癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

癒守の地球物語「第一の地球から第三の地球まで」

一番目の地球の終り 

シリウス神、オリオン神、ベガ神の3神は、完成された地球の生態系に人間を入れる事によって、どのように生態系が変化するのか、また人間がどのような進化の道を進むのかを、動植物を使ってモニターすることにしました。人間の精神と意識、感情レベルの成長度を測るためでした。


世界に散らばったアダムとイブのDNAを持った人間の中に、社会を組織化しようとしたり、神の名を語り人々を操る、悪い知恵を持った者たちが出てきました。人間の精神が堕落しはじめたのです。それまで光しか知らなかった3神は、人間がこんなにもたやすく闇に惹かれるとは思ってもみませんでした。人間にとっては、魚を釣り行くことよりも、誰かが釣ってきた魚を盗む方が遥かに楽であったのです。闇は地上を覆い尽くす勢いで急速に増えていきました。これは3神が望んでいなかった展開でした。3神は話し合い、アセンションと呼ばれる、地球のリセット(大一掃)を行うことにしました。このアセンションは、オリオンの方式によるもので、都市を中心に、大火山の爆発と大地震を起こし、闇を一掃しました。生き残ったのは、都心から遠く離れた場所に暮らす、無垢な心を持った少数の人々でした。


二番目の地球

アジア系人種が誕生したのはこの頃です。アジア人は協調性があって知性や精神面が高く、シリウスの理想とする人間像に近いものでした。


新たな第二番目の地球でも、時間と共に人間の精神の堕落が見られはじめました。3神はまた話し合いをし、2度と人間の闇が芽生えないように、一番目の地球とは別の方法でアセンションを行うことにしました。オリオン神は宇宙からバクテリアを持ち込み、闇のはびこる世界の都市部にばら撒きました。そのバクテリアにより地上は疫病が蔓延し、人間が大量死しました。シリウス神は、これまでの人間の経験を通じて、次第に「感情」を学び始めていました。 アセンションに賛同したシリウス神でしたが、この惨状を見てさすがに胸を痛めました。


三番目の地球

疫病の届かなかった田舎に暮らす数少ない人々がアセンションを生き延びました。3神は、アセンションのたびに人間の闇が芽生えないように、生き残った人間の感情や意識の目覚め方を変えていました。3神は三番目の地球から、人間に神の存在を根付かせることにしました。人間がリーダーシップを取ると、人間の間に闇が生まれるためでした。3神はそれぞれ、3次元での物質的肉体を持った使者たちを地上に送り込みました。その使者たちは、必要な時が訪れると地上に現れ、人間とコンタクトをとるために、地球上の聖域に住んでいます。地球には、オリオンはオリオン神のための、シリウスはシリウス神のための、そしてベガはベガ神のための隠された聖域があり、それは、どれだけ人間の知能や技術が発達しても絶対に辿り着けない場所に存在しています。


シリウスの聖域は、最新の潜水艦すら耐えることのできない高水圧の超深海層の海底に存在しています。この「シリウスの海底都市」にかかる重力や光の到達は地上とは全く異なるため、同じ地球に存在しながら、時間の流れは「シリウスの海底都市」ほうが地上よりも遥かに遅いのです。


シリウス神の使者たちの住む海底都市には、水圧と時間の歪みによってできたブラックホールのようなゲートがあります。このゲートは、宇宙空間と”時間”で繋がっています。
トーラス
海底都市にあるゲートのイメージに近い”トーラス”

地球から肉体を持ったままで、何億光年と離れた遠い宇宙を訪れることができるのは、この海底都市のゲートからのみです。SF映画での宇宙船は、地上から空に向かい宇宙を飛行しますが、実際、地上から宇宙に飛び立った場合、時空を超えるための宇宙のワープのポイントにたどり着くまでの時間(寿命)が足りず、地上からは何億光年と離れたオリオン星やシリウス星などへの宇宙旅行は不可能なのです。

2うつろ舟
兎園小説「虚舟の蛮女」日本随筆大成第二期巻一(昭和三年)より
(→海底都市の乗り物については、記事『うつろ舟』をご参照下さい)

この海底都市へは誰もが行けるわけではありません。神が望んだ高い意識と波動を持つ人物だけが、使者から送られた乗り物に乗り、海底都市にたどり着くことができます。海底都市の乗り物以外では、そこに辿り着くまでの高い水圧に、機体も肉体も持ち堪えられません。 まれに、この海底都市を覗き見て帰ってきた人が、海底ではなく、地底を訪れたと思い込んで、地底都市に行ったと言い伝えている場合があります。


現在、”アダムとイブ”のDNAは、この海底都市で厳重に保管されています。3次元の宇宙人たちがアダムとイブのDNAを手に入れたがっているためです。このDNAを操作することで、現在シリウスのDNAを基礎に持つ地球人を、自分の星のDNAへと一気に変換させ、地球を乗っ取る事が可能だからです。

海底遺跡
与那国島海底遺跡

シリウスは「あるもの」を守り通すために、海洋プレートを移動させ、中国大陸の一部を分離し、5つの島と数々の小島に分けて、日本を作りました。この日本が位置する場所には、地上が宇宙のエネルギーと「呼吸出来るポイント」とも呼べる、宇宙とへその緒でつながっているような、地球のおなかの部分があります。シリウス神が宇宙から地球に入ることができるのも、唯一このポイントからでした。日本の周辺の海には、唯一人間が肉体を持ったまま、シリウスの使者の住む海底都市へ行き来できるゲートも作りました。このゲートは現在も青森県や九州地方や沖縄方面などの海底に残っていますが、現在はその機能が解除されています。

余談ですが、この海底都市へのゲートと神社の鳥居は、深く関係しているそうです。

厳島神社


シリウス神は、使者に人々を指導させて、現在「ピラミッド」と呼ばれる建造物を日本各地に作りました。地球で一番最初に作られたピラミッドは日本の四国にあります。そもそもピラミッドとは、宇宙のコンピュータであり、ピラミッドの比率や計算方法などから、神たちは宇宙の惑星を作ったのです。ということから、ピラミッドとは地球の設計図でもあるのです。この計算方法の核となるものが円周率(パイ・π)です。宇宙の惑星も、地球も、ピラミッドも、円周率の計算式を元に作られています。そして、この世から円周率を消すと全てが消滅します。

円周率

日本誕生のこの当時、現在の徳島県の位置には、シリウスの高次の意識の頂点と直接繋がる事のできる場所がありました。

※2016年2月27日追記です。
『癒守の地球物語パート1』では、3神と伝えられていましたが、実際はオリオン、シリウス、ベガ、そして「アルクトゥルス+プレアデス」の4神(アルクトゥルス+プレアデスの2神で1神と考えます)の4神だったそうです。「アルクトゥルス+プレアデス」は何らかの理由で現在の地球から退散しているため、3神と伝えたとポコプンは言っていますが、2016年3月スタートの『癒守の地球物語パート2』では、4神が登場します。理解に苦しむ天の事情です・・・ややこしくてごめんなさい。


※『癒守の地球物語』の内容や文中のIS(イス)は、イスラム国や、その他の国家、政治、宗教、団体、個人とは一切関係ありません。
*****************
癒守結(いしゅい)ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 10 comments  0 trackback

10 Comments

みぃ says..."円周率…"
そんなにスゴイものだったなんて…
(ㆁ௰ㆁ)ビックリ‼︎
この世から無くなったら大変…。
なのに、ゆとり教育の酷い時π=3の時がありましたね。。。
危ない危ない(´•̥﹏•̥`)

海底都市へのゲートが鳥居…。
宮島とか海の中に鳥居ありますもんね。
あれ不思議ですよね。

地球物語…やっぱり壮大ですね。
どの地球の人間も闇にかぶれやすい事ときたら…。
その頃から随分、年月が経っているけと、まだこんな感じですしね。
トホホです(๑-_-๑)
2015.05.31 17:35 | URL | #- [edit]
mumi says...""
最近、深海生物のお目見えとか日本でのピラミッド遺跡の発見とかそろそろシリウスの海底都市解禁の時なんですかね。
徳島といえば関門海峡の鳴門の渦が浮かびますが、高次の意識と繋がるのなら山とかですか?
シリウス神が少しずつ「感情」を学んだってとこがミソですよね。
2015.06.01 10:57 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
πは削っちゃいけないんですね(・。・; 雛型?設計図?みたいです。

シリウスのゲートは高性能ですね、そこから宇宙に行けてしまうのですか。スゴイ!

なんかノンモさんなら海底都市楽々に行けちゃう気がしました。

今回の記事は驚くばかりです(;゜∀゜)ウオオオ

でもまだまだ何かありそうな気がするのは気のせいでしょうか( ;∀;)ウオオオ
2015.06.01 20:47 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
みぃさん、mumiさん、もちもちさん、

コメントありがとうございます♪
癒守の地球物語の作業はノンモさんも巻き込むので、すごく大変なんですけど、思っていたよりも読者さんの反応が薄いので、内容が小難しすぎるのかも?と心配しています。う~ん。やっぱりポコプンが言ってたとおり有料制か会員制にしたほうがいいのかな~?って、悩んでいます。

みぃさん、
以前ポコプンにゆとり教育の円周率の話をしたとき、
「3以下を削ると、3次元での色んな支障が出てくるよ!他は削ってもいいけど、パイだけは絶対に削っちゃダメ!!!」って、大興奮していました(笑)http://isearth.blog.fc2.com/blog-entry-89.html
海底都市へのゲート=鳥居=アンクでもあるので、これからどんな情報が降りてくるか楽しみです!

mumiさん、
鳴門の渦の情報はまだ出てきていないんです。でも、ポコプンの情報と限りなく近い、美内すずえの「アマテラス」には出てくるので、なにか関係してくるのかもしれません。高次の意識とどうやって繋がったのかもまだ教えてもらってませんが、そのうち出てくると思います♪

もちもちさん、
記事に驚いてくださってありがとうございます!ちゃんとご理解いただいているって事ですので、書いている身としては嬉しいです♪こんなの序の口ですよ~。私たちの住む第5の地球になってからの情報がほんとすごいですよ!日本人は本当にすごいんです!
2015.06.03 01:48 | URL | #CfmXB8WU [edit]
hiroshi says..."楽しみにしています"
僕はいつも楽しみにしていて、読むたびに叫びたくなるほど刺激されます笑

自分的にコメントし辛かったりする時があるので、コメントしないだけですが、八多さんの基準としてはコメントの数で判断する他ないですよね。

何がいいたいかって、反応が薄いことはないんじゃないかなー?
ただ書き込む内容が分かんなかったり、読んで満足する方が一定数いらっしゃるだけでは?と思った次第です!

ただ、有料制や会員制に反対は一切ありませんし積極的に参加します笑
2015.06.03 06:46 | URL | #a2H6GHBU [edit]
key says..."読んでます!"
私も毎回楽しみに読んでいる一人です。

すごい内容なので驚きの連続ですが、なぜか疑うことはありません。
今回のπや対数螺旋などはっきり理解できませんが数学的なことと古代のことが
つながっていることなどに、ものすごくわくわくするのです。
今まで黙って見ていましたが(笑)、hiroshiさん同様、楽しみにしいますので
これからも無理のない範囲で書いてほしいです。
有料制でもOKです!

2015.06.03 12:34 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
hiroshiさん、 keyさん、

コメントありがとうございます♪
暖かいお言葉に感謝です~!
なるほど、コメントし辛い、書き込めない内容だったりするんですね。確かにそうかもです(笑)
楽しくワクワク読んでいただけているとわかってほっと一安心です。本当にありがとうございます。

本として出版する事の天の最大の目的は、なるべく多くの方に長期にわたって読んでいただく事なんですね。
それで、私の力不足で本として出版できない代わりに、せめて多くの方の注目を集めるように工夫しないとなぁ~って思っています。お金はなるべく頂かない方向で(集金する時間も無いので)良い方法がないか模索してみます。
2015.06.04 01:43 | URL | #CfmXB8WU [edit]
しろくま says..."真剣に読んでます!"
コメントを読んでいて、コメントを残さなくては!と遅いコメントになってしまいました。

ずっと知りたかった内容の始まりで、私は凄いなぁ~と驚いてます。
全ての始まりを知りたかったです。
世界に伝わる伝説や神話、歴史、想像だけでは作り出せない世界ですから、その一部だけでも知れたらもう感激です。
この物語から何が開かれるのか期待を寄せています!
2015.06.04 23:21 | URL | #HhRZqxPY [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
しろくまさん

コメントありがとうございます♪
ポコプン版、創世記のような「癒守の地球」ですが、バラバラになっているスピリチュアル情報を、
ポコプンからの情報が接着剤になってぎゅっと一つにまとまったような内容だと思います。
今後もしろくまさんの期待を裏切らない内容になると思いますので、よろしくお願いします\(^o^)/

そして、この場をお借りして…私の心配の種の読者数に関してポコプンが、
物語の全てを書き終えるまでは、ひとりでも真剣に読んで下さる方がいれば良いと言っていました。
なので、気楽に書いていこうと思います。
・・・って、回を重ねるごとに内容が複雑になっていって、書くのが大変になってきてるんですけどね・・・。
2015.06.08 01:59 | URL | #CfmXB8WU [edit]
Seigetsu says..."ちらっと思ったんですけど…"
徳島の高次の意識と直接繋がれる場所…剣山では⁈…と思いました。

四国は「死国」(黄泉の国)なので、高次との繋がりが強いのかな〜⁇…とも感じました。

一回読んだだけでは、よく分からなかったけど、最近二度、三度と読み返してみると、腑に落ちていってます(*^^*)

剣山は、最初に読んだ時に思いましたけど、コメントが遅くなりました。
2015.07.31 16:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/337-09c7a16e
該当の記事は見つかりませんでした。