癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

11月神社参拝リポート(春日大社と大古事記展)

昨日の記事の、石上神宮参拝の後は、
妹に、春日大社と大古事記展に連れて行ってもらいました♪

ポコプン&ノンモさんコメントはないのですが、
個人的にちょっと不思議を感じることもありましたので、
リポートさせて頂きます。

まずはこちら、奈良県奈良市の「春日大社」です。

DSC01992.jpg

幼いころから、何度も訪れていますが、
春日大社の宮司、葉室頼明さんの著書「神道のこころ」
を読んでからは、参拝の際の心構えが違ってきます。
(詳しくは旧ブログ記事→『書籍:神道のこころ』をご参照下さい)

春日大社に、奈良公園付近といえば・・・

春日大社2

鹿

春日大社

鹿と小鹿♡

春日大社4

手水舎も鹿。
でっかい鹿!

春日大社3

絵馬までも鹿(笑)
(好きな顔が書き込めるようになっていて、
個性豊かな表情が並んでいます)

と、いつ行っても、
どこもかしこも鹿だらけですね。

春日大社を参拝した後は、念願の!
「大古事記展」へ! 
\(^o^)/

古事記展

行きたくて行きたくて、
ニューヨークで、大古事記展のサイトを指をくわえて見てたんですよ~。

というのも、たまたま、期間限定の、
石上神宮の「七支刀(しちしとう)」の展示が、
私の帰省と重なっていたのです。

七支刀(しちしとう)
※館内は写真撮影禁止でしたので、私の撮った写真ではないのですが、
内覧会に当選された方のサイトからお借りした写真です。


普段は完全非公開の七支刀(しちしとう)。
大古事記展でも、期間外はレプリカを展示されていますが、
本物とは似ても似つかないものでした。

七支刀の本物が見れて、感激しながら他の展示を見ていると、

「大神神社」
「石上神宮」
「春日大社」

の大きな文字が目に飛び込んできてギョッとしました。

「石上神宮」
「春日大社」
は、この大古事記展の直前に訪れた2社ですから、ビックリです!

どうやらこの3社は、古事記に登場する、
古事記にゆかりのある神社であり、ご神宝が、
この大古事記展で展示されているとの事で、
この3社が大きく取り上げられていたんです。

この日、大神神社には行っていませんが、
地元なので、石上神宮に向かう車の中から嫌でも見える、
ご神体の三輪山を車窓から参拝したとすれば、
1日で、この3社クリアなんですよね~。
何かに導かれて参拝したかのような、
なんとも不思議なメッセージを受け取ったように感じました。

でも、メッセージの意味は分かりません。
こういう時、隣にノンモさんがいれば!って思いますねぇ。

そしてですね、私の帰省中の11月17日には、
天皇皇后がプライベートで大神神社を参拝されたのです。
この日、地元は大騒ぎ、そして大交通渋滞でした。
しかも、大神神社を参拝された後には、
この「大古事記展」をご鑑賞されたそうです。

この時期に、なぜ大神神社のご参拝?
しかも、なぜプライベート?
そして、その後になぜ大古事記展?
と、実家の両親も妹も首をかしげていました。
絶対、絶対、大神神社に何かあるんだろうな~って思ってしまいます。

というわけで、
こちらも、ポコプンに追及予定なのでした。

(ΦωΦ)フフフ…

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

いわこ says..."大神神社の秘密"
私も、その時、なぜ天皇皇后両陛下が大神神社を参拝?と思ってました。

今は地球内部のアガルタに居られるKagariさんという方が、まだ地上で活動されていた時に、"シリウス文明がやってくる”というブログ(今は閉鎖されていますが)で大神神社の秘密について書かれていました。その記事がまだどこかに残っていないか検索したところ、ニューヨークでヒーラーをされている方が以下↓ブログで紹介されていました。

http://yukistar88.exblog.jp/16612445

この記事を読んでいて、かつてKagariさんがブログで、月讀命(つきよみのみこと)は天上界で最高機密事項、と書かれていたのを思い出し、そういえば東京座談会で八多さんが、「ポコプンは月讀命について何も教えてくれない」とおっしゃっていたのも納得できました。
2014.12.27 16:54 | URL | #- [edit]
みぃ says..."ふふふ…"
あやしい…✧(໐ຶັົ໋௰໐ຶັົ໋๑)
な〜んか有りそうですよねぇ。。。
ポコプンさんが何て言うのか気になりますぅ。

春日大社…修学旅行で行ったきり。
あの頃は神社だと知らず…もったいないことです。
行きたいなぁ…(*n´ω`n*)
2014.12.27 18:09 | URL | #- [edit]
もちもち says..."おはようございます!"
ものすごい天の意図を感じますね(。・ω・。)ドキドキ
大古事記展も重なるなんてすごいですね!私も本物見たかったのですが遠くて・・・、でも八多さんが観られたとのことで満足しました(●´∀`●)フシギ~
七支刀は何かいろいろ混ざってるような気がします。どうやってあの形にしたのかなぁ。
2014.12.28 07:11 | URL | #- [edit]
mumi says..."No title"
私も古事記展行きたかったです。
新聞で本物展示の期間を知ったときにはちょっと無理でした。"(/へ\*)"))
私ももちもちさんと同じで八多さんが観られたならいいや、と思いました。
観なければいけない人が観るだとなんか納得です。

でも奈良なんですよねぇ、やっぱり。
昔から京都より奈良に良い感じを受けるのですが、訪れる機会が京都より少ないんです。

奈良はずっと天から隠されて守られてきたんですね。
八多さんが奈良生まれというのも必然なのですね。
と、書いていたら家族が観ていたBSフジで偶然「古事記の世界」というのが始まりました。
何たる偶然!


2014.12.29 10:04 | URL | #- [edit]
葵 says..."No title"
こんにちわ。実は、八多さんが、「七支刀、レプリカとは似ても似つかないものでした。」ツイのつぶやきを見て
無性に実物を自分の目でみたくなって
サクッと新幹線に乗って観にいってしまいました。

実は、その前年、石上神宮へ参拝をしてました。そのころから
ずっとなぜか?七支刀の事が気になっていたので
このチャンスを逃したら次には、お目にかかれないのかも?しれないとおもい実物を拝見して
本当にツブヤキ通りに
レプリカとは似ても似つかないものでびっくりしました。

現代の技術をもってしてもあの形状を作り出すことが難しいことを知り、さらに
何百年経った今になってもあれほどの
妖艶さを放ちながら存在してる刀の凄さを改めて感じました。

後日、少し調べてみたらどこかのサイトに
裏の三種の神器の一つであると書かれていたようなないような。
あの形状にも陸を超えてとても意味のあるものなのかもしれないですね。

あの最後のブースには、大神神社、春日大社、石上神宮から発掘された数々の品の展示物もあり
さらに、他のブースには神楽もありなかなか楽しみました。

春日大社もお勧め頂いたので行ってきました。
春日大社の若宮15社巡りに祀られている方々の名を拝見しながら、なんだか、何といえぬ繋がりを感じる場所でした。
ここは、エネルギーの中継地点なんだろうか?とちょっとだけ思いました。

2014.12.30 20:14 | URL | #- [edit]
八多恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
いわこさん、みぃさん、もちもちさん、mumiさん、葵さん

コメントありがとうございます♪

いわこさん、
興味深い情報をありがとうございます♪やっぱり大神神社には何かあるんですね!ポコプンが教えてくれない事は、大概が大きな秘密を持つ事だったりするんです。天皇家は2014年11月に大神神社へ参拝しなければならない理由があったに違いないと思っています。

みぃさん、
春日大社は今年と来年に遷宮が行われるようです。それに向けて禁足地の一部を一般公開されいる事を、NYに帰って来てから知りました。来年も絶対に春日大社へ行こうと思います。

もちもちさん、
天の意図ありありです。七支刀の形にもなにかのメッセージを込められているのでしょうね。

mumiさん、
わわわ!なんたる偶然というか、天のメッセージですねそれは。なぜか両親に古事記ブームがきているようで、今年は気になる神社を夫婦で巡るそうです。早く天の本を読ませてあげたいなぁ~って思います。

葵さん
サクッと新幹線に乗って、奈良まで来られるなんて!さすが葵さん、カッコイイですね~。
でもでも、七支刀の本物はそれだけの価値があったと思います。今度七支刀にお目にかかれるのはいつの事やらですからね。現代の技術をもってしても難しいあの形状にした意味を知りたいです。そして、裏の三種の神器の一つだと思っています。
2015.01.02 05:54 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/235-dfc5f354
該当の記事は見つかりませんでした。