FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

6月28日(日)「Oneness☆Togetherness」に、ご参加下さい

久々にOneness☆Togerthernessのご依頼を頂きました。
依頼主は、ナォーンでおなじみの私の妹です。
実家で飼っている柴犬のサクラへ、
みなさまからの光を送ってほしいそうです。
どうぞよろしくお願いします。

ご依頼がない場合、
Oneness☆Togerthernessの呼びかけをブログ上ではしていないのですが、
毎週日曜日の日本時間の23時より、みなさんと5分間のグループ瞑想をしています。
こちらの方の呼びかけは、フェイスブックとツイッターでしていますので、
よかったらチェックしてみて下さいね。
そして、ご都合が合えばご参加ください。

フェイスブック
www.facebook.com/isyui.healing

ツイッター
twitter.com/eko8ta


たまに私がこのグループ瞑想を忘れていると、
読者さんから、
「今日はやらないんですか?
八多さんがやらなくても、自分はやりますから」
と、リマインダーを頂いたりして、
私なんかよりも、みなさんのほうが熱心で、
頭が下がる思いです(汗)

それから、4月12日(日)に、みなさんと光を送らせて頂いた、
つねおさんですが、ご依頼者のSeigetsu(セイゲツ)さんより、
このような経過報告を頂きました。
(→『4月12日(日)「Oneness☆Togetherness」に、ご参加下さい』)

手術後の数日間は死んだ方がマシなくらい辛かったそうですが、
痰を取る管を除けた夜、金色に輝く神さま(⁈)を観たそうです。
父はあまりその様なことは信じていなかったのに、です。

金色というのは、皆さんがヒーリングを送って下さった時に、
何名かの方が観た光の色でしたね!
驚きました‼︎


つねおさんが、痛みなくこれからの人生を謳歌できますように、
毎週のOneness☆Togerthernessで光を届けています。

 *******

ご都合のつくみなさまへ、
「Oneness☆Togetherness」へのご参加をお願い致します。


IS(イス)の光ネットワーク・ヒーリング
「Oneness☆Togetherness」

開始日時:
6月28日(日) 

日本時間は、夜23時より
ニューヨーク時間は、朝10時より
5分間の瞑想


(他州や他国にお住まいの方は、お手数をお掛けしますが、
現地のお時間を調べて頂けますか?)


☆光を受けるペットのお名前:

サクラ(♀)

☆依頼者のナォーンさんより、みなさまへのメッセージ:


写真は、恥ずかしがっているサクラです。
画像には写っていませんが、痛々しい感じで毛が抜けています。
春の抜け毛の時から皮膚の病気にかかり、
病院の薬でも治りません。
それに伴って元気もなくなってきました。

皆様の光のパワーで、サクラの元気が戻って欲しいです。
よろしくお願いします。

1435203295264.jpg

☆ 光を送る方法:

一人で、または、同じ祈りを捧げる方とご一緒に、
静かなリラックスできる場所で、
楽な姿勢で座るか寝転び、開始時間に目を閉じます。

写真から感じるエネルギーの色をイメージして下さい。
そして、そのエネルギーを迎え入れて、優しく抱きしめてあげて下さい。
(みなさんそれぞれに、抱きしめてあげて下さい)
そして、ご自分が発するOneness☆Togethernessの白い光で包み込んで、
サクラのエネルギーが癒されて溶けていくのをイメージして下さい。

5分経ったら、静かに目を開けます。


 *******

できれば瞑想の直前に、画像を見て下さい。
無理な方は、画像の印象を覚えるようにして下さい。

治してあげたいとか、
病気をを取り除いてあげたいという思いではなく、
身体や患部を、みんなの暖かい光で包んであげたいという思いを持ってください。

開始時間に、できれば、
ひとりきり、もしくは、同じ祈りを捧げる方と共に、
静かなリラックスできる場所で目を閉じて下さい。

場所は、お風呂でも、お手洗いでも、ベッドの中でも構いません。
一般的な瞑想とは違いますので、
背筋を伸ばして頂く必要はありません。
5分間リラックスできるなら、どんな姿勢でも大丈夫です。
お香やキャンドルなども必要ありませんが、
ご自身がリラックスできるようなら、お使いください。

「Oneness☆Togetherness」の5分間には、
必ずポコプンも参加します。
参加者さまの中には、瞑想中にポコプンを見る方がいるでしょう。
それは、みなさんの持つポコプンのイメージかもしれませんし、
青い光かもしれません☆

 *******

以前にもお伝えしましたように、IS(イス)の光の効果で、
ご病気や苦しみが癒えるお約束はできません。
どうぞご了承くださいますようお願い致します。

ただ、たとえ治癒できない病でも、光を受ける事によって、
心の安らぎと平穏を感じて頂けるようになるそうです。

それでは、みなさま、よろしくお願い致します。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 16 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。