FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

目覚めた人はタイムトラベルができるそうです

前回の記事に、
光に近づけば近づくほど、
3次元との時間の流れのスピードにズレが起こるので、
目覚めている人のスピードがゆっくりになっていくそうで、
アインシュタインの有名な説(相対性論理のこと?)は、
この光のスピードの事なんだそうですと書きましたが、

「アインシュタインは、未来には行けるけど、
過去には行けないって言ってるんですよね?
でも、目覚めて、スピードがゆっくりになっている人は、
3次元の過去に戻れるそうなんです」
と、ノンモさん。

う~。アインシュタインが、本当にそう言ってるのかどうか???
(; ̄ー ̄)...ン?
なので、隙間時間を見つけて、調べてみました~。
(仕事をさぼってみましたとも言えますが。苦笑)

こちら、Yahoo知恵袋で発見した、
アインシュタインの一般相対性理論について。


一般相対性理論ではある条件下で時間の進み方が遅くなり、つまりそこだけ周りから時間的に取り残されるとされています
その理論に従えば未来には行けますが、過去には戻れません。
光の速度を越えれば過去に戻ることができますが、特殊相対性理論ではその光の速度を越えることが不可能とされています。


おおーすごい!本当だ!∑(゚◇゚;)
ノンモさんは絶対に、この一般相対性理論なんて知らないはずなんですけど・・・。

(でも、あれ?目覚めた人はスピードがゆっくりになるんですよね。
それなのに、光の速度を超えるんでしょうか???
またポコプンに聞いておきます~。)

しかも、今年、こんな発見までされてます。
→『ついに瞬間移動が現実に?アインシュタインの説を覆す実験が成功』

アインシュタインは、「量子テレポーテーションは生じない、それは相対性理論と矛盾するからである」と主張していた。
しかし今回の実験によって量子テレポーテーションの存在がほぼ確実なことが証明された。つまりアインシュタインの予想は外れたことになる。

「意識の高い天や宇宙からの存在が、
人類に智慧を授けた神話などは、
実は、目覚めてスピードがゆっくりになった、
未来の地球人が、原始時代にタイムトラベルしたもので、
未来の地球人にとっての飛行機などを見た原始人は、
宇宙船だと思ったのかもしれませんね」
と、ノンモさん。

↓こんな古代エジプトのアビドス神殿の壁画の乗り物なんかは、
未来の地球からなのかもしれませんね。
アビドス神殿の壁画

恐竜時代の靴底の化石が発見されたりしてますが、
これも、未来の地球人の足跡なんだそうです。
靴底の化石

それから、目覚めている人は若返るそうです\(^o^)/

去年、ポコプンは、
「老いていくことにも、学びがあるからね。
人間の体を若返らせる計画はありません」

と、言ってたのですが、
(旧ブログ記事→『若返れると思ってたのに・・・(涙)』をご参照下さい)
それは、この時点の、
3次元にどっぷりな私に対しての、
ポコプン・コメントだったのかもしれません。

そして、どうやら、来年あたりから、
ノンモさんは、こういった宇宙の仕組みや、
宇宙の計画などについての情報を受け始めるそうです。
一般相対性理論だけでも、眩暈がしているのに・・・。
なんか、どんどん科学や物理の情報になってきてるように思うんですけど、
ポコプン?
*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




スポンサーサイト



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。