癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

アリゾナ州旅行記(アンテロープキャニオンでパニック!)

旅行から帰ってきました!

初のひとり旅で、いろいろ不安があったのですが、
旅先で出会った方たちのお力添えのおかげで、
充実した時間を過ごすことが出来ました。

旅行前に、
「ひとり旅の良いところは、出会いがたくさんある事ですよ♪」
って、クライアントさんに言われたのですが、
引きこもるのが好きな私に出会いなんてムリムリ~!
って思ってたんですけど・・・、
旅先で、ひとりになる時間は全くありませんでした。

参加したツアーでも、ツアー離団後のセドナでも、
新しい出会いがありました。
まさかの帰りの空港までのシャトルバスの乗客との出会いがあり、
私と、乗り合わせたマレーシア人の女性と、
60代の運転手の女性の全員がバツイチという事で、
なぜか意気投合(苦笑)

おふたりともセドナ近郊で独り暮らししているそうで、

「セドナは家賃が高いけど、少し離れたこの地区なら安いし、
ひとりで引っ越ししてくる女性もたくさんいるし、
仕事もあるから、セドナに引っ越ししてらっしゃい」
と、やたら具体的な提案を受け、
セドナに来ることがあったら、連絡してきなさいね!と、
マレーシア人の女性とは電話番号の交換をさせられました。

ラスベガスのツアーガイドさんにも、
家賃の相場や、仕事の種類などを教えられて、
「治安も良いし、税金も安い。
ガツガツ仕事しなくても暮らせる、
ラスベガスに引っ越ししてくれば?」
って言われましたし、

なぜか出会う人から、
引っ越しを勧められる旅でした(苦笑)

ストレスフルなニューヨーク以外のどこかに暮らしたいとは、
常々思っていますけど、どこかに移り住もうと思ってるなんて、
一言も話していないんですけどね~。
これも、天のメッセージなんでしょうか?

旅先では時間を持て余すだろうから、
まったりと瞑想と内観でもして、
イオフとちゃんと話せるようにならないとな~って思ってましたが、
そんな暇、まったくありませんでしたし、
不思議体験も何もなかったですし、
バタバタと忙しくしていて、あっという間に最終日になってしまいました。

なので、スピリチュアルに関係のない、ただの旅行記になりますが、
よければ、お付き合い下さいm(_ _)m

    *****

今回の旅のメインの目的は、
満天の星空を見ながらビール飲むこと!
そして、内なる神さまと、イオフと話せるようになること、
だったので、わざわざ星がきれいに見える新月を選んで、
早朝のラスベガス発の日本人向けのツアーに参加しました。

ツアーは、駐在員の男性と、
日本から遊びに来た女性がふたりの3人一組と、
私ひとりの4人の参加者でした。

この日は肌寒くて雲行きの怪しいお天気でした。
ツアーのバンがラスベガスを抜けると、
どんどん周りの風景が変わってきました。
ポコプンのエネルギーが入った石が、
巨大な岩山のようになって次々に現れたような迫力で、
胸が震えて感動して、泣き出しそうになりました。

が、ひとり参加なので助手席に座らされ、
ガイド兼運転手さんに、ず~っと話し相手をさせられてたおかげで、
泣かずに済んだのですが(苦笑)

約4時間後、パウエル湖の展望台に到着。
Lake Powell

息を呑む絶景が広がっていました。
360度どこをみても素晴らしい景色でした。
何時間でも座って眺めていたいのに、
ツアーなので、たった10分間で次に移動・・・(涙)

お次は、ホースシューベンドへ。
駐車場から20分ほど歩くと、
突然ドドーン!とその姿を現わします。
Horseshoe Bend

この迫力が写真では伝わらないと耳にしていましたが、
本当にその通り。
写真の何十倍もすごいんですよ~!
これから、ホースシューベンドに行く予定の方、
相当期待して行っても、がっかりさせられませんよ!

そして、ここから車で15分ほどの
アンテロープキャニオンに到着した時には、
雲行きがどんどん怪しくなって、
雨がポツポツと降り出してきました。

大雨になる前のツアートラックに乗り込み、
アッパーアンテロープキャニオンの入り口に到着です。
Antelope Canyon

空は雲に覆われてて、写真でよく見る、
太陽光線の差し込むアンテロープキャニオンは、
お目にかかれないのかも・・・と、思いながら中に進むと、

Antelope Canyon2

入り口付近は、まだこんな感じだったのですが・・・

Antelope Canyon3

どんどん暗くなってきて…

Antelope Canyon4

キャニオンの中間地点で、ドザーッと大雨が降ってきました。

「神さま!せっかくここまで来たんだし、
せめて一筋だけでいいから、
太陽の光を降ろして下さい!」
と祈ると、

ガラガラドーン!
と、稲光が落ち・・・

(*`ロ´ノ)ノ ヒー!

キャニオンの奥部にいた、
ネイティブアメリカンのナバホ族のガイドさんが、

「Evacuation!!!
(緊急撤退!)」


と、叫ぶのとほぼ同時に、

キャニオン内に雨が流れ込み、
細い通路はあっという間に川と化してしまいました。

ギャー(((\(⊙□⊙)/)))ーーー

ツアー前のガイドさんの説明によると、雨水が鉄砲水になって、
アンテロープキャニオン内が洗濯機状態になるそうで、
数年前、フランス人の見学者15名が、
その状態になったキャニオン内でお亡くなりになったそうなんです。

100人ほどの見学者が必死になって出口を目指しますが、
ただでさえ狭い通路が川になっているので、
なかなか前に進めません。

どうにか外に出ると、
靴も服も髪も、キャニオンの赤土でドロドロになってました。

_| ̄|○

通常この季節のアリゾナ州は乾季なんだそうで、
こんなに雨が降るなんてことは、
とても珍しいことなのだそうです。

勇気を奮っての初めてのひとり旅なのに、
呪われているのか・・・と感じましたが、
なかなか出来ない経験ができたとも言えます。
悲しい経験でしたけど・・・。

(T-T*)フフフ…

みなさん、こんな暗いアンテロープキャニオンの写真、
なかなか他では見ないと思いますよ!

そして、ツアーの参加者さんたちと、
大自然は甘く見ちゃいけないと学んだのでした。

アリゾナ州旅行記まだ続きます。

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 7 comments  1 trackback

7 Comments

葵 says..."No title"
グランドキャニオンでは、大変な思いをされましたね
(。>д<)

セドナに住んでみたいわ。


自然溢れてて
仕事もあるし家賃も手頃なんて最高じゃない。


グランドキャニオンの光景をみると昔、ある夜
見た夢を思い出します。

地下にもぐって生活していてやっと地上に上がれた時に見た景色が
こんな景色の峡谷にいて
ずっと、どこかの星の夢かと思ったら
この地球に同じ景色があるのを知ってから

行きたい場所になったから









2015.05.19 11:07 | URL | #- [edit]
みぃ says..."スゴイとしか…"
湖の景色もホースシューベンドも、すごく美しいですね( uωu )♪
実物を見たいけどビンボーなので写真で我慢(*´︶`*)
あのお、アンテロープキャニオンの中の写真…壁が人の顔に見えるのは私だけでしょうか。。。

至る所で引越しを勧められたのは、やっぱり天の思し召しですかね。
ニューヨークより良い氣が溢れてますよねぇ、きっと。
この際、考えてみては☆☆☆



2015.05.19 17:27 | URL | #- [edit]
もちもち says..."お帰りなさい!"
八多さんお帰りなさい~(*≧∀≦*)

ちょこちょこツイッターの方も見てました、楽しそうな旅で良かったです~。

最後の鉄砲水は危なかったですけど(^-^;

八多さんもみなさんもご無事で良かったです!

やっぱり大自然は迫力ありますね、写真からもヒシヒシ感じます。

ここで焚き火しながらお芋焼いて食べたら(何故お芋?)美味しいだろうなぁ~。

アンテロープキャニオン良いですね~、読んでいたら楽しくなりました(*^^*)
2015.05.19 18:56 | URL | #- [edit]
めぐ says..."おかえりなさい"
ゆっくりと頭も心も空っぽにできる旅になるのかな~と思っていましたが
出会いとおしゃべりと引っ越し先の提案?な旅だったんですね!
お帰りなさい☆

写真、迫力感じましたよ~  力強さと雄大さハンパないです!
アンテロープキャニオンで緊急撤退ですか。コワかったですね。
私アンテロープキャニオンに行ってみたいです。
5年前くらいに初めてテレビで見た時、何故か胸がキューっとなって泣いてしまって。
今でも写真をみてもキューってなります。
行ってみたいです~!
2015.05.19 20:54 | URL | #hfhOqJ1U [edit]
mumi says..."No title"
えーこんな所あるんですか。なんかスケールが違いますね。
自然はすごいですね。
想像もつかない造詣です。本物みたいです。

いろいろ経験できて、お土産話沢山で、思い出深い旅だったのですね。
リフレッシュできたのであれば(体力的には過酷でも、気分が上々ならば)、一人旅大成功ですね。
2015.05.19 22:58 | URL | #- [edit]
しろくま says..."自然が素敵。"
無事に帰ってこれて一安心です(^^)

自然のスケールの違いに圧倒されました。大地のエネルギーもすごそうで圧巻ですね〜。
八多さんのツイッター見てたら、死ぬまでにずっと行ってみたいと憧れのマチュピチュやアマゾンに行ってみたい気持ちが強くなりました。
お金あったら世界中旅したいです(笑)

沈む気持ちから脱出して、普段の生活の中でご褒美が増えてます。
なんでしょうか?ポコプンの計らいですか?(笑)
昔大好きだったフードファイターの小林尊が、日本のテレビに出ないのに出たり(10年ぶり位)懸賞が当たったり…小さいながらも多々元気になるようなものがあるんですよ。
私が少し沈んでたからかな…ご褒美ありがとうポコプン。山あり、谷ありまだまだ頑張ります(笑)
2015.05.20 13:11 | URL | #HhRZqxPY [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
みなさま~!

コメントありがとうございます♪
旅行中もツィッターやFacebookを見てくださってありがとうございます。

私のクライアントさん曰く、アンテロープキャニオンは、私のセッション中に見るアルクトゥルス星のイメージに近いところだそうです。でも、雷雨のため、その幻想的なキャニオンを見ることが出来ませんでした(泣)
アメリカは大自然が一番!です。みなさん、アメリカにお越しの際はグランドサークルめぐりをおススメします♪

ところで、葵さん、その地下生活の夢の話って、”第2の世界が終わる時に、わずかな人々だけが精霊のキバ(蟻人間と呼ばれている。)に従って地底に逃れ、幸せに暮らせることができた”というホピ族の神話に似ています~!ホピ族には神が地面から来たという神話と、宇宙から来たという神話があるそうです。

そして、しろくまさん、ご褒美が増えてるなんてうらやましい~!私は人生が過酷過ぎて大笑いしています。こうやって笑って生きていくのも悪くないかも~って思ってます(笑)
2015.05.28 01:52 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/329-fe61482f
-
管理人の承認後に表示されます
2017.06.09 16:42
該当の記事は見つかりませんでした。