癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

五色人について(幣立神社の五色神祭)

10月30日追記です!
幣立神宮の五神の内の1神はアンタレスではなく、
プレアデスだそうです!

1神をど忘れして「なんだったっけ~?」と言うノンモさんに、
アンタレスですか?と聞いたら、即「そうです!」
と答えていたので、怪しいな~、適当に答えてそうだな~とは思っていたのですよ。

「なんで八多さん、プレアデスだって分かったんですか?」
と、ノンモさんに聞かれましたが、
数日前何かのサイトでプレアデスからのメッセージを見て、
アンタレスとチャネリングしている人って聞かないけど、
プレアデスは結構多いよね!と思って、
あっ!もしかして・・・って、確認してみたら、
やはり見かねた天から私の修正依頼だったようです(苦笑)

文中に打ち消し線の引いてあるアンタレスは、
全てプレアデスだと思って読んで下さいませ~。



ポコプンに前々から質問しては、
ことごとくスルーされていた、
熊本県の幣立神社の五色人について、
先週から突然情報が降りてきました。

どうやら話してもOKな「その時」が来たようです。

「幣立神宮って、熊本県なんですね!
沖ノ島といい、卑弥呼の国といい、
九州って凄いですね!」
と、ノンモさん。

ほんと、
九州・・・凄いですね!

さて、この幣立神宮では、
毎年8月23日に「五色神祭」が行われます。

太古の神々(人類の大先祖)は、大自然の生命と調和する聖地としてここに集い、天地・万物の和合をなす生命の源として、祈りの基を定められた。この歴史を物語る伝統が「五色神祭」である。この祭りは、地球全人類の各祖神(赤、白、黄、黒、青の各人種)がここに集い、御霊の和合をはかる儀式を行ったという伝承に基づく、魂の目覚めの聖なる儀式である。これは、五大人種が互いに認め合い助け合う和合の世界、世界平和のユートピア建設の宇宙的宿願の啓司である。幣立神宮の古代的真実、宇宙的理想の実現こそ、今日の全地球的願望である。この願いを実現する古代的真実の復元が、こらからの人類文明への厳粛なるメッセージである。五色神祭は、8月23日におこなわれ、5年毎に大祭、その間4年は小祭が行われる。(「幣立神宮 五色神祭」より)

五色人2

「実際に五色神や五色人が集まったわけではないようですけど、
五色神祭の伝承や目的は正しいみたいですね。
そして、幣立神宮の古代的真実、宇宙的理想の実現とは、
IS(イス)の事ですね」
と、ノンモさん。

幣立神宮の五神とは、
癒守の地球物語でお馴染みの、
オリオン神、シリウス神、ベガ神と、
アルクトゥルス神、アンタレス神の事だそうです。

ノンモさんは、
アルクトゥルス神とアンタレス神を合わせて1神と感じるそうで、
実際には五神ではなく四神なのだそうです。
(ややこしいですね・・・)

そして、癒守の地球物語には登場しなかった、
アルクトゥルス神とアンタレス神ですが、
現在は地球から撤退しているから・・・と、
ポコプンが言っております。

アルクトゥルス星は、
私の出身星だとポコプンに嘘つかれて言われていた星なので、
読者のみなさんはお聞き覚えがあると思いますが、
アンタレス星はブログに登場したことはないですよね。
実は私とノンモさんは、魂が生まれたばかりの頃に、
アンタレス星で出会ったそうなんですよ~。

でも、この四神と、五色人は、
みなさんの魂の出身星や転生した星などには全く関係しないと、
お伝えするように、ポコプンに言われております。

     *****

さて、この四神は、
すでに地球に存在し、完璧な生態系を成り立たせていた、
動物や昆虫や鳥や爬虫類に、それぞれの神のDNAを入れて、
理想の人間を作る実験を繰り返しました。

そして、赤、青、黄、黒の、
4つの人間が生まれました。

同じDNAを持つ人間なのに、
人種によって肌や骨格などが違うのは、
この赤、青、黄、黒のDNAからによるものだそうです。
このDNAは、現在は不可能ですが、
何世代も先の未来の科学力で発見されるでしょうとの事。

四神はそれぞれ、四大陸に、赤、青、黄、黒の人間を降ろしました。
そして、四神は自らの分身のような小さな神々を地上に送り、
たくさんの国を作らせて、赤、青、黄、黒の人間を統治させました。
ということから、国の数だけ小さな神々が存在すると言えるそうです。

ここから、四神は小さな神々や人間を観察する立場となります。

世界でも日本だけは、小さな神が支配せず、
四神の内の一神、シリウス神が現在も直轄で統治している唯一の国だそうです。
シリウス神は、日本人だけに、シリウス神の意識のDNAを持たせました。
(くどいですが、これは出身星などは関係しないそうです)

実際に少し前までは、選民意識や特別意識を持たれる恐れがあったため、
この情報をお伝えする事が、現在まで引き延ばされたそうです。
どうか、この情報を知っても、日本人であることに高慢にならず、
謙虚であって下さいとの事。

日本では当たり前ですが、外国人には通用しない、
言わなくても分かる、阿吽(あうん)の呼吸や、
背後の人の気配を察する力などは、
ハッキリ言って、日本人の持つ超能力なのだそうです。
そして、この超能力は、
日本人だけが持つ、シリウス神の意識のDNAが成せるものだとの事です。

ここまで読んで下さった読者さんは、
五色人なのに一色足りないとお気づきのことでしょう。
はい。「白」が足りませんよね。
次回で「白」や、その他の色について詳しく書かせて頂きますが、
誤解が生じるので、座談会以外では話していなかった裏ネタを、
ついにブログで公開する事になってしまいました・・・。

あ~もう、書くの憂鬱です。

余談ですが、
幣立神宮の奉納品、古代エジプトまたは古代ユダヤの秘宝<水の玉>の、
この写真を、ノンモさんに見せると・・・、

五色人

「この水の玉のことを知っています。
これは地球のものではないですね。
でも、水はシリウスの水ではありません、
地球に同じものが7つ~8つありますよ」
との事でした。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************




スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 宇宙と宇宙人
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

もちもち says..."こんにちは!"
シリウス神は未だに直轄で統治しているなんて凄いですね、愛情深いなあって思いました。

傲慢にならないように気をつけたいと思います、人類みんな仲間!

ただちょっと役割が違うだけで、そこに上とか下とか無いとポコプンさんも言ってましたよね。

アンタレス星でノンモさんと出会ったのですか、アンタレス星あまり知りませんが良い星そうですね(*・ω・*)

意識が外側から内側に向くようになってきて、自分探しをしていたら最近は自分の出身星も気になったりしてます。

シリウス神の意識のDNA、大切にして行きたいです。自分の身を削ってまでやって下さってますから、大事にしたいです。

水の玉は違う星の水なんですね、不思議です。腐らないのかな、しかも8つ位あるなんて驚きです(゚д゚ )スゴイ

失われたアークも不思議ですよね、ここ最近八多さんのブログを読むたびに微妙に気になってます。
2015.08.23 17:16 | URL | #- [edit]
めるち says...""
なんかすごいことになってきましたね。初期の、aBooさん時代のブログを読んでるときには思ってもみなかったことになっていますね。

大きなことになっているので、微力ながらお力になりたいと思っています。(ぴったりな言葉がないのですが、)いっしょにがんばりましょう!

前、見える人に広島の仙酔島のことを教えてもらいまして。
すごくパワーのある特別なところのようです。実際に行きましたが、きれいなところです。
そこには五色岩があって、五色岩があるのは日本で唯一、仙酔島だけなんだそうです。
この島には浦島太郎の伝説があります。でも相違点があって、竜宮城から玉手箱だけでなく、万宝新書と弁財天を持ち帰り、この島に埋めたと言われているそうです。なんか七福神とも関係があるそうで、不思議なところですよ。
(^O^)もしかしたらIsと関係してるかも?
2015.08.23 18:16 | URL | #- [edit]
mumi says...""
八多さんとノンモさんは古くからの魂のお知り合いなんですね。
竹馬の友って言うんでしょうか。
「白」の秘密ってなんでしょう・・・?そそられますねぇ。
しかも九州の注目度が俄然増しているし。

「あ、うん」の呼吸とか「ツーと言えばカー」(古い?)は農耕民族ゆえと習ったような気がしますが、その日本人しての生活体系自体が、持っていたシリウス仕込の共感能力が故ってことですかね。
教育じゃないんだ・・・。

ちなみに、以前からポリネシアンの人たちも自然と共存して、宗教観も日本と近い感じを受けるのですが、別のパターンなんでしょうか?
2015.08.23 18:42 | URL | #- [edit]
みぃ says..."水の玉…"
瓢箪みたい…ですね(笑)

五色人の誕生に例の神々様が関わっていたとは…。
アルクトゥルスとアンタレス…神?
オリオン、ベガ、シリウスの3神の他にも地球物語に携わっていたんですね。
でも、どうして撤退したんでしょうか…。
何かあったのかなぁ。。。

シリウス神が直轄で日本を担当してくださっていること、傲慢…ではなく、素直に嬉しいですね!
他の国にはない感覚の繊細さ…ある意味日本の宝ですから(*´︶`*)


2015.08.23 20:18 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
もちもちさん、めるちさん、mumiさん、みぃさん、

コメントありがとうございます!

もちもちさん、
ノンモさんの記憶では、シリウス星からアンタレス星に連れて来られて、水もシリウス星のように泳げない水だったそうで、凹んでいたんだそうです。でも、私は楽しそうに暮らしていたとか(笑)私たちはここでは、虫レベルの意識体だったようです。

めるちさん、

今、広島と福岡と宮崎に行きたいんですよ~!仙酔島も行ってみたいです。ポコプン何も言わないけど、厳島神社の鳥居が怪しいんですよ!

mumiさん、
次の記事でもう出ていますが、「白」の秘密は座談会で明かすだけにしたかったです・・・。あー厄介な事に首を突っ込んでる気分です。

みぃさん、
そう。ひょうたんですよね。中身はお酒?って思ってしまいますね(笑)どうして2神は退散したんでしょうね。また聞いておきます。
2015.08.30 07:27 | URL | #CfmXB8WU [edit]
いわこ says...""
ワタシもこの記事を読んだ時、アンタレス?!初耳!と思ったと同時に、プレアデスが出てこないのは不思議に思ってました。。。確かに、プレアデスからのチャネリングメッセージはよく見ますけど、アンタレスはあまり見ないですね。あと、日本の神様で木花咲耶姫はプレアデス由来の神様と聞いたことあります。
2015.10.31 15:57 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/388-37a35d1a
該当の記事は見つかりませんでした。