FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

実は、本当に鬼はいるんだよ


今日は節分ですね!
節分

Wikipediaの『節分』によると、

節分は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われる。

とのことですが、

「多くの人は、節分の邪気(鬼)を、
人間の中の邪気(鬼)みたいなものの比喩だと思ってるでしょう?
でも実は、本当に鬼はいるんだよ」

と、ポコプン。

「鬼は、別次元にいるそうです。
もしかしたらジン(JINN)なのかも・・・。
季節の変わり目に、
ジン(JINN)の次元と、こちらの次元が合うのかもしれないですね」
と、ノンモさん。

(ジンについては、過去ブログ記事『次元とJinn(ジン)について』をご参照ください)


先日ノンモさんは、オフィスのクッションが動いたのを見たそうで、

ポコプンいわく、

「物は動くもんだよ」
とのこと。

私たちがたまたま見ていないだけで、
物は動くそうで、それは、霊のいたずらの場合もあるし、
たまたまジン(JINN)などの、
3次元に存在しない者が触れた場合もあるそうで、

「Youtubeで、誰もいない部屋の物が動く動画が見れますよ。
普通は誰も見ていない時に物は動くんですけど、
たまたま自分がクッションが動くのを目撃した時は、
霊だか、ジンだとかは、やば~!今、絶対見られたよ!
と、異次元で慌ててたそうです(笑)」
と、ノンモさん。

家に電気が通っていなくて、夜が漆黒の闇だった時代には、
異次元に存在する、柳の下の幽霊や、
座敷わらしや、河童などが見えやすかったんでしょうね。

「そうですね。その時代の人たちは、
異次元の存在をたくさん目撃していたんでしょうし、
ジン(JINN)は、鬼の姿に見えたんでしょうね」

でも、幽霊も、人念も、
ジン(JINN)などの3次元ではないものなども、
極度に寒いところが苦手なので出てこないそうです。

「日本の北陸地方程度の寒さではなくて、
アラスカやシベリアなどの極寒地ですけどね。
それに、マイナス2桁になる業務用の大型冷凍庫の中にも、
出てこないそうですよ」

へぇ~。じゃあ、極寒地では怪談話がないのかな?

話がちょっと本題からズレ気味ですが、
みなさん、節分を楽しんでくださいね♪

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




スポンサーサイト
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

奇跡の生還へ導く目に見えない第三者「サードマン現象」

先日の記事、『憔悴死の寸前に見るハルシネーション(幻覚)は、本当の3次元の仕組み』
の、調べものをしていたら出てきた、
「サードマン現象」

「サードマン現象」とは、 遭難や漂流、災害現場などで生きるか死ぬかの危機的状況に陥った者の傍らに突然、「何者か」が現れて、奇跡の生還へ導いてくれる目に見えない第三者(サードマン)をいいます。

こちらは、他サイトで見つけた、
『奇跡の生還へ導く人―極限状況の「サードマン現象(ジョン・ガイガー著)』
からの抜粋なんですが、

サードマン現象


1983年、28歳の大学院生、ジェームズ・セビニーは、友達と一緒にカナディアン・ロッキーの氷の溝を登っていました。

しかし友人が氷の破片を落としてしまったことをきっかけに激しい雪崩が生じ、セビニーはそれに巻き込まれ、押し流され、意識を失います。目が覚めたとき、彼は重傷を負い、全身のさまざまなところを骨折していました。友人は死んでいました。

彼が絶望感に襲われたそのとき、その存在は現れました。


『そのとき突然、すぐそばに見えない〈存在〉があるような奇妙な感覚におそわれた。「目には見えないが、たしかに何かがそこにいた」。その〈存在〉は心に語りかけてきて、はっきりと告げた。

「あきらめてはいけない。がんばりなさい」(p19)』



その存在、つまり「サードマン」は、彼を導き、励まし、助けます。


『それはセビニーを立ち上がらせた。そして、どう動けばよいかを具体的に指示した。たとえば、鼻の先からしたたる血の跡を追って歩くよう告げた。

…そのあいだ何者かは右肩の後ろに立っていて、いくらあがいても生き延びられるはずがないと思われたときでも、あきらめないでと哀願した。また、黙っているときでも、すぐそばについてきているのがわかった。(p20)』



そしてついにセビニーは、スキーをしていた他の登山者に発見されます。その瞬間、「サードマン」はどこかへ消え去り、セビニーは初めて孤独感を覚えました。ともあれ、彼はなんとか生き延び、救出されました。

(サイト「いつも空が見えるから」より)




「サードマンは別次元の存在で、本当に存在します。
そして、自分たちを助けてくれるんです」
と、ノンモさん。

この瞬間も目には見えないだけで、
サードマンは、そこら中に存在しているそうです。
そして、サードマンからは私たちが見えているそうです。

「たとえば、サードマンが空気の世界で、
自分たちが水の世界に住んでいるとします。
水槽の中からは、空気(外)の世界は見えないけれど、
空気の世界からは、水槽の中が見えますよね。

なので、空気の世界のサードマンが、
水槽の中で溺れて死にかけている人間を見つけると、
助けるような感じだそうです」

サードマンって、地球上に暮らす別次元の存在のことですか?
少し高い次元から、この3次元を操っているんでしょうか?

「サードマンは3次元を操っていません。
高野山真言宗の即身成仏は、生死をさまよいながら、
サードマンの暮らす世界を見るのかもしれませんね」

このサードマン現象は、
孤独な子供やストレスを受けた子供が、空想上の友達という形で仲間を呼び出す、
イマジナリーフレンドとはちょっと違うそうなんです。

生死をさまよわずに、サードマンに会える方法って、
ないんでしょうかねぇ?

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

憔悴死の寸前に見るハルシネーション(幻覚)は、本当の3次元の仕組み

山や海上や砂漠で遭難して憔悴し、意識が朦朧としてくると、
ハルシネーション(幻覚)を見ることが多いようですが、
それは脳の分泌物によるまやかしではなく、
3次元ではないものが見えている状態なんだそうです。

「それは、本当の3次元の仕組みを見ていることでもあるし、
究極の悟りでもあるんだよ」

と、ポコプン。

「もちろん死ねば、本当の3次元の仕組みを知ることはできるんですけど、
生きたままそれを知ろうとする人が、即身成仏になるそうです」
とノンモさん。



即身成仏とは、高野山真言宗では、密教の修行者が「行」を行うことを通じ、肉身のままで究極の悟りを開き、仏になることとする。

真言宗の宗祖空海は即身成仏を果たしたとされる。

インドや中国では密教が衰退してしまったのに対して、日本とチベットでは密教が現存し、即身成仏するための修行の方法(「修法」)が保存されている。


(Wikipedia『即身成仏』より抜粋)

羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)
真言密教において「即身成仏」の「即身」を視覚的に表現する「四種曼荼」のうちの
「羯磨曼荼羅(立体曼荼羅)」の一部である、大日如来と阿弥陀如来(手前)




余談ですが、空海も相当なキーパーソンらしく、
なにかにつけて、登場するんですよね・・・。

話は戻って、
即身成仏は、一種の苦行ですよね?

「本当の3次元の仕組みは、苦行ではほぼ見られません。
もちろん、苦行者はこの究極の悟りを得ようとしているんですけどね。
内臓の器官が止まる完全死の間際に、
特別な修業により、ある意識レベルに達している人のみが、
この究極の悟りを得られるんだそうです」

じゃあ、臨死でも本当の3次元の仕組みが見れるってことですね?

「日ごろから、究極の悟りを得たいと強く願って、
修業を積んでいれば見れるでしょうけど、
ほとんどの方は臨死で、あの世からお迎えがやって来たら、
一緒にそのまま光の中に入ってしまうんです。
で、そこで癒しを得てまたこの世に戻ってくるので、
アニータ・ムアジャーニさんのように、
ガン細胞が消え失せて、健康体になったりするんですが、
(→記事『喜びから人生を生きる! ―臨死体験が教えてくれたこと』をご参照ください)

即身成仏は、臨死状態でもお迎えが来るその前に、
3次元の仕組みを知ろうとするので、
光に入るころには時間が超過しすぎて、死を迎えるか、
まれに生還する人は、光に入れず癒しを得られないままに帰ってくるので、
生き返っても、すぐに死を迎えてしまうんです。
その状態で、意識をはっきり持って、
周囲の人に3次元の本当の仕組みを言葉で伝えられる人は、
本当に少数でしょうね」

と、ノンモさん。

ふつう臨死状態では、すぐに思考が止まって、
あの世からのお迎えの導くがままになるそうですが、
即身成仏は臨死状態でも思考が止まらず、
3次元の仕組みを知ろうと奮闘するのだそうです。

万が一、私がどこかで遭難して死を迎えることになったら、
よし!本当の3次元の仕組みを知るぞ♪
って構えてたら良いわけですね?

「でしょうね(笑)
自分も臨死状態になったら、
本当の3次元の仕組みを見に行きますよ!」
と、ノンモさんも言うんですけど、

できれば、そんなにしんどい思いしないで、
本当の3次元の仕組みを知りたいですね・・・。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

煙は異次元に届きます・追記

先日の記事『煙は異次元に届きます』の追記になります。



「目に見えないだけで、3次元には生霊や人念、宇宙人や、JINN(ジン)、
異次元の存在など、それはもう様々な存在がいるんですよ」
と、ノンモさん。

P1000169.jpg
メトロポリタン美術館のJINN(ジン)
(→記事『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』のご報告④ JINN(ジン)と小人』をご参照ください)


その中でも煙が苦手な存在と、気にならない存在がいるんですか?

「異次元の霊に関しては、良い霊も悪い霊も煙が苦手なんです。
たばこやたき火など、どんな種類の煙も苦手ですが、
確実にどんな霊も嫌っているのはホワイトセージですね」

というわけで、キャンドルでも煙が出ないもののほうが良いというのは、
このことからなんだそうです。

ノンモさんいわく、異次元のひょろっとした存在がいるそうで、
その存在が悪気なしに、3次元に物音を立てたり物を動かすらしいのですが、
それを知ってか知らずか、人間がその場でホワイトセージを焚くと、

「なにも悪いことしていないのに!」
ってその存在が怒って、いったんその場から退散し、
煙がなくなったらまたその場に戻ってきて、
さらに自分の居心地の良い場にするために、
物を動かすようになるんだそうです。

でも、ネイティブアメリカンは、それを知っていて、
ホワイトセージを使用していましたよね。

「そうですね。ネイティブアメリカンは除霊を目的として、
ホワイトセージを使っていましたね。
だから、煙を絶やすことなく焚き続けていたんでしょうね」
と、ノンモさん。

それに、そこかしこで焚いていたわけではなく、
隔離された選ばれた場所だけで焚いていたでしょうからねぇ。

煙がすべての次元に届くということは、
煙になったら異次元に行けるということですよね?
野外で火葬されたら煙となって異次元に行けるんですね!?

「そうですけど・・・。
そんなことしなくても死んだら魂となって、
異次元に行けますから!」
と、ノンモさん大爆笑。

最後にノンモさんいわく、
怪談やポルターガイストに出てくるような、
3次元の生き霊や人念とは決して話さないでくださいとのことです。
生き霊や人念はエネルギーではないので、
どんな煙もホワイトセージも効果はないとのことです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

煙は異次元に届きます

煙は異次元に届くそうです。

「除霊にホワイトセージやお香などの煙を、
使用されている方も多いと思うのですが、

ポコプンいわく、煙で3次元にシールドができるので、
一時的に霊は異次元に逃げ込んでいなくなるけど、
逃げ込んだ異次元にまで煙は届いてしまうので、
その煙を受けた関係のない異次元の他の住人は、
煙が消えると『俺たちにに喧嘩を売ったな!』
って感じで、追い出した霊と一緒になって倍返ししてくるそうです」
と、ノンモさん。

えー!除霊のためというわけではないですが、
いつもホワイトセージの煙で場のクレンジングをしていましたよ。

White Sage
ホワイトセージの煙

「除霊に使用するなら、
ホワイトセージのスプレーが効果的だそうです。
ただし、純度の高い本物のホワイトセージの場合のみですが。
その匂いを嫌って霊は出て行きますが、
スプレーの匂いは異次元には届かないので、
他の霊に喧嘩を売ることはありません」

う~ん。では、煙の場合は煙を絶やさないように、
焚き続けなければいけないってことですね。
でも煙が消えた時の仕返しが恐ろしそうですが・・・。

お寺やお仏壇の前の御線香なども、
きっと異次元に届くと分かっていた先人が、
焚いていたのでしょうね~。

香りを楽しむためや、リラクゼーションのために焚いてる煙でも、
知らず知らずのうちに異次元界に喧嘩売ってたりして…。

ともかく、霊は嫌です。
ニューヨークでは霊的な怖い思いをすることが少ないんですけど、
日本の実家には絶対になにかいますから!
2015年の帰省時に宿泊したホテルには、おっさんの霊もいましたしね!
(→記事『今回の帰省は妙な感じでした~(;´д`) 』をご参照ください)

「でもそれって獣医になりたいけど、猫が嫌いとか、
外科医になりたいけど、血を見るのがダメって世界ですよね(笑)」
と、大笑いするノンモさん。

え・・・、そ、そうなんですか?
スピリチュアル界って霊がセットになっているものなんですか!?

ε=ε=ε=(艸゚Д゚*)嫌ァー ...

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。