癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

地球が光と闇に分かれる時、 今の家族と別れてしまう可能性はある?

大阪の座談会の参加者さんからいただいた、
ご質問に対するポコプンからの回答をシェアさせて頂きますね~♪



Q 最後の分かれ道で、地球が光と闇に分かれる時、
今の家族と別れてしまう可能性はあるのですか?


A ないです。

例えば5人兄弟の場合、
3人は準備ができておらず、
準備が整った2人だけが、光の世界に先に行ったとしたら、

残った3人は、もともと3人兄弟だったという風に、
また光の地球の2人は、もともと2人兄弟だっとという風に、
記憶が塗り替えられるので、
そういった意味で、いなくなるということはあります。

人間の脳はあやふやです。
今、八多さんはノンモと5年間仕事をしていると思っていますが、
明日目覚めたら、離婚したはずの元夫が隣に寝ていて、
ノンモと出会っていないという設定になるかもしれないように、
記憶の塗り替えは無意識下で、人生で何度もなされています。




この記憶の塗り替えについては、
記事『私たちは無意識下で時間を巻き戻ししています』
を、ご参照くださいね。

最終的に光の地球には、ほぼ全員が行くことになりますが、
一気に全員を光の地球に移すのではなく、
準備のできている人から、じょじょに移していくようです。

それにともない地球上から光が減って、闇が濃くなっていき、
その闇に危機感を感じた人たちの中から、光への目覚めが起こり、
準備が整った人は、光の地球に向かう・・・といった風に、
人々は光の地球へと向かうそうです。

2020年がおわりではじまり。
最後の分かれ道。
いろんな変化が起こる年。


だとのこと。

そして、ずっとみなさんが謎に思っている、
未来人、タイムトラベラー、宇宙人などが日常的に分かるようになり、
その謎が解け始めるのは2035年だそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

地球は宇宙人が作っているコロニーのひとつにすぎない

地球は宇宙人が作っているコロニーのひとつにすぎないそうです。
そしてこのコロニーはひとつだけでなく、いくつもあるとのこと。

地球


宇宙人は住めなくなった母星の代わりになる移住先を求めて、
実験的にいくつもの地球を作り、
そこに人間を住まわせ、宇宙人が快適に暮らせるようになる、
あるレベルまで文明を発達させているそうです。

いくつかある地球の中でも、この地球は文明の発達が遅れていたので、
宇宙人たちが2000年から、急速に文明を発達させ、
自分たちにとって、暮らしやすいレベルまでに到達したら、
地球上から人類を絶滅させて、
そこに宇宙人が移住して暮らしはじめるのだそうです。

「このコロニーですが、美味しいチーズを作るために、
生きてるバクテリアを植え付けて生活させて、
熟成されたらバクテリアを切り捨てて、
チーズを食べるというイメージです。

彼らは、ただおいしいチーズを食べたいだけであって、
その切り捨てるバクテリアの生活や思いなど、
どうでも良いと思っていますけど・・・、

「バクテリアにも命があるの!
一人ひとりに命があるの!」


とポコプンが怒っています(笑)」
と、ノンモさん。

ポコプン、かわいいですね~

文中の宇宙人とは、アヌンナキのことであり、
住めなくなった母星とは、同じ地球上の別次元に存在する、
二ビル星のことだそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションも承っております。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

アメリカの自作自演の宇宙戦争は、もうはじまっています

先日の記事『イスラム教の終末論(この世の終末)』での、

雨が降らず、地が枯れ果てる飢饉が3年間続く。

そこへアル・ダジャールが、まるで神であり、
救世主であるかのように、人々の前に降り立つ。
(よくできたホログラムで現れるという説あり)

アル・ダジャールは、片手に天国を持ち、片手に地獄を持っている。

飢えて乾く人々に、食べ物と飲み物を与えたり、
病気を治し、死者をよみがえらせるなどの奇跡を見せる。

しかし、アル・ダジャールの天国は実は地獄であり、地獄は天国であるので、
この時、人々はアル・ダジャールの差し出す地獄を選ばなくてはならないが、
その奇跡を目にした、多くの女性はアル・ダジャールを信じ、
多くの者はアル・ダジャールを選んでしまう。


ということが、

そして、ある時が来たら、
アヌンナキたちは、その人類に植え付けていたものをアクティベートし、
伝染病を流行らせ、人類のほとんどが病に伏せる状態にするか、
マインドコントロールにより、
経済破綻や戦争を引き起こすなどする可能性があるそうです。

そして、病に脅かされ、戦火を逃れ怯えた暮らしをし、
食べ物が買えずに飢えている人類の前に、
アヌンナキが、いかにも神といった演出で姿を現して、

病人に特効薬を差し出し、戦争をやめさせ、
岩を食料に変えてみせて差し出すなどの、
キリストの再臨を演出する計画があるようです。


2015年の記事『アヌンナキがキリストの再臨の演出を計画しているらしいです』
の内容に、怖いくらい似ていますよね!

「そうですね。でも、まずは宇宙戦争ですね。
アル・ダジャールが神として降臨してくる前に、
アメリカの自作自演の宇宙戦争が起こるそうですよ」

と、ノンモさんが言うには、

数あるアメリカのメディアの中でも、極右のFOXニュースだけが、
UFOの目撃談や、その画像などを、
最近やたらニュースで流しているらしいんです。

私はテレビを持っていないので、
アメリカのニュースを見ることができず、知らなかったのですが、
ググってみたところ、本当にFOXニュースがUFOを取り上げていますね。
怪しい~!







「長い間アメリカの敵は、アラブ諸国でしたが、
世界の人々が、敵はアラブ人ではないと感づき始めていますから、
アメリカは次の敵として、宇宙人を選んだんです。
こうやってニュースでじょじょに、人々の意識になじませているんです。
アメリカの自作自演の宇宙戦争は、もうはじまっています」

と、ノンモさん。

そして、また読んでいる方にしかわからないことですが、
アル・ダジャールが神として降りてきて見せる奇跡は、
美内すずえの漫画「アマテラス」の、
地下が悪魔教会になっている、メガチャーチを思い出しました。

そうそう!漫画「アマテラス」といえば、読者さんから、

「アマテラス」には山梨の神社が出てきますよね!
そこに龍も登場しますし!


と言われて、確かにそうだったとビックリしたんですよね。

美内すずえ・・・、本当に何者なんでしょうか。
(→記事『天と地球のエネルギーを受けられるパワースポット』をご参照ください)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

3月2日と31日の満月(ブルームーン)と、1月31日の満月の3セットで意味がある

1月31日のスーパー・ブラッド・ブルームーンでは、
多くのみなさまの、宇宙人へのテレパシーのご協力をありがとうございました。

(→記事『1月31日の満月に、 宇宙人と神と人間とが交信できる最大のチャンスが訪れる』をご参照ください)
  
フェイスブック『癒守の地球』非公開グループでお伝え済みなのですが、
1月31日のみなさんの交信の様子を見ていたポコプンいわく、
癒守の地球グループの中の、7人位は完璧につながってたそうです!

「もちろん意識もしていないし、自覚もないだろうけど、
偶然にもちゃんと周波数が合って、7人くらいは大成功!
ちゃんと宇宙人に伝わったよ♪」

と、ポコプン。

また、ノンモさんが交信に成功(?)した様子も、
フェイスブック『癒守の地球』非公開グループでお伝えしておりますので、
ご興味のある方は、ぜひグループにご参加くださいね。
ご参加の方法は、こちらのブログ記事をご覧ください→☆

7人の癒守の地球メンバーのテレパシーを受けた宇宙人は、
なんて思っているんでしょうか?

「仲間を利用して殺す人間ばかりではなく、
こういう人間もいるんだと理解しているみたいですよ。
癒守の地球メンバー7人のメッセージは完璧に届きましたけど、
他の方のテレパシーも部分的には届いています。
たとえば、周波数のあったラジオはきれいに聞こえますけど、
周波数が完全にあってなくても、
ノイズが混じりながらも、断片的にメッセージは受け取れますよね?」

「でも、7人では足りない。
これからもっと人数を増やします。
人数が増えると、
彼ら宇宙人の地球とのコンタクトの方法が変わってくるから」

と、ポコプン。

「それから、1月31日のスーパーブラッドブルームーンは1回目で、
3月2日と31日のブルームーンも重要で、
この3つの満月がセットで意味があるそうです」
と、ノンモさん。

BLUE-MOON.jpg
月は青くなりませんが、ひと月に2度現れる満月のことを、ブルームーンと言います。

え?1月も2日と31日でブルームーンだったんですよ。
2月16日は新月で旧正月で、
南極方面で部分日食があったそうですが、
この2つは関係しないんですか?
と、数回確認しましたが、関係ないそうです。

そして、1月31日ほどではないけど、
毎月の満月ごとに電波のバリアは弱まるので、
そのたびに宇宙人にテレパシーを送ると良いそうです。

テレパシーの方法は、
フェイスブック『癒守の地球』非公開グループでお伝えしている、
1月31日の時の、手の組み方で良いそうですが、
でも、またその時々で情報が出てきて、
テレパシーの送信方法が変わるかもしれないそうです。

ともかく、わーい!o(^▽^)o
私は3月2日の満月を狙って、エジプトに行くのですが、
この日に、何かやったほうが良いことはありませんか?

「2つあるそうですが、1つ目は・・・・・。
あぁ、これは却下ですけど、3月2日の満月の夜に、
クフ王ピラミッドの前で月光を浴びながら、
手に白いレースのような布を持って、
裸でくるくると回りながら踊ることだそうですので、
3次元的に却下なんですけどね。
でもポコプンは、いたって真面目です(笑)」

それはポコプンに、
地球のためにと頼み込まれたとしても却下です。
絶対に捕まって、2度とシャバに戻ってこれなくなります(笑)

「もうひとつは、満月の月光を両面鏡に閉じ込めることだそうです。
3月2日の満月の明かりを浴びながら、
鏡を開いてポコエネを入れてもらって、
ポコプンに『終わったよ』と言われたら、その鏡を閉じて、
そのまま、ニューヨークに持って帰ってきてください。
そこで閉じ込めた満月のエネルギーは、後々必要な時が来るそうで、
いつかその満月のエネルギーを発散させるそうなので、
その日まで、その両面鏡は決して開かないでください」

了解しました。それならできます(笑)
しかし最近、何かにつけて両面鏡ですよね。

そして、2015年の記事『7月31日ブルームーン』
でお伝えした、ブルームーンからの7日間、
天が私たちの願いを受け取りやすいため、
目的や夢などをイメージ化して天に伝えると、叶いやすくなることが、
3月31日のブルームーンで有効だそうです。

詳しくは2015年の記事『7月31日ブルームーン』
を、読んでいただきたいのですが、一部抜粋しておきますね。



「説明が難しいので、見たイメージをそのままお伝えするんですけど、
2度目の満月の時に、いつもはひとつの自分のエネルギーがぶるぶると震えるんです。
そのエネルギーがダブって、双子(ふたつ)になるイメージです」
と、ノンモさん。

そして、ブルームーンから7日間、天が私たちの願いを受け取りやすいため、
目的や夢などをイメージ化して天に伝えると、叶いやすくなるそうです。
でも、我欲まみれの願いは聞き届けられないとのこと。

例えば・・・、「多忙な仕事」と「婚活または妊活」のように、
両方とも、心からやりたいけど両立が難しいと普段思っていることを、
ブルームーンから7日間の間に願うと、
7日後、ふたつになったエネルギーがひとつに戻った時に、
両立しやすい状況に変化したりするそうです。

この願いは月に向ったり、月の光を浴びて願う必要はないそうですが、
1日目(今年は3/31)のほうが、7日目(今年は4/6)よりも、
エネルギーが強いそうですので、お早目にお願いされてみて下さい。


2015年の記事『7月31日ブルームーン』より


きっと1月2日と31日のブルームーンでも、
これは有効だったと思うのですが、すっかり忘れておりました。
ごめんなさい💦

((^┰^))ゞ テヘヘ

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

1月31日の満月の宇宙人と神との交信方法です

記事『1月31日の満月に、 宇宙人と神と人間とが交信できる最大のチャンスが訪れる』
で、お知らせしました、

宇宙人と神との交信方法を、
ポコプンから教えていただきました

月食 ノンモさん撮影
(こちらの写真は、2015年9月28日の皆既月食(撮影byノンモさん。フェイスブックより)ですが、
この月のように、1月31日の皆既月食も赤銅色になるそうですね)

1月31日は、室内からでも良いので、
満月が見れるなら見てくださいとのことです。
日本など、皆既月食が見れる地域にお住まいの方は、
皆既月食を見られると、なお良いでしょうね。

そして満月を見ながら、両手をを組んでいただきます。
この手の組み方については、
フェイスブック「癒守の地球」非公開グループにて、
31日までに、写真でご説明します。

(フェイスブックの「癒守の地球」非公開グループへの
ご参加の方法は、こちらのブログ記事をご覧くださいね→☆)


そして、宇宙人に向けてメッセージを送っていただくのですが、
交信方法は、テレパシーとなります。

宇宙人はテレパシーで会話をしていますが、
神ではないので、相手の考えていることは全くわかりません。
そして感情や思いも読みとれません。

けれど、相手が自分に向けて考えを発してくれると分かるそうです。
でも、別の人間に発している考えは読み取れないそうです。

テレパシーは言葉でなく「音」での会話だそうで、
この「音」とは、お経に近い音だそうです。

なので、1月31日は、
満月を見ながら、両手を組んで、声を出さずに、
頭の中で考えを、読経しているかのように、
宇宙人に語りかけてください。


宇宙人へのメッセージの内容としては、

「この世界には悪い支配者がいて、あなたたちの仲間を殺しているけど、
みんながみんな悪いわけじゃないんです。
私にできることがあれば、出来る限りするので、
お互いに手助けをしましょう。
そして、一部の人間だけが、宇宙人からテクノロジーを教えてもらい、
それを独り占めするのではなく、
地球の誰もが、あなたたちに違和感を感じることなく、
テクノロジーを受けられるようになりたい、
そして、宇宙の一員となりたいと伝えてください」

とのことで、

『だから、見捨てないで』
と、言ってもらいたいそうです」

と、ノンモさん。

宇宙人は神ではありません。
なので、スマホもPCもなく、お金も宗教もなく、
豊かな自然の中、みんなが思いやりをもって暮らせる世界にして下さいといった、
普段みなさんが、神へ祈っているようなメッセージは有効ではありません。
お金や宗教が生きがいの人もいるでしょうし、
スマホとPCが大好きな人もいるので、
みんながみんな、その世界を望んでいるわけではありませんから。
なので、もっと現実的に、お金もスマホもあるままでいいけど、
それがマインドコントロールに悪用されたりしないで、
みんなの生活が便利で楽になるツールとなる、
本当の意味で、暮らしやすい世界を望んでいるという風に伝えてください」


このテレパシー交信の有効時間は、
満月の前後24時間の、
月が出ている時間帯
です。

でも、雲に隠れて月が見えなくても大丈夫ですし、
電波の届かない山奥にわざわざ行く必要もないそうです。

両手を組まなくても、
こちらのテレパシーが宇宙人に届く可能性はありますが、
宇宙人からのテレパシーがキャッチできないそうですので、
フェイスブック「癒守の地球(非公開)」グループでの、
両手の組み方の画像を見てくださいね。

1月31日、神は人間と宇宙人とのテレパシーを聞いているそうです。
テレパシー中に、神からメッセージが届くかもしれないそうですし、
ピカッと光る、光が見えたりするかもしれないそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 月と太陽
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
このカテゴリーに該当する記事はありません。