FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

帰ってきました~♪

大変ご無沙汰しております。
ニューヨークに帰ってきました~!

今回、日本の帰省中は、のんびり、まったりする時間が全く取れず、
約3週間予定でみっちりでした。

両親との小旅行も、神社の参拝が中心だったので、
ノンモさん&ポコプンと、読者さんへに神社リポートしたい!
という思いが常に頭にあったため、気分はまるで出張でした(笑)

両親は別に、神社が好きなわけではないのに、
なぜだか神社巡りに付き合ってくれて、
数えてみたら、12社も参拝していました。

狙っていませんでしたが、12になっていたなんて、
怪しい…明らかに巡らされていたように感じます。
(→過去の記事『12について(大阪秘儀セッションの12名さま)』をご参照下さい)

ちなみに、訪れた(行かされた?)神社はこちらになります。

1.石上神宮 (奈良県)
2.春日大社 (奈良県)
3.花磐神社 (三重県)
4.神倉神社 (和歌山県)
5.熊野速玉大社 (和歌山県)
6.熊野那智大社 (和歌山県)
7.熊野本宮大社 (和歌山県)
8.玉置神社 (奈良県)
9・月読宮 (三重県)
10.伊勢神宮・外宮 (三重県)
11.伊勢神宮・内宮 (三重県)
12・伊雑宮 (三重県)

時間的に無理があるので、
「何度も行っている伊勢神宮の内宮には、
行かなくてもいいよ」
って言ったのに、
せっかくだから!と、両親に連れて行かれたのも、
今となっては怪しい限りです。
行かなかったら12にならなかったですので。

また、こちらの神社リポートを、ノンモさん&ポコプンのコメントと共に、
ブログに書く予定です。

そんなこんなで、日本滞在中は、
ゴォォォォォ~と、スピード音が聞こえてくるような忙しさでしたが、
ニューヨークに帰って来てからも、いきなり忙しいです。
なんとなく、来年からこんなもんじゃない忙しさになるよという、
前練習のような気がしてしまいます。

そんなわけで、頂いているメールのご返信が遅くなってしまっていて、
大変申し訳ありません。m(__)m
返信は必ず差し上げたいと思っていますので、
もう少々お待ちくださいますよう、お願いします。

ニューヨークから帰った翌日の今日は、
久々の、ノンモさん&ポコプンとのミーティングでした♪
皆さんからのプレゼントや、座談会で書いていただいたコメントに、
「自分は何もしていないのに・・・」
と、ノンモさんが感激していました。

そして、これからの鍵は「光」だと伝えられました。

「ようやくここまできた。
ようやく、八多さんとノンモに光の話ができる」

と、感慨深くポコプンが言っていました。

どうやら、光の話ができるまでに、
私たちが成長したらしいのですが、
全くその自覚ありませんねぇ・・・(苦笑)
日本でも、これといった気づきもありませんでしたしね・・・。

あ、でも、学んだことはたくさんありました。
日本での座談会からもですが、特に秘儀セッションを通してからで、
受けて下さったみなさんに、内なる神にバッチリ繋がって頂けて、
繋がった状態の身体の反応が、どういったものなのかが、
よく分かるようになりました。

そして、繋がるまでの時間のあまりの早さに、
日本に住んでいる日本人は、何かが違うのかもしれないと感じましたし、
私自身から、やっぱり何か出ているんだなぁ~という自覚もようやく持てました。

「そうですよ。それができるのは八多さんだけです。
秘儀は誰にでもできるものではないし、
誰かが見よう見まねでやるのは危険だと、
ポコプンがいつも言っていますけど、
八多さんにしか、秘儀セッションで、
人と内なる神とを繋げる事はできないんです。
だから、秘儀は誰かに伝承することはできないでしょうね」
と、ノンモさん。

自分自身の変化は、これといって感じないのですが、
秘儀の結果は明らかにパワーアップしていると感じます。

来年早々に、ポコプンから秘儀パート3を習得する予定です。
このパート3をもって、秘儀が完結するそうです。

今年は目覚めた人がたくさんいた年で、
来年からは、その人たちが立ち上がり、歩き出すようです。
そして、私にとっても、ノンモさんにとっても、
日本や世界にとっても、大きな何かが起こる年になるそうです。

秘儀パート3が、その大きな何かのきっかけになればいいなと、
願っております。

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



スポンサーサイト



Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 12 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。