癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

前世のノンモさんには翼が生えていたそうですΣ(- -ノ)ノ

ノンモさんが、ボーッとしてる時に、

「昔の人間は翼をもって飛んでたでしょ!」
と、ポコプンに言われて、

『あ!そっかぁ、忘れてた~』

と、すっごく納得してたんですけど、
意識がはっきりと戻ってきたら、
なんだそれ?って思ったんですけど・・・(笑)」

と、ノンモさん。

Σ(- -ノ)ノ

ということから、
どうやら前世のノンモさんには翼が生えてたらしいです。

それは、きっと古代の前世なんでしょうね?
古代エジプト?それとも、シュメール文明なんでしょうかね?

「分からないですけど、
場所は日本ではないですね~」

当時のノンモさんの肉体の背中には、
翼が生えていたそうなんですけど、
空を飛ぶにはまず、気流を手でつかむ必要があったそうで、

「空気の中にある気流を手でつかめば、
翼はその流れに乗って、空を飛ぶことができたんです。
この気流を手でつかむ感覚は小さい頃から持ってて、
今でも車に乗って手を窓から出してる時に、
その空気の流れを手でつかまえることがあるんですけど、
あれ?つかまえたのに、飛べない?
って、不思議な感じになるんですよ」

と、ノンモさん。

気流をつかまえる・・・って、まるで、
「風の谷のナウシカ」の、風使いのナウシカみたいですね。
ナウシカは肉体から翼は生えていませんが、
その翼に代わるメ―ヴェという乗り物に乗っていましたけど。

その「風の谷のナウシカ」に、
白き翼の使徒というのが登場するんですけど、

ナウシカ 白い翼の使徒

この白き翼の使徒って、
シュメール神話のイナンナや、
古代エジプト神話のイシスに関係するのかな?
って、前々から思っているんですけどね。

「自分はそういう特別な存在じゃなくて、
数多くいた、翼を持った人間の中の一人だったと思います。
当時の自分は、子供じゃなくて大人の男性でしたね。
それで、その中の誰かがミイラ化して、
聖櫃の中に入っていると思います」

と、ノンモさん。

この聖櫃の中の翼をもつミイラは、
かごめかごめ唄の、

♬ かごのなかのとりは ♬

のことのようです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。