癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

「覚醒」と「解脱」について

ポコプンが言うには、
この世のみなさんは、『覚醒』と『解脱』と『悟り』を混合してしまっているとの事。
3つとも全く違うものなのに、同じ意味として使われてしまっているので、
この3つの違いをブログで、きちんとお伝えしたいそうです。

でもこれは、あくまでも、
ポコプンの観点の「悟り」、「解脱」、「覚醒」ですので、
一般的な意味合いとは、異なるものになる事をご理解ください。

それでは、まずは、ポコプンにとっての「覚醒」とは・・・・。


「覚醒」

自分の内側に神がいるという事に気づいた時。
今まで外側だけに向いていた意識が、内側に向き始めた時。


これは秘儀セッション・パート1を受けて頂く事で、
多くの方が自分の内なる神に気づいて覚醒が起こるそうです。
6月12日のポコプンの5分間でも、多くの方がこの覚醒を、
プチ体験されたように、
脳ではなく、心で感じることに意識を向け続けることも、
「覚醒」ではないかと思います。

そして、ポコプンにとっての「解脱」とは・・・・。

「解脱」

地球上では体験できないもの。
死によって肉体を脱いで初めて理解または経験できるもの。
ワンネスとは、全ての魂が解脱すること。


解脱について詳しくは、過去の記事、

→『あの世の仕組み(輪廻転生とは)』
と、
→『魂の仕組み(魂を包む3つの容器)』

をご参照ください。

過去記事の『魂の仕組み(魂を包む3つの容器)』に書いていますが、
解脱とは、肉体と幽体の、両方のエゴの蓋が取れた状態で、
観念体となり「観念界」に住める波動の高さを持った魂の状態です。

死によって肉体を脱いだ後に初めて、
課題(カルマやエゴ)がなくなったかどうかが分かります。
重い課題が残っていることに気づいた魂は、それを乗り越えるために自ら望んで、
また輪廻転生を繰り返しますが、
課題がなくなり軽くなった魂は、観念界に住めるレベルになるので、
幽界と3次元間の輪廻転生から解放されます。

地球上での生活が苦しいから解脱したいと思っている人は解脱できません。
楽しい事ばかりじゃないし、苦しい事も多いけど、
そんな地球生活も悪くないから、
生まれ変わってもまた地球に戻って来たいって思う人が解脱できるのです。

次回は「悟り」について、お伝えします。

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/132-c5ef6a37
該当の記事は見つかりませんでした。