるのだそうで、
アメリカ政府はイエローストーンが噴火した場合のために、
南アフリカ、ブラジル、オーストラリアなどへの、
「米国人の数百万人規模の大量移住」を要請しているとか。

us-yellowstone-move.gif

(以下のサイトを参考にさせて頂きました。

『NAVERまとめ、世界一ヤバい火山「イエローストーン」周辺で火山性地震が多発!!』

『In Deep、アメリカ政府はイエローストーンが噴火した場合のために、南アフリカ、ブラジル、オーストラリアなどへの「米国人の数百万人規模の大量移住」を要請していた』)



「アメリカのイエローストーン国立公園の火山が噴火して、
アメリカに誰も住めなくなれば、アメリカ政府が機能しなくなります。
アメリカという国、そのものがなくなるかもしれません。
そうなれば、国境がなくなり、戦争がなくなり、宗教がなくなり・・・、
その時に人間以外の生き物の封印が解かれれば、
生き物の導きにより、地球は急速に正常化していくのかもしれません」
と、ノンモさん。

「人間の封印が解かれたところで何にもならない。
今は人間が自然や生き物の頂点に立っていると思っているだろうけど、
封印が解かれると、生き物と人間の立場が逆になるよ」


と、ポコプン。

人間は自然界の頂点に立った気になり、
自然破壊や動物や魚類の乱獲や虐待など、
抵抗できないものに対して、暴力の限りを尽くしていますが、
生き物が自然界の頂点に戻ったら、
すべてを愛で包み込むのだそうです。

「愛といっても、甘やかしの愛ではないですけどね」

はい。山に囲まれた家で育ちましたので、
自然界の厳しさはよ~く承知しております。

その時がきたら、一気に生き物の封印が解かれ、
急速に神としての能力は、誰にでも分かる形で示されるそうです。

「ポコプンは生き物の中でも、特にタコの覚醒が早いと言っています。
タコの擬態もすごいですが、教えてもらったわけでもないのに、
ペットボトルの蓋をあけて中に入っている餌を食べたりできるんですよ。
だから、宇宙人がタコのように描かれているイラストって、
まんざら間違ってないのかもしれませんね」
と、ノンモさん。


ペットボトルの蓋をあけるマダコの動画

イエローストーン国立公園の火山が爆発したら、
ノンモさんはどの国に移住しますか?

「え?そうなったら、日本に帰りますよ」

あ、そっか、日本なんですね。
私は混乱に紛れて、エジプトやアラブの国に移住しよう~って思っちゃいましたよ。
重症ですね(笑)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

再熱する地球平面説

紀元前6世紀あたりまでの古代文明では、
主流の宇宙論であった「地球平面説」

現在この「地球平面説」が再熱しているらしく、
ノンモさんにおすすめされて「地球平面協会(The Flat Earth Society)」
とやらのYoutubeを観たのですが、
これがなかなか、理にかなっているのですよね・・・。

ポコプンいわく、

「とりあえず、情報として頭においておいてね♪」
とのことで、
これ以上のポコ情報もなに出てきていません。

残念ながら日本語字幕の「地球平面協会(The Flat Earth Society)」の
動画が見つからないのですが、

英語の動画はこちらからどうぞ♪


「できれば、読者さんたちに分かりやすいように、
動画を、日本語で説明できたらいいですよね~」
と、ノンモさんに言われてしまったので、
(ーー;)

情報の真偽はさておき、
「地球平面協会(The Flat Earth Society)」の主張を、
簡単に説明させていただきます。
今回は、写真多めです。

地球平面協会(The Flat Earth Society)による、

【地球平面説】

・ 地球は平面、かつ円盤状である
・ 円盤の中心は北極である
・ 円盤の周囲はぐるりと氷の壁で縁取られており、これが南極である
・ 太陽と月の直径はともに51kmほどであり、約4,800km上空の天球上を24時間周期で移動している(その他の星は約5,000km上空を移動している)
・ 重力は幻覚。自由落下運動の加速度(g=9.8m/s2)は誤りであり、実際は地球がその速さで上昇している(原因は不明だが、恐らく謎の「暗黒エネルギー」によるもの)
・ 地面の下に何があるのかは不明、しかし恐らく岩で構成されている
・ 衛星写真などで見る丸い地球は、すべて加工されたもの
・ NASAや政府などの陰謀により、地球は球体と信じ込まされている
・ 南極で自由に活動できない理由は、円盤の縁から人間が落下する事故を防ぐため
・ 国連旗は、地球が平面であることを暗に示すものである


国連
国連旗

地球平面協会(The Flat Earth Society)の考える地球のモデル。
地球は平面、かつ円盤状である。円盤の中心は北極である。
円盤の周囲はぐるりと氷の壁で縁取られており、これが南極である。
映画『トゥルーマン・ショー(The Truman Show)』のように、ドームで閉鎖されている世界で
宇宙空間には行くことはできない。
NASAや衛星による地球や宇宙空間の写真は、すべて加工されねつ造されたものである。

Slide14.png

地球は自転しておらず、
太陽と月の直径はともに51kmほどであり、約4,800km上空の天球上を24時間周期で移動している
(その他の星は約5,000km上空を移動している)
上空からは見る平面の地球は、まるで陰陽のサインのようですね。
Slide15.png

【地球平面説の10の証明を3分で解説動画より】



1.アマチュアによる100,000フィート上空からのビデオ撮影では、地球は平面に映っているが、
NASAによる100,000フィート上空からのビデオ撮影では、地球はカーブしているように映っている。

Slide1.png

2.飛行機などで上昇しても、地平線は常に目の高さにある。
左:球体での上昇図。 右:平面での上昇図。


Slide2.png

3.船からは30マイル先の灯台が見えるが、
地球が球体なら、30マイル先の灯台は600フィートカーブ下にある計算となり見えないはず。


Slide3.png

4.水は常に水平である。

Slide4.png

5.もしも地球が球体であるなら、航空機は常に機首を下げておかなければ、
宇宙空間に飛び出すはずである。
35,000フィート上空を、時速500マイルで飛んでいるのなら、
機首は毎分2700フィート降下し続けなければならない計算になる。


Slide5.png

6.もしも地球が時速約1000マイルで自転しているのなら、
光速よりも早いスピードとなり、
東側に立つ人には決して自分の声が届かないはずである。


Slide6.png

7.長さ120マイルのスエズ運河の中央は、
地球が球体であるなら、1700フィートの高低差になる計算だが、
スエズ運河は完ぺきに水平を保っている。


Slide7.png

8.ニューヨークのVerrazano–Narrows Bridgeは、
地球が球体であることをもとに計算されて建設されたが、
川の水は橋と同じようにカーブしているだろうか?それとも水平だろうか?


Slide8.png

9.重力がすべてのものを地球の中心に引き寄せているのなら、
なぜ地球の中央に液体が存在できるのだろうか。


Slide9.png

10.地平線から昇る前から、太陽の光は差し始めるが、
地球が球体であるなら、これは不可能である。


Slide10.png


例えば飛行機がアラスカのアンカレッジ国際空港からヨーロッパへ飛行する際には、
最短距離で飛べる北極ルートを使用します。
ロンドンやパリに飛ぶ際には北極上空を飛行するのです。

しかし、逆に南極ルートというものは存在しません。

Flat Earth Air Route


旅客機や輸送機が例えば、シドニーからアルゼンチン、
あるいはニュージーランドから南アフリカへ飛行するには、
南極上空を越える方が距離も短く効率が良いのです。

けれども、南極上空を越えることは禁止されております。
表向きの理由は南極には飛行場がないから,
緊急着陸ができず危険だからだそうです。

**************

ポコプン、地球平面説がもしも真実であれば、
現在の理科、科学、物理、歴史などは、すべてデタラメになりますよね・・・。

「そうなりますね。
信じても良いのは国語、英語の語学系と、数学くらいじゃないですか?」
と、ノンモさん。

もしも、これが真実であれば、
アヌによる人類の家畜化はここまですすんでいたってことですね・・・。

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

歴史から消えた人間と、アヌンナキの第2のゲーム

以前の記事『人間が神と崇める機械が生み出すイリュージョン』
の追加情報になりますが、

「突然歴史から人類が消えるのは、
アヌンナキは3次元の人間を、ガーッと消すからだそうです」
と、ノンモさん。

突然こつ然と歴史から消える高度文明や人種には、
たとえば、シュメール文明や、
イスラエルの10支族や秦族などがいますよね。

「以前は二ビル星に、人間が神だと思っている、
大きくて黒い意識のある機械があるって言ってましたけど、
どうやら、その機械は、3次元と別次元のはざまのようなところにあるみたいです。
この機械のテクノロジーは、いわゆるグレイのような宇宙人から得たみたいで、
それで3次元を操作して人間を、ガーッと消せるみたいです。
ほんのちょっと・・・、たった1ミリほど次元がズレるだけで、
自分たちは簡単に3次元から消えてしまうんですよ」

アヌンナキは人間を利用して、機械を発達させようとしており、
機械が意思を持つようになり、機械同士が電波で会話をしはじめる。
そして、この世は情の無い世界となり、
時がくれば、文句を言わない機械は残され、
文句を言う人間は抹殺される。
その時のために、現在ワクチンや投薬や食べ物などから、
人間にチップを埋め込んでいる。
って、以前、おっしゃっていましたよね?

(→記事『アナスタシアと、アヌンナキの第2のゲーム』をご参照ください)

「はい。アヌンナキの第2のゲームは、
人間の意識や思考を物凄いスピードで発達させて、
3次元上を機械やコンピュータのみで制御できるようにした暁に、
アヌンナキ以外の全人類を抹消するというものです」

でも、この世から人類がいなくなれば、
富を運んでくる人間がいなくなって困らないのでしょうか?
それにたしか、アヌンナキは、
人間の負の感情をエネルギー源にしているんじゃなかったでしたっけ?

「たとえば9・11では、ツインタワーに飛行機が突入して炎上しましたが、
それが、アヌンナキの機械によるイリュージョンだったとしましょう。
飛行機の乗客は、アヌンナキの機械によって別次元へと移動させられますが、
その次元には、今までとまったく同じ世界があるので、
乗客は、何事もなかったかのようにその世界に戻るだけなんです。
で、アヌンナキは、乗客をその次元に住まわせて、
そちら側の人間から負のエネルギーを得ているらしいです。
こんな風に、アヌンナキは人間をガーッと一気に消すそうです」
と、ノンモさん。

別次元に移動させられた乗客は
飛行機がツインタワーにぶつかりそうだったけど奇跡的に助かった!
なんて思ってるんでしょうか?

「いいえ。そんな自覚はありません。
その次元に入ったら、乗客のすべての記憶は書き換えられますから。
本当に何事もなかったかのように、日常生活に戻るだけです」

なんだか・・・、この私もその次元とやらにいたりして、
と、不安になってきました。
人間の記憶って、ここまで簡単に書き替えられるもので、
それだけ曖昧だということでもありますよね。

================
ポコプンから伝授された癒守結(Isyui/いしゅい)
セッションと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。