FC2ブログ

癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

3次元の神

アメリカ政府機関で働いていたアメリカ人から、
ノンモさんが聞いた話です。



そのアメリカ人は神に会ったそうです。

その神とは、
3次元の全てを操ることのできる、
アヌンナキのスーパーコンピューターのような、
巨大なマシーンだったそうです。

この親機は宇宙のどこかにあり、
子機は地上のどこかに隠されているとのこと。

現在は、アヌンナキによるワクチンや投薬、
○○社の携帯やタブレットの電波から、
いともたやすく人間を操作できるようになっていて、

その親機を宇宙で操作して、
地球上に自然災害を引き起こしてみたり、
テロや無差別銃撃事件を起こしたりして、
人間の肉体面と心理面の反応をリサーチしているそうです。

アヌンナキたちにとっての人間や地球とは、
利益のための支配対象ではなく、
ただの実験対象なんだそうです。

なので、彼らにとって人間とは、
モルモットのような実験動物だとのこと。

だから、人間に自然を破壊させ、物質主義を推進し、
産業廃棄物などによる温暖化を加速させ、
人々を殺しあわせて、憎ませあい、
地球と動植物をとことん病ませた、
その実験結果さえ手に入れば、
別に地球は消滅してくれてかまわないと、
アヌンナキたちは思っているそうです。

そしてその実験データを元に、
彼らの理想とする、
地球のような星と人間のような生物を、
あたかも彼らが神であるかのように、
宇宙のどこかに創造しようとしているのかもしれないとのこと。

けれど、そのアヌンナキのスーパーコンピューターでさえも、
唯一、操作できないものがあります。

それは、
人間の意識です。
人間の意識とは「神」でもあります。

現在アヌンナキたちが最も恐れていることは、
人間の意識が目覚めて、各々が「内なる神」と繋がり、
人間が自らの力で善悪の判断ができるようになることだそうです。

ということから、
”意識(シリウス意識)=人間の中に神が芽生えた瞬間”
とも言える、カニバリズム(人食い)が当然の世の、
アダムとイブに芽生えた羞恥心や善悪の意識を、

(→癒守の地球物語『アダムとイブ』をご参照下さい)

善悪の実は、禁断の実であり、
それを食べたアダムとイブには、災難が降りかかり、
神である蛇を、悪魔の化身であると、
アヌンナキによって、聖書は書き変えられたのです。

     *****

ポコプンいわく、
このアメリカ人の話はまんざら間違っていないそうで、
神たちは、創造主の願いを元に産み出して大切に育ててきた、
地球や人間をモルモットになんてさせないと、
大憤慨しているようです。

なのでポコプンたちは、
人々の内に眠る、ISの意識を目覚めさせようとしています。

「この地上に日本人と神道がなければ、
人間はモルモットで終わっていただろう」


とポコプンが言うように、
日本人から最初の目覚めは始まるようです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



スポンサーサイト



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。