癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

地球は宇宙人が作っているコロニーのひとつにすぎない

地球は宇宙人が作っているコロニーのひとつにすぎないそうです。
そしてこのコロニーはひとつだけでなく、いくつもあるとのこと。

地球


宇宙人は住めなくなった母星の代わりになる移住先を求めて、
実験的にいくつもの地球を作り、
そこに人間を住まわせ、宇宙人が快適に暮らせるようになる、
あるレベルまで文明を発達させているそうです。

いくつかある地球の中でも、この地球は文明の発達が遅れていたので、
宇宙人たちが2000年から、急速に文明を発達させ、
自分たちにとって、暮らしやすいレベルまでに到達したら、
地球上から人類を絶滅させて、
そこに宇宙人が移住して暮らしはじめるのだそうです。

「このコロニーですが、美味しいチーズを作るために、
生きてるバクテリアを植え付けて生活させて、
熟成されたらバクテリアを切り捨てて、
チーズを食べるというイメージです。

彼らは、ただおいしいチーズを食べたいだけであって、
その切り捨てるバクテリアの生活や思いなど、
どうでも良いと思っていますけど・・・、

「バクテリアにも命があるの!
一人ひとりに命があるの!」


とポコプンが怒っています(笑)」
と、ノンモさん。

ポコプン、かわいいですね~

文中の宇宙人とは、アヌンナキのことであり、
住めなくなった母星とは、同じ地球上の別次元に存在する、
二ビル星のことだそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

アメリカの自作自演の宇宙戦争は、もうはじまっています

先日の記事『イスラム教の終末論(この世の終末)』での、

雨が降らず、地が枯れ果てる飢饉が3年間続く。

そこへアル・ダジャールが、まるで神であり、
救世主であるかのように、人々の前に降り立つ。
(よくできたホログラムで現れるという説あり)

アル・ダジャールは、片手に天国を持ち、片手に地獄を持っている。

飢えて乾く人々に、食べ物と飲み物を与えたり、
病気を治し、死者をよみがえらせるなどの奇跡を見せる。

しかし、アル・ダジャールの天国は実は地獄であり、地獄は天国であるので、
この時、人々はアル・ダジャールの差し出す地獄を選ばなくてはならないが、
その奇跡を目にした、多くの女性はアル・ダジャールを信じ、
多くの者はアル・ダジャールを選んでしまう。


ということが、

そして、ある時が来たら、
アヌンナキたちは、その人類に植え付けていたものをアクティベートし、
伝染病を流行らせ、人類のほとんどが病に伏せる状態にするか、
マインドコントロールにより、
経済破綻や戦争を引き起こすなどする可能性があるそうです。

そして、病に脅かされ、戦火を逃れ怯えた暮らしをし、
食べ物が買えずに飢えている人類の前に、
アヌンナキが、いかにも神といった演出で姿を現して、

病人に特効薬を差し出し、戦争をやめさせ、
岩を食料に変えてみせて差し出すなどの、
キリストの再臨を演出する計画があるようです。


2015年の記事『アヌンナキがキリストの再臨の演出を計画しているらしいです』
の内容に、怖いくらい似ていますよね!

「そうですね。でも、まずは宇宙戦争ですね。
アル・ダジャールが神として降臨してくる前に、
アメリカの自作自演の宇宙戦争が起こるそうですよ」

と、ノンモさんが言うには、

数あるアメリカのメディアの中でも、極右のFOXニュースだけが、
UFOの目撃談や、その画像などを、
最近やたらニュースで流しているらしいんです。

私はテレビを持っていないので、
アメリカのニュースを見ることができず、知らなかったのですが、
ググってみたところ、本当にFOXニュースがUFOを取り上げていますね。
怪しい~!







「長い間アメリカの敵は、アラブ諸国でしたが、
世界の人々が、敵はアラブ人ではないと感づき始めていますから、
アメリカは次の敵として、宇宙人を選んだんです。
こうやってニュースでじょじょに、人々の意識になじませているんです。
アメリカの自作自演の宇宙戦争は、もうはじまっています」

と、ノンモさん。

そして、また読んでいる方にしかわからないことですが、
アル・ダジャールが神として降りてきて見せる奇跡は、
美内すずえの漫画「アマテラス」の、
地下が悪魔教会になっている、メガチャーチを思い出しました。

そうそう!漫画「アマテラス」といえば、読者さんから、

「アマテラス」には山梨の神社が出てきますよね!
そこに龍も登場しますし!


と言われて、確かにそうだったとビックリしたんですよね。

美内すずえ・・・、本当に何者なんでしょうか。
(→記事『天と地球のエネルギーを受けられるパワースポット』をご参照ください)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

2020年までにUFOの目撃者が増え、その後、アメリカの自作自演の宇宙戦争がはじまるでしょう

「年明け早々にポコプンから、自動書記をさせられたんです。
で、そのすぐ後に、これを見ろ~!って言われて、
ドキュメンタリー映画『非認可(原題:Unacknowledged)』
を、見せられたんですけど、自動書記の内容そのままの映画で、
じゃあ、なんで自動書記をさせたんだよ~!!!
って思ってしまいましたよ」
と、ノンモさん。



天の情報を伝えても、ノンモさんは調べものをしないし、
すぐに忘れてしまって私に伝えられず、
情報が次々に消えてしまうということを、
ようやくポコプンが学んだらしく

「最近ポコプンから、 YouTube を見せられて、
天の情報を伝えられることが多くなっているんです。
内容をストーリーとして覚えていられるし、
忘れてしまっても、閲覧履歴が残りますからね~(笑)」
と、ノンモさん。

映画『非認可(原題:Unacknowledged)』にも登場する、
スティーブン・グリア氏の映画『シリウス(原題:Sirius)』は、
2013年に観たんですけど、そこに登場するミニ宇宙人のミイラの写真を、
ノンモさんに見ていただいたら、ポコプンが偽物だと言っていたような・・・。



「その映画『シリウス(原題:Sirius)』の、
ミニ宇宙人の写真は覚えていないんですけど、
映画『非認可(原題:Unacknowledged)』にも、
いくつか宇宙人が出てくるんですね。
でも、、全部が本物じゃないってポコプンは言ってます」
と、ノンモさん。

なんで偽物の宇宙人を映画に出してくるんでしょうね?
スティーブン・グリア氏や、映画『ツァイトガイスト』のような、
機密の暴露系って、実は製作者側に支配者の息がかかっているのでは?
と、怪しまれているようですよ。

(映画『ツァイトガイスト』については、過去記事『現在、私たちは光と闇の両方の地球に住んでいます』をご参照ください)

『墜落したUFOが運び込まれているのではないか』
『ロズウェル事件と関係しているのではないか』
『グレイと呼ばれる宇宙人がいるのではないか』


と、噂されているエリア51も、
人々の注目を集める目的の、ただの基地で、
実際は何もないと言われているようですけど、
そもそもエリア51について、
知っている人ってあんまりいないと思うんですよね」

そうですね。
私もノンモさんに教えてもらって、初めて知りましたから。
(→記事『エリア51』をご参照ください)

「ほとんどの人が、エリア51を知りませんし、
エリア51とは何だろう?と、疑問を感じている人もとても少ないですよね。
それと同じような感じで、 スティーブン・グリア氏や、
ツァイトガイストなどの暴露情報を知ったところで、
『へぇ~』って思って、忘れてしまう人がほとんどで、
情報を信じて鵜呑みにしている人はごくごく一部です。
なので、支配者層のアヌンナキや政府は、
彼らなんか眼中にないんです。
支配者層がやるとしたら、知る人ぞ知るといった、
こんなショボい手ではなく、
9・11のような自作自演のテロのように、
世界人類に知れ渡るレベルで、もっと大々的にやります」

クライアントさんにも、
最近八多さんとノンモさんが暴露系情報を出すようになっているので、
アヌンナキから目をつけられないか心配ですと言われたんですが、
私たちなんて、もっと眼中にないですよね~(笑)

「2018年から2020年の間に、UFOの目撃者が増えるそうです。
今後目撃されるUFOは、わざと目撃者を増やすために仕組んだ、
人間が作ったUFOで、
宇宙人が作ったUFOではありません。


宇宙の技術は、地球の技術なんかよりも数千倍優れていて、
宇宙人が地球を征服したり、滅ぼしたりするのなんて、
一秒もあればできるんです。

なのでその宇宙人に、
地球人が対抗して戦うなんてことは不可能なんですけど、

現在、経済面などで不利になっているアメリカ政府は、
2020年以降、アメリカ軍が開発した UFO に地球を攻撃させ、
そのUFOと戦って勝利するという、
自作自演の宇宙戦争をはじめる計画があるようです。
アメリカが地球のヒーローとなり、地球を治めるために・・・」

アメリカは、
9・11も含む、ほとんどのテロや戦争を自作自演していますが、
その宇宙戦争版がはじまるんですね・・・。
これが、アヌンナキの第2のゲームの一部なのか・・・。

(アヌンナキの第2のゲームについては、記事『アナスタシアと、アヌンナキの第2のゲーム』をご参照ください)

ノンモさんが新年早々ポコプンに書かされた自動書記の内容は、
次回の記事でシェアさせていただきます。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

無から生み出す創造と創作は、潜在意識の力によるもの

とある日の、ノンモさんとの会話です。

     *******

2次元のマジカルアイ3D画像を眺めていると、
立体(3D)が見えてきますが、実際の3次元も、
このマジカルアイ3D画像のような世界かもしれませんよね。

マジカルアイ

(NAVERまとめ『【視力回復トレーニング】目が良くなるマジカルアイ3D画像集♪3Dの画像を見るためのコツもご紹介』より)


「それは、まんざら間違っていないそうですよ」
と、ノンモさん。

”スケンデリス教授によれば、我々が目にしている世界は2次元の情報から構成された、いわば3D映画を観ているような世界であるという。映像が3Dであるのみならず、手触りも立体に感じられるように触覚情報も3Dに変換されているということだ。(TOCANA 【ガチ科学】「この宇宙は複雑な二次元世界、3D映画のようなもの」英物理学者らが主張! ホログラフィック宇宙論の復権か? より抜粋)

と「量子論」でも証明されてきているようですから、

ポコプンがほのめかしている『地球平面説』のように、

私たちがいるのは3次元ではなく、
漫画のような平面の2次元世界なんだろうな~って、
思うようになってきました。
本当に、ドラマ『泣くな、はらちゃん』の世界ですよね(苦笑)

二ビル星と4つの次元の層があった、ここよりも高い次元って、
3.5~4次元なんだと思ってましたが、
実はそこが3次元なのもしれませんよね。
で、3次元から、2次元をいじるのなんて簡単ですからね~。

(二ビル星と4つの次元の層については→『癒守の地球物語2 「ニビル星のアトランティス大陸と五色人」』を、
次元については→『次元をわかりやすく説明してみました』をご参照ください)

きっと、映画『トゥルーマン・ショー』(The Truman Show)のように、
3次元のクリエイターたちが、私たちの住む、
2次元世界を作っているんでしょうね。
で、このクリエイターは自分を全知全能の神だと思ってるんでしょうね。

それに、映画『マトリックス』(The Matrix)のように、
私たちは眠らされていて、クリエイターに夢を見せられている、
家畜なのかもしれませんよね。

もしかしたら人間は、
映画『ブレードランナー』の人造人間「レプリカント」
なのかもしれないとも考えられませんか?
シュメール神話では、人間は、神々の労働を身代りする奴隷として、
粘土から作られたとありますから・・・。

「自分たちがいるのは2次元世界で、
3次元のクリエイターが、2次元をコントロールしているのかもしれませんが、
この2次元で、作詞作曲する、絵を描く、文章を書くなどの、
無から生まれる創作や創造には、
そのクリエイターは関わっていませんよ」

でも、人間が「レプリカント」だったら、
そういった創造も、プログラムされたものじゃないかと思いますけど・・・。

「もしも、人間がレプリカント(ロボット)だったとしたら、
できることは、有(在るもの)から生み出すことだけですよ。
完全な無から生み出すのは、ロボットにはない潜在意識の力によるものです。
なので、この潜在意識こそが、神の力であるのかもしれませんね」

私たちはアヌンナキ、または神によって、
脳の97%を占める潜在意識を封じ込められてしまっている
ということでしたよね?

ということは、私たちはもともと高次の立体の世界にいたけれど、
平面の2次元に閉じ込められたのと同時に、
潜在意識も封じ込められたということになりますね。

ポコプンのめちゃくちゃでバラバラな情報の、
辻褄があってきてますね・・・。

しかも、量子力学によって・・・。

( ̄д ̄;)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

今さら、薬や予防接種を避けたところで・・・

先日クライアントさんが、

「アヌンナキが薬や注射で、人類をコントロールしようとしているのを知って、
薬はできれば飲みたくないんです」


と、おっしゃっていたのですが、

それは、

「そう。彼らアヌンナキはバクテリアやウィルスの病原菌をばら撒いて人々を病気にした後、有無を言わさず(チョイスを与えず)、手術やバイオプシーを使ってチップを埋め込む。また、薬を処方して飲ませたり予防接種という名目で注射を打たせて、人間の情緒を不安定にする液体を脳に送り込んでいる」

と、月双ノンモのなんでも愛ランドブログ、
「『ノンモの部屋』 ―ノンモとポコプンの脳内対談― 4」
でのポコプンからの情報を読まれてのことのようなので、
もう一度、きちんとお伝えしたほうが良いと思うのですが、

「そういった世界に自分たちは住んでしまっているので、
もう今さら、薬を抜いたり、予防接種を抜いたところで、何の変化もないですよ。
だから、この世界の方法に合わせて生きるしかないんです。
なので、薬もそういった意味で飲んだ方が良いと言えます」
と、ノンモさんは言います。



残念ながら現在の人間は、アヌンナキのコントロールによって、
ワクチンや医薬品も含む、そういったものに頼らざるを得ない身体になってしまっています。
そういったものを避けると、逆に別の病気にかかってしまったりするのです。
こんな風に、人間がアヌンナキのコントロールを避けることができないように、
この世は作り上げられてしまっています。

ですので、この3次元で生きていく上では、
アヌンナキのコントロールに影響を受けない身体を作るしかありません。

影響を受けない身体を作るには、
心理面の課題と合わせ、潜在意識を高められるように、「まっ、いっか!」の精神やいつも笑顔でいること、
日々の小さな幸せを感じることがとても大切になってきます。

そして、その上で、おいしいものをおいしく召し上がってください。
健康維持のためにあれこれ考えて、農薬や、GMO製品や肉を避けたり、
菜食主義者になったりなどして、食べ物をコントロールしていると、
おいしいものを、純粋においしく食べられなくなってしまいます。
それは、あなたの肉体にとっては良いことかもしれませんが、
心はハッピーではないかもしれません。

なぜなら食物からエネルギーを受けるのは、あなたの心だからです。
なので、心の健康のために、その時、食べたいものを我慢せずに、喜びを持って召し上がってください。
心が望んで、ハンバーガーやラーメン、パフェやケーキなどを食べてハッピーになるほうが、
身体は食物からアヌンナキの影響を受けなくなるのです。

※ただし、健康状態に問題があって、食事療法が必要な方はこのケースに当てはまりません。




と、記事『予防接種とワクチンについて』
で、ポコプンが言っていましたが、

「アヌンナキはいなくとも、この世に病気は存在しますからね。
このあいだ血液検査したら、ちょっと血糖値が高めだという、
検査結果が出たんです。
そしたら医者が、将来的に糖尿病になる可能性があるので、
予防のために今から薬を飲みなさいと言うんです。
その数値は、20年前なら正常な血糖値だったんですよ。
自分はそんな理由での、薬は絶対に飲まないですし、
避けたほうが良いのは、こういった類の薬ですね。
けれどすでに、糖尿病にかかっていたら、
薬は飲むしかないですけどね」
と、ノンモさん。

私の元夫も、血液検査の結果は正常だったのに、
父親が心臓発作で亡くなったので、
予防として低アスピリン剤を飲みなさいと医者に言われて、
飲んでたら、血小板がなくなる得体のしれない病気にかかって、
緊急入院となったことがありましたよ。

それから、フロリダ州に住んでいた時に、
元夫は糖尿病として診断されて、通院していたんですけど、
ニューヨークで検査をしたら、正常値と言われました。
州によって、正常値が違うことに驚きでしたが、
ニューヨークよりも人口が少ないフロリダだから、
少しでも患者を増やそうという魂胆だったのか!?
と、思ってしまいましたよ!

「医者や医療機関が全てそういうことをしているのかと言ったら、そういう訳じゃない。ちゃんと良心を持って患者を良くしてあげたいという気持ちで仕事をしている医者だってたくさんいる。正当な薬だって出回っている。ただ、それを人々が見分けるのは本当に難しいんだ」

と、月双ノンモのなんでも愛ランドブログ、
「『ノンモの部屋』 ―ノンモとポコプンの脳内対談― 4」
で、ポコプンも言っていますが、

本当に世も末ですね・・・

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。