癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

日本に出張中はブログをお休みしません!そして来年のご予約の受付開始です

年明けまで、日本に出張します。
出張中はノンモさんとミーティングができないので、
ブログはお休みになるな~って思ってたんですけど、

「記事をさかのぼって読むことができない、新しい読者さんや、
内容を忘れてしまった読者さんに、
過去のブログを読んでもらってください」

と、ノンモさん&ポコプンからのお達しを受けたので、
出張中は、過去ブログを再度紹介させていただくことになりました。

『日本に帰ったからって、
休暇気分でいるんじゃないよ!
(; ・`ω・´)キッ!!』


という、ポコプンからのメッセージが聞こえるようです(笑)
そうでしたね、遊びに帰るんじゃなくて、出張(仕事)なんでした。

ネット環境があるところでの作業になりますので、
更新率が今よりも落ちると思いますが、
どうぞよろしくお願いします。

それから、Oneness☆Togethernessの、ご依頼も受付しておりますが、
フェイスブックでの毎週のお知らせは、ネット環境次第では、
できない時もあると思いますので、自主的にお祈りしてポコ点ゲットしてくださいね。
ポコ点は、300点未満なら対応できますので、八多までご申請下さい。

そしてこの出張中に、

「『神式会社の入社方法』のまとめを、
ノンモと一緒に作業してね!」

と、ポコプンから、せっつかれてます。

「神式会社の入社方法」のまとめは、
会社を辞めたらやりたかったことの一つだったので、

(→『神式会社への入社方法 1~3 まとめ』をご参照ください)

夏ごろから作業をはじめていたんですが、
コピペすれば良いだけの、単純作業ではないことに気づいて、
めんどうになってきて、手が遠のいて忘れかけていたところ、

同じくポコプンにせっつかれたノンモさんが、
過去の「神式会社の入社方法」をいくつか削って、
新しい方法を追加してくださることになりました。

(-人-) アリガタヤ

というわけで、こちらの方の作業も頑張りますので、
「新☆神式会社の入社方法」の、
出来上がりを楽しみにしていて下さいね~。

そして、来年1月15日からの、
ニューヨーク方面での対面セッション、または、
スカイプによる遠隔セッションのご予約受付け可能日を、
ホームページに掲載しましたので、
みなさまからのご予約をお待ちしております。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』


それでは、
東京・大阪・福岡での対面セッションにご予約いただいたみなさま、
また、座談会へご参加のみなさま、
八多と行く!宗像大社&三輪山登拝ツアーに、ご参加のみなさまに、
日本でお会いできることを楽しみにしておりま~す。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

人間が動植物のように考えられるようになったら、龍が何であるのかが分かる

動植物には独特の考え方がある。
それは、人間には考えが到底及びもしないものなのに、
人間は人間の視点で考えて、それを動植物に当てはめている。
そして魚や虫や動物や植物の意識レベルが、
自分たちよりも低いと思っている。

人間が動植物のように考えられるようになったとしたら
地球に対する見方が変わる。
そして、その時にはじめて龍が何であるのかが分かる。
龍は人間の神ではなく、地球の神であることが分かる。

人間の視点で見ようとする限り、
人間の思考で考えようとする限り、
龍が何なのかは、絶対に分からない。

「そもそも、龍ってなに?っていう考えが、
おこがましいそうですよ」
と、ノンモさん。

「龍は人間がいる前からいた。
龍はおまえたち(人間)のためにいるんじゃないんだよ。
おこがましいんだよ」


Σ(- -ノ)ノ

ポコプン、ちょっ、なんて言いぐさ・・・・。
このドS発言そのままブログに書いても良いですか?

「良いそうですよ」

と、ノンモさんが言うので、
一語一句そのまま書かせていただきました。

人間が動植物のように考えられるようになるには、

自分がもしも、カエルとしてこの世に生を受けて育ったら…、
ライオンとして育ったら、縄張りを張る時に一体なにを考えているんだろう?
渡り鳥として生まれて、命がけで群れとともに海を渡る時ってどうなんだろう?

という風に、
まずはシュミレーションしてみると良いらしいです。

そういえば・・・、

「ポコプンが、
『人間は人間にしか転生しない。
動植物などには転生しない』

って言ってましたけど、
もしかしたら、動植物が神だからではないですか?」

と、読者さんから質問をされたことがあったのですが、

「人間は動物に転生できません。
動物と人間は全くの別ものだからです。
解脱したとしても、人間の動物への転生は無理です。
なぜなら、動物のほうが神に近いからです。
仏教の説く、石が花に転生して、動物に転生して、
ようやく人間に転生できたなんてのは、
人間のほうが、動植物よりも意識が高いという驕った考えからですよ」

と、ノンモさんが答えていました。

ポコプンが、「おこがましいんだよ」
と言ってはいますが、
龍のDNAを日本人が持っているのは間違っていないそうです。
(→記事『もともと日本には、龍しかいなかったそうです』をご参照ください)

ただし、あくまでもDNAであって、
龍そのものではないそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category :
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

月双ノンモのなんでも愛ランドの記事『神のこころ、人知らず』の補足

月双ノンモのなんでも愛ランド~世界で一番悟りに近い島~
の記事『神のこころ、人知らず』

の補足情報なんですが、

本当なら旅行先で、事故にあって死んでいたはずのノンモさんが、
その数時間前に、ポコプンに「あっちに行くと、良い写真が撮れるよ」
と言われたので、その場所に行ったら、
思いっきりこけて、買ったばかりの高額なカメラに傷がついて、
手と足が擦り剥けて血だらけになったそうで、

「見てくださいよ~!ほら、ここも、そこも、
いい歳した大人が、すり傷作って、
血がダラダラ~だったんですよ!
買ったばかりのカメラに傷がついて、
ポコプンに、おまえふざけんな!
って本気で怒ってしまいましたよ」
と、ノンモさん。

で、ポコプンいわく、

みんなは神に助けを求めるとき、
100%の不幸を0%にしてくれるような、
奇跡が起こるのを待っているだろうけれど、
100%の不幸を引き起こさないために、
半分の50%を数時間前に経験させて、
50%に減らしてあげたんだよ!
100%だったら死んでたんだよ!

とのこと。

「みんな、自分は不幸のどん底なのに、
神は助けてくれないと嘆いて罵るけれど、
こんな風に神はいつもみんなを助けているんだよ!」


とポコプン。

神は100%の不幸を取り除くことはできないので、
こんな風に、不慮の死や重症などで極端な不幸が起こらないように、
不幸のバランス配分をとって下さっているらしいのです。

(寿命や、魂が望む経験などの場合は、
神は手が出せないでしょうけれど)

私が3月のエジプト旅行で、足止めと予定変更をくらった、
大雪嵐、砂嵐などの数々の不運も、
どうやらポコプンが不幸の配分調整をしてくれたからだそうです。

ノンモさんは今世ではもう2度死んでいるそうですけど、

(→記事『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』をご参照ください)

その時はこの不幸の配分調整がされなかったんですね?

「肉体が完全崩壊しなかったので、
新しいパラレルワールドで、再生可能だったからでしょうね」
と、ノンモさん。

(→記事『『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』の追記です』をご参照ください)

「旅行先で死んでたら、谷底に落ちて肉体が完全に崩壊して、
パラレルワールドも生まれず、
この世から完全に消えることになっていたらしいので、
ポコプンが助けてくれたそうです」

では、先週末にノンモさんがこの世から完全に消えていたら、
この癒守プロジェクトも、未完になっていたってことですね

ノンモさんには、まだまだまだまだ死なれては困りますから、
無茶は控えてくださいよね~

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

『晴れ女』と『雨男』

先日、クライアントさんから、

「私はどこに行っても必ず晴れる『晴れ女』なんですが、
逆に、どこに行っても雨が降るという『雨男』に、
こないだ初めて会ったんですけど、
本当に『晴れ女』や『雨男』っているんでしょうか?」


と質問されたんですか、
ポコプン、いかがでしょうか?

晴れと雨

「『晴れ女』や『雨男』、または、
『晴れ男』や『雨女』は、実際にいるそうです。
そして、彼らが修行して、その能力を開花すれば、
ある程度、天候をコントロールできるようになるようです。
遠隔でもできるようになるみたいですね」
と、ノンモさん。

へぇぇぇぇ~!!!
じゃあ、干ばつ地帯に『雨男』が行けば、
雨が降るってことですね?

「干ばつ地帯に『雨男』が行ったら、
雨が降るのかと言えば、そうではなくて、
何も考えずにふらっと行けば雨は降るでしょうけど、
雨を降らせるぞ!と意図して行くと降らなかったりするんですよね
でも、修行をすれば、意図的に雨を降らせることは可能ですけどね」

天気予報や巨大なダムがなかった古代では、
日照りや干ばつや長雨が農作物に影響して、
人々の生死に関わっていたので、
『晴れ女』や『雨男』の修行は盛んだったのではないですか?

「そうですね。
古代ではこういった特殊能力を持つ子供は、
幼いころから見出されて、修行させられていたようですね」

それは、どんな修行なんですか?

「そんなこと聞かれても、自分には分からないですよ~。
でも、山の中や神社などの、特殊な場でなくても、
一般的な八多さんのアパートのような場所でも、できるみたいですよ。
でも、完全に世間と隔離される必要があって、
修業期間も10年以上かかるようですね」

人工で気象をコントロールできるこのご時世に、
世間と隔離された上での、10年以上の修行なんて、
現代の『晴れ女』や『雨男』は、やりたがらないでしょうねぇ(苦笑)

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

「インナーチャイルドの癒し」遠隔セッションのご体験記(@日本 Sさん)

8月に、癒守結セッション2を遠隔で受けてくださったSさんから、

「セッション後、2週間ほどが経ちましたが、まだかなり精神面での乱れが激しく、人間関係に影響が出ております。穏やかに過ごそうと努めてはいるのですが、些細なことでエゴが強く出てしまい、自分を責め、落ち込んでしまうことがあります」

と、ご相談をいただきました。

癒守結セッション2は幽体離脱のご体験をしていただくので、
とてもスピリチュアルなセッションなのですが、
なぜか、心理面に強く作用するんです。

私のセッションには、ポコプンのアフターケアがついていますので、
ポコプンに相談したところ、

「それは、Sさんのインナーチャイルドが関わっていて、
インナーチャイルドを癒す必要があるそうですよ」
と、ノンモさんに伝えられて、

ここから、ポコプンの脅しに近い、

「インナーチャイルドの癒しのセッションをやって!
もう十分経験積んでるんだから、
自分でスクリプトを書けるでしょ!
でないと、癒守結パート3は出せないよ
(; ・`ω・´)キッ!!」


といった猛プッシュがあり、
スタートしたインナーチャイルドの癒しセッションを、
先日Sさんが受けてくださいました。

     ********

癒守結セッション2を受けた後、
Sさんは職場で感情のコントロールができなくなって、
ついに上司と衝突してしまったそうなんですが、
その時に、上司に父親を感じたそうなんです。

両親から常に感情的に怒鳴られ、
なにをやっても説教や体罰を受けていて、
辛かった子供時代は覚えているけれど、
実際に両親から何を言われて、どう傷ついていたのか、
そういった詳細をすっかり忘れていたSさんでしたが、

インナーチャイルドの癒しセッションでは、
思い出せなかった5歳のころの辛かった場面や、
感情が溢れかえりました。

「怖かった。もっと愛してほしかったのに。二人ともひどい。寂しい。誰も助けてくれなかった。大嫌い。生きているのが嫌。なんでそんな事を言われなければいけないの?なんで私ばかり!?自分が愛されていなくて、嫌われてるように思う。産んでほしくなかった。自分さえいなければ、こんな嫌な思いをお互いしなくて済んだのに」

と、嗚咽するSさんに、
お母さんとお父さんに、言えなかったことを言ってくださいねと言うと、

「言えない。怖い。関係が壊れてしまう、見捨てられると思う」

と、答えるSさん。

壊れても大丈夫ですよ。
それは今日、ここで壊してしまいましょう。
なぜなら今日からSさんはこの世界ではなく、
新しいパラレルワールドの世界に移るからです。

と、お伝えすると、
怖くて30年以上言えなかった思いを、
お母さんとお父さんに、Sさんは伝えはじめました。

     ********

そして本日、Sさんから、
インナーチャイルドの癒しセッションのご感想をいただきました。
Sさんに掲載のご快諾をいただきましたので、
シェアさせていただきます。



先日は本当にありがとうございました!
まだ思わず涙が出てしまったりしておりますが、
心の奥底にあった重荷を手放した感じがして、
すっきりと軽くなりました!

両親に対する嫌悪感が不思議なほどすっかり消えて、
優しい気持ちで母に向き合うことが
できるような気がしております。

今まで自分のことが嫌いで、
自分を愛するとか大切にするということが
今ひとつ分からず、疎外感を抱きながら生きてきましたが、
こんな自分でもかわいいな、いいんだ!と、自分を愛するということも
もっと理解できるようになれそうな気がしております。

インナーチャイルドの問題が、
無意識のうちに周囲の人間との関係を
ギクシャクさせていたことに気付かせていただき、
本当にありがたいと思っております。

パートナーに対しても、心のどこかで、
こんな自分ではふさわしくないという思いがあって、
以前のセッションで教えていただいた
彼との将来のビジョンが、彼にとって本当にいいことなのか
不安に苛まれておりました。

しかしながら、それも日々のその時々を一生懸命に
誠実に笑顔て楽しく生きて行けばいいと、
好きなんだからいいじゃん!と、
前向きな考えになってきました。

おかげさまで明日から
一層、仕事に専念することができます!
本当にありがとうございました!
また、お世話になると思いますが、
その時はよろしくお願い申し上げます!




Sさん、セッションを受けてくださって、
インナーチャイルドの癒しセッションを作るきっかけをくださって、
本当にありがとうございました。

「癒守結セッション」と「魂との対話セッション」
は、セッションン後にどっと疲れるんですけど、
「いやしの泉」もそうですが、この、
「インナーチャイルドの癒し」は全然疲れないんです。
両方とも癒すことがメインだからかもしれません。

「インナーチャイルドの癒し」は、
私自身が長い間忘れていた自分の内側の、
深い深い部分に繋がる感覚があります。
クライアントさんそれぞれに、傷を受けた場面が違うため、
すべてのセッションがスクリプト通りにいかない、
とても奥の深いセッションだなぁとも思います。

日本での対面セッションの予約を、
インナーチャイルドの癒しセッションに変更できますか?
というお問い合わせをたくさん頂いていますが、
もちろん変更できますので、ご希望の方は、
ぜひお知らせくださいね。

それから、この場をお借りして・・・、
東京座談会へ参加ご希望のみなさまにお知らせです。
10月5日に、東京座談会の案内メールを送りましたので、
受け取り確認の簡単なご返信をよろしくお願いします。
メールを受け取られていない方は、
迷惑メールフォルダをお確かめの上、八多までご連絡下さいますか?

それでは、よろしくお願いします。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

今さら、薬や予防接種を避けたところで・・・

先日クライアントさんが、

「アヌンナキが薬や注射で、人類をコントロールしようとしているのを知って、
薬はできれば飲みたくないんです」


と、おっしゃっていたのですが、

それは、

「そう。彼らアヌンナキはバクテリアやウィルスの病原菌をばら撒いて人々を病気にした後、有無を言わさず(チョイスを与えず)、手術やバイオプシーを使ってチップを埋め込む。また、薬を処方して飲ませたり予防接種という名目で注射を打たせて、人間の情緒を不安定にする液体を脳に送り込んでいる」

と、月双ノンモのなんでも愛ランドブログ、
「『ノンモの部屋』 ―ノンモとポコプンの脳内対談― 4」
でのポコプンからの情報を読まれてのことのようなので、
もう一度、きちんとお伝えしたほうが良いと思うのですが、

「そういった世界に自分たちは住んでしまっているので、
もう今さら、薬を抜いたり、予防接種を抜いたところで、何の変化もないですよ。
だから、この世界の方法に合わせて生きるしかないんです。
なので、薬もそういった意味で飲んだ方が良いと言えます」
と、ノンモさんは言います。



残念ながら現在の人間は、アヌンナキのコントロールによって、
ワクチンや医薬品も含む、そういったものに頼らざるを得ない身体になってしまっています。
そういったものを避けると、逆に別の病気にかかってしまったりするのです。
こんな風に、人間がアヌンナキのコントロールを避けることができないように、
この世は作り上げられてしまっています。

ですので、この3次元で生きていく上では、
アヌンナキのコントロールに影響を受けない身体を作るしかありません。

影響を受けない身体を作るには、
心理面の課題と合わせ、潜在意識を高められるように、「まっ、いっか!」の精神やいつも笑顔でいること、
日々の小さな幸せを感じることがとても大切になってきます。

そして、その上で、おいしいものをおいしく召し上がってください。
健康維持のためにあれこれ考えて、農薬や、GMO製品や肉を避けたり、
菜食主義者になったりなどして、食べ物をコントロールしていると、
おいしいものを、純粋においしく食べられなくなってしまいます。
それは、あなたの肉体にとっては良いことかもしれませんが、
心はハッピーではないかもしれません。

なぜなら食物からエネルギーを受けるのは、あなたの心だからです。
なので、心の健康のために、その時、食べたいものを我慢せずに、喜びを持って召し上がってください。
心が望んで、ハンバーガーやラーメン、パフェやケーキなどを食べてハッピーになるほうが、
身体は食物からアヌンナキの影響を受けなくなるのです。

※ただし、健康状態に問題があって、食事療法が必要な方はこのケースに当てはまりません。




と、記事『予防接種とワクチンについて』
で、ポコプンが言っていましたが、

「アヌンナキはいなくとも、この世に病気は存在しますからね。
このあいだ血液検査したら、ちょっと血糖値が高めだという、
検査結果が出たんです。
そしたら医者が、将来的に糖尿病になる可能性があるので、
予防のために今から薬を飲みなさいと言うんです。
その数値は、20年前なら正常な血糖値だったんですよ。
自分はそんな理由での、薬は絶対に飲まないですし、
避けたほうが良いのは、こういった類の薬ですね。
けれどすでに、糖尿病にかかっていたら、
薬は飲むしかないですけどね」
と、ノンモさん。

私の元夫も、血液検査の結果は正常だったのに、
父親が心臓発作で亡くなったので、
予防として低アスピリン剤を飲みなさいと医者に言われて、
飲んでたら、血小板がなくなる得体のしれない病気にかかって、
緊急入院となったことがありましたよ。

それから、フロリダ州に住んでいた時に、
元夫は糖尿病として診断されて、通院していたんですけど、
ニューヨークで検査をしたら、正常値と言われました。
州によって、正常値が違うことに驚きでしたが、
ニューヨークよりも人口が少ないフロリダだから、
少しでも患者を増やそうという魂胆だったのか!?
と、思ってしまいましたよ!

「医者や医療機関が全てそういうことをしているのかと言ったら、そういう訳じゃない。ちゃんと良心を持って患者を良くしてあげたいという気持ちで仕事をしている医者だってたくさんいる。正当な薬だって出回っている。ただ、それを人々が見分けるのは本当に難しいんだ」

と、月双ノンモのなんでも愛ランドブログ、
「『ノンモの部屋』 ―ノンモとポコプンの脳内対談― 4」
で、ポコプンも言っていますが、

本当に世も末ですね・・・

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

シリウスの理想の地球は、自由で楽しい地球

つい先日、遠隔で癒守結セッション1を受けてくださったAさんは、
以前、癒守結セッションを受けてくださったクライアントさんに、
私を紹介されたとのことで、
まだ癒守の地球ブログを読んでいらっしゃらないとのことでした。

なので、ポコプン&ノンモさんとの関係や、
このプロジェクトが、シリウスに関係することも、
詳しくご存じなかったのですが、

癒守結セッション1で、

「私はプレアデスが出身星なんですけど、
シリウスを経由してから地球に来たようです」


と、いうメッセージを受けられました。

どうして、シリウスを経由されたんですか?
と聞いたら、

「遊びながら地球を良くするためです。
プレアデスから直接、地球に来ると、
真面目な仕事人間になってしまうので、
仕事を遊びとして楽しめるように、シリウスを経由したようです」


と、面白いことをおっしゃいました。

このことをポコプンに尋ねてみると、

「そのクライアントさんが受けたメッセージは、
一概には間違っていないようですよ。
理想の地球が、シリウスとプレアデスは違うようです。
プレアデスは優等生って感じで、
みんながルールをきちんと守る地球になってほしいと思っているんですが、
シリウスは、ルールがなく、みんなが自由に楽しく過ごせる地球を望んでいます。
ルールがあったとしても、最低限のルールを守れば良い感じです。
なので、プレアデスとシリウスが同じ神の仕事をするとしても、
目的が少し違ってくるようですね」
と、ノンモさん。

私がアラブ諸国に持っていた、憎悪に似た思い込みの嫌悪感が、
楽しいエジプト旅行で無くなって、
エジプト&アラブLOVEになってしまったような感じですね!

それに、この5年目を超えたブログも、ポコプンから、

「続けたければ、続けたらいいけど、
でも別に、いつでもやめていいからね」


と、ドS発言されながらも、続けているのは、
やっぱり楽しいからなんですよね。

また、ポコプンは放任主義でいてくれるので、
ルールに捕らわれず、私のやりたいように、
自由に表現させてもらっているのも、
長続きの秘訣だと思っています。

「日本では、芸能人の不倫がバッシングをされてますよね。
アメリカでは、それは個人のプライベートな問題で、
大人である各々が話し合いによって解決するものであるから、
事情を知らない他人が、口をはさむことではないとされているので、
かなり異常にうつるみたいです。
これに関しては、ポコプンも自分もアメリカ側に賛成です」
と、ノンモさん。

不倫については、ブログに書くと誤解を生みやすいため、
書かない方が良いとポコプンに言われているので、
ここでは割愛しますが、
(座談会やセッションではお話しさせていただけます)

宗教、法律、制度、習慣などの、人間の作ったルールによって、
心から愛することをあきらめることが、
ポコプンたちにとっては、理解不可能なんだそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 地球・地球語
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

10月4日中秋の名月と、10月5日(日本は6日)の満月のエネルギー

ニューヨークは、昨夜が中秋の名月で、
その月を見て大興奮したノンモさんからのメッセージを、
フェイスブックでは、昨夜にシェアさせていただいたのですが、
 
「今夜の月はシリウスと同じエネルギー発してますね!
外で良く見ると、ぼんやり十字に光を放ってるんです。
結構すごいエネルギーですよ、今日の月!!!」
  
「今夜の月のエネルギーは、ワリとすごいエネルギーみたいで、
こういうの前もって言ってよ!ってポコプンに言ったら、
言ったのに聞いてなかったんだろう、
ポコヤロー!と怒られました」

という、不思議なポコ語まで登場するほどのノンモさん(笑)
私にとっては、シリウスエネルギーよりも、
こんなノンモさんの反応に驚きですが。

というわけで、こちらがニューヨークの中秋の名月です。
   
10月4日2017年
(撮影 By 八多です)

みなさまにも、ノンモさんの感じるような、
シリウス・エネルギーが伝わると良いのですが・・・。
  
「中秋の名月はトロトロした部分を削ぎ落として、
シャキッとなる垢すりのようなエネルギーで

『明日はメイン♡』

とか、ポコプンが言っています、が、意味不明」
と、ノンモさんが言っていたのですが、

やはり、昨日の中秋の名月は垢落としの効果があったそうで、

「○○しないと~!と思いながら、
ずっと延ばし延ばしにしていたことや、
怠けていた部分を垢落とししないといけなかったそうです」
と、ノンモさん。

室内でも良いので、月の光を浴びた人だけに、
この垢落とし効果があったそうなんですよ。
事後報告になってしまったじゃないですか、
ポコヤロー!ですね(苦笑)

というか、今回の中秋の名月に関して、
ポコプンは何も言わないから、
特別になにもないってことなんだろうなと思ってたんですよね。
今後から、天体イベントには、
注意を払うようにしないと・・・と反省しました。

(-_-)

私は中秋の名月から出ているシリウス・エネルギーを、
女性的で柔らかく、温かい清涼な空気と感じました。

「シリウスのエネルギーは、
その人にとってのシリウスのエネルギーなので、
感じ方は人それぞれなんだよ」

と、ポコプン。

そして、

『明日はメイン♡』
と、ポコプンが言っていた、10月5日の満月ですが、


「5日の満月は、
『みんな仲良く。過去の人もみんな仲良く』

という感じで、
輪にみんなが入ってくるイメージです」
と、ノンモさん。

5日の満月から4日間に、
過去に縁が切れた友人や人間関係のことなどを思い出すと、
その関係を自然に、修復してくれるエネルギーが、
この期間に出ているそうです。

「それって大事なんだよ」
とポコプン。

疎遠になった人を思うのは、満月から4日以内であれば、
月が出ていない日中でも大丈夫で、
わざわざ月を見る必要もないそうです。

また、この4日間に、なつかしさを感じる、
過去に好きだった音楽を聞いたり、
本を読んだり、映画を見るなどすることで、
過去の修復が行われるそうです。

「この過去の修復は、
インナーチャイルドの癒しには関係しません。
昔からの心の傷が修復されるそうです」
と、ノンモさん。

過去に縁が切れたけど、
仲直りしたい、復縁したいと思っている人に、
満月から4日後に連絡をしたら、
拍子抜けするほど、、相手は何とも思っていなかったという風に、
修復がなされているそうです。

また、疎遠になった人に、わざわざ連絡をしなくても良いそうで、
ただ自分にも相手にも、過去の心の傷の修復がなされるそうです。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』の追記です

以前の記事『寿命に達しない人は、別のパラレルワールドで生き続ける』
では、

「人は生まれる前に寿命を決めてきます。
その寿命に満たない場合は、
事故や病気や戦争などで死んでしまっても、
別のパラレルワールドでは生き続けるんです。
けれど寿命に達していた場合は、
肉体を脱いで幽界に向かいます。
ただし自殺した場合は、寿命に達していなくても、
パラレルワールドは分かれないそうです。」


と、ノンモさんが言っていましたが、

60階建てのビルの屋上から飛び降りるなどで、
肉体が完全に崩壊した自殺の場合は、
寿命に達していなくても、
パラレルワールドは分かれないそうですが、

肉体が完全に崩壊しないで再生可能な、
リストカットや、致死量に至るガスまたは、
薬物の大量摂取などの自殺の多くの場合は、
寿命をが尽きるまで、
別のパラレルワールドで生き続けるそうです。

なので私たちにとって、自殺して亡くなった誰かが、
別のパラレルワールドでは、
辛く悲しいことばかりで生きているのが嫌だから、
何度も自殺を試みるけれど、いつも失敗して、
自分は死ねないと思いながら、生きているのかもしれません。

「自殺で生まれるパラレルワールドは、とても複雑だそうです。
なので、やはり自殺はタブーとされているようです」
と、ノンモさん。

そして、臨死体験で死後の世界を体験するのは、
どういったことかというと、

「事故や病気などで寿命に達していないのに、
死後の世界に行ってしまった人は、
寿命がまだ残っているからと言われて、
この世に帰されてしまうようですね」

だから、ほとんどの臨死体験者が、
あの世の光に包まれて、事故や病気の苦痛から解放され、
3次元では体験できない心地良さのあまりに、
ずっと一生ここにいたい!と、願うのに、

「まだ死ぬときではない。
あなたは生きてまだまだやることがある」


と、あの世の存在に言われて生還するというのは、
この寿命の約束のためなんですね。

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓





Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 

ノンモさんのようなチャネラ―はこの世にたくさんいるそうですが・・・。

クライアントさんの多くがセッション中、
イメージで内なる神や、天などの存在からメッセージを受けられていますが、
同様にノンモさんも、イメージでポコプンからのメッセージを受けています。

ブログの愛読者さんには、ノンモさんがスラスラと、
ポコプンからのメッセージを受けているように思われているようですが、

実際は、私が、

『クジラの化石の砂漠に行ってから、
それをイシス神殿に繋いで。
春分の日にイシス神殿に行くこと。
そして、その後にデンデラのハトホル神殿に行くこと。
移動することによってエネルギーが繋がる』


と、旅友Tさんが受けたシリウスのメッセージですが、

(→記事『旅友Tさんへの、シリウスからのメッセージ(ポコプンは管轄外だそうです)』をご参照ください)

この繋がるエネルギーって一体なんですか?
と、質問したなら、

「えぇ~!なにそれ!?わかんないって!
えーっと、このイメージを言葉で説明するのは無理なので、
見たそのままを伝えますね。
エネルギーはつながるけど、その前に何かと何かに気づくことや、
成すことが必要で、それがあってからのエネルギーの繋がりというか、
それが何事かにつながっていくという感じです」

といった風に、
ノンモさんがメッセージを伝えてくださいます。

その意味不明なイメージを、
ふたりでさらに頭を絞って話し合って、調べ物をして、
また話し合っているうちに、ポコプンからの追加情報が出たりして、
情報が固まってきたら、ようやくブログに書けるといった実情です。

「八多さんと会っていないときに、
突然ポコプンが、すごい情報を伝えてくれたりするんですけど、
その情報のほとんどは忘れてしまうので、八多さんに伝えられないんですよね~(笑)
でも、『さしゅしゅしょ・・・』って感じの、
意味不明な音を伝えられたりすることも多くて、
は!?なに?ポコプン、意味が分からないよ!
イメージで見せてよ!って言うんですが、
イメージは出てこなくて、ずっと、
『さしゅしゅしゅしょ・・・』って音だけ聞こえるとか、
そういった意味をなさないメッセージも多いんですよ(苦笑)」
と、ノンモさん。

この世には、ノンモさんにとってのポコプンのような存在と繋がっている人は、
たくさんいるそうですが、多くの人は自分の内に秘めて人生を終えるらしいのです。

そこで神は、その人の受けたメッセージを代わりに発信する、
私のような人間をあてがうそうですが、

「関係が上手くいかなかったり、付き合いが長く続かなかったりして、
結局、天の存在との独り言のような感じで、
人生が終わっている人がほとんどだそうですよ」
と、ノンモさん。

では数は少ないながらも、私とノンモさんのように、
情報発信している人って誰ですか?

「あの、兄弟ですよ」

兄弟?
あ、「僕のアニキは神様とお話ができます」ブログの龍さんとアニキですね!
どうやらブログを読む限りですが、
アニキが病気がちで、神様にもよく切れてたようなので、
アニキが原因で終了してしまったようなんですよね・・・。

「いいえ。兄ではなく、
弟にエゴが出てしまったのが原因みたいですよ」
と、ノンモさん。

「僕のアニキは神様とお話ができます」のブログは、
大好評だったのに、約3年くらいで終了してしまって・・・、
イエスの布教活動も3年だし、
なので、私の中では、
スピリチュアルは3年間が限界だと思ってたところがあったんですよ。

ところが、まさかまさかの5年目ですからね~(苦笑)
こんなに長く、ノンモさんとの関係が続くなんて思っていませんでした。

考えてみれば不思議ですよね~。
アラフィフの赤の他人の大人が毎週会って、
3時間~4時間の弾丸トークを、5年以上も続けているわけですからね!
親友でも毎週なんて会わないし、会っても話題がなくなってくるので、
そういった点でも、長く持っても3年が限界だろうと思ってたんですが、
よくもまぁ、いまだに興味も話題も切れないものだと、自分でも感心しますよ(笑)

ノンモさん&ポコプンとの作業は、変わらずとても楽しいですし、
振り返れば2012年に、ヒーラーになるようにとポコプンに言ってもらって、
癒守結セッションを頂戴して・・・、
ゼロからスタートされたノンモさんに比べれば、
ほんとうに手取り足取りで助けられ、
甘やかされていると思います。なのでもう感謝感謝で・・・。

「そうでもないよ!」
とポコプン。

「もっともっと甘い神もいるそうですよ。
でも、癒守結セッションを与えたとしても、
その与えられたことができず、やっているうちに、
どんどんエゴが出てしまって、上手くいかない人が多いそうです」
と、ノンモさん。

まぁ、癒守結セッションは、
同じセリフを、何百回と繰り返すものですから、
飽きてくる人もいるでしょうねぇ・・・。
なので、私は癒守結セッションは極めるものだと思うようにしています。

ともかく、私に厳しいドSのポコプン、
そして、風の吹くまま気の向くまま~♪な、ノンモさん、
そして、この私の性格が、絶妙なバランスを取っていて、
だからこそ、5年以上もやってこれたんだと思います。

そして、ポコプンの目指す世界観が、
私の探し求めていたそのもので、
ほれ込んでいるからこその、5年目だと思っています。

まだまだ先は長く続きそうです。
おふたりとも、末永くどうぞよろしくお願いします

読者のみなさまも、引き続きのご愛読をよろしくお願いします

================
ポコプンから伝授された、人類が忘れてしまった、
超意識とのつながりを取り戻す、癒守結(いしゅい)セッションを、
ぜひ一度ご体験下さい。
スカイプによる遠隔セッションもはじめました。


ホームページ『癒守結(Isyui/いしゅい)』

=================

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。