癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

三つ巴

先日の記事『茅の輪』の、何気なくネットから拝借した写真に、
三つ巴が写ってると、読者さんに教えて頂きました。

(↓茅の輪の中の左上端に写っています)
茅の輪

気になったので、少し調べてみたところ、
八幡宮の八幡神が神紋として「巴紋」を使用しているのだそうです。
(詳しくはコチラの→知恵袋をご覧ください)

八幡系は、古代イスラエルに関係するんですよね~。

(o´-ω-`o)フムフム

それから、巴紋には、右巻きと左巻きがあるようです。
(詳しくはWikipedia→『巴・巴紋の左右呼称論争』をご覧ください)

右巻きと左巻きの渦について、最近コメント頂いたので、
ポコプンに聞いたのですが、私の質問の仕方が悪かったようで、
(ロクに調べずに、質問を丸投げてしまったのが良くなかったようです)
また近々、再質問してみようと思います。

そして、
「しめ縄は、魂に関係します」
と、言っていたノンモさんに、三つ巴の絵を見てもらいました。
(記事→『生命の樹と巻貝としめ縄』をご参照ください)

Tomoe.jpg

太鼓に配された三つ巴(Wikiより)

「わー!これっ!これ見せられたイメージそのままです!
これが魂です!」
と、驚くノンモさん。

三つ巴は魂を表しているそうです。

たまにこの3つがばらばらに浮遊する時があるらしく、
このひとつが魂のように描かれていることがあるそうです。

へぇ~それって、お墓で浮かんでいる火の玉みたいですね~!
(イメージはこんな↓)

youkai_hitodama.png


「火の玉はちょっと違いますけどね・・・、
というか、火の玉なんてものは存在しないんですけど、
そういう風に描かれているようです」

よくよく考えたら、火の玉って、
人魂(ひとだま)とも呼ばれてますよね!

「でも、この3つが一緒でないと魂にならないんです」
と、ノンモさん。

ところでノンモさん、この丸瓦の三つ巴も見て下さい。

Tomoe2.jpg

この三つ巴の周りには12個の点が彫ってあるんですよね。
この12個の点の意味はなんですか?

「三つ巴の周りの12個の点をつなぐと、12芒星になりますよね。
なので、この丸瓦の意味は、
丸の中に描かれた12芒星の中心から、
魂が別次元を往来するということになるようです」

Σ(゚口゚;)//

ひええええ~!!!
ここで、また12芒星が出てくるなんて!
こ、こわ~。

「でもなんでこれが、
丸瓦に描かれているのかが分からないけどね」

と、ポコプン。

生命の樹→巻貝→対数螺旋→茅の輪→しめ縄→魂(三つ巴)とシンクロして、
そして12芒星も出てきました。
最近のシンクロのあまりの多さに目が回りそうです。

ヽ((◎д◎ ))ゝヒョエ~

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 螺旋・渦巻き
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

みぃ says..."なんと!"
この記事を読んだあと夕方のローカルニュースで羽柴秀吉の水攻めを取り上げていたのですが、なんと水攻めされた清水宗治という武将の家紋が巴紋になってました。。。
また、夕食後にスイカを食べる姪の首にかけられたタオル(どこかの旅館から持って帰った)にも巴紋が…‼
おぉぉぉぉ〜って感じです♪

三つで一つの魂。
3という数字に何か意味がありそうですね。
そのうえ、コッソリ12芒星まで忍ばせるなんて…。
どんな意味を込めて作ったのでしょうね。
気になります(❁´ω`❁)
2014.07.15 21:12 | URL | #- [edit]
まるに says..."本文とはちょっと関係ないですが(;^_^A"
こちらのシンクロのものすごい流れの速さが。
ちょうど友達の記事で簡潔にまとまっていたので、ちょいとご紹介しますぅ(笑)
http://ameblo.jp/midori-yamada/entry-11894292289.html

まだ対面して、ほんの一か月です…この二人(みどりさんとアロたん=のはらさん)。

次期を見て、またどどどどっと流れが起こるのでしょうねヾ(≧▽≦)ノ
流されないように、しっかり地球に捕まっていきましょうね!(*^.^*)
2014.07.16 11:24 | URL | #- [edit]
MM says..."そういえば"
八幡宮と鳩も関係が深いんですよね。
八幡神を導いたといういわれもあるみたいだし、シンボルみたいになってますね。

ノアの箱舟で、洪水の後カラスと鳩を放したけど、カラスは帰ってこず。
鳩が希望の印のオリーブの葉を持ち帰ったというのを「古代ユダヤと八幡系が関係する」というところを読んで思い出しました。
なんで今まで鳩を思い出さなかったんだろう・・というくらい、関係がありそうですね;
2014.07.16 19:04 | URL | #mQop/nM. [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
みぃさん

コメントありがとうございます♪
三つ巴のシンクロがすごいですね~!
そこまでメッセージが届くという事は、みぃさんに、何かご縁があるのかもしれませんよ。
ご自身でも調べてみられると、何か出てくるかもしれないな~って思ってしまうほどです。

3という数字は聖なる数字で、ポコプンと話していると色んなところに登場します。
三位一体からくるのだと思うのですが、こちらのほうも説明が難しいそうです。
でもそのうち、私の理解力が追いついたら教えてもらえるのだと思っていますので、
天のお勉強(?)頑張りまーす。
2014.07.16 21:49 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
まるにさん

コメントありがとうございます♪
ブログ拝見しました~。
みかりんとは、まるにさんのことでしょうか?

天の本が出るまで、ブログに書けないキーワードが、
ブログ内のそこかしこに出ております!
その中のひとつは、宗像大社!
みどりさんが行っているというのがすごい!
私も行きたいんですよ~。

ああああ!早く天の本を出して、思い存分裏ネタブログに書きたいです~!
2014.07.16 21:56 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
MMさん

コメントありがとうございます♪
この俗説はご存知かもしれませんが、八幡はヤハタと読めるので、
古代イスラエルのヤハウェ神のことではないかとの事なんですよね。

八幡宮と鳩が関係あるというのは、知りませんでした~。
ノアが鳩とカラスを放った・・・そしてカラスは帰ってこなかったこと。
忘れてましたが、これ、こちら天のヒントだと思います。
ちょうど、八咫烏について調べているところだったんですよ。
早速、こちらのほう調べてみようと思います。
ありがとうございます。
2014.07.16 22:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/139-0ccca2da
該当の記事は見つかりませんでした。