癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

新しい感情

4月26日(日)のOneness☆Togethernessは、
ご依頼が届かなかったので、『自由瞑想』となりましたが、
参加されたみなさん、いかがでしたか?

こちらの方、時間がなくてブログでお知らせ出来ず申し訳ありませんでした。
ご依頼の有無に関わらず、毎週日曜日の日本時間の夜11時より、
Oneness☆Togethernessの瞑想をしておりますので、
お時間の許す方は、ぜひご参加ください。

フェイスブックとツイッターにて、
毎週Oneness☆Togethernessのお知らせをしています。
フェイスブックは、こちらのブログのように、
アカウントがなくても見れますので、
どうぞチェックして下さいね♪

フェイスブック・ページ (癒守結)
(「いいね!」のクリックをお願いしますm(__)m)
https://www.facebook.com/isyui.healing

フェイスブック 
https://www.facebook.com/eko8ta

ツイッター 
https://twitter.com/eko8ta




悟りのしっぽを掴んでから、
なんとも説明のつけがたい感情に陥っています。

私がこれまでに本やセミナーなどで知った、
一般的に悟りを開いた方の証言では、
(私は悟りきっていないので、違ってて当然なのは承知していますが)
この世が光輝いて見えて、全てが光である事が分かって、
食べなくても、眠らなくても平気なほど、
身体がエネルギーに満ち溢れるという事だったのですが、

ともかく、何事においても、
やる気が起こらないんです・・・。

悟りのしっぽを掴んだ後から、
物凄いスピードで、自分の内側で何かが起こっていると感じています。
でも、それが一体何なのか、さっぱり理解できないので追究もできず、
ただボーゼンと眺めている状態です。

でも、身体はすごーく元気なんですよね。
内なる神様もモビルスーツも、私がその存在に気づいたことで、
とてもハッピーになってるな~って感じます。

でも心の一部は、心の奥にズドーンと沈みこんでしまっています。
ずっと眠っていたいと思います。
この沈みこんでいるのが、何なのかも分からない始末で、
もう諦めて放っておくしかないという感じです。

この現在の心境の変化も、
次のステップに向かうために起こっている事だと思うので、
誤解を恐れずに、
正直にブログで報告させて頂くのですが、

今は、ヒーラーのお仕事も、
ブログも書く気力もありません・・・。

実は、悟りのしっぽを掴んだ直後、
やっぱり、ヒーラーや人を集めて話す座談会などは、
自分のやりたいことではなかったと思ったのです。

「悟りとは、とても個人的なものなんですよ」

と、ノンモさんが言っていたのですが、
経験してみると、本当にその通りで、
個人がそれぞれのレベルにあった方法で学んで気づき、
成長して自然に到達するものだと分かってしまったため、
私のセッション​やブログ​の必要性を感じられなくなってしまったのです。

こんな私の心境を知っているかのように、
感謝と励ましのコメントや、言葉をかけて頂いたり、
食事のお誘いが入ったり、
セッションの結果も素晴らしいものばかりなんですが、

頂いたコメントやお言葉、セッションの結果に、
感動し、歓喜し、ほっこりした気分になったり、感涙を流しても、
その気持ちが続かずに、また心の奥に沈み込んでしまうのです。

本当に説明のつけがたい感情で、落ち込んでいるわけでも、
自暴自棄になっているわけでも、何かに八つ当たりしているわけでもないんです。
そういうエネルギーを消耗する感情ではなくて、
ただただ、「疲れた…・」という感覚です。
3次元のなにもかもに「疲れた」とか「飽きてしまった」って感じです。

そして、「帰りたいな・・・」って思うんです。
でも、​それは、実家でも日本でも世界のどこかの国でもなくて、
たぶん、3次元上ではないどこか。
なので、どこに帰りたいのかも分からないんです。

今一番やりたい事は何?と問われれば、
大自然の中で自給自足の生活を、
たった独りでしたいと答えます。
独りきりになって、自然の一部となって生きてみたいって思います。

決して死にたいとは思わないんですが、
これからは、喜びも、楽しみも、苦しみも、痛みもなく、
良い意味でも悪い意味でも、感情に浮き沈みのない、
ただ死を待つ人生という感じなんですよね。

こんなの、本当に私らしくないです・・・。
私は感じることや考えること、それに悩むことも好きだったし、
基本的にインドアタイプなので、
人間関係が煩わしいなぁと思うほうですが、
それでも、人と過ごす時間が好きだったんです。

天のお仕事にやる気もなくなって、
クライアントさんや読者さんにお約束している、
天の本の情報公開をする気力も失せてきています。
ノンモさんも書く気がないんだし、
もう天の本は出さなくてもいいんじゃない?
って思い始めてます。

と、ノンモさんに話していると、

「自分は今週、ずっと情緒不安定だったんです。

それから、ポコプンの情報をもとに、
今まで知らなかったことや、
気に止めたこともなかったいろいろなことに気付いて、
ちょこちょこと悟りに近いものを感じるようになってたんです。

でも、それと共に、人間としての情緒が、
自分の中でブレてきているような感じがしています。

人間は嫌いではないし、
また転生して、この地球に戻って来たい気持ちはありますけど、
この世界での自分の居場所を見つけられなくなりつつあって・・・・。

仕事にも問題ないし、遊びに出かけると楽しいって感じるんですけど、
なんていうか・・・すごく、むなしいって感じるんです。
そして、全てがどうでもいいって思います」

あー、私も全部どうでもいいやって思います。
ノンモさんも気落ちしていたんですねぇ・・・。
二人そろって同じ時に、なんで落ちてるんでしょうか?
ポコプンは何も言ってませんか?

「ポコプン、最近そういうアドバイス的な事、
教えてくれなくなったんです」
と、ノンモさん。

じゃあ、自力で気づきなさいって事なんでしょうね。
今はすごく気落ちしているけど、何かに気づけば、
やっぱり天のお仕事がしたい!!!
って強く思うようになって、気力も戻るんでしょうか?

ともかく、何かがおかしいんです。
明らかに一般的に伝えられているような、
悟りの体験後に起こるはずの歓喜のエネルギーが湧き起こらず、
私もノンモさんも、その真逆を経験していますよね。

3月20日から地球が光と闇に分かれましたが、
まるで、その闇側に行ってしまったかのような・・・。

もしくは、今までの歴史上、
誰もがしたことのない、体験をさせられているんでしょうか?
なんていうかこれは、歓喜を伴わない「新☆悟り体験」だったりして・・・。
こんな悟りイヤですけどね(苦笑)

「でも、そのようですよ。
IS(イス)で、新しい感情が芽生えるそうです。
その感情は今まで人間になかった感情なので、
言葉で説明はできないそうなんです。

八多さんも自分も、今は最初だからこんな落ちた状態ですけど、
この感情は少しずつ変化していくそうです」
と、ノンモさん。

変化していったらどうなるんですか?
このまま無感情でしんどい状態が続くんだったら嫌ですねぇ。

「IS(イス)は穏やかな良い感情だそうですよ。
暖かい涙を流す感情でもあります。
IS(イス)の感情がこれから人々の中に芽生えて行くことで、
感情がニュートラルになって、とても穏やかで平和な地球になるそうです。
だから、今の辛い感情は続かないそうですよ」
と、ノンモさん。

「今は卵の中にいるようなものなので、
あがいても仕方ないんですよ。
だから、じっとして待つしかなくて、
そのうち生まれる時はやって来ますので、
それまでは、この理由の分からない感情に対しても、
まぁいいかと思うしかないですね

こういうのも含めて、天に利用されてるだけなのかも?
って思って、逆切れモードになったりしてましたけど、
今は、それも、まぁいいかですね(苦笑)」
と、、ノンモさん。

IS(イス)は人々の意識を変換するエネルギーだって、
ポコプンが言ってましたけど、それがここに繋がっていたとは…ですね。
(記事→『IS(イス)とは?』をご参照ください)

こんなにやる気が失せている状態の私達に、
ポコプンは、すごい情報を降ろしてくれました。
やる気が失せたからこそ、結果を期待しなくなったからこそ、
何もかもがどうでもいいって思えるようになったからこそ、
教えてくれたのかもしれません。

こちらは次回にお伝えします。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 7 comments  0 trackback

7 Comments

涼子 says..."すごいです。。。"
とてつもなくリンクするものがありました。。

ことばで全然わたしは表現できなくて、

でもそれを相手に求められて、とってもどかしくって。。。

泣きたくなるばかりです。

でも、そうやって、少しずつだけれど、何かがどんどん変化していって、

気づいたらある地点まで来ていた、なんて感じで、

表の感情は、暗かったり辛かったりみえても、

内では温かい涙にどんどん表れて、変わっていっていて。。。



いやー

言葉で表現するのってむずかしいなあ。

八多さん、お見事ですよー。

もうわたしは、ことばで表現しなきゃいけないのって
ほんとうに困ってます=

でも表現しきれてなくても変わっていってますが=


八多さんのシェアに大変、たいへん(!)感謝しております。
2015.04.27 12:14 | URL | #8Y4d93Uo [edit]
みちこ says...""
なんだか聞いてるコチラ側としては普通?の悟り話よりとってもリアルで信憑性があるように感じますよ!

本当に自然にでかけて、是非癒されてきて下さい〜!きっとちょっとした公園でリラックスするだけでも良いと思いますよ(*^^)v
2015.04.27 13:02 | URL | #- [edit]
mumi says..."No title"
悟りとは程遠いですけど、普通というか普段の私でさえ、本や映画ですごく感動した時って現実にもどれないとうか何もしたくなく、誰とも話したくなく、家族さえもわずらわしく、一人で篭り、ぐでーっとしていたいと思います。
それの数倍、数十倍、数百倍の引きこもり?って考えてたら、八多さんがブログもやりたくない、セッションもやだ!って気持ち誰も責められないです。
もともと善意ですし。
でも、逆にこれって貴重なレポートですよね。
悟れば人生上がりって思うけど、予想外に外界に興味がなくなり、でもその後も生活は続き、現実といかに付き合っていくか、八多さんとノンモさんが今までにない新しい感情が芽生えてどんな風に変わっていくのか、まぁいいかって待ってますから。

やる気がうせているからこそって、もしかしてやる気さえ執着なんですかねぇ。
みんな手放したら最後に何が残るんでしょうか?
2015.04.27 16:52 | URL | #- [edit]
みぃ says..."何だか…"
次から次へと色々な事が起こりますね(´•̥﹏•̥`)
ほんの少し何かがズレたような…しっくりこないカラダとココロ。
これから、どんな風に変わっていくのでしょうか。。。
2015.04.27 21:50 | URL | #- [edit]
大好き♡ says..."私もです…。"
ここへ来たのも久しぶりで
そうしたら
そうそう!って内容で。

でも、また、色々を受け入れる気持ちになれました^ ^
ありがとうございます⤴︎♪
2015.04.30 09:40 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
涼子さん、みちこさん、mumiさん、みぃさん、大好きさん、

コメントありがとうございます♪

涼子さん、
涼子さんの中でも、新しい感情が芽生え始めているようですね。どうも、NYのクライアントさんの多くが、涼子さんの状態に陥ってるようですねぇ。私も言葉に出来ないので、内側でなにか起こってるらしいとしか書けなかったりするんですけども(笑)

みちこさん、
そうなんですよねぇ~。でも、そのちょっとした公園がNYにはないのです(泣)どこもセントラルパークのように、ごみごみしていて人だらけで落ち着けないのです。なのでセドナまで遠出します!これからもヒーラーとしてありえない「やる気なし」発言など、恐れずに、感じたままをこれからもお伝えしていきたいです♪宜しくお願いします。

mumiさん、
やる気さえ執着・・・ほんと、その通りかもしれません。やる気を失って、天の本もでなくていいや~、もう何もかもどうでもいいや~ってブルーになってて・・・なぜか今日から突然元気が復活しております(笑)もうこの自分の気持ちの動きにもついていけないので、自分の気持ちすらもどうでもいいです。

みぃさん、
ようやく元気が出てきたのでほっとしています。本当にどんな風に変わっていくんでしょうか。こちらのブログも天の情報もノンモさんが大きく関わってきますので、ノンモさんの変化もどうなるのか気になってます。でも、それすらも、もうどうでもいいです(苦笑)

大好きさん、
久々にお越しくださってありがとうございました。たぶん、大好きさんの必要なメッセージが書いて会ったので、ポコプン(または大好きさんの高次の存在)に読まされたのでしょうね~。嬉しいコメントありがとございました。
2015.05.06 01:54 | URL | #CfmXB8WU [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.05.10 17:29 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/315-000f4d45
該当の記事は見つかりませんでした。