fc2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

今回の帰省は妙な感じでした~(;´д`)

今回の帰省は、去年、一昨年と違って妙でした。
去年と一昨年は、
日本から素晴らしく良いエネルギーを受けて、
ぬるま湯に浸かっているような心地良さだったのですが、

今年はなんというか・・・、いろんな意味で、
「とっても現実的な日本」
を経験させられたように感じました。

実家で法事があった事も大きいと思うのですが、
その後、セッションのために宿泊した大阪のホテルが、
大問題だったのですよ~。
. (;´д`)

去年、一昨年は、
女性専用ルームに宿泊していたんですが、
今年から日本のホテルが高騰したため、少しランクを落として、
普通のシングルルームに宿泊したんです。

大阪のホテルの部屋のドアを開けると、
きれいなフロントとの大きなギャップがありすぎる、
いかにもビジネスホテルといった古い部屋で、
宿泊初日に、禁煙室なのになぜかタバコの匂いがフッと漂ったりして、

『女性専用ルームじゃないからかなぁ。
なんか、おっさん臭いなぁ…』
と、思っていたんです。

そして翌日、
霊能力の高いクライアントさんが、
癒守結セッションを受けに来て下さった時、
部屋を見るなり固まられて、

「八多さん…。ここ…、
だ、大丈夫ですか?」

と、おっしゃるのです。

え???どうしてですか?
(*´∀`*)???
と、お聞きすると、

「八多さん、昨夜ここに泊まったんですよね?
何も感じなかったんですか?」
と、おっしゃいます。

八多さんが何も感じないならいいんですけど・・・と、
ビクビクしながら部屋に入って来られたクライアントさんに、
詳しくお話をお聞きしたらですね~、なんと、

生きているおっさんの霊(想念)
と、
死んでいるおっさんの霊(想念)
の両方が、部屋にいるとのこと。

(@Д@;)/ギャー!

「匂いがしますよね?
匂いで分かりませんか?」
と、霊は匂いで嗅ぎ分けられると、
クライアントさんがおっしゃいます。

ううう~!
禁煙室なのに、たまにタバコの匂いがするなぁ~って思ってましたし、
おっさん臭いなあって思ってたので、
鈍い私でも、何かを感じるほど、
相当強い想念が憑いてる部屋だったようです。

へ、部屋を変えてもらった方がいいでしょうか?
と、お聞きしたら、

「昨夜、何もなくちゃんと寝れたんですよね?
だったら、大丈夫ですよ~♪」
と、言われて、この部屋でセッションさせて頂いたのですが、
夜ひとりになったらノンモさんへ、

”部屋にポコプン・シールド張って下さい~!
怖くて寝れません~!
ワァ─・゚・(゚`Д´゚)・゚・─ァァン!!!”

と、即メール。

そしたら、

「あー、確かに部屋になにかいるみたいですね♪
ポコプンがシールド張ってくれましたから、もう大丈夫ですよ~。
東京のホテルも任せて下さい」
との返信が届きました。

部屋の電気をつけっぱなしにして、
寝たり起きたりを繰り返した、その翌日からの東京では、
ヒーラーとしては致命的な、
声が出ないタイプの風邪を引く始末。

風邪は日増しに悪化して、
最終日の癒守結セッションをキャンセルさせて頂くという、
残念な結果を出してしまいました。
(キャンセルさせて頂いたみなさま、
本当に申し訳ありませんでした)

今まで旅行や休暇中に病気になったなんてなかったのに~!
セッションだって、3年間でたった一度しか、
体調不良でキャンセルしたことなかったのに!
これって、ただの風邪だったんでしょうか?
大阪のおっさんの呪いだったんじゃないんですか?
と、ポコプンに聞いたら、

「ただの風邪です」

と、言われてしまいました。

「去年と一昨年の八多さんの帰省時には、
ポコプンは日本に着いて行ってたんですけど、
今回は比較的こっち(NY)にいましたね~」
と、ノンモさん。

やっぱり!私もそう感じていました!
ポコプン、全然出て来てくれなかったですよね!?

「八多さんの風邪が治るようにと、
ポコプンはニューヨークからエネルギーを送ってたみたいですが、
風邪があの程度で治まったのは、
イオフのおかげだそうですよ」

あの程度・・・とは思えないほど、
ひどい風邪でしたけど。

「本当は病気を治すことに手を出してはいけないそうですが、
イオフは八多さんに手を差し伸べたそうですよ。
もしもイオフが何もしなかったなら、
八多さんは立ち上がれないほどに悪化していたようです」
と、ノンモさん。

去年と一昨年は、日本がきれいな包装紙に包まれていたのに、
今年はポコプンが、バリッ!とそれを破って、
ほ~ら、日本の現実を見てごらんって、
中身を見せられた感じでした。

おっさんの霊のような、いやーな感じを受けるのも、
私は日本だけなんですよね。
実家の家族と過ごす事も気楽な半面、
現実的な問題も目につくようになって、
ポコプンに繋がりを切られてたというのもあいまって、
2週間ほど過ぎると、

ポコプンって、ノンモさんって、
癒守の地球って、
なんだったっけ?


という感じで、いろんなものが薄れていくんです。

ポコプン&ノンモさんとのお仕事は、
半分夢の中にいるような感覚でやっていたんだなぁと思いましたし、
日本にいると、私はその夢から覚めてしまうように感じました。

「たぶん、八多さんがそういう点に気づくように、
ポコプンが意図的に繋がりを切っていたのかもしれませんね」
と、ノンモさん。

ポコプン、ちょっとそれ「ドS」過ぎません?
私の性格上、そういうことされればされるほど、
日本に引き揚げてやる!って、
意思を固めること、ご存知ですよね!?

(〝▼皿▼)=3 ムッキー!!

はぁ~。
そんなこんなで・・・大変疲れております。

が、そんな私の心情とは裏腹に、
お腹(丹田)からエネルギーが湧いて
身体と心は絶好調なのでわけがわかりません。
自分の心が、自分(魂?)について行っていないような、
妙な感じです。

そして久々に、
「考えること」に嫌気がさしています。
これもポコプンの思い通りなんだろうなぁ~。

(-゛-メ)

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。