fc2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

読書感想:小林正観さんの「22世紀への伝言」


小林正観さんの「22世紀への伝言」

22世紀への伝言
小林 正観 (著)
廣済堂出版 (2014/10/31)


ノンモさんから借りた、
小林正観さんの「22世紀への伝言」を読み終えました。

ノンモさんは小林正観さんの本をすでに何冊か持っているそうですが
(※でもすべて未読)
ポコプンから、持っていない本を2冊買って読みなさい!
と言われたらしく、

ノンモさんが個人的にピンときたものを買ったのが、
この「22世紀への伝言」と、「豊かな心で豊かな暮らし」
の2冊です。
 
「半強制的に買わされちゃいました~。でもきっと読みません」
と言うノンモさん。

(※なぜ買わされたのか?その理由は、
フェイスブック『癒守の地球』グループの投稿をご覧下さい)
 
なので、小林正観さんの本を読んだことがない私が読むべき本を、
もしかしたら買って下さったのかな?と図々しく思ったほど、
私もノンモさんはこの2冊を絶対に読まないと思うのですが、

「いえ。これは自分が読むべき本だそうです。
すいません気が回らなくて・・・」
と、ノンモさんが言うので、驚いています。

まぁ、ともかく読まないでしょ~と思って、
私にとっては初めての、小林正観さんの著書、
「22世紀への伝言」を貸していただいたのでした。
 
     *****

「22世紀への伝言」の文中、
ポコプンから私へのメッセージに違いないと思った、
 

”自分の好き・嫌いという感情や価値基準は二の次にして、
宇宙からの示唆を素直に受け入れることが、
私の言う「謙虚さ」です。”
 
 
”思い通りにならないとイライラとしているうちは、
決して宇宙現象は思いのままになりませんが、
宇宙現象は「思い通りにならないもの」と思い定めると、
思い描いた通りに実現するのです。”

 

耳の痛~い、このお言葉。
(∩゚д゚)アーアー

ポコプン&ノンモさんとの作業を通して、
思い通りにならないことに慣れること、
常に謙虚であること、
そして天を信じ全てを委ねることに、

私はチャレンジさせられてると思います。
 
それから、第6章の「1000年後の意識をつくる私たち」では、
ポコプンの人々の意識を目覚めさせる、
IS計画のようなことが書かれていました。
 
 
”1年に一人、10年で10人に「争わない意識」を伝えられたとしましょう。
そう教えられた10人が、次の10年に周りの10人に働きかけ、
それぞれが10人の人の意識を変える・・・。
するとどうなるでしょう。
100年後には、100億人になる。
つまり、地球上の人口、72億人を上回っています。
地球上すべての人の意識を、100年で変えることができるのです。”

 
 
例えばご夫婦が2人の子供たちに、
「争わず、周りから喜ばれる存在でいなさい」と20年かけて教え込んだ場合、
その2人が成長し30歳になってそれぞれが結婚し2人の子供を持ち、
同じことを教え、またその子供が成長し…ということを33世代繰り返すと、
1000年後には、現在2人の子供に教えたことが、
地球上すべての人の意識となるとも書かれています。

その逆もまた然り・・・ということから、

”未来は私たち一人ひとりにかかっている・・・。”
と、言えるそうです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。