癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

知っているが故の不幸

7月21、22、23日は、ラッキー☆神式の、
「怒らない3日間(ラッキーポイント2~4点)」
この3日間だけは、何があっても怒らないことを心がけると吉~大吉。
でしたが、

6月末にウン年ぶりに上司にブチ切れ、
→『立ち上がりハッキリと意思を伝える』をご参照下さい

実はまた7月の2週目にも、頭に血が上るほど同僚に腹を立てることがあって、
こんなに怒る事ってここしばらくなかったもので、
7月21、22、23日の怒らない3日間は、
天は(魂は?)きっとここぞとばかりに、エゴをあぶり出すため、
私の怒りを強力に揺さぶってくるんだろうから、
どこからでもかかってこ~い!と、身構えていたんですけど、
これといって何もなく…拍子抜けしています。

あまりにも何もなさ過ぎて、平穏すぎて、
逆に天の意図が見えなくて不気味です(苦笑)

7月の第2週目に頭に血が上るほど怒ったのは、
アメリカ人の新人ちゃんに、あなたは一体どこの王女様ですか!?
と思うほどの高慢チキ発言をされたからなのですが、

アメリカ人というよりも、ニューヨーカーって、
本当にビッチとアスホールばっかりだ!!!
(○`Д′○)
ムキー!

と、心の中でブリブリ怒っていると、なぜか、

『そうか、ニューヨーカーの元夫も、
こういう人たちに囲まれて育ったんだなぁ』

と思いついて、

だから、こういう発言をすると、人を傷つけるという自覚がないんだ。
周りのみんながそうするように何も考えずただ、
自分もそうしているだけなんだ。

きっと両親にもこんな調子で育てられたんだろうな・・・。
両親の気まぐれで、心をえぐるような事を言われて、
死にたいと思うほど傷ついても、翌日には、

「I am sorry. I Love You Honey」

と言われ、それで、その発言はなかった事になるんだよね。
というか、毎日がこの調子なので、
いちいち気にしてたら生きていけないんだろうな。

お、そういえば、
今朝の電車の中の男性ふたり!
彼らは天のメッセンジャーだったのかも?

男性がふたり電車に乗って来て、
目的地の最寄り駅が分からないらしくて、
乗客に、俺たちは○○に行きたいんだけど、
どこで降りたらいいか知ってるやつはいないか!?
と怒鳴ったけど、誰も知らないもんだから、

その男性が、連れの男性に、
バカ!おまえが最寄り駅を調べてこなかったから、
どこで降りたらいいかわからないじゃないか!!!
ってわめき散らしているのを見て、

っていうか、自分で調べろ!だよ。まったく。
あーでも、こういうこと、元夫にされてたなぁ・・・(涙)
(TwT。)
何でもかんでも私のせいだったよと、苦い思い出がよみがえり、

でも彼らは目的地に着いたとたんホッとしてハッピーになって、
電車の中ではあんな事言って悪かったな!なんて笑いながら、
口論したことは忘れるんだよね~。
でも、目的地でまた何かの問題を発見して口論をはじめるのよね~(苦笑)

私が元夫にこういうことをされた時、
目的地に着いても、問題が解決しても、謝られても、
電車の中の数々の暴言を覚えていて怒っていると、
怒り続けるおまえに問題があるんだと、
火に油発言されてたなぁ~(苦笑)

だから、今までは、
日本人は繊細で心が狭くて弱く、「許し」の観念がないのだと思ってたけど、
そうじゃなくて、
日本人は覚えていられるんだよ!
理解しているんだよ!


P1000572A.jpg

日本人は、相手が自分に放った言葉の持つ意味とか、
その相手の心情などが、瞬時に分かってしまうんだよ!
そして相手も、こういう事を言ったら傷つくだろうから言ってやる!
と、自覚していたりするんだよ!

だから、意地悪という自覚を持ってやったり、
されたりしている日本人の方が、
マトモじゃないの?って思いついたんです。

と、ノンモさんに語っていると、

「その通りですね。日本人は意識が高いので、
嫌な事をしているとか、されているという事を気づけるから、
世界で一番不幸せな人種なんですよ」
と、ノンモさん。

「アメリカ人だけではないですが、
日本人以外の人種には、そういった意識が少ないからこそ、
誰かを傷つけているという自覚もなくて、
自己表現という形で瞬時に発言して発散するので、
個人レベルでは幸せな人種だったりするんですよね」

やっぱりそうなんですねぇ・・・。
何で今まで気づかなかったんだろう?

例えれば、以前どこかで読んだことのある記事の
癌治療の名医のように、名医が癌にかかり、
自分の症状からステージが理解できるものだから、
周りがどんなに良くなると勇気づけても、
どんどん気落ちして亡くなってしまった、
知っているが故の不幸と言いましょうか…。

でもまぁ、こんな私も、アメリカ人は根に持たず、
何を言っても翌日には忘れてくれてるので、
助かっているところもたくさんあるんですけどね~。
逆に日本人は忘れてくれないから怖いです(苦笑)

日本人とアメリカ人の両方の良い部分を、
使い分けられたらいいんでしょうね。

「使い分けは難しいでしょうから、
相手によってきちんと向き合うべき人と、
適当にあしらってよい人を見極めて、
付き合うようにしたらいいんじゃないですか?」
と、ノンモさん。

もちろん、全てのアメリカ人や他人種が、
このケースに当てはまるとは思いませんし、
日本人を上回るほどに、
人の心の動きを理解されている方もたくさんいると思います。

なのでこれは、私個人の見解なんですが、
ニューヨークで暮らしていると、日本人の特殊さを痛感します。

世界に通用しない部分もあって(特に私の苦手な社交術)
もっと他国から学ぶべきこともありますが、
それでも日本人は、他国人が逆立ちしても持てない、
とてもスペシャルな何かを持っていると感じます。


P1000611A.jpg


そしてニューヨークは、日本人の心の繊細さが活かされる場所だと思います。
会社でも日本人の真面目さ、勤勉さ、仕事の細やかさなどを、
とても高く評価されていると感じます。
日本人ばかりの会社では当たり前のことが、
アメリカ人ばかりの会社では、ものすごい事になったりします(笑)

例えば、ほぼ毎日時間通りに出社するとか、
支払いの期日を守るとか、
一度教えてもらった仕事は、だいたい覚えていられるとか・・・。

だから、日本人である事は、海外では得だなぁ~って思いますし、
日本人である事を、とても誇りに思っています。

日本にいると周りが全員スペシャルなので、
自分がどれだけスペシャルなのかに、気づけないんですよね。
もちろん個人差はありますが、
それでも日本人にはスペシャルな人が多いと感じます。

そして以前の私は激怒すると、
どうやって相手をぎゃふんと言わせるかで頭がいっぱいだったのに、
6月末と今回の怒りでは、今までの人生になかった「気づき」が起きたので、
変化を感じます。

負の感情を発したら波動が粗くなるから、
天からのメッセージは受け取れなくなると思ってたのに、
頭から湯気が出るほど怒っているのに、
天からのメッセージがドカドカ降りてくるのが不思議です。

そして、今までなら腹が立つと、
心の中で、身近な人にやつ当たりしてたんですけど、
それをしなくなってる自分の成長っぷりに感動しています。

怒り、悲しみがあるからこそ、喜び、幸せがあるように、
怒りも悪いものではなく、ちゃんと見つめてあげるものなんでしょうね。

と、ここまで書いて、今回の2度の「激怒」は、
どうやら大きな気づきであった事に気づきました。
相変わらず鈍いです・・・(苦笑)
右肩辺りで、ようやく気づいた!と笑っているポコプンのイメージがあるので、
ムッとします(笑)

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************




スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 8 comments  0 trackback

8 Comments

もちもち says..."こんにちは!"
三日目は怒ってしまいました(^_^;)何で私の気持ちをわかってくれないんだ!と。

言ってしまったことやってしまったこと忘れてしまうのですか(;・ω・)だから繰り返してしまうのかなぁ。

凄いなぁ日本人って凄いですね!

最近子供たちと接する機会が増えて、こういう常識って良くないと思うとか何で大人はこんなことするの?等、いろいろ教えて貰ったり考えさせられたりしてます。

私が小さいころ彼らと同じような事を言っても、子供の癖に生意気だとか大人の言うことを聞いていればいいんだって言われていたと思います。私の環境での話ですが。

私は子供たちにそんなことをしたくないなぁ、でもそうすると小さいころの私はそういうことされたことなくて彼らがズルいって思ってしまうんです(´・c_・`)

そう言えばこの間、天のメッセージで内なる子供ってメッセージ貰いましたが、これのことかなぁ。

私は自分も好きですし、みんなも好きなので解決し……あ!書いてて思い出しました!少し前に天とポコプンさんに相談したんですよ!

どうしたら私のわかってくれないというの治りますか?って、そしたら許せ許せ許せコールが凄かったんです、共感してくれるんじゃなくて許すんだ!って驚きました。

どうしたら許せるんだろう…って言ってて忘れてたんですよね(*´∀`)アハハハ

思い出したら急に元気になってきました、でも問題解決にはなってないという…。

うん、やっぱり八多さん凄いです!
2015.07.24 13:45 | URL | #- [edit]
mumi says...""
すっごく、わかります。
私は20年前海外生活しているとき、とにかくアグレッシブになっていたらしくて家族にまでドン引きされていました。
そのノリで帰国して日本生活しているときに、ひどいトラブルに巻き込まれて、解決のためにお金も沢山使いました。。・゚(´□`)゚・。
当時外国かぶれの上、忘れない日本人なので仕返してやる!と思っていましたが、今思えばどうも強制的に矯正されたのではないかと。

そして、前から感じていたのですが、日本に興味を持っている外国人の人は実は元は日本人なんじゃないかって。
自己主張の強く、マッチョな自分の国で心が壊れてしまいそうで、日本に来る人増えてる気がします。
といっても、日本人も変わってきているようですが。
やはり、個々の資質もあるのでは?

悟ってしまうと、喜怒哀楽なくなってしまうのかぁとちょっとつまらない気がしていたのですが、感じなくなるのではなくしっかり向き合い消化して自分のものにしていくってことってことなんでしょうかね。

この3日は反射的にムッとしたり、ちょっと態度が悪くなったりしてしまったのですが、そんな自分に気付いたのはラッキー☆神式意識したおかげですね。
八多さん、ノンモさん、ポコプン、ありがとう!٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
2015.07.24 15:36 | URL | #- [edit]
いわこ says..."日本人として生まれるという事"
一昨日、仕事で海外から来たメールに対し、そのメールの不躾さにイライラしつつも、「この三日間は怒らずに」というのが頭の片隅に有ったので、なんであんたに今更こんな説明しなきゃなんないのよー、と思いながらもなるべくイライラした気持ちがさとられないよう意識した文面で返信しました。翌日その相手から更に返信が来ていて、よく読んでみたところ、最初のメールは決して不躾な内容ではなく(少々強引な要求ではありましたが)自分が勘違いしていた事に気が付き、一昨日丁寧な説明付きで返信しておいて良かった~と胸をなでおろしました。。。同時に英語の勉強もさせていただきました。。。それと、言葉についてのちょっとした気付きもありました^^

日本に住んでいるので八多さんほどではありませんが、仕事でマレーシア人、シンガポール人、タイ人、フィリピン人、中国人、台湾人、アメリカ人とやりとりする機会が多いので、日本人の特殊性については頷ける部分があります。一番日本人と感覚が近いと思うは台湾人ですね。彼らとの仕事が一番楽です。一言って十理解してくれるというか。行間を酌んでくれるというか。アメリカ人も合理的でめったな事では感情的にならないので仕事上は楽な相手だと思ってましたが、この記事読んでると、アメリカ人(ニューヨーカー)って、さんざん罵ったり暴力振るった後いきなり優しく接する、なかなか別れられないDV男みたいな印象を受けました。例えが悪くてごめんなさい…。m(_ _)m

日本人として生まれる事は他の人種に比べて物凄く競争率が高いらしいので、それだけ地球人として重い役割(責任)も背負って生まれてきているのかなぁとも思います。

P.S.
Bi***,As*****の言葉をカタカナで見ると下品に感じないですね(笑)
2015.07.24 22:41 | URL | #- [edit]
あい says...""
私も二日目までに誰かに愚痴をこぼそうとしたんですが、何故かうまいこと相手も避けてきて(笑)結局悩みを外に出すことがなかったんですが、そのお陰か三日目が不思議に今までおしゃべりしたことのなかった人達と会話のチャンスがあったりと楽しい職場になりました。
思い出すとやはり気持ちがモヤモヤを繰り返しているのですが、嫌な気分を周りに振り撒かれるのも嫌なものですよね…
沈黙は金なりでしょうか?(笑)
2015.07.25 06:46 | URL | #- [edit]
みぃ says..."怒らない…"
3日間…
厳しいかなぁ〜と思ってたら以外に大丈夫でした(*´︶`*)

が、最終日の夕方、車で帰宅中、一旦停止を無視(ワザと)した、おじいちゃんに出くわし…思わずムカッとしてしまいました(๑-_-๑)
あまりに危なくて。。。
でも以前ほど強い怒りでもなく、長くも続かず…
あっという間に消えました(ㆁ௰ㆁ)
アレッ?
少し心が広くなったかも…って思いました(笑)


アメリカの会話って何だか面白いですね。会話してるのに会話に見えないというか…
氣持ちがスレ違う感じというか…。
映画の台詞なんかも、こんな感じで「言い合い」が多いですね。

今の子供達は知りませんが私が子供の頃は「相手の立場になって考えなさい」って教えられました。
氣候や風土が違うと人間の感じ方や考え方は変わってしまうんですね。
まぁ、同じ日本人でも「何、この人⁉︎」ていう人がいますからね…。
外国の方なら尚更そうなのでしょうなね。
2015.07.26 07:01 | URL | #- [edit]
葵 says...""
3日間怒らないという神式は、かなり初日からドキドキしながら過ごしてましたが
その初日に丁度、目に留まったブログの言葉がありました。

まず「感謝」ではじめよう

ありがとうを何回でも言おう

文句あるときもあるでしょうが、まずは生かされている事に感謝がさきです。

怒鳴られても叱られてもありがとう

そして、自分にありがとう

~etc

そんなブログを読んで一日を始めてみたら

この3日間という期間短そうで長いこの期間をやりすごすことができました。
ふと気が付いたのですが、なぜ3日間だったんだろうとおもったのです。

1日だと短かすぎる でも3日以上だと長すぎる。
自分の気持ちにフォーカスし俯瞰してみる期間として、
この三日という期間がとてもいい長さなんじゃないか?

その間だけ自分の心の動き、感情に注視しすることで、
感じる感覚を自分で体感する。

何で苛立ち、怒ってしまうのか?そしてそれによって引き寄せるもの
感じることを考えるにはとても良い時間になりました。

三日をブラス一日とかすこしでも自分の中で増やしていって
穏やかに過ごせる日を増やしていく。
そうすることで、気持ちにも余裕が生まれ人に対しても思いやる気持ちが増えるように感じます。
今回の経験は、
自分の心の感情とそして相手からの視点も踏まえて
日々の過ごし方を改める機会になったように思います。

とてもいい経験になりました。

2015.07.30 10:53 | URL | #- [edit]
あい says...""
八多さんの日本人は意識がけっこうスペシャルというこちらの記事を読んだ後に見たのですが、
↓のyoutube配信のエハン塾の1:27:00あたりからシリウスと地球と太陽のことを話されています。
ちょっとびっくりしました。シリウスと日本と(古代)エジプトと神道は繋がっているってここまで力強く言われる人初めて見ました。個人的に八多さんのブログでしかシリウス話題との接触がなかったので。^^;
配信の中でシリウスを眺めてとお勧めされてます。日本の五番目の季節土用がシリウスが日本から見えない期間とか・・・
シリウスはレインボーに輝く星とか・・・結構こゆいシリウス情報話されてます。超古代に月があったのかなかったのか…?面白かったのでシェアします。
https://youtu.be/sKah0ECk9fM
2015.07.31 22:01 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
みなさま~!

コメントありがとうございます!
内容が内容だったためか、みなさんの思いを長く綴ったコメントを頂けて嬉しいです。
海外で生活された事のあるmumiさん、そしてお仕事で外国人に関わっているいわこさん、わかります~!本当にその通りですよね!アメリカ人がDV男(女も)というのも、まんざら間違っていないような(笑)

それから、この3日間を通して、みなさんに色んな気づきがあったようですね~!
みぃさんの以前より怒らなくなっているという気づきは素晴らしいですね!
確かに葵さんのおっしゃる通り、3日間というのは良い緊張の続く期間でした。

あいさんの「沈黙は金なり」は、まさに私の事で、
今までなら腹が立ったと同時に怒鳴り返しているタイプだったのですが、今回はぐっと言葉を飲み込んで耐えていました。
そしたら、天からのメッセージがドカドカ降りて来て、「へぇ~そうなんだ。なるほど!」って気づきがたくさん起こったんです。
怒るとエネルギーが粗くなって、天からのメッセージは受けられないとスピリチュアル界で言われていますが、
訓練を積めば怒りながらもメッセージが受けられるようになるとポコプンが言っております。
ちなみに私は悲しくて号泣している時にも天からのメッセージがドカドカ降りてきますねー。

もちもちさんも、おもしろいほど天のメッセージを受けていらっしゃいますよね♪内なる子供のメッセージは、インナーチャイルドという事じゃないかな?と思いました。私は以前、心の中で幼い自分とベンチに腰掛けて、毎日話して友情を築くというのをやった事があって、それを思い出しました。

そして日本とエジプトの関係は、近々ブログに書きます!
2015.08.03 02:52 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/369-ec7d113a
該当の記事は見つかりませんでした。