癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

アヌンナキについて

『癒守の地球物語「天岩戸」』で、

何でDNAが残っているとダメなんだろう……。
都合が悪いのかな……。誰の都合が悪いのかな……。


とのコメントを、もちもちさんから頂きましたが、
(コメントありがとうございます♪)

異国の青年のDNAが残っていると都合が悪くなるのは、
アヌンナキ
と呼ばれる宇宙人です。

このアヌンナキが、大国の政府と手を組んで、
地球を牛耳っている3次元の宇宙人で、
現在の宗教や政治、経済に至るまでをコントロールしています。

これまでポコプンに、
宇宙人は良いけど、アヌンナキと書のは危険だと言われてたんですけど、
7月に入って突然、
「真実を表に出す時が来るので、
アヌンナキの事をどんどん書いて!」

と、ポコプンが言い出しました。

週一で連載させて頂いている、
「トリニティー」のサイトでも、
アヌンナキの事を書いて!とまで言われましたが、
こんな重い内容書けませんって!

みなさまご存知の通り、私は基本的に宇宙人情報が好きでないので、
気が乗らず、今日まで書かずに放っておいたんですけど、
「癒守の地球物語」の情報が降りてこなくなったので、
これはいつもの天の暗黙の、アヌンナキについて書いてね!
ってプッシュかもしれないと思い、
重い腰を上げる事にしました。

「癒守の地球物語」も、これから時空やら、
宇宙人やらがたくさん登場する予感がしますので、
天の順序としても、アヌンナキ情報公開が先なんでしょう。

ググるとアヌンナキについては、
そりゃもうたくさんの情報が出てきますけど、読んでいる限りでは、
シリウス神とごちゃ混ぜにされているようです。
というか、アヌンナキが、
シリウス神を利用(悪用)していたのかもしれません。

ポコプン曰く、
ノアの方舟以前までは、
地上に宇宙人はおらず、
神と神の使者だけだったとの事。

(※でも、過去の記事を読み返すと、
ノアの箱舟の大洪水以前までは、
宇宙人も地球に暮らしていたため、
自然に人間との混血が進んでいたと書いてありますね。
またポコプンに確かめます)


ところが、5番目の地球で、
エジプトのゲートを見つけたアヌンナキが、
地球に入ってきたそうです。

これはオリオン神、シリウス神、ベガ神の3神の計画外だったとの事。

Mesopotamian_cylinder_seal_impression.jpg

アヌンナキは、シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団であり、「アヌンナ (Annuna) 」(五十柱の偉大なる神々)と「イギギ (Igigi) 」(小さな神々)という言葉が合わさったものである。
(Wikipedia『アヌンナキ』より)

という事から、
アヌンナキの出現はシュメール文明からなんでしょうね。

アヌンナキは肉体を持って古代の人々の前に現れ、
「神」と「宇宙人」の違いが分からない人々が、
彼らを「神」として崇めはじめたことから、
現在に至るまで彼らが地球上の権力を掌握しているとの事。

なので、現在の地球では、

3神を神とする人間
と、
アヌンナキを神とする人間

に分かれているそうです。

このアヌンナキの当初の目的は、地球の金(ゴールド)でした。
彼らの住むニビル星の大気に穴が開き、
絶滅の危機に見舞われたので、
“金の粒子”を利用して大気拡散を防御するために、
地球の金を必要としたのです。

そして彼らは私達人間の吐き出す、
怒り、悲しみ、憎しみ、恐怖などの負のエネルギーを、
資源としています。

アヌンナキは人類から、
神と繋がる能力を奪い取り不安に陥れ、
資源である「人間の負の感情」を煽るため、
○○社製品の電波を使ったり、
地震やストーム、竜巻などを人工的に起こしたり、
予防接種や薬の投与で、
私たちの人口や感情を操作しています。

現在のアヌンナキの目的は、金ではなく、
なおかつ、人間の吐く負のエネルギーだけでもなく、
何か別の目的があるそうなんです。

「ポコプンに何度尋ねても、
それが何なのか教えてくれないんです。
ただ、ポコプンではない別の意識体に、
地球の環境と同じように考えないようにと言われたんです」
と、ノンモさん。

例えば、私達は気温が200度になる星に生命は存在しないと思ってしまいますが、
その星に地球の生物は存在できなくても、
その星の環境に合った生物が存在する可能性はあるという事だそうですが、

「だから・・・、もしかしてアヌンナキの目的は、
二酸化炭素なのかも?って思ってます。
原初の地球でサンゴが酸素を作ったように、
人間を使って、木を伐採させたり、
空気や水を汚染させたり、
人口を増やしたりして、二酸化炭素を増やして、
自分たちの生活環境に近づけていっているのかもしれないなと思うんです」
と、ノンモさん。

それで、現在ポコプン達が地球と人間を守る為に、
地球を光と闇のふたつの次元に分けたりなどして大奮闘してくれています。

地球がこんなえらい事になっているもので、
ポコプンが忙しすぎて、
今年からあんまり口出ししてくれなくなっています。
でもそんな最中に、ラッキー☆神式とか癒守の地球物語をこなしてくれているんですが(笑)
それもこれも、ポコプンのIS(イス)計画に関わるからでしょう。

そんなわけで、
「どうも結局のところ、最終的に現在の地球で行われているのは、
『神』 vs 『宇宙人』の戦いじゃないかと思うんです」
と、ノンモさんが言うこの戦いについては、
次回の記事に書きます。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************




スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 宇宙と宇宙人
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 12 comments  0 trackback

12 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.08.03 13:07 | | # [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
疑問に答えて頂きありがとうございます!

ヒョエ~!!(|| ゜Д゜)

まるで人間を飼育しているみたいですね。

以前三次元の宇宙人と一部の人間が手を組んで~、と書いてあったと思うのですがその人間達も甘い蜜を吸っているんだろうなぁ。

それにしても驚きました。

アヌンナキ達は地球に住みたいのですかね(~Q~;)イヤダヨ~

宇宙人から地球人、強い者から弱い者へとしわ寄せが行くのは、さながら虐待の連鎖みたいで嫌です。
2015.08.03 13:15 | URL | #- [edit]
yuriko says...""
こんにちは

以前から読んでいるblogに、シュメール文明とこの宇宙人について、先日書いてあり、今回はこちらのblogに同じくアップされて、本当にびっくりしました。

(最近そんなことが多々あります)


アヌンナキの宇宙船が地球にきて、闇を撤退させている最終段階にきているようだ…と書いてありました。


わたしの知らないところでポプコン達が奮闘してくれているんですね!

ほんと感謝感謝です

わたしに出来ることってなんでしょう…ねっ


八多さん、いつもありがとうございます。


2015.08.03 13:37 | URL | #- [edit]
葵 says...""
ノンモさんの話をきいて
ふと、B級低予算の映画ですが、なかなか面白かった「アライバル一侵略者一」をおもい出しました。

エジプトのゲートの話もまさにスターゲードの話とかぶり
まんざら、フィクション作品として放送されてる中に真実が混ぜられていることに気がつくがされた内容です。

地球の常識で考えないこと、とても良い視点を頂きました。

しみじみ、今がこの星にとっても過渡期で分かれ目なんですね。








2015.08.03 15:06 | URL | #- [edit]
hiroshi says..."初耳"
お疲れ様です。

宇宙人のアヌンナキ…。
初めて聞きました。
僕は、てっきりレプティリアンのことかと思ってました。
このアヌンナキについて、私たちが日常会話で音に出しても大丈夫なんですか?

それと、電波の利用や、薬・ワクチンの件。
僕がここに来る以前から見つけていた情報と見事にくっ付きました。

今世の中は、法律で囲い込みをしはじめていたりしますから、余計に内なる神とつながる力を求められそうですね。
2015.08.03 16:20 | URL | #a2H6GHBU [edit]
みぃ says..."この名前…"
けっこう前から目にしますねぇ。
アヌンナキが自身のDNAと掛け合わせて人間を作った…とかいう記事もみた氣がします。
そぉなの(•'Д'• ۶)۶⁉︎って驚いたのを覚えてますが…。
アヌンナキって、自我の塊な印象なんですよね。
最近の地球人に自我の強い人が多いのはアヌンナキの影響なのですね。

日本の神様として祀られている中にも誤ってアヌンナキを…っていうのあるのでしょうか?

2015.08.03 19:08 | URL | #- [edit]
あい says...""
よし、地球さんが美しくあるために私もより一層お祈りに励みます!
2015.08.03 20:52 | URL | #- [edit]
めるち says..."ポコプンありがとう!"
ポコプンいつもありがとう。
めっちゃ優しくて仕事もできるすごいポコプンと知り合えて、光栄です。
2015.08.03 21:00 | URL | #- [edit]
mumi says...""
中学に入ってはじめての生物の授業で先生に「地球以外に生物は存在しない!空気と水がなければヒトは生きていけません」と言われました。(違う環境に適応している生物が絶対いる!ウルトラマンのジャミラだって水がないなりに適応したじゃないか!)と真剣に思っていた私にはすごくショックでした。
やっぱり!
環境が違えば違ったその環境に適した生物がいて、アヌンナキは地球ごと乗っ取ろうとしているってことですよね?
二酸化炭素・・・だけでなく、近くて遠い国大陸のC国なんて大気汚染やらPM2.5やら黄砂やら、対策立てようと思えばたてられそうなのに、放置なのはそのせい?
この信じられない気温も狙いでしょうか?40度近いって、どうゆうこと!!熱出したって40度越えなんてしないのに!
砂漠化も怪しいし・・・。

対抗策はやっぱりISの意識なんですねぇ。
ポコプン・・・忙しいのに、いつもありがとう((((ノ。・ω・。)ノ♡
男前だね・・・ってポコプンは男の子?でいいのかな?
2015.08.03 21:08 | URL | #- [edit]
しろくま says..."うむむ。"
地球が乗っ取られ、人間や住むところが破壊されるのは困ります…
ただ、ふと共存なんて次元ではない話なんですよね?
神は正義や味方はないと言っていた。悪は悪でそれも役割の様な気もしている。でもポコプンがこんなに動いている理由…

八多さんが絶句する情報がブログに降りてくるのを首を長くして待ってます(笑)
そして、平和な美しい地球になれる様に出来る事を頑張ります。
堕落した人間にならないように(;^_^A
2015.08.03 23:32 | URL | #HhRZqxPY [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
みなさま~!

コメントありがとうございます!

シリウスは爬虫類系でもあるので、レプティリアンについては私も気になっています。これから情報が出てくると思うんですけど、私の頼りない予想では、アヌンナキにDNAを混ぜられたか利用されたかしたのが、レプティリアンじゃないかなぁと思うんですけどねぇ…。

アヌンナキはシュメール文明の神のひとりですから、音出しは全然OKですよ♪

アヌンナキは人間のエゴを巧みに利用しているのでしょうね。「エゴを失う事=死」と思わせているようにも感じますし。エゴを強化させて、近代の人間までが普通に繋がっていた、内なる神を切断したのかもしれません。

mumiさんがおっしゃるように、アヌンナキを私達人間と同じ構造とDNAと心を持つと思っては、アヌンナキを本当に理解できないと思います。

アヌンナキには、私達人間の持つ「創造神の意識」はありません。
2015.08.10 08:07 | URL | #CfmXB8WU [edit]
あまちゃん says...""
先日、旦那が何となく借りてきたDVDを観ながら、
お〜、最近話題になってるアヌンナキっぽい話やな〜〜…と思ったら

こちらのコメント欄に
葵さんが書かれてた「アライバル/侵略者」でした(≧∇≦)

あんなに古い映画なのに、
内容が妙にリアル……www

余談失礼しました!( ´Д`)y━・~~
2015.09.04 13:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/374-c2c16f1b
該当の記事は見つかりませんでした。