癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

おバカなほうがチャネラーになれる

ところで、いつになったら天は私のフタを取り外してくれるんですか?

「あ、そうそう、もう取れてます。天の準備が整ったそうです。
最近伝えられてたんですけど、
スイマセン、言い忘れてました~((^┰^))ゞ テヘ」
と、ノンモさん。

このフタとは、天の何らかの理由から、
ある時までチャネリングできないように、
私にかけられてたブロックです。

取り外し済みと言われても、何の変化も感じませんけど・・・。
「フタは取り外されました」
という風なメッセージを受けてもいいはずなのに・・・。

「これからは、八多さんがそのメッセージを受けられるようになるための訓練をしてください。
1日1分間でいいので、ボヘーーーッとする時間を作るように心がけて下さい」

ボヘーーーッ・・・ですか。

「はい。 (*゜ρ゜) ボー.っとする何も考えない時間です。
その時にメッセージが、まるでもう知っている事のように入ってきます。
人って考え事する時は、楽しい事を考えないで、
絶対に悩みとか不安とかロクでもない事を考えますよね。
なので脳を使わないで、何事にも”ま、いいか♪”って、
楽観的に思えるようになって下さい」

天は”この人をチャネラーにしよう”と人を選びません。
天は全ての人類に平等にメッセージを毎分毎秒降ろしています。
その天の電波を拾えた人が、チャネラーになるのだそうです。
天がラジオ局だとすれば、その周波を拾える受信機(ラジオ)を持っている人が、
チャネラーということだそうです。

「あまり脳を使って考えない、楽天的でおバカな人のほうが、
チャネラーになれる素質があるんですよ」

いえいえ。それは、ありえないほど心が純粋って事なんですよ。
ノンモさん、おバカではないですからね。

私の前世の人物はチャネリングできてたそうですが、
その当時の私は、おバカだったって事でしょうか?

「今もそうですけど、当時もそう簡単には天と繋がれなかったみたいですよ。
八多さんの前世の人物の一人は波動がものすごく粗くて、
繋がれない天が困り果てて、その人物の粗い波動に下げて、
ムリヤリ繋げたという事があったらしいですね。
天は絶対にこんな事やらないんですが、
その時だけの特殊なケースだったそうです」

うわー。えらい気性の荒い人物だったんですね・・・。
お手数をお掛け致しました。

昨日の記事にも書きましたが、
宇宙人がチャンネルをひねって波動を粗くしたため、
「もー考えるの嫌だーーーーー!!!」
ってなってますので、チャネリング目的だけでなく、
今は、ただひたすら(*゜ρ゜) ボー.っとしていたい気分です。

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチも、よろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ななの母ちゃん says..."No title"
こんにちは。

私、修行を積んだ人がチャネラーになれるんだと思っていました。

おもしろいですね。

無になれる時間が必要なのでしょうね。
2014.02.09 12:12 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
ななの母ちゃんさん

コメントありがとうございます♪
私は天がチャネラーを選ぶんだと思ってました。
でも、誰でもチャネラーになれるようですし、
ポコプンは、みんなにチャネラーになってほしいと思っているようです。
ボケーッと無になる事、修行並にムツカシイように思います。
これが自然にできてるノンモさんが羨ましいです。
2014.02.10 04:41 | URL | #- [edit]
葵 says..."No title"
いいなぁ~
なりたいな。

一日1分ぼーーーーつとですね。

それが、いろんな事考えてしまって

雑念多く、難しいですね
2014.02.14 23:52 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
葵さん

コメントありがとうございます♪
はい。1日1分間のボーッですが、なかなか難しいです。
特に東京やニューヨークの大都会ではチャレンジですよね。

2014.02.15 08:51 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/30-60e25d2b
該当の記事は見つかりませんでした。