癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

神式会社 本編その3 7コ目

神式会社 本編その3 7コ目は、

❉ 物の立場になって、物の視点や気持ちを理解して下さい。

です。

神式会社 本編その3 6コ目と少し似ているのですが、
本編その3の中でも、この7コ目が一番重要だそうです。

例えば、目の前に転がっている1本のペンを理解してみて下さい。
そのペンの気持ちを知るために、
自分がペンの中に入ったイメージを持ってください。
そして、そのペンの立場から周りを見渡して、
そのペンの気持ちを考えてみて下さい。

もしくは、目の前でそよそよと風に揺らいでいる、
1枚の木の葉っぱの中に入ったイメージを持ってください。
そして、葉っぱからの視点から周りを見て、
その葉っぱの気持ちを理解してみて下さい。

対象は植物でも、ペットでも、洋服でも、家具でも、建物でも、
なんでもいいのですが、この訓練を、毎日1、2回して頂くと、
物質との距離感が縮まり、3次元の物質の感覚が薄まり、
ひとつ(ワンネス)になります。

それから、声に出しても、心の中でもいいですので、
その物に毎日話しかけて下さい。

この話しかけに慣れてくると、
空気の気持ちさえも理解できるようになりますし、
自分の身体の各部位、例えば親指や足の関節や内臓の気持ちや、
視点などが分かるようになります。

それが進むと、自分の怪我や病気の気持ちも分かるようになります。
自分の身体の患部の本当の原因や、
治療のために、したほうが良いことに気づけるようになり、
自分で自分の病気が癒せるようになります。

また他人の病気の気持ちも理解できるようになりますので、
他人の病気も癒せるようになります。

自分の周りの見えるもの、見えないもの全てに、
エネルギーがあるのを感じて下さい。
そして物の身になって、物質を超えて下さい。

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 神式会社
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

みぃ says..."恥ずかしながら…"
道端で猫や犬を見かけると話しかけられずにいられませんし、壁にぶつかったら、「ごめんね。痛かったね。」とか言っちゃいます。
他の人から見るとヘンテコリンな人だろうなと思いますが、今後は、もっとエスカレートさせていきます。
この世にあるモノは全て一つですもんね(❁´ω`❁)
2014.06.25 20:26 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
みぃさん

コメントありがとうございます♪
思い存分に、エスカレートして下さいませ!!!
私が小さかった時って、物に話しかける人が周りにいたんですけどねぇ。
そういえば見かけなくなりましたね・・・ってNYだからかもしれませんけど。
私はまだ、この世はすべてひとつ!と感じ切れていないのですが、
訓練して生きてる間に心から実感したいです。
2014.06.26 08:58 | URL | #- [edit]
ほろろん says..."とにかくやってみるです"
こんにちは
ものの中に入ってその視点で見るイメージを持つのは簡単なんですけど、毎日話しかけるのが難しいかも…
その「物」に用事があるときは一方的に話しかけたりはしていたんですが

英会話を勉強していたときに「なんでも会話して」と指示されて、
まず日本語英語以前に、話す内容を思いつかないッス先生
…と感じたときと似た難しさを感じます…

自然と話しかけることの出来る人は、いつも他人に関心を持っている優しい人だなぁと思います
私は一人でいるときは一人でいたいので、どうやらワンネスがちょっと怖い、のかも…?

あらまぁwやだな
コメントを書いていたらこんなエゴに気づいちゃいました
ありがとうございました〜
2014.06.26 10:18 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
ほろろんさん

コメントありがとうございます♪
ワンネスになったら、全てが自分で、
いつも自分ひとり状態になるのではないかな?と思ってるんですが・・・。
完全孤独は嫌だけど、ひとりの時間も大好きなので、
ワンネスはこの両方を満たしてくれるんじゃないかなぁって、
想像しています。
2014.06.28 08:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/126-d33252af
該当の記事は見つかりませんでした。