FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

11月神社参拝リポート(石上神宮)

11月の帰省時には、4日間で12社の神社を参拝しました。

1.石上神宮 (奈良県)
2.春日大社 (奈良県)
3.花磐神社 (三重県)
4.神倉神社 (和歌山県)
5.熊野速玉大社 (和歌山県)
6.熊野那智大社 (和歌山県)
7.熊野本宮大社 (和歌山県)
8.玉置神社 (奈良県)
9・月読宮 (三重県)
10.伊勢神宮・外宮 (三重県)
11.伊勢神宮・内宮 (三重県)
12・伊雑宮 (三重県)


神社などになんの興味も持たない年老いた両親が、
何かに憑りつかれたかのように、
私が行きたい全ての神社に、快く連れて行ってくれました。

2年前「天河神社に行きたい」って言った時は、
あんな何もないところ・・・と、却下され、
結局妹が時間を作ってくれて、連れて行ってくれたというのに・・・。
なのに、今回は天河神社よりも、
もっと何もない神社(玉置神社や伊雑宮など)にまで、
連れて行ってくれたんですよね。

12社を参拝する事で、私の変化を促すという、
大きな意味があったようなので、
両親はきっと、ポコプンに操られて 導かれていたに違いないと思います。
この場を借りて、まだこのブログの存在を知らない両親へ、
心より感謝を述べたいと思います。
特にお父さん、長時間のドライブ本当にありがとう!お疲れさまでした。

さてさて、作業が終了したものの、
ノンモさん&ポコプンとのミーティングの時間がまだ持てておりません・・・。
なのでこの合間に、11月に私が参拝した12の神社で、
ノンモさん&ポコプンからコメントを頂いた神社だけ、
リポートをさせて頂きます♪

ツイッター、フェイスブックでは、
簡単な1~4までの参拝リポートしています。
良かったらのぞいて見てやって下さいね~。

フェイスブック
https://www.facebook.com/eko8ta
ツイッター
https://twitter.com/eko8ta


さてさて、まずは、奈良県天理市の「石上神宮(いそのかみじんぐう)」です。
石上神宮公式サイト
http://www.isonokami.jp/


伊勢神宮、出雲大社と、この石上神宮が、
重要な神社だと、以前ポコプンが言っていたので、
絶対に参拝したかったんですよね。
ちなみに、石上神宮にも「IS」入ってます♪

Wikipediaによる、
『日本書紀』に記された「神宮」は伊勢神宮と石上神宮だけであり、
その記述によれば日本最古設立の神宮となる。

(Wikipedia『石上神宮』より)
という点にも、興味がそそられます。

両親にありがとう!って伝えておきながらなんですが、
石上神宮には妹に連れて行ってもらいました。
石上神宮2

写真に写っているのが妹です。妹よありがとう~!
小さな神社は、車がないと不便な場所にあるので、
車を出してもらえるのは、本当に助かります。

石上神宮7
(また妹が写っています。(笑))

これまで訪れた神社からは、いつも強くビリビリした、
緊張感伴う男性性のような気を感じていました。
で、その気が苦手で、神社は全般的に、
私にとっては居心地の悪い場所なのですが、
この神社からは、とても穏やかで優しい気を感じました。

何時間でもボーッとしていたいな~なんて思える神社は初めてです。
お寺は全般的に居心地が良いんですけどね~。
お寺にはエネルギーの磁場がないからでしょうね。

石上神宮3

境内や参道には鶏が自由に歩き回っています。
現在、約30羽いるそうです。
石上神宮1

重要文化財の「楼門」

石上神宮4

ちょうど七五三のシーズンだったので、
着物姿の子供たちをたくさん見かけました♪

摂社 出雲建雄神社拝殿
そしてこちらは、国宝「摂社 出雲建雄神社拝殿」
なぜ出雲が奈良県に?

***********

石上神宮で買った、お土産の神社グッズをノンモさんに渡すと、

「八多さんが石上神宮のエネルギーを持って帰っていますね!」
と、ノンモさん。

そして、その神社グッズを手にしたノンモさんは、

「3つ葉のクローバー、2つの赤い太陽、
川、川の上の板、川の向こう側の3本の杉の木、船」
という、イメージが見えます」

とのこと。

4つ葉ではなくて、3つ葉のクローバーなんですか?
3つ葉だったら、どこにでも生えてそうですけど。

「はい。3つ葉のクローバーです。
他のイメージの意味も、今はちょっと分かりません。」

(この時、プロジェクト開始したばかりのタイミングだったので、
濃いスピリチュアル情報が出てこなかったんです)

そして、石上神宮のパンフレットに載っている、
神社の宝物の写真を見て突然、

「こ、これ!
この勾玉!(@Д@;)/
卑弥呼のものですよ~!!!」


と、叫ぶノンモさん。

ちなみに、その勾玉はこちらの、
「硬玉勾玉((こうぎょくまがたま)」です。
石上神宮の公式サイトより拝借しました。

硬玉勾玉

「これ、卑弥呼が実際に身につけていたものですよ!!!」

と、ノンモさん大興奮。

でも、ポコプン情報によりますと、
邪馬台国は奈良県ではないのですよね。
なのに、なぜ卑弥呼の勾玉が奈良県にあるのでしょうか?

ちなみに、石上神宮で最も有名な宝物は、
こちらの、国宝「七支刀(しちしとう)」なのですが・・・
七支刀
「この刀は卑弥呼のものではないかもしれないけど、
卑弥呼の時代のものですよ!
この刀・・・怪しいですっ!」


との事でしたが、これ以上の情報は出ませんでした。
でも、引き続き追及します。

(ΦωΦ)フフフ…

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



スポンサーサイト



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。