癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

5月10日(日)内なる神&天との対話サミットのお知らせ

❉❉❉ 「内なる神&天との対話サミット」のお知らせです ❉❉❉

Candles 2

「内なる神&天との対話サミット」とは・・・

八多の誘導により個々の内なる神と天と繋がって頂き、質問に対して受けたメッセージを参加者のみなさんで話し合います。面識のない参加者の内なる神と天からのメッセージの共通性から、目に見えない人類のエネルギーの繋がりや、ワンネスとは何か、テレパシー会話とは何かをご理解頂けます。

また、参加者の多様な内なる神と天のメッセージの受け取り方を知る事ができます。癒守結セッション1をすでにご体験済みで、セッション後に薄まってきた内なる神と天との繋がりを強化されたい方のトレーニング・セッションとしてもご利用下さい。ご希望の方はサミット中に、お亡くなりになったお知り合いの方との対話や、ハイヤーマインドからメッセージを受け取ることもできます。

サミットで灯すキャンドルにはポコプンが宿り、ポコプンがサミットを誘導します。
ポコプンがみなさんを通して、メッセージを届けてくれる事もあります。
(詳しくはホームページをご参照下さい→☆)



「内なる神&天との対話サミット」
参加費用:おひとり$20
サミットの所要時間:約2時間~約3時間


日時:5月10日(日) 午後から、
場所:クイーンズ区の自宅サロンにて
定員:2名様~6名様(あと、4名様の空席があります)
※癒守結セッション1を受けて頂いた方にご参加頂けます。


参加ご希望の方は、5月6日(水)までに、
「お申し込み・お問い合わせ」のメールフォームまたは、
Eメール:alphaboony@gmail.comまで、ご連絡下さい。

今後も催行最低人数の2名様にご参加いただける限り、
毎月1回、こちらのサミットをホームオフィスにて開催していきますので、
みなさまのご参加をお待ちしております♪

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 0 comments  0 trackback

5月1日より、天の情報公開はじめます♪

前回の記事からの続きです。



天のお仕事をしている原動力になっていた、
ワクワク感がなくなってしまいました。

天のお仕事だけでなく、何事に対しても、
ワクワク、ウキウキしなくなってしまったのです。
大きな喜びも、悲しみもなく、心がブレない状態でも、
これまでは根底に穏やかな幸福感があったのですが、
今はそれすらもありません。

それに、ポコプンは一体何を目指しているんだろう?
と疑問を感じるようになりました。

結果が出たので、また近日ブログで詳しくお伝えしたいと思うのですが、
昨年末のイオフが登場までしたノンモさんとのプロジェクトは、
天の本に関するものでした。
(→記事『これからはじまる』をご参照ください)

その際にポコプンにも、社長にも、イオフににも、
散々嘘をつかれました。
天には嘘がないらしいので、平気で嘘をつくのです。
しかも、かわいい嘘じゃないんですよ。
本気でミラクルを起こしたり、周りの人間を巻き込んでまで嘘をつきます。
本当に人でなしです。(人じゃないけど)
(→記事『ウソつきポコプン?』をご参照下さい)

でも、そんなこんなのおかげで、
私は悟りのしっぽを掴んだので結果オーライなんですが、
では、2013年3月に、
「天の本を出版するとブログに書いて」
と、社長から言ったことも、

突然ポコプンが、
「4月末か6月末には天の本が仕上がるよ」
と、言い出した事も、

それも全部天の嘘で、ただ私とノンモさんを悟りに導くためだったの?
と、思ったのです。

本が出なければ、天の情報をブログなどで公開していきますと、
以前から読者さんにお約束していたし、
何事にもやる気は出ないものの、
天の情報を出し切らないままでは、
絶対に後悔しそうだと思うのもあって、
約1年前に手を入れたきりになってた、
天の本の下書きをひっぱり出してきました。

ポコプンからは、ノンモさんに読んでもらって、
OKが出た情報なら出してもいいよって言われてたので、
これから、ミーティングで少しずつ天の本の下書きを読んでいくので、
削除する箇所や、追加情報があったら教えてくださいと、
ノンモさんにお願いして、第一章の創世記から読み始めると、

「過去から未来に向かって書かないで、
西暦200年→創世記→紀元前1500年→第二次世界大戦という風に、
時代をバラバラにした方がいいってポコプンが言ってます」
と、ノンモさん。

え? それは、なんでですか?
と聞いたら、

「天にはなぜ?がありません」
と、ポコプン。

はいはい。天にはなぜがないって、
もう、耳にタコが出来るほど言われてますので、
それを重々承知した上での質問なんですけど、
私は読者さんに理解して頂きやすいように、
過去から未来への流れの方が良いと思ったんです。

でも、ポコプンには、
そうでないほうが良い「理由」があるんですよね?

「ポコプンは、この情報を、
みなさんの魂と潜在意識に理解してもらいたいと思っているそうです。
この3次元の脳の理解は、どうでもいいそうです」
と、ノンモさん。

ポコプン曰く、一般的な歴史のように、
過去から未来に物語を書くと、
想像力が活性化されず、人間が「弱る」のだそうです。

「読者は筆者にまかせっきりになり、
物語が理解できなくなれば、筆者のせいにし始めるんです。
でも、順番をバラバラに書くと、
最初から納得がいかない、理解しがたい状態になるんです。
そうするとエゴが疲れて黙り始めます。
逆に、理解できるとエゴが増えます。
ポコプンは、天の情報にも、みなさんを悟りへ導くものを込めたいそうです」
と、ノンモさん。

あぁ・・・私も、それと同じような事をポコプンにされてますねぇ。
バラバラの情報を教えられて、リサーチさせられて、
なのに予言は全く現実化せず、
天の本は出ないし、それで疲れて・・・、
そして悟りのしっぽを掴めましたからね。

じゃあ、過去から未来には書き進めないとして、
どの時代の情報から公開していけばいいですか?

「ポコプンが、7章って言ってます」
と、ノンモさん。

7章?この物語は6章までしかないので、
最後の「おわりに」の事を言ってるのかな?

「そうですね。それが最初でいいみたいです。
それから創世記を書いても良いそうですよ」
と、ノンモさん。

なんか、アルファとオメガみたいな事言ってるな~と、思いつつ、
じゃあ、創世記を読み上げますねと言うと、
それは、また次のミーティングの時にして下さいと、
ノンモさんに言われたのでした。

   *****

そして、その次のミーティングでもあった数日前、
私と同じく気落ちしたノンモさんが、

「ポコプン、いつも色んな情報を教えてくれてるけど、
今までは、すぐに忘れていたんですよね。
でも、それに対しても、まぁいいやって思えるようになったからなのか、
天の情報に興味が失せてしまったからなのかもしれませんけど、
今週はポコプンの情報が頭の中に残るようになってて、
今まで知らなかったことや、
気に止めたこともなかったいろいろな情報に気付いて、
ちょこちょこと悟りに近いものを感じるようになってたんです。

それで・・・、
なんで神が世界(地球)を創ったのか、
なぜ人間を創らなければならなかったのかも分かった気がします。
なぜ人が争うのかすら、分かってきた感じです」

と、言い出しました。

その、ノンモさんが気づいたという、

「なんで神が世界(地球)を創ったのか、
なぜ人間を創らなければならなかったのか、
なぜ人が争うのか」


を、説明してもらったんですけど、
その理由が、まさに、
次にしてと言われていた創世記だったのです!

ノンモさんの語る、
その壮大なストーリーを唖然として聞いていると、

「ね!ワクワクしてきたでしょ?」
と、ポコプンが私に言ってきました。

(  ̄_ ̄)

   *****

という事で、
みなさま、大変長らくお待たせいたしました!
天の本の出版がいつになるか分からないので、
ポコプンと確認を取りながらですが、
天の情報を5月1日から公開して行くことにします!

仮題は、
『癒守の地球物語』

です♪

「真剣に内容を受け止めるための、
コミットメントという意味もあるから、
お金を頂くようにしてね」

と、ポコプンが言っていますが、
無視してます。

(ΦωΦ)フフフ…

こちらのブログで、
週に1度の1本のペースでUPを目指しますが、
もしかしたら、ノンモさんが気づいたら、
情報が降りてくるという形になっているのかもしれませんので、
情報UPのペースは、ノンモさん次第かもしれません。

残念ながら、一人作業ではないので、
最後まで出し切れるかどうか分かりませんが、
ともかく、出せるだけ出していきたいと思っています。

今後ともブログのご愛読よろしくお願いします。
どうぞお楽しみに~♪

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 10 comments  0 trackback

新しい感情

4月26日(日)のOneness☆Togethernessは、
ご依頼が届かなかったので、『自由瞑想』となりましたが、
参加されたみなさん、いかがでしたか?

こちらの方、時間がなくてブログでお知らせ出来ず申し訳ありませんでした。
ご依頼の有無に関わらず、毎週日曜日の日本時間の夜11時より、
Oneness☆Togethernessの瞑想をしておりますので、
お時間の許す方は、ぜひご参加ください。

フェイスブックとツイッターにて、
毎週Oneness☆Togethernessのお知らせをしています。
フェイスブックは、こちらのブログのように、
アカウントがなくても見れますので、
どうぞチェックして下さいね♪

フェイスブック・ページ (癒守結)
(「いいね!」のクリックをお願いしますm(__)m)
https://www.facebook.com/isyui.healing

フェイスブック 
https://www.facebook.com/eko8ta

ツイッター 
https://twitter.com/eko8ta




悟りのしっぽを掴んでから、
なんとも説明のつけがたい感情に陥っています。

私がこれまでに本やセミナーなどで知った、
一般的に悟りを開いた方の証言では、
(私は悟りきっていないので、違ってて当然なのは承知していますが)
この世が光輝いて見えて、全てが光である事が分かって、
食べなくても、眠らなくても平気なほど、
身体がエネルギーに満ち溢れるという事だったのですが、

ともかく、何事においても、
やる気が起こらないんです・・・。

悟りのしっぽを掴んだ後から、
物凄いスピードで、自分の内側で何かが起こっていると感じています。
でも、それが一体何なのか、さっぱり理解できないので追究もできず、
ただボーゼンと眺めている状態です。

でも、身体はすごーく元気なんですよね。
内なる神様もモビルスーツも、私がその存在に気づいたことで、
とてもハッピーになってるな~って感じます。

でも心の一部は、心の奥にズドーンと沈みこんでしまっています。
ずっと眠っていたいと思います。
この沈みこんでいるのが、何なのかも分からない始末で、
もう諦めて放っておくしかないという感じです。

この現在の心境の変化も、
次のステップに向かうために起こっている事だと思うので、
誤解を恐れずに、
正直にブログで報告させて頂くのですが、

今は、ヒーラーのお仕事も、
ブログも書く気力もありません・・・。

実は、悟りのしっぽを掴んだ直後、
やっぱり、ヒーラーや人を集めて話す座談会などは、
自分のやりたいことではなかったと思ったのです。

「悟りとは、とても個人的なものなんですよ」

と、ノンモさんが言っていたのですが、
経験してみると、本当にその通りで、
個人がそれぞれのレベルにあった方法で学んで気づき、
成長して自然に到達するものだと分かってしまったため、
私のセッション​やブログ​の必要性を感じられなくなってしまったのです。

こんな私の心境を知っているかのように、
感謝と励ましのコメントや、言葉をかけて頂いたり、
食事のお誘いが入ったり、
セッションの結果も素晴らしいものばかりなんですが、

頂いたコメントやお言葉、セッションの結果に、
感動し、歓喜し、ほっこりした気分になったり、感涙を流しても、
その気持ちが続かずに、また心の奥に沈み込んでしまうのです。

本当に説明のつけがたい感情で、落ち込んでいるわけでも、
自暴自棄になっているわけでも、何かに八つ当たりしているわけでもないんです。
そういうエネルギーを消耗する感情ではなくて、
ただただ、「疲れた…・」という感覚です。
3次元のなにもかもに「疲れた」とか「飽きてしまった」って感じです。

そして、「帰りたいな・・・」って思うんです。
でも、​それは、実家でも日本でも世界のどこかの国でもなくて、
たぶん、3次元上ではないどこか。
なので、どこに帰りたいのかも分からないんです。

今一番やりたい事は何?と問われれば、
大自然の中で自給自足の生活を、
たった独りでしたいと答えます。
独りきりになって、自然の一部となって生きてみたいって思います。

決して死にたいとは思わないんですが、
これからは、喜びも、楽しみも、苦しみも、痛みもなく、
良い意味でも悪い意味でも、感情に浮き沈みのない、
ただ死を待つ人生という感じなんですよね。

こんなの、本当に私らしくないです・・・。
私は感じることや考えること、それに悩むことも好きだったし、
基本的にインドアタイプなので、
人間関係が煩わしいなぁと思うほうですが、
それでも、人と過ごす時間が好きだったんです。

天のお仕事にやる気もなくなって、
クライアントさんや読者さんにお約束している、
天の本の情報公開をする気力も失せてきています。
ノンモさんも書く気がないんだし、
もう天の本は出さなくてもいいんじゃない?
って思い始めてます。

と、ノンモさんに話していると、

「自分は今週、ずっと情緒不安定だったんです。

それから、ポコプンの情報をもとに、
今まで知らなかったことや、
気に止めたこともなかったいろいろなことに気付いて、
ちょこちょこと悟りに近いものを感じるようになってたんです。

でも、それと共に、人間としての情緒が、
自分の中でブレてきているような感じがしています。

人間は嫌いではないし、
また転生して、この地球に戻って来たい気持ちはありますけど、
この世界での自分の居場所を見つけられなくなりつつあって・・・・。

仕事にも問題ないし、遊びに出かけると楽しいって感じるんですけど、
なんていうか・・・すごく、むなしいって感じるんです。
そして、全てがどうでもいいって思います」

あー、私も全部どうでもいいやって思います。
ノンモさんも気落ちしていたんですねぇ・・・。
二人そろって同じ時に、なんで落ちてるんでしょうか?
ポコプンは何も言ってませんか?

「ポコプン、最近そういうアドバイス的な事、
教えてくれなくなったんです」
と、ノンモさん。

じゃあ、自力で気づきなさいって事なんでしょうね。
今はすごく気落ちしているけど、何かに気づけば、
やっぱり天のお仕事がしたい!!!
って強く思うようになって、気力も戻るんでしょうか?

ともかく、何かがおかしいんです。
明らかに一般的に伝えられているような、
悟りの体験後に起こるはずの歓喜のエネルギーが湧き起こらず、
私もノンモさんも、その真逆を経験していますよね。

3月20日から地球が光と闇に分かれましたが、
まるで、その闇側に行ってしまったかのような・・・。

もしくは、今までの歴史上、
誰もがしたことのない、体験をさせられているんでしょうか?
なんていうかこれは、歓喜を伴わない「新☆悟り体験」だったりして・・・。
こんな悟りイヤですけどね(苦笑)

「でも、そのようですよ。
IS(イス)で、新しい感情が芽生えるそうです。
その感情は今まで人間になかった感情なので、
言葉で説明はできないそうなんです。

八多さんも自分も、今は最初だからこんな落ちた状態ですけど、
この感情は少しずつ変化していくそうです」
と、ノンモさん。

変化していったらどうなるんですか?
このまま無感情でしんどい状態が続くんだったら嫌ですねぇ。

「IS(イス)は穏やかな良い感情だそうですよ。
暖かい涙を流す感情でもあります。
IS(イス)の感情がこれから人々の中に芽生えて行くことで、
感情がニュートラルになって、とても穏やかで平和な地球になるそうです。
だから、今の辛い感情は続かないそうですよ」
と、ノンモさん。

「今は卵の中にいるようなものなので、
あがいても仕方ないんですよ。
だから、じっとして待つしかなくて、
そのうち生まれる時はやって来ますので、
それまでは、この理由の分からない感情に対しても、
まぁいいかと思うしかないですね

こういうのも含めて、天に利用されてるだけなのかも?
って思って、逆切れモードになったりしてましたけど、
今は、それも、まぁいいかですね(苦笑)」
と、、ノンモさん。

IS(イス)は人々の意識を変換するエネルギーだって、
ポコプンが言ってましたけど、それがここに繋がっていたとは…ですね。
(記事→『IS(イス)とは?』をご参照ください)

こんなにやる気が失せている状態の私達に、
ポコプンは、すごい情報を降ろしてくれました。
やる気が失せたからこそ、結果を期待しなくなったからこそ、
何もかもがどうでもいいって思えるようになったからこそ、
教えてくれたのかもしれません。

こちらは次回にお伝えします。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 7 comments  0 trackback

『愛の地球更生プログラム』

今ではかなり薄まってしまいましたが、
悟りのしっぽを掴んだ時、とてつもなく深い、
内なる神とイオフの、無条件の愛を感じて、

『こ・・・こ、これが、
神の愛の波動!?』


と、驚愕しました。

今までは、神の愛とは、
私を無条件に愛してくれた祖父母のような愛なのだと思っていたのですが、
人の愛の平均値が30で、私の祖父母の愛が100だとしたら、
神の愛は100兆以上とも呼べる、
計り知れない単位なんですね。

こんなの、人間がどんなに頑張っても、
神の愛の数値には到達できないんじゃないかと感じましたし、
今さらながらですが、この数値に到達したポコプンって、
ほんと凄いんだなぁ~って(笑)

そして、私達が着ているモビルスーツ(肉体)も、
神と同じレベルの愛を持っていると感じますし、
ベイマックス
(※私の感じるモビルスーツのイメージに近い、ベイマックスです)

地球の全ても、
神と同じレベルの愛を持っていると感じます。
本当にこの世は、
繊細でとてもとても優しいエネルギーに満ちた世界なんです。

それで・・・、
この世では、人間の魂だけが穢れているんです。
地球が宇宙で下から2番目のレベルだと言われるのが、
本当に良く分かります。
私達の魂は囚人レベルで穢れているんだと感じます。

それで・・・、
これはあくまでも、私の感じたことを伝えるための例え話なんですが、
神は私たちの穢れた魂を、愛の力で更生させるために、
『愛の地球更生プログラム』なんてものを作って、
無条件の愛に満ち溢れた美しい地球へと、
私たちを送り込むことにしたんです。

魂は、地球生活には欠かせない肉体である、
無条件の愛のモビルスーツに入り込むのですけど、
私たちの波動が粗すぎて、
控えめで繊細な波動を持つ、
モビルスーツの存在に気づけないんです。

なので、まるで自分自身の肉体であるかのように、
モビルスーツに思いやりも持たず、
自由気ままに好き勝手に無茶して肉体を動かして、
地球で様々な経験をしているんです。
そしてその経験から、気づきや学びが起こり、
エゴを浄化させられているように感じるんです。

・・・とまぁ、この、私が実際体験して感じたことって、
今まで私が読んだ一般的に知られている、
「悟り」と違っているんですよ・・・なので、自信がありません。
ま、私はしょせんしっぽを掴んだだけですしね・・・。

「一般的に知られている悟りって、
どんなものなんですか?」
と、ノンモさん。

う~ん。例えば・・・、
3次元に存在するものは波動が荒いので、
穢れていると言われていたような・・・。
だから私たちの肉体は穢れていて、
重い足枷のように魂を縛り付けているものだとか・・・。
でも、私が感じたのは、
肉体はとってもピュアできれいで無垢なものなんです。

「八多さんの感じたとおり、肉体は穢れていません。
植物のように無条件の愛をたたえたモビルスーツなんです。
その純真なモビルスーツに、魂を宿らせて頂いているんです。
そして、地球で経験させて頂いているんです。

エゴや魂の波動が荒いから、
3次元の地上にいられるのではなくて、
繊細な波動を持つモビルスーツのおかげなんです。

あ、でも、エゴも悪いものではないんですけどね。
魂は、もともとダイヤモンドの原石のようなものです。
ダイヤモンドの原石を磨くと、
磨いて輝きを増しますよね?
エゴはその削り取る原石みたいなものですね。」
と、ノンモさん。

ノンモさん…。
私はてっきり、八多さん、それは「悟り」じゃないですよ!とか、
へぇ~、そうなんですか、あ、ちなみにポコプンはこう言ってますよ、
とかって言われるんだと思ってたんですけど・・・。
なんで私の言っている事がわかるんですか?

「悟りについては知っているんです」

Σ(- -ノ)ノ

「あ!でも、悟ってないんですよ!
それに、八多さんのように感じているわけではないんです。
でも、知ってるんです」

それ、子供のころから知ってたんですか?

「う~ん。
子供の時は知らなかったですねぇ」

ノンモさん…。
絶対に絶対に忘れてるだけで、
それ、プチ悟り経験済なんですよ!

「ん~、もしかしたら・・・、5年前くらいかな、
バーモント州へ山登りに行ったんですよ。
それで、友人よりも先に山頂に登りついたら誰もいなくて、
あるのは、空と山と新鮮な空気と暖かい太陽の光で、
そこで何かが理解できたと感じたんですよね~。

頭上に大きな神のような存在を感じて、
山も風も空も全て自分の一部なんだって気づいて・・・、
神に包まれているあの瞬間、ほんと死んでもいいと思ったんですよね。
その時に、全てをを手放せたとも思います」

それ・・・、
明らかにプチ悟りですよね!?

「えー?あれがそうなのかなぁ・・・。
だったら、みんなそれぞれ、
どこで、この気づきに繋がるか分かりませんよね~」

ほんとですよね。
ノンモさんはバーモント州の山頂での、非日常的な気づきですけど、
私は月曜日の夜のうどんと親子丼なので(笑)
超日常的なだけに、
悟りは、誰にでも、どこでも到達できるポイントだと思って頂けると嬉しいな~って思っています。

あ、でも、一瞬でも、
独りきりだった事は重要ポイントだったと思います。
それに、自分の感情を無感情に見つめる内観を、
日常的な癖みたいにしていた事で、

「見られる自分」

と、

「見る自分」

が分かれていたからこそ、

「うどんと親子丼を作る自分(モビルスーツ&内なる神)」

と、

「うどんと親子丼を作ってもらっている自分(魂)」

に、気づけたんだと思います。

ちなみにノンモさん、
ただのプチ悟り以上のものを知っています。
今さらかもしれませんが、ノンモさん只者じゃないです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

「肉眼ビュー」と、 「第3の目(内なる神)ビュー」

悟りのしっぽを掴んでから、

「肉眼ビュー」

と、

「第3の目(内なる神)ビュー」


に、切り替えができるようになっています。

私の場合ですが、「第3の目ビュー」は、
胸に意識を持って行くことで、切り替えられるように思います。

例えば、「第3の目ビュー」は、洋服のタグのように、
仕事中や友人に会っている時は忘れているんですけど、
ひとりになった時に、「痒っ!」とタグの存在を思い出すような感じで、
意識を意識的に胸に向けて「第3の目ビュー」に切り替えるんです。

頭ではなくて、胸で感じようとすることで、
肉眼では見えないものが見えるようになる・・・というか、
「見る」のではなくて、「感じる」ことで見えてくるって言えるかな。
うーん。説明が難しいですね。

例えば、咲いている花を見るとして・・・、
「肉眼ビュー」では、
黄色い花だ、チューリップだな、きれいだな~って感じますが、
「第3の目ビュー」に意識を合わせると、
その花の健気な思いみたいなものが胸に入って来て、
感動に心が震えて泣けてくるんですよね。

だから、第3の目ビューを使っている時でも、
肉眼で見てはいるんですけども、
それとは別に、脳を通さず直接ハートで受けている何かがあって、
見る花の輝きが増すって感じでしょうか。
だから、同時に2つのものが見えているとも言えるかもしれません。

「第3の目ビュー」を通すと、
この世の全てが無条件の愛によって出来ていて、
とても繊細で穏やかで優しい世界であることが、
頭ではなくてハートで理解できます。
たぶん、繊細な波動を受けられるからでしょうね。
そして、その愛に潜んでいる天の大いなる采配にも、
うっすらとですが、気づくようになっているかもしれません。

私が今まで肉眼で見てきたこの世界と、
第3の目を通す、内なる神様が見ている世界は全く違っているので、
だから、エックハルト・トールは、
悟った翌日から毎日ベンチに座って、
街行く人をただ眺めていたんだなぁと思います。

私も会社に行かなくてもいいなら、ただぼんやりと、
内なる神のビジョンで、この世界を見ていたいって思いますもん!
色んな所に、内なる神と共に行って、
内なる神である「彼女」が何を感じるのかを知りたいのです。

それから、悟りのしっぽを掴んだとき、
これだったら案外多くの人が、
自覚がないままに悟りを掴んでるんじゃない?って思いました。
多くの人が、第3の目ビューでものを見ているんじゃないかなと思います。

例えば、ひとりで意味なくニコニコしていて気味悪がられる、
知的障がい者とか、ホームレスの人達や、
自然や日々の些細な事に感謝して生きている、
田舎に暮らす人達ですけど、
彼ら全員がそうではないとしても、
第3の目ビューで世の中を見ているんじゃないかなと思うのです。

「知的障がい者は、思考が働きにくいので、
プチ悟りの状態でいられるんですよね」
と、ノンモさん。

「でも、古代の人達よりも、現代人の方が、
田舎暮らしの人達よりも、大都会に暮らしている人達の方が、
ホームレスよりも、俗世にもまれて暮らしている人達の方が、
悟りやすいんですよ」

う~ん。
それはなぜですか?

「例えば、田舎の人が悟ったとしますよね。
でもその人が、ニューヨークで住むことになれば、
心が穏やかなままではいられないでしょう。
それは本当に悟ったとは言えないし、
所詮、その程度の悟りなんです。

田舎に住んでいる八多さんと、
NYに住んでいる八多さんとがいるとして、
NYにいれば後者の八多さんの方が心穏やかでいられるし、
田舎に行っても後者の八多さんの方が、
自然の美しさを強く感じるんです」

と、ノンモさん。

たぶん、多くの方は知らない間やふとした瞬間に、
悟りのしっぽを掴んでいるのかもしれませんが、
その状態をキープするには、何事においても、
「ま、いっか」
と、気にならなくなる精神や、
安定してブレない心理状態が必要になってくるのでしょう。

だから、耳にタコできるほどポコプンが、

「心理面とスピリチュアル面の両面を、
バランス良く成長させてね!」

って言っているんですね。

「心理面での強さ=愛の強さ」
であると思います。

真実の愛は、怒り、悲しみ、苦しみなど、
全てのネガティブな感情から目を背けずに向き合い、
経験し、味わい尽くし、自分の弱さを受け入れて、
手放せた人こそが持てるものだと思っています。

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』のご報告④ JINN(ジン)と小人

まずは、お知らせです。
IS(イス)の光ネットワーク・ヒーリング
「Oneness☆Togetherness」

開始日時:
4月19日(日) 

日本時間は、夜23時より
ニューヨーク時間は、朝10時より
5分間の瞑想


今回はご依頼が届きませんでしたので、
みなさま、この5分間はご自由に瞑想や祈り、
または光を届ける事にお使い下さい。
私はこれまでOneness☆Togethernessで光を受けられた方、
地球と宇宙の全て、ポコプン&イオフへの感謝の光を送りたいと思っています。

   *****

悟りのしっぽを掴んだため、ちょっと間があいてしまいましたが、
『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』のご報告③
からの続きです。



次はこちらの、紀元前3000年のメソポタミア文明の古代銅像、
「Striding figure with ibex horns, a raptor skin draped around the shoulders, and upturned boots」

直訳すると、
「野生のヤギの角と肩の周りにかかる猛禽肌を持つ、つま先が上を向いたブーツを履き歩く人物」
なんですが、

P1000169.jpg

怪しい!怪しすぎる!

初めてこれを見た時、怪しさのあまりに笑ってしまいました。
だって、紀元前3000年ですよ。
なので、今から約5000年前の銅像が、
こ~んな、ピエロみたいな装束してるってありえないですよね。
これを発掘した人も、なんかおかしい~って思ったけど、
紀元前3000年と分かって、笑えなくなったんでしょうか。

またこんなふざけた彫刻が、
天下のメトロポリタン美術館に展示してある事に、
関西人として感動します(笑)

日本のご家庭の応接間に飾ってありそうなこの銅像ですが、
ポコプン曰く、「JINN(ジン)」なのだそうです。

Jinn(ジン)とは、地球上の別次元に住む、
人間よりも高い意識を持ち、天使達よりも低い意識の存在体で、
望めば肉体を持って人間の前に現れる事が出来るそうですが、
普段はこちら人間サイドからは全く見ることが出来ないそうです。

そして神でも天使でもない、人間と同じような「脳」みたいなものを持っていて、
考えることができるので、良い存在もあれば、本当に邪悪な存在もあり、
時には人間の肉体に憑依して理由もなく悪事を働いて、
最悪の場合、命を奪ってしまう事もあるそうです。
(→旧ブログ記事『次元とJinn(ジン)について』をご参照ください)

P1000170.jpg

ちなみに、こちらのJINNの銅像は等身大で、
知能が高い良いJINNだそうです。

誰にでもこのJINNが見えるわけではないそうですが、
当時見ることができた人の手によって、この銅像は作られたようです。

当時何も身につけていなかった人間は、
このJINNに教えてもらって、服や靴などを作ったらしいのです。
(心の声:ええっ!いきなりピエロ・ブーツ!?)

そしてこのJINNは、
現在も南米とアラブ地方に存在しているそうです。

参加者さんから
「なぜ南米とアラブ地方にしかいないんですか?」
という質問を頂いたのですが、

「だって、そこにしかいないんだもの」
との、ポコプンの回答でした(笑)

もうこの帽子と靴を履いていないけれど、
調べれば、現在も南米で発見されてたり、
捕まえられてることがある人もいるよ~って、
ポコプンに言われてググってみたところ、

2013-04-26_204840.jpg

映画「シリウス」に登場するこの子が出てきました。

この子、2003年に南米チリのアタカマ砂漠で発見されたそうなんですが、
確かにサイズは銅像と同じくらいですね。
でも以前、この子についてポコプンに聞いてみたら、
偽物だと一蹴されたんですけども。

ポコプン曰く、
「このJINNはいないけど、
日本にも小人はいるよ」

だそうです。

そ、それは・・・
釈由美子や的場浩司で有名な、
小さいおじさんでは!?

「小さいおじさんについて、良く知らないんですけど・・・。
顔がものすごく恐ろしいみたいですよ」
と、ノンモさん。

「日本に住む小人は、未発見動物のような存在で、
肉体をちゃんと持っています。
人間に見つけられないように、掘り返されることのない、
山奥の神社や国定公園などの地底に
体育館サイズの街があって、そこに暮らしているそうです。
昔はよくこの小人の存在が知られていたそうですよ」
と、ノンモさん。

アイヌのコロポックルなんかを思い出しますけど、
たしか、顔は怖くなかったはず・・・。

『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』リポート、
長くなっていますが、まだ続きます。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

4月25日(土)NYスピリチュアル座談会のお知らせ

❉❉❉ NYスピリチュアル座談会(『ISの地球』ブログオフ会)のお知らせ ❉❉❉

座談会では、ブログに書けない裏話もさせて頂いています♪
普段できないスピリチュアル話を、
座談会で思い切り楽しんでください。

日時:4月25日(土)1PM~3PM
※いつもと時間帯が違いますので、ご注意ください。

会場: お集まりいただく人数によって決めたいと思っています。
詳しくはお問い合わせください。


座談会に参加ご希望の方は、4月22日(水)までに、
「お申し込み・お問い合わせ」のメールフォームまたは、
Eメール:alphaboony@gmail.comまで、
下記を簡単にご明記の上、ご連絡下さい。

❉ お名前(ニックネームでもOKです)

❉ あれば、座談会でのご希望のトピックやご質問など。

みなさまのご参加をお待ちしております♪

ご参加者がお一人でもあれば、毎月開催しておりますので、
ご都合がつく時に、どうぞ気楽に遊びにお越し下さい。

***あらゆるグループ、思想、宗教、団体とは全く関わりのない個人としての活動です***

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 座談会
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 2 comments  0 trackback

ブログを『癒守の地球』へと改名します(〃*`Д´)も~!

昨夜、何気なく目にしたサイトに、

ISIS Threaten America With Another 9/11
(イスラム国が、アメリカに対して、
別の9.11が起こるであろうと脅した
・・・って感じの意味です)

というニュースが出ているのを見て、
((((;;OдO;lll))) ヒー!

やっぱりそろそろ『ISの地球』はまずいかもしれない
と思いました。

なによりも、
自作自演してそうな、アメリカが怖い!

約2週間前、妹のナォーンから、
「日本ではイスラム国のニュースで大変な事になってるけど、
ブログは大丈夫?変なコメント届いてない?」
と、心配メールが届いていました。

イスラム国に関するコメントなどは、
今のところ頂いていないんですけど、
気になったので、ポコプンに相談したところ、

「日本語のブログはISのまま残しておいても大丈夫だと思いますけど、
英語の広告やホームページなどではISを使わない方がいいでしょうね。
もしも目をつけられたら、ポコプンが八多さんを守れないそうなので・・・」
と、ノンモさん。

(ノll゚Д゚llヽ) えー!
そんな、ポコプン…。

「なんだったら、”IS”は”IZ”にしても良いみたいですよ。
”IZ(イズ)”にもISの音が入ってますから。
例えば、イザヤ、出雲大社、伊雑宮のように・・・」
と、ノンモさんに言われて、

IZをググってみたら・・・・。
イズラエル・カマカヴィヴォオレという、
小錦のようなハワイアンの歌手が出てきました。

英語では、
Israel Kaʻanoʻi Kamakawiwoʻole
という名前で、通称がIZ(イズ)なんだそうで、
ほほ~。ファーストネームがイスラエルなのに、
ISじゃなくて、IZって・・・意味深だなぁって思いました。

有名な方のようです。
ちなみにこちら、IZさんのYoutubeです。



なんて美しい歌声!
そういえばこの曲、アメリカのCMで流れてましたよ。

それで、IZで検索かけると、
有名シンガーが出てくるのもなぁ・・・、
(テロリストよりも全然いいんですけどね!)
それにIZに変えて、また新たな迷惑団体が現れたら嫌だし…、
もうアルファベット使いたくないなぁ・・・と悩んで、
ま、いいか、読者さんはみんな、私のブログとイスラム国は、
全く関係ないと理解して頂いてるし!と、
ブログの改名の件は放っておいたのですが、

昨夜のニュースを見て、
これはまずいと思った私は、即ノンモさんに、
こうこうこういう理由で、
IZではなくて、癒守にブログを今すぐ改名してもいいですか?
と、メールしましたところ、

「癒守でもいいそうですよ~。
ポコプンは、身に危険などの心配は全くないけど、
改名するなら今が良いチャンスだと言っています。
だからといって、絶対に改名しなければというわけじゃないですが、
タイミング的には賛成だそうです」
との返信を頂いたので、

ブログのタイトルを、
『癒守の地球』
へと改名する事にしました。

このブログもですが、ホームページやら、ランキングサイトやら、
全部改名しないといけないので、すごく手間かかりそうですぅぅ(泣)

過去の記事でISについて触れたものは、
記事の意味が通らなくなったりするでしょうから、
仕方ないので、今のところ残しておこうと思います。

もう!イスラム国(というか、陰にいる某国?)本当にいい迷惑です。
ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

プチ悟り直後にブログの改名なので、
何かしら天の意図もあるんでしょうねぇ。
秘儀から癒守結に改名した時、痛い目にあったので、
(→記事『毎年恒例☆天のお叱り』をご参照下さい)
今回の改名では、エネルギーが良い方向に変わってくれますよう、
祈るばかりです。

2週間前、
「~もしも目をつけられたら、ポコプンが八多さんを守れないそうなので・・・」
って、言ってたのに、今は、
身に危険などの心配は全くないと言うポコプンの、
コロコロ変わる発言が信用なりませんので、
過敏なのかもしれないけど、
自分の身は自分で守っていこうと改名を決めました。

みなさま、どうぞ今後とも、
『癒守の地球』
を、よろしくお願いします。

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

エゴを黙らせるには

私が悟りのしっぽを掴んだことで、ポコプンが、

「一般では、20~40回以上の転生を繰り返さないと、
気付けない(到達できない)ことですし、
一つの人生において(ブッダのように)悟りを開こうとしたら、
かなりの苦行を積まないと経験できないレベルです」


って言ってたそうですが、
苦行なんてした覚えないんですけど・・・。
もしかして16年の結婚生活が、その苦行だったんですかね?
と、聞いたところ、

「いえ。八多さんの結婚生活ではないです(笑)
苦行はエゴを黙らせ、エゴの力を奪う目的でされているんです。
なので八多さんが、ポコプンや天が理解できずに混乱したことから、
エゴが黙り込んで内なる神に繋がる事ができたんですよ」
とノンモさん。

2013年3月に、
「天の本を出版するとブログに書いて」
と社長から言われたままに、ブログで告知したけれど、
延期され続けて疲れていたところに、

突然ポコプンが、
「4月末か6月末には天の本が仕上がるよ」
と言い出したんですが、
ノンモさんは全く執筆どころじゃない精神状態になってしまうし、

ポコプンの予言はことごとく現実化せず、
落ち込んだノンモさんは、ポコプンをシカトして、
天の情報を私に伝えてくれなくなるし、

私はそれでどんどん疲れてきて、
天もポコプンも信じられなくなって、
自分は一体何をやっているんだろう?という、
頭で理解できない状態に追い込まれながらも、

目の前に差し出されたセッションや、
Oneness☆Togethernessや、座談会や、
ブログを、ただ黙々とこなしていたのですが、
ついにその気力もなくなって、
そして、Lost、疲れた・・・と泣いていて、
それで内なる神に気づき、悟りのしっぽを掴んだわけですが、

納得がいかない、理解しがたい状態になると、
エゴが疲れて黙り始めるのだそうで、
「エゴを黙らせること=考えられなくなる事」
に到達する事が、苦行の目的なんだそうです。

「自然が豊かで、物も少なく、
現代のようにエゴを刺激するものが少なかったブッダの時代には、
潜んでいるエゴを炙り出して、思考を止めるために、
わざわざ苦行をしていたんですね。
だから、現代人の方が、苦行をしなくても悟りやすい環境にいるんです」
と、ノンモさん。

そして、エゴが黙り込んで初めて、
内なる神が現れるそうです。
そして内なる神と完全に同化した時が、
『悟り』だそうです。

「例えば、カレーですけど、
野菜とお肉を切って、油でいためて、
煮込んで、ルーを入れて・・・といった、
レシピの順がありますけど、
天は、いきなりルーを入れてって言い出すんです。

えー!お水も入れていないのに?ルーが焦げちゃうよ!
って私たちは思ってしまいますけど、
わけのわからないまま、教えられた天のレシピ通りに作ってみると、
最高に美味しいカレーが完成したりするんです。

スポーツでも同じことが言えますね。

全然関係のないトレーニングをさせられていて、
コーチの意図が理解できずに混乱し、
疑い、怒りをおぼえながらも、ともかくやっていたら、
大会で優勝してしまったってケース、
聞いた事ありますよね?」
と、ノンモさん。

天は大きな大きな結果を見ているので、
そこにたどり着くまでのステップをあえて、
私達には教えないのだそうです。

知ってしまうと私達にエゴが発生するからで、
頭で理解できると、エゴが増えるのだそうです。

「なので、みなさんのなぜ?に対しての理由が、
天にはない事に慣れていってください」
との事。

まずは、ともかく、理解できなくてもいいから、
天の言っている通りにやってみると良いそうです。

天の言う通りとは、
今この瞬間に集中することだそうです。
目の前に差し出されたものが何であれ、心して取り組むことで、
大きな結果に繋がる事になるそうです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 7 comments  0 trackback

悟りのしっぽ ⑤

Oneness☆Togethernessへのご参加ありがとうございました。
なぜか今回の光のイメージは濃い金色で、
その金色でつねおさんが浄化されるイメージを持ちました。
つねおさんの手術のご成功をお祈りしております。

『悟りのしっぽ④』からの続きです。



その夜、
もしかしたら、内なる神と繋がったかもしれません・・・と、
ノンモさんにメールで報告したら、
翌朝、返信が届いていました。

   *****

す、素晴らしいですーっっ☆ すごいですっ!!
つ、ついに、「内なる神」と繋がられたんですね!??
(というか、以前からもう既に繋がってたとは思いますが)

その無条件の愛の存在に、
八多さんご自身の「意識」が気付かれたとのことで・・・、

「これは『悟り』と『ワンネス』への、
大きな大きな大前進ですねー!By ポコプン」


八多さんの存在自体が愛であるということ、
そしてそれに「頭」ではなく「ハート」で理解して感じる・・・

「これは一般では、20~40回以上の転生を繰り返さないと、
気付けない(到達できない)ことですし、
一つの人生において(ブッダのように)悟りを開こうとしたら、
かなりの苦行を積まないと経験できないレベルです。By ポコプン」


それからポコプンが、

「数ヶ月遅れちゃったけど、
頑張ってここまで来てくれて本当にありがとう」


みたいな意味不明なことを
「八多さんに言っといてー」
って言っています!(笑)

   *****

このメールを読んで、
苦行?苦行なんてした覚えないけど・・・???
って思ったのですが、
あぁ・・・やっぱりあの子は、私の内なる神だったんだ・・・と、
確信が持てたのと、
ポコプン&ノンモさんが、こんなに喜んでくれると思わなかったので、
朝からまた感動の涙でした(笑)

昨夜は辛くて悲しくて泣いた上に、内なる神に気づいて、
感謝と感動で5時間くらい泣き通しだったので、
案の定、まぶたも顔もむくれたパンパンの酷い顔が鏡に写っていました。

このまま家にこもって、
さらに丸一日暖かい涙を流し続けたい気分でしたが、
無情にも月末で・・・しかもこんな時に限って決算なので休むことはできないと、
泣き腫らした顔のまま会社に行く準備をしながら、
昨夜のおっとりした心優しい少女のイメージの内なる神を、
とても強く感じたことを思い出していました。

昨夜は久々にイオフの存在も、
強く感じました。

イオフは私の外側にいて
内なる神は、私の内側にいると感じました。
内側というよりも、
もう一人の自分自身といった感じに近いかもしれません。

イオフも内なる神も女性で、
共に底抜けに慈悲深く、無条件の愛を持っていて、
その深い愛のエネルギーをダブルで受けて、
あまりの愛の濃さに眩暈を感じました。

そして、この身体の全てが無条件の愛であることは理解できたのですが、
この身体を越えたもの・・・例えば、
家具や食器、他人も無条件の愛であることは頭では理解できるのですが、
ハートではまだほんのりと感じる程度でした。

この自分を越えたものも、私と同じ無条件の愛だと、
ハートで理解できたその時が、
『悟り』なんだろうな~と思うと、

ポコプンからの、

「今はここまでで十分。
ステップ・バイ・ステップでね」

とのメッセージを感じます。

昨夜は話しかければ、
イオフも内なる神もうるさいくらいに答えてくれていましたが、
時間が経つにつれ、2人との繋がりや、
あの無条件の愛の体感が薄くなっていきました。

それでも、通勤の地下鉄に揺られながら、
昨夜の気づきを思い返して、
また涙をこぼしていました。
涙腺が完全に壊れているようでした。

『乗客は、この私の泣き腫らした顔を見て、
家族に不幸があったの!?とか、
誰かと大喧嘩したの?って、思ってるんだろうなぁ。
内なる神に繋がったから・・・なんて、
分かってもらえないだろうな~ぷぷぷ』
と笑いをこらえ、

グランドセントラル駅の階段を上り地上に出たら、
晴れた日はいつもそうであるように、
42丁目の大通りの東側から朝日が差し込んでいました。

その暖かい日を浴びた瞬間、

ぎええええ~!!!!

愛!
太陽って無条件の愛!
太陽って何も考えてない!


って事が分かり、
ひええええ~!
m(。≧Д≦。)m
と、42丁目で号泣してひれ伏しそうになりました。

そりゃ古代人は、太陽を拝むよ!
あれって、無条件の愛に対して、
(そうじゃない太陽信仰もあるけれど)
ありがたい、ありがたいと拝んでいたんだなぁ~。

やばい!
太陽やばすぎる!


でも、ちょっと待って、これに気づくという事は、
このまま太陽の光を浴びて、この圧倒的な愛の意識に集中し続けたら、
ひょっとしたら『悟り』に到達できるかも・・・。
しばらく家に籠ってひとりで静かに意識を愛に向け続ければ、
悟れそうな勢いじゃない?

私はたぶん、
「悟りのしっぽ」を掴んでいるんだ・・・。

うう・・・・。

『悟り』

か、

『決算』

か・・・。

うう・・・・・。


ううう・・・・・ううう・・・・。


う・・・・うおおおお~!


『決算』


(TT∇TT)

と、太陽から意識をそらして、
急ぎ足で会社に向う私に、

『えええ~!?ちょっと自分!
悟りよりも決算て!?
悟りが人生ゴールの人って、
この場合、絶対悟りを取るよね!』
と、自分でツッコミ入れながらも、

私が抜けると会社のみんなが困るんだよ!

と、心を鬼にしてツッコミ返すと、

天からの
「いいぞいいぞ~!」
との喝采を感じました。

会社のデスクの目の前には、
カレンダーが貼ってあるんですが、
その見慣れたカレンダーの、山と花の写真を見て、
また不意にも涙をこぼしてしまいました。

『なんて無垢で純粋なんだろう。
山はこの花を見て美しいな~って思っているんだろうな。
その山の思いを花は受けていて、
花は山が雄大だな~って思っていて、
山もその思いを受けているんだなぁ・・・。』

という思いにふけっているところに上司がやって来て、
私の泣き腫らした顔を見て、やっぱりギョッとしていました(笑)

写真を見るだけでこんなんだから、
今、実物を見たらえらいことになりそうです。
東京では桜が咲いているそうだけど、

よかった、ニューヨークは、まだ外がこんな状態で…。

枯れ木
(ちなみにこれは、4月10日の朝の写真です)

悟りのしっぽを掴んだ翌日から残業が続いて、
決算のため左脳をフル活動させていましたので、
意識を愛に向け続ける事も、
そのまま『悟り』に近づく事もできませんでした。

プチ悟りの感覚は日増しに薄くなっていますが、
明らかに自分の中の「何か」は変化しています。
そしてハートチャクラで、
内なる神と天のメッセージを受けられるようになっています。

天はまだ、私に悟ってもらっては困るからこその、
このタイミングだったと思います。
しかし、まさか天が決算期を選んでくるとは・・・でした(苦笑)

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 8 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。