癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』のご報告② 重力コントロールグッズ

『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』のご報告①
からの続きです♪



まずは気になる、
アッシリア文明の有翼獣や有翼人物が持つこちらの「ポシェット」

P1000164.jpg

この「ポシェット」のレプリカが、
こちらなんだそうです。

P1000175.jpg

なんか、見た感じ全然違いますが…。

ポコプン情報を、そのままお伝えしますと、
これは、有翼獣や有翼人物が持つ「ポシェット」を真似て作った、
あくまでもレプリカで、本物の「ポシェット」は地球上に存在しないそうです。

一般的には水桶として知られている「ポシェット」は、
カバンとして考えた場合、カバンの上ではなくて、
底に穴が開いているのだそうで、
その穴から出る波動(エネルギー?光?)で、
重力をコントロールしたり、
巨石を切り出したりしていたそうです。

この「ポシェット」は、宇宙に存在するもので、
ピラミッドを作った時にも、
一時的に地球に降ろされて使用されたそうですが、
目的が終了すると、全て宇宙に撤収されるため、
「ポシェット」の実物は地球に残っていないとの事です。

   *****

そして、このメソポタミア文明の、
四角い黒い石を見たノンモさんが、
驚きの発言をしました。

P1000177.jpg

なんと、

「これ!持ってました!」
だそうです。

Σ(- -ノ)ノ

「この黒い石、コントローラーなんです!
あいている穴に棒のようなものを刺すんですが、
刺す場所によっては通信機としても使ましたし、
UFOの操縦にも使えたんです。

この黒い石を大きな石にはめ込むと、
重力をコントロールする事にも使えました。

この時代のテクノロジーは、
現在のテクノロジーなど足元にも及ばないほど高度で、
しかもシンプルだったんですよ」
と、ノンモさん。

古代には石のエネルギーを使うことができたけど、
現在は、その石のエネルギーが無くなってしまったそうなんです。

この黒い石は誰にでも持てるものではなく、
数名の選ばれた人物だけが持てたのだそうで、
この時代ノンモさんはシュメールにいて、
その石を持つことができる数少ない一人だったそうです。

「これ、ほしい~」
と、展示ガラスに張り付くノンモさん。

ノンモさん…前世では、すごい人物だったんですね。

「でも、ぜんぜん懐かしいって思わないんですよね~」

ところで黒い石の隣の、白い石はなんですか?
これもコントローラーですか?

「あ、これは黒い石を真似て作られたものなので、
最初から機能しません」

あ、たしかに、黒い石に比べれば、
不格好ですよね。
黒い石を持つ人物にあこがれた子供に、
今はこれで遊んどいてねって作ってあげたんでしょうか(笑)

ともかく、メトロポリタン美術館には欲しいものだらけで、
目移りしてしまいます。
レプリカ作ってくれたら買うのに~!

『八多と行くメトロポリタン美術館ツアー』のご報告、
まだ続きます。

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

mumi says..."SF小説"
次々と解明されていく古代の謎といった感があります。
ノンモさんすごい!
最初ポシェットはドラえもんの4次元ポケットのような物かと想像していましたが、ちょっと違いました。(-д-`*)

でも、この黒い石の方で思い出したのは、去年テレビ東京で深夜にやっていたドラマ「謎の転校生」です。眉村卓さんの原作は読んでないのでわかりませんが、ドラマの中に「モノリス」という謎の黒い石が出てきます。
お話は核戦争?で滅亡しかけた多次元世界パラレルワールドから逃げてきた王女とアンドロイドのお話なのですが、その中に出てくる万能の黒い石です。
その次元は「モノリス」というレアメタル?で反重力を持ち、時空間移動もでき、通信機器になったり、ヒトの意識を支配したり、怪我や細胞の修復をしたりという何でも出来ちゃう不思議な石なのです。

ノンモさんの石に着想が似てるなぁと思いました。
もしかしてSF作家さんや映画監督さんは転生する前のかすかな記憶が小説やドラマのきっかけやユニークな着想や発想を導くのかなぁ、と漠然と思った次第です。



2015.03.31 13:55 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
古代の文明は摩訶不思議ですw(゜o゜)w

巨石はそうやって動かしていたんですね~、見てみたかったです!

ノンモさんが動かしているところも見てみたかったです(*´∀`)
カッコイイ

そうですよね、お土産売り場で小さいレプリカ売ってたらいいのになぁ、実物大も捨てがたいです。

もうポコプンさんと一緒に本物を堀に行きましょう(笑)

と書いてたら、

ポコプンさん『そんなことする暇はないでしょ(・ω・´)』

と言われそうな気がしました汗
2015.03.31 17:36 | URL | #- [edit]
みぃ says..."おぉ…"
ちゃんとポシェットですね。
上じゃなく下に穴があるのも面白いです。
穴のある所、今と逆さまですね。

あの黒い石…ノンモさんの持ち物だったんですね(笑)
しかも、少数派のスゴイ人ということですか(ㆁ௰ㆁ)
色んな物を操ってたんですな。。。
そんじょそこらの芸能人に会うより、スゴイや!
2015.03.31 20:59 | URL | #- [edit]
ぐりあ~な says..."びっくり!"
『これ、持ってました』って・・(^_^;)。その記憶はどこから?!ノンモさん元気になられて嬉しいです。(*^_^*)/
2015.04.01 17:57 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
mumiさん、もちもちさん、みぃさん、ぐりあ~なさん

コメントありがとうございます♪

mumiさん、
そのドラマの中の「モノリス」って、明らかにこの古代にノンモさんが持ってたらしい石のようなものですよね。SF作家さんや映画監督さんも、古代の石のパワーをしっていたんでしょうね。もしかしたら、ノンモさんのように天と繋がってインスピレーションを受けているのかもしれませんよね~。

もちもちさん、
私もこの石を使っているノンモさんが見てみたいです。あ~だから、ノンモさんって石が好きなんだなぁ~って思ったりしました。ほんとに、ポコプンと発掘ツアーなんてできたらいいのになぁ。絶対にやってくれなさそうですけど(笑)

みぃさん、
(笑)ほんと、そんじょそこらの著名人よりも、ノンモさんは凄い人なのかもしれないと、最近ひしひしと感じるようになりました。ノンモさんはマイペースでのんびり屋さんなので、ポコプン情報をバンバン降ろしてくれてるのというのに、その凄さに気づいていませんでした(笑)

ぐりあ~なさん
ノンモさん、祈って頂いたおかげで元気になったどころか、その頃をきっかけに、色んなことが動き出しています。ノンモさん、落ち込んでいる暇もないほど忙しくなりそうです。ありがとうございました。
2015.04.05 08:15 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/296-6a87a120
該当の記事は見つかりませんでした。