癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

アリゾナ州旅行記(セドナの4大ボルテックス)

アリゾナ州旅行記(モニュメントバレーとナバホ族)からの続きです。



モニュメントバレーからセドナへの道中は、
ずーっと雨でした。

途中休憩に立ち寄った、おみやげ屋さん。
背景がどよ~んとした曇り空です。そして肌寒い・・・。

Cameron.jpg

休憩の後、セドナへに向かい走っている車の中から見える山に、
白いものが見えます。
あれって・・・まさか?

ゆ、雪!?

Flagg Staff
(この写真は他サイトから拝借しました。
曇り空でしたが、こんな感じで雪が積もってたんです)


ガイドさん曰く、セドナから車で約1時間ほどの、
このFlagstaffという町は、標高2000メートルに位置していて、
富士山の5合目くらいの高さにあるそうです。

ゆっくりと車で標高の低いところから、
高いところに移動しているので問題ないのだそうですが、
まれに高山病になる人もいるとのこと。

アリゾナって、砂漠とサボテンのイメージがあったんですけど、
こんなに標高の高い山があるなんて知りませんでした。
同じく、砂漠とサボテンの暑いところだと思っていた、
ツアー参加者さん達は、半そでに短パンという出で立ちで、
雪を見ておののいていました。

それから、アリゾナ州にはサマータイム(Daylight saving)がないそうですね!
これは、アメリカ全土で行われてると思ってましたよ~。
いや~、まだまだ知らないことばかりです。
だから旅は面白いんですね。

そんなこんなの約4時間後、セドナに到着。
想像していたよりも緑の多い大きな町で、
突然、ひょいっと巨岩の山々が現れる、
とても特殊な場所だと思いました。

あまりにも非現実過ぎる景色に、人工的だな~とまで思いました。
と言っても、人間の手によってではなく、
宇宙人や高次の存在が、
意図的に作って配列した岩山のように感じます。

そして、相変わらずの雨です・・・。
20150515_123254_resized.jpg

有名なホーリークロスチャペルも、雨に濡れています。

雨雲に煙るセドナの風景を見て、ツアーの参加者さんが、
「中国みたい・・・」ってつぶやいてましたが、
ほんとその通り、水墨画のセドナが広がっていました。
こんなセドナなかなか見れないですよね~と、
みんなで、ポジティブシンキング(笑)

雨の中、いくつかの観光スポットを巡り、
セドナのアップタウンのレストランでランチを食べた後、
一路ラスベガスに戻るツアーから、私は離団しました。

そして、セドナの宿にチェックイン。
宿では、私と同じく一人旅の女性Nさんと知り合って、
翌日は一緒に行動する事に。

早速翌朝、4大ボルテックスのひとつ、
ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)へ、
Nさんとトレッキングに出掛けます。
20150516_104326_resized.jpg

相変わらずの曇り空・・・
アリゾナに来たのに、雲一つない青空にお目にかかっていません。

宿のオーナーさん曰く、
セドナでこんな風に雨が降り続けるなんてことは滅多にないそうで、
異常気象だとの事。

ちなみにボルテックスとは、ラテン語で「渦巻」という意味。
大地から強いエネルギーが、
天空へ向けて渦巻きのように放出されている場所を、
ボルテックスと呼ぶそうです。

セドナで有名なパワースポットは、

* カセドラルロック(Cathedral Rock)
* ベルロック(Bell Rock)
* エアポートメサ(Airport Mesa)
* ボイントンキャニオン(Boynton Canyon)


の4つで、
これらが4大ボルテックスとして知られています。

ボイントンキャニオンの後は、Nさんとトロリーバスに乗って、
ホーリークロスチャペルに再チャレンジしましたが、
やはり曇り空…。

Tour Bus

トロリーバスから降りた後は、宿のオーナーさんに、
4大ボルテックスのひとつ、エアポートメサ(Airport Mesa)
へ連れて行って頂きました。

Sedona2.jpg

良い眺めです~♪
少し晴れ間が見えてきました。

Sedona3.jpg

エアポートメサの隠れパワースポットのそばに生えている、
ボルテックスでうねった木。

ここで、急に胃がムカムカしはじめました。
宿のオーナーさんは、いつもこのスポットで、
ぐるぐるしたエネルギーを感じるそうですが、
私は乗り物酔いみたいな気分になりました。
ここのエネルギー、容赦なく強いです。

Nさんとオーナーさんのお力添えのおかげで、
この日1日で、2大ボルテックスを制覇できました!

そして、翌日の最終日。
ようやく晴れ~ あぁ、眩しい・・・空が青い。

Sedona14.jpg

早朝、Nさんは日本に帰ってしまったので、
私がひとりなのを見かねて、宿のオーナーさんが、
お仕事の合間に、
4大ボルテックスのカセドラルロック(Cathedral Rock)の、
Red Rock Crossingへ連れて行って下さいました。

ここは森の小道があり、川が流れている、
穏やかな癒し系のトレイルでした。
4大ボルテックスそれぞれが全く違う個性を持っていて、
どれもが本当に魅力的です。

Sedona15.jpg

去年セドナに行った、
クライアントのSakuraさん一押しのトレイルでもあったのですが、
連日の雨のため水かさが増して、
川を渡る事ができませんでした(T_T)

Sedona5.jpg

トレイルの途中には、Zen Garden(禅庭園?)と呼ばれる、
小石を積み上げた不思議な光景が目に飛び込んできます。

オーナーさん曰く、川の水かさが増すと、
このZen Gardenの小石が全部流されるのだけど、
数日後には、またこのような状態に戻っているのだそうです。

というのも、地元のアメリカ人や観光客が、
自分の積み上げた石が一番だ!と、
崩れてもまた、競い合うように作るからだそうで、

「自分の作品が一番クールだって言いたいんでしょうね」
とのこと。

禅とぜんぜん関係ないし、煩悩だらけやん(苦笑)

この川が渡れないなら、
時間がつぶせないでしょうとのことで、
オーナーさんに一旦宿に連れて帰っていただいて、
オーナーさんのお仕事が一段落ついてから、
4大ボルテックスの最後のひとつ、
ベルロック(Bell Rock)へと連れて行って下さいました(感涙)

Sedona6.jpg

これで、4大ボルテックス全て制覇です!
q(T▽Tq)(pT▽T)p ワーイ♪

その名の通り、鐘の形のようなベルロック。
このベルロックと、お隣のカセドラルロックの上空では、
よくUFOが目撃されるのだそうです。

このベルロックの岩肌を誰かが削った跡を見せて頂いたんですけど、
クリスタルが覗いているんですよ~!

↓この白いつぶつぶはオーブじゃなくて、岩肌から覗くクリスタルです。

Sedona8.jpg

ズーム!写真ボケボケで見えにくくてごめんなさい。

Sedona7.jpg

なので、この岩山全体がクリスタルでできているかもしれないとの事。

Sedona11.jpg

そりゃUFOも飛来してきますよ~。

Sedona10.jpg

ベルロックに生えている木の渦巻具合もすごかったですよ。

ここに登ると、ボルテックスのエネルギーで、
身体がむくんで指輪がきつくなるんだけど、大丈夫?
ってオーナーさんに訊かれて、
セドナで買ったホピ族の指輪を薬指につけていた私は、
いえ、ちょうどいいですよ~って答えてたんですが、
ニューヨークに帰った今、その指輪を人差し指にはめても、
ユルユルです(苦笑)

ベルロックから、セドナの雄大な風景を眺めていて、
ふと気になるものを見つけました。

この、矢印の小さな・・・でも存在感のあるキャニオンです。

Sedona16.jpg

あそこにあるキャニオンは何ていう名前ですか?
と、オーナーさんに訊くと、

「フフフ・・・。
このキャニオンに気づく人と気づかない人がいるのよね」
と、謎めいた笑みとともに、
あれは、ベイビーベル(Baby Bell)だと教えてくださいました。
ここは、地元の人しか知らないスポットのようです。

まだもう少し時間もあるし、ベイビーベルに登ってみましょ~!と、
連れて行って頂いたベイビーベルの山頂からの、
カセドラルロック(Cathedral Rock)の眺めが、
本当に本当に素晴らしかった!
神々しい~!

Sedona13.jpg

ベイビーベルの山頂では、オーナーさんから、
ネイティブアメリカンのホピ族の事などを教えて頂きました。
シリウスと関係する伝承を持つホピ族については、
以前からとっても気になっていましたので、
お話に聞き入ってしまいました。

ベイビーベルの山頂にごろんと寝転んで、
雲一つない青空を眺めながら、
このまま夜までここに寝転がって、満天の星空が見たい~!
って思いましたが、数時間後には空港までのシャトルバスが、
宿までお迎えに来るのです・・・(涙)

場のエネルギーで、湯上りのようにリラックスした身体を起こして、
後ろ髪引かれる思いでボルテックスに別れを告げ、
宿まで帰ったのでした。

・・・ということで、
たった2日半の滞在で、4大ボルテックス制覇できました!
一人旅なので、2つ見れたら良い方だと思ってたのに!
それもこれも、全て宿のオーナーさんのお力添えのおかげです。

そして、心残りがたくさんある旅になりました。
特に最大の目的だった満天の星空が、天候のため見れなかったのが残念でした。
それに、日光が差し込む幻想的なアンテロープキャニオンも見たかった・・・(涙)
なので、また再訪したほうがいいってことなんでしょうね。

アリゾナ州旅行記、次回で最終回になります。
あともう少しだけお付き合いください。m(_ _)m

*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

mumi says..."No title"
写真沢山ありがとうございます。
お天気によって全然印象が違いますね。

木のねじれ具合も半端無いです。
気圧や重力の関係かと思ってましたが、渦のエネルギーですか。
雑巾絞ってるのかと思っちゃいました。

禅ガーデンの石も賽の河原か?と思ったらら煩悩ガーデンだって言うし。

自然のなせる業も人のすることも興味深すぎです。
2015.05.22 12:58 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
四大ボルテックス制覇おめでとうございます!

凄いです(*≧∀≦*)

それぞれのボルテックスは個性がありますね、どれも素晴らしい~。

個人的にベルロックが気になりました、アンテナみたいです。

満点の星空とアンテロープキャニオンは残念でしたが、雨も非常にパワーのあるエネルギーだったと思うのでとても貴重だったと思います~。

2015.05.22 13:16 | URL | #- [edit]
みぃ says..."いや〜"
私もアリゾナに対するイメージが全く違うと氣づかせてもらいました。
肌寒いとか雪とか…目からウロコでございます(ㆁ௰ㆁ)

少ない日数で4大ボルテックス全てに行けてラッキーでしたね。
ベルロックの山全体がクリスタルかも…だなんてビックリ!
もし、そうならキレイだろうなぁ。

お天氣がビミョ〜でしたが、きっと何か意味があるのだと思います。
湿った空氣の方が喉に優しいですしね!
氣分が悪くなるくらいのエネルギー…すごいパワーなんですね。
私は遠慮したいなぁ(笑)

実は私のレイキの先生が15日〜アメリカに行ってます。
同じ頃にカセドラルロック、ボイントンキャニオン、セドナ辺りに出没されてたようで…
ちょっとした接近に私はワクワクしちゃいました(*´︶`*)

2015.05.23 00:13 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
mumiさん、もちもちさん、みぃさん、

コメントありがとうございます♪

mumiさん、
セドナのねじれている木の噂は耳にしていましたが、本当に雑巾絞ったみたいな状態だったのでびっくりしました。煩悩ガーデン、日本人が見ると賽の河原のイメージで怖いと思うそうですが、アメリカ人は「禅」だと思うんだそうですよ~(苦笑)

もちもちさん、
私も個人的には、ベルロックが一番好きでした。現在アメリカ西海岸方面は深刻な水不足だそうで、こんなに雨が降るのは珍しいけど恵みの雨だとオーナーさんが言っていました。そうなんでしょうけど、私が帰ってから降ってほしかったです・・・。

みぃさん、
ベルロックの岩肌を全部磨くと、キラキラのクリスタルなんでしょうね。満月の時にベルロックに行くと瞑想会などが行われているそうですよ。みぃさんの先生が同じ頃、セドナにいらっしゃったんですね!ほんと、大接近です。先生も同じ宿にお泊りだったりして・・・。
2015.05.28 02:43 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/332-34d30696
該当の記事は見つかりませんでした。