癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

3月2日と31日の満月(ブルームーン)と、1月31日の満月の3セットで意味がある

1月31日のスーパー・ブラッド・ブルームーンでは、
多くのみなさまの、宇宙人へのテレパシーのご協力をありがとうございました。

(→記事『1月31日の満月に、 宇宙人と神と人間とが交信できる最大のチャンスが訪れる』をご参照ください)
  
フェイスブック『癒守の地球』非公開グループでお伝え済みなのですが、
1月31日のみなさんの交信の様子を見ていたポコプンいわく、
癒守の地球グループの中の、7人位は完璧につながってたそうです!

「もちろん意識もしていないし、自覚もないだろうけど、
偶然にもちゃんと周波数が合って、7人くらいは大成功!
ちゃんと宇宙人に伝わったよ♪」

と、ポコプン。

また、ノンモさんが交信に成功(?)した様子も、
フェイスブック『癒守の地球』非公開グループでお伝えしておりますので、
ご興味のある方は、ぜひグループにご参加くださいね。
ご参加の方法は、こちらのブログ記事をご覧ください→☆

7人の癒守の地球メンバーのテレパシーを受けた宇宙人は、
なんて思っているんでしょうか?

「仲間を利用して殺す人間ばかりではなく、
こういう人間もいるんだと理解しているみたいですよ。
癒守の地球メンバー7人のメッセージは完璧に届きましたけど、
他の方のテレパシーも部分的には届いています。
たとえば、周波数のあったラジオはきれいに聞こえますけど、
周波数が完全にあってなくても、
ノイズが混じりながらも、断片的にメッセージは受け取れますよね?」

「でも、7人では足りない。
これからもっと人数を増やします。
人数が増えると、
彼ら宇宙人の地球とのコンタクトの方法が変わってくるから」

と、ポコプン。

「それから、1月31日のスーパーブラッドブルームーンは1回目で、
3月2日と31日のブルームーンも重要で、
この3つの満月がセットで意味があるそうです」
と、ノンモさん。

BLUE-MOON.jpg
月は青くなりませんが、ひと月に2度現れる満月のことを、ブルームーンと言います。

え?1月も2日と31日でブルームーンだったんですよ。
2月16日は新月で旧正月で、
南極方面で部分日食があったそうですが、
この2つは関係しないんですか?
と、数回確認しましたが、関係ないそうです。

そして、1月31日ほどではないけど、
毎月の満月ごとに電波のバリアは弱まるので、
そのたびに宇宙人にテレパシーを送ると良いそうです。

テレパシーの方法は、
フェイスブック『癒守の地球』非公開グループでお伝えしている、
1月31日の時の、手の組み方で良いそうですが、
でも、またその時々で情報が出てきて、
テレパシーの送信方法が変わるかもしれないそうです。

ともかく、わーい!o(^▽^)o
私は3月2日の満月を狙って、エジプトに行くのですが、
この日に、何かやったほうが良いことはありませんか?

「2つあるそうですが、1つ目は・・・・・。
あぁ、これは却下ですけど、3月2日の満月の夜に、
クフ王ピラミッドの前で月光を浴びながら、
手に白いレースのような布を持って、
裸でくるくると回りながら踊ることだそうですので、
3次元的に却下なんですけどね。
でもポコプンは、いたって真面目です(笑)」

それはポコプンに、
地球のためにと頼み込まれたとしても却下です。
絶対に捕まって、2度とシャバに戻ってこれなくなります(笑)

「もうひとつは、満月の月光を両面鏡に閉じ込めることだそうです。
3月2日の満月の明かりを浴びながら、
鏡を開いてポコエネを入れてもらって、
ポコプンに『終わったよ』と言われたら、その鏡を閉じて、
そのまま、ニューヨークに持って帰ってきてください。
そこで閉じ込めた満月のエネルギーは、後々必要な時が来るそうで、
いつかその満月のエネルギーを発散させるそうなので、
その日まで、その両面鏡は決して開かないでください」

了解しました。それならできます(笑)
しかし最近、何かにつけて両面鏡ですよね。

そして、2015年の記事『7月31日ブルームーン』
でお伝えした、ブルームーンからの7日間、
天が私たちの願いを受け取りやすいため、
目的や夢などをイメージ化して天に伝えると、叶いやすくなることが、
3月31日のブルームーンで有効だそうです。

詳しくは2015年の記事『7月31日ブルームーン』
を、読んでいただきたいのですが、一部抜粋しておきますね。



「説明が難しいので、見たイメージをそのままお伝えするんですけど、
2度目の満月の時に、いつもはひとつの自分のエネルギーがぶるぶると震えるんです。
そのエネルギーがダブって、双子(ふたつ)になるイメージです」
と、ノンモさん。

そして、ブルームーンから7日間、天が私たちの願いを受け取りやすいため、
目的や夢などをイメージ化して天に伝えると、叶いやすくなるそうです。
でも、我欲まみれの願いは聞き届けられないとのこと。

例えば・・・、「多忙な仕事」と「婚活または妊活」のように、
両方とも、心からやりたいけど両立が難しいと普段思っていることを、
ブルームーンから7日間の間に願うと、
7日後、ふたつになったエネルギーがひとつに戻った時に、
両立しやすい状況に変化したりするそうです。

この願いは月に向ったり、月の光を浴びて願う必要はないそうですが、
1日目(今年は3/31)のほうが、7日目(今年は4/6)よりも、
エネルギーが強いそうですので、お早目にお願いされてみて下さい。


2015年の記事『7月31日ブルームーン』より


きっと1月2日と31日のブルームーンでも、
これは有効だったと思うのですが、すっかり忘れておりました。
ごめんなさい💦

((^┰^))ゞ テヘヘ

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

1月31日の満月の宇宙人と神との交信方法です

記事『1月31日の満月に、 宇宙人と神と人間とが交信できる最大のチャンスが訪れる』
で、お知らせしました、

宇宙人と神との交信方法を、
ポコプンから教えていただきました

月食 ノンモさん撮影
(こちらの写真は、2015年9月28日の皆既月食(撮影byノンモさん。フェイスブックより)ですが、
この月のように、1月31日の皆既月食も赤銅色になるそうですね)

1月31日は、室内からでも良いので、
満月が見れるなら見てくださいとのことです。
日本など、皆既月食が見れる地域にお住まいの方は、
皆既月食を見られると、なお良いでしょうね。

そして満月を見ながら、両手をを組んでいただきます。
この手の組み方については、
フェイスブック「癒守の地球」非公開グループにて、
31日までに、写真でご説明します。

(フェイスブックの「癒守の地球」非公開グループへの
ご参加の方法は、こちらのブログ記事をご覧くださいね→☆)


そして、宇宙人に向けてメッセージを送っていただくのですが、
交信方法は、テレパシーとなります。

宇宙人はテレパシーで会話をしていますが、
神ではないので、相手の考えていることは全くわかりません。
そして感情や思いも読みとれません。

けれど、相手が自分に向けて考えを発してくれると分かるそうです。
でも、別の人間に発している考えは読み取れないそうです。

テレパシーは言葉でなく「音」での会話だそうで、
この「音」とは、お経に近い音だそうです。

なので、1月31日は、
満月を見ながら、両手を組んで、声を出さずに、
頭の中で考えを、読経しているかのように、
宇宙人に語りかけてください。


宇宙人へのメッセージの内容としては、

「この世界には悪い支配者がいて、あなたたちの仲間を殺しているけど、
みんながみんな悪いわけじゃないんです。
私にできることがあれば、出来る限りするので、
お互いに手助けをしましょう。
そして、一部の人間だけが、宇宙人からテクノロジーを教えてもらい、
それを独り占めするのではなく、
地球の誰もが、あなたたちに違和感を感じることなく、
テクノロジーを受けられるようになりたい、
そして、宇宙の一員となりたいと伝えてください」

とのことで、

『だから、見捨てないで』
と、言ってもらいたいそうです」

と、ノンモさん。

宇宙人は神ではありません。
なので、スマホもPCもなく、お金も宗教もなく、
豊かな自然の中、みんなが思いやりをもって暮らせる世界にして下さいといった、
普段みなさんが、神へ祈っているようなメッセージは有効ではありません。
お金や宗教が生きがいの人もいるでしょうし、
スマホとPCが大好きな人もいるので、
みんながみんな、その世界を望んでいるわけではありませんから。
なので、もっと現実的に、お金もスマホもあるままでいいけど、
それがマインドコントロールに悪用されたりしないで、
みんなの生活が便利で楽になるツールとなる、
本当の意味で、暮らしやすい世界を望んでいるという風に伝えてください」


このテレパシー交信の有効時間は、
満月の前後24時間の、
月が出ている時間帯
です。

でも、雲に隠れて月が見えなくても大丈夫ですし、
電波の届かない山奥にわざわざ行く必要もないそうです。

両手を組まなくても、
こちらのテレパシーが宇宙人に届く可能性はありますが、
宇宙人からのテレパシーがキャッチできないそうですので、
フェイスブック「癒守の地球(非公開)」グループでの、
両手の組み方の画像を見てくださいね。

1月31日、神は人間と宇宙人とのテレパシーを聞いているそうです。
テレパシー中に、神からメッセージが届くかもしれないそうですし、
ピカッと光る、光が見えたりするかもしれないそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

1月31日の満月に、 宇宙人と神と人間とが交信できる最大のチャンスが訪れる

ところで地球を牛耳っている影の支配者たちに、
操り人形のように利用されている大統領がいることは、
誰もが知っているね?

もちろん彼を支持する者もいるけれど、それ以上に、
彼を嫌う者、憎む者、恨む者、見るだけで虫唾が走る者の数の方が
世界中では圧倒的に多い。

彼に対する憎悪の念は、それこそ悍ましいくらいに渦を巻いて、
日々、絶えることなく彼のもとに送られている。

そんな負の念を世界中から受けて、どうして平然といられると思う・・・?
なぜ、彼には何も悪いこと(病気や災い)が起こらないのだと思う・・・?

その答えはね、真の「悪」は、
負の念をエサにして生きているからだよ。

キミたちが「負」だと思っていることが、
他の者にとっても「負」とは限らない。

例えば、キミたちは捨てるゴミや排出物などを、汚いと思っているけれど、
別の生物にとっては、何にも代えがたい栄養素になっているかもしれないのと同じで、
こちらの都合による視点からでは、全ての良し悪しは判断できないってことさ。

例えば、多くの人が望んでいる平和な世界や理想郷ってあるよね。

皆がお互いを思いやって、愛し合って、助け合って、
いがみ合うことも、争い合うこともなく、
人々と自然と宇宙とが上手に調和し生きている。
お金や戦争や宗教など存在せず、上下関係もなく、
皆が平等で、幸せな生活を送ることができる世界。

確かに、想像するだけで素晴らしい理想郷だ・・・

でも、それが本当に万人にとっての理想郷なのだろうか?

多くの人はそう願っていて、
それが正しいと思っているかも知れないけれど、
本当に、皆が皆、全員が全員、
そのような世界を望んでいるのだろうか?
そのような世界を目指しているのだろうか?

もしかしたら、そんな「理想」は、
それを望まない者に対しての「押しつけ(エゴ)」だったりしないだろうか・・・
では、それを望まない者たちは、間違っているのだろうか?
それを望まない者たちは、悪者なのだろうか?

それに対する答えなど存在しない。
人それぞれの考え方があるからね。

ただ、言わんとしているのは、
自分の「正しい・正しくない」は『絶対』ではないってこと。
もちろん、ボク個人としては、
皆が平等で争いなどない平和な世界を望んでいるけどね。

とにかく、宇宙人にテレパシーを送るときは
今話したことも踏まえて、語り掛けてほしいと思う。

記事『だから、今、君たちが、彼ら(宇宙人)にコンタクトを取らなければならない』
でも話したけど、
近々、公にUFOを目撃する例がどんどん増えてくるだろう。

そのほとんどのUFOが、
人間である影の支配者たちが造り上げたものであり、
2020年以降に彼らが計画している、
「自演自作」の宇宙戦争のためのものだ。

でもね、中には本当の宇宙人の乗った宇宙船もあるから、
どれが本物で、どれがニセモノなのか、
人々には分からなくなってしまう。

そして、その見分け方を教えるのも簡単じゃはないんだ。

ただ一つ言えること・・・
それは、三体の光で上空に三角形を描いて出現するUFOは、
大抵の場合が「本物」であるケースが多いってこと。

『三角形』は、彼らの、キミたちに向けたサインであり、
『三角形』は、彼らと地球の歴史とをつなぐ重要な鍵でもある。

そして1月31日の満月に、
宇宙人と神(ボクたち)と人間とが交信できる、
最大のチャンスが訪れる。


     ******

1月31日の満月は、
1月の2度目の満月である、ブルームーンであり、
さらに月が赤く染まる皆既月食でもあり、
通常の月よりも大きいスーパームーンでもあります。

日本での皆既月食のはじまりは21時51分で、
食の最大が22時29分で、23時8分までの77分間、
赤胴色に染まる皆既月食が続くそうです。

ニューヨークの食のはじまりは午前7時で、
残念ながら皆既月食を見ることはできないんですよ。

なので、この満月では日本に何かあるんじゃないかと、
私は思っているのですが、
まだポコプンからは、詳しい情報を教えてもらっていません。

宇宙人との交信の方法や、
テレパシーの送りやすい時間帯や場所については、
フェイスブックの「癒守の地球(非公開)」グループ
にて、近日お知らせします。

フェイスブックの「癒守の地球」グループへの
ご参加の方法は、こちらのブログ記事をご覧くださいね→☆

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

満月と月食の夜は電波のバリアが弱まるから、 彼ら(宇宙人)にテレパシーが送りやすくなるんだ

こんなSFチックな話を突然されても、
大抵の人は夢物語のように感じるだろうし、
仮に現実だと分かっていても、
まだまだ遠い先の話に思えて実感も湧かないだろう。

でもね、ダイヤル式の電話がいつしかスマホになったように、
また、レコードやカセットで聞いていた音楽が、
ダウンロード形式になったように、

ほんの20年前には想像もつかなかった形で、
コンピューターやスマホを使って、
いとも簡単にあらゆる情報が取り寄せられるようになって、
今や世界中とコミュニケーションが瞬時に取れるようになったように、

気が付けば、こんなボクのSFチックな話でさえ、
あっという間に現実化しているんだよ。

今、このボクの話にとりあえずは目を通しながら、

あまり自分とは関係ない話だと客観的な気持ちで読んでいる人・・・
現実味が無さ過ぎてピンと来ない人・・・
映画やテレビの中の話のようで、いまいち真面目に捉えられない人・・・

それはそれで、もちろん仕方ないことだと思う。

でもね、残念ながら、
これは「警告」にも似た現実話なんだ。

地球の『代表』を名乗る影の支配者たちは、
今までに、幾人もの宇宙人たちを捕え、殺してきた。
今現在も、アメリカのどこかで人質(または奴隷)のように宇宙人を拘束して、
テクノロジー開発のために拷問にかけて情報を絞り出している。

だから物凄いスピードで、
支配者たちの手にする宇宙的技術は発展しているんだ。

記事『だから、今、君たちが、彼ら(宇宙人)にコンタクトを取らなければならない』
で話したように、地球の軍の技術など宇宙人のそれに比べれば水鉄砲も同然。

でも、支配者たちの手にするテクノロジーは違う。
彼らの技術は宇宙船(UFO)をも打ち落とせるところまで来ている。

ロズウェルで、彼らが実践したようにね。

遥か何億光年もの彼方から、テレポートを続けて別次元を抜けてきた宇宙船は、
地球の3次元空間に入り、3D(物体)化すると攻撃を受けてしまう。
物体のある宇宙船を打ち落とすくらいの技術や方法は、
人質に取っている宇宙人から聞いて得ているからね。

では、なぜ宇宙船の大群で攻め入って来ないのかって?

理由はいくつもある。

これは皆が既に承知のように、世界規模での大パニックを避けるためというのもあるけど、
もう一つの大きな理由は「UFOが地球になかなか入ってこれない」というのがあるんだ。

なぜ近年、こんなにも急激にスマホやコンピューターが、
世界中の誰もにとっての生活必需品になった・・・というか、
そうなるように仕組まれたと思う?

それは物体化した宇宙船が飛行するのに邪魔な電波を張り巡らせて、
地球上にバリアを張るためだよ。

別次元を飛んでいる時のUFOは光よりも早く進むことが出来て無敵にも近いけど、
地球空間に入って3D化したUFOは、地球上に張り巡る電波に弱いんだ。

だから、彼らは電波の届いていない、
雲の辺りの上空までしか来ることができない。

かと言って、今更100人、1000人の地球人が
携帯やコンピューターの使用を止めたところで何にも変わらないけどね。

だから宇宙人が地球上に降りてきて、
今、人々と直にコンタクトをとることは簡単じゃないんだ。
それに、多くの地球人にとって宇宙人は、
映画やTVの影響で悪者のイメージにされてるからね。

そんな、いろいろな理由から宇宙人は、
陰の支配者たち以外の地球人と接することがなかなか出来ないでいる。

あ、もちろん宇宙人が本気を出せば、
地球上のすべてを一掃してしまうことなんか訳ないよ。
ただ、彼らはそんな手段を取ろうなどと(今のところは)考えていないだけ。

でもね、地球上を張り巡るそんな電波も、時として弱まる瞬間があるんだ。

それは、満月の時と月食の時

満月と月食の夜になると、地球上を覆っている電波のバリアが弱くなるから、
テレパシーが送り易くなるんだ。

因みに、言っておくけど、
「テレパシー」と「光や愛のエネルギー」は全然違う。

テレパシーは張り巡らされた電波のなかを通過しないけど、
光や愛のエネルギーは何処へだって送ることができる。
でもね、宇宙人は「神」じゃないから、
光や愛ではなく、テレパシーで会話しなきゃいけない。

だから「神に祈る」ような感じじゃなくって、
宇宙にいる仲間に「話しかける」ような感覚で、
テレパシーを送らないといけないんだ。

難しいかもしれないけど、その辺は全く違うんだよ。

宇宙人はテレパシー会話はできるけど、
こっちが心の中で思っていることを読み取ったりすることはできない。
意識的に心の中で相手に話しかけないと、考えをキャッチしてもらえないんだ。


     ******


こちらは、ノンモさんの自動書記による、
記事『だから、今、君たちが、彼ら(宇宙人)にコンタクトを取らなければならない』
の、メッセージの続きになります。

「なんか、メッセージがいつものポコプンっぽくないから、
ポコプン以外の存在からのメッセージだと思うんですよね」
と、ノンモさん。

確かに、
記事『だから、今、君たちが、彼ら(宇宙人)にコンタクトを取らなければならない』
では、まだポコプンっぽい言葉が入ってましたけど、
いつものポコプンって、こんな風に具体的な情報を出さないですし、
口調もちょと違うような…。
宇宙人が交信してきてるんでしょうかね?

「地球には電波のバリアが張り巡らされてて、
宇宙人とは交信できないですから、
ポコプン系(神)の誰かだと思います」

ポコプン(神)と宇宙人の違いについてや、
宇宙人のテレパシー会話についての情報なども、
降りてきているんですけど、
まだ続きがある、ノンモさんの自動書記の内容を、
先にシェアさせていただきますね~💦

宇宙人との交信の仕方や、
テレパシーの送り易い時間帯や場所については、
フェイスブックの「癒守の地球(非公開)」グループ
にて、近日お知らせします。

フェイスブックの「癒守の地球」グループへの
ご参加の方法は、こちらのブログ記事をご覧ください→☆

というわけで、
次回もノンモさんの自動書記の続きです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

だから、今、君たちが、彼ら(宇宙人)にコンタクトを取らなければならない

前回の記事で、

「年明け早々にポコプンから、自動書記をさせられたんです。
で、そのすぐ後に、これを見ろ~!って言われて、
ドキュメンタリー映画『非認可(原題:Unacknowledged)』
を、見せられたんですけど、自動書記の内容そのままの映画で、
じゃあ、なんで自動書記をさせたんだよ~!!!
って思ってしまいましたよ」

と、ノンモさんが言っていた、
ポコプンに書かされたという自動書記の内容です。



スティーブン・グリア氏の言っていることは本当だよ。

本当に『エネルギー』なんて、地球の中にも外にも、そこら中にいっぱいあるんだ。

彼が言うように、

それこそ地球上の電気やガスや石油なんかもう一切必要なくなるし、

食べ物だって全人類が二度と困らないくらい、

そんな『エネルギー』を使えば幾らだって作ることができる。

たったコップ一杯のその『エネルギー』を使えば、

地球上の海を沸騰させるだけのパワーがあるんだよ。

そしたら世界中で餓死する人もいなくなるし、

地球の空気が汚れることだってない。


でもね、地球を牛耳っている強欲な者たちは、

地球人がそんなエネルギー発見し、使用することを決して許さない。


なぜって・・・?

だって、そんなことしたら「お金」というシステムを作った意味がなくなるでしょ?

彼らが永久に、絶えることなく湧いてくるお金で潤い続ける為には、

そんな自由で無料のエネルギーを、人間たちにアクセスさせるわけにはいかないんだよ。


電気を人々に売ることで、また、石油やガスを必要不可欠とさせることで、

どんなに巨額なお金を地球全体で動かせるか・・・


今までだって、本当は「水」で走ることが可能な車を発明した者もいたし、

電子力発電やソーラーパネルなどなくても、

いつでも自由に限りない電力を作り上げることに成功した者もいた。


だけど発明者たちは、ことごとくその詳細と共に抹消されてしまった。


支配者たちは、自分たちの欲のためなら手段など選ばないし、

人の命など何とも思っていない。


例えば、仮に、すぐそこに心優しい金持ちが立っていたとしよう。

支配者は何のためらいもなく、その金持ちの近くで罪もない子供を捕えて八つ裂きにし、

「こいつが子供を殺した!悪魔だ!悪魔だ!」と周りに訴え、

自らは正義のヒーローを装って、その心優しい金持ちの命と共に財産をも奪うだろう。


『9・11』のように・・・


そのようにして、テロの恐怖や偽りのメディアの情報に惑わされ、

人々は本当の天の声など聞こえなくなってしまっている。

真実が見えなくなってしまっている。

正しい判断など出来なくなってしまっている。


生まれた時から、マインドに刻み込まれた宗教の教えなども

人々と天との会話を妨げるための大きな役割を果たしている。


これは“神の言葉”だ・・・と言っては、

心に響くごもっともな教えや愛を説き、

ひとまず手を差し伸べるフリをしておきながら、

その合間、合間に

『おまえたちは、神に選ばれていないのだ』

と暗示して、

今度は逆に

『神に選ばれし者は、おまえたちに神の言葉を伝える私たちだけなのだ』

と信じ込ませる。


どうして・・・?

だって、宗教の教義上の正義を理由に戦争すればまたお金が稼げるでしょ?


宇宙人・・・?

ちゃんといるよ。

地球のテクノロジーなんて1000分の1にも及ばないくらいの技術を持ってね。


彼らが地球を滅ぼそうと思えば1秒もかからない。

でも、そんなことを彼らは考えていない。


今から2020年にかけて、きっと人類は

UFOや宇宙人を目の当たりにする機会が増えるかも知れない。

2020年以降、そんな宇宙人たちにアメリカ軍は攻撃をしかけるだろう。


もちろん人類が勝つんだよ。アメリカは全人類のヒーローだ!


でもね、本当はそれらは人間が造り上げたUFOであり、

人間の造り上げた偽りの宇宙人なんだから

勝つのは当たり前なんだよ。いわば「自演自作」さ。


そんなこと知らないメディアはお祭り騒ぎ!

そんなメディアにつられて、全世界中もアメリカを大絶賛!!


そんなこと、実際にはあり得ないのに・・・


さっきも言ったように、スーパーテクノロジーを持った宇宙人たちにとって

地球人の軍の技術など、水鉄砲も同然。

だって彼らは、無限とも言える宇宙のエネルギーを存分に使いこなせるんだから。


重力なんて関係ないし、光よりも早く空間を進む技術だって持っている。

あ、光より早く「飛ぶ」んじゃなくて、「進む」んだよ。 そこ、全然違うからね。


あとね、宇宙人というか地球外生命体の中には

地球人に良い影響を与えようとしている宇宙人と

悪い影響をもたらせている宇宙人がいる。


あ、断っておくけど、

悪い影響を及ぼしているからといって「悪者」とは限らない。

そして前者も後者も、地球を滅ぼそうなんて思っていない。


でも、後者はすでに地球上を牛耳る支配者たちとコンタクトを取り、

ある程度のテクノロジーを伝授してしまった。


なんていうんだろう・・・

宇宙人は、地球人ならではの「人を疑う」とか「人をだます」とか

そういった心があまり備わっていないんだ。


だから、自分たちのテクノロジーを教えることが

地球の平和や住み心地の良い未来への進歩に繋がると信じて、

地球の『代表』を名乗る者たちに伝えちゃったんだ。


なので地球人が核実験なんかを始めると

「おいおい、大丈夫かよ?」ってな感じでヒヤヒヤものだった。

よく核実験を行う地域にUFO出現が多いのは、そのためなんだって。


宇宙人たちは、

広島や長崎に原爆が落とされたのを見て、

自分たちのテクノロジーが、地球の進歩や平和のためでないことに気が付いた。


だから地球の『代表』に交渉をしようと努めた。

けれど一旦、核のテクノロジーを手に入れた地球を牛耳る『代表』たちは、

今度はそれを手放すまいと、交渉にくる宇宙人たちを

水鉄砲のような軍の技術で追い払うようになった。


今はまだいい。


でも、もしもこの先、このようなことがいつまでも続き、宇宙人たちが、

「地球人たちは皆、この『代表』と同じように堕落し切っている」

と思い、救いようがないと見切ったとき、


地球上のすべては1秒足らずで消し尽くされることになるだろう。


だから、今、君たちが彼ら(後者の宇宙人たち)にコンタクトを取らなければならない。

彼らの心にテレパシーで語りかけ、

どれだけ多くの人類が本当の平和を望んでいるのかを、

理解ってもらわなければならない。


その為に、君たちが真実を見抜ける目を持ち、

メディアや教科書の歴史に惑わされない心を持ち、

そして地球上での『悪』が本当は何(誰)なのかを、伝えなければならない。


彼らは今、地球のすこし外側で

まだ地球の様子をそっと覗っている。




記事のシェア拡散のご協力を、よろしくお願いします。




ドキュメンタリー映画『非認可(原題:Unacknowledged)』

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。