癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

12芒星のゲートの妄想炸裂させてみました

12芒星のゲートをくぐって、
現在に滞在している過去と未来の人たちや、
過去と未来に行ってしまった現代人については、
ゲートが完全に閉じてしまわなければ、
これ以上は何も教えられないから、

「勝手に想像してれば~。
(-з-) ~♪」

と、ポコプンが言うので、

私とノンモさんで、勝手に妄想を炸裂させてみました(笑)
※妄想内の登場人物は全て『癒守の地球物語』からです。

「もしかしたら・・・、
卑弥呼、月読、スサノオの3人が、
現在にやって来ていたりして!(*゚∀゚)=3」
と、ノンモさん。

∑(ёロё)ホエー!!

そ、そ、そっか!そういう可能性なんですね!
だったらスゴイ!!!

天岩戸伝説ですが、卑弥呼が隠れてしまった時に、
実は12芒星のゲートをくぐってたりして!

(≧∇≦)キャー♪

12芒星のゲートの開いた9月28日は皆既月食でしたけど、
過去と未来のゲートが開いたのも、
皆既月食の時だった可能性、高そうですよね!?

「ほんとですよね!もしくはですね!
実は邪馬台国は過去ではなく未来にあるのかも。
それを過去にあったものとして伝えられているから、
跡地が出てこないとか!」

または、現代人が過去に行って、
邪馬台国を築いたのかもしれませんよね!
もしかしたら、古代に突然現れる高度文明って、
未来から来た人物によって築かれたものかもしれませんよね!

あれ?という事は・・・?

「そうです。2015年の日本人が築いた邪馬台国を、
自分たちは学校で学んでいる可能性もあるってことです」

うぉお!!(゚ロ゚屮)屮
確かに!その可能性もありですね!
すっごいSF映画みたいになってきてますよねっ!

「(*゚∀゚)=3 ていうか、
卑弥呼と神武天皇の子供が現在に来たのかもしれませんよね!」

うわー!その可能性、すごくピンときます。
9月28日に卑弥呼と神武天皇の血を受け継ぐ子供が現代に来て、
「その時」まで、身を潜めているとしたら…。

(; ・`д・´)…ゴクリ

ところで、なんでスカウトされた人数や、
12芒星のゲートをくぐれる人数が奇数数なんでしょうね?
日本では奇数がおめでたい数とされていますけど・・・。

「そうなんですか?なんで奇数がおめでたいんですか?」

よく知らないですけど、
奇数は割れないという事みたいですよ。
(調べてみると、陰陽思想で奇数が陽だからという説が主流みたいですね)

「そういえば、七五三はなんで七五三なんでしょうね?」
とノンモさん。

う~ん!確かに何ででしょうね。

「それに
1月1日は、お正月、
3月3日は、ひな祭り、
5月5日は、子供の日、
7月7日は、七夕と、
奇数月にお祭りがありますけど、偶数月にはないんじゃ・・・?」

わー、なんだかこれって、
卑弥呼と神武天皇の男女の双子の子供を暗示させますね。
『新しい年が明け、女の子と男の子が出会う』
という意味に受け取れますよね!

旧暦ではお正月が1月1日、ひな祭りが3月3日・・・、
ではないですけども、
もしかしたら、2015年の歴で、
お正月が1月1日になるように考えられたんでしょうね。
ポコプンたちがやりそうな小細工ですし。

あ、今、怖い事思いついてしまいました・・・。

「かごめかごめ」の作者はノンモさんだという事で、
ノンモさんが前世で書いたんだと思っていましたけど、
もしかしたら、ノンモさんが謎解きした、
9月27日の記事『かごめかごめ唄の謎が解けました』
を読んだ現代人が、12芒星のゲートをくぐって、
意味を伏せて唄を過去に伝えたという可能性はないですか!?

だから「かごめかごめ」は、
現在のこの、ノンモさん自身が作ったもの(訳したもの)だったりして~!

(@Д@;)/ギャー!

と、こんな感じで妄想が爆走しておりましたが、
一部はまんざら間違っていないのでは?と思っています。

そして、12芒星のゲートが完全に閉じられたら、
12芒星のゲートに大きく関わる、
『癒守の地球物語』情報を、
ポコプンは降ろしてくれるんだと思います。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

もちもち says..."こんにちは!"
妄想の域を越えてます(οдο;)ノ

八多さんノンモさん凄いポンポン思いつきますね!読むの楽しいです!

今後は過去現在未来が入り乱れるお話になるのだろうなあと思うとワクワクします~。

奇数数も気になりました、こんなにあるのですね。何かありますね、怪しいです。

次回からの癒守の地球物語楽しみになってきました!
2015.10.17 12:47 | URL | #- [edit]
みぃ says..."( ⁼̴̶̤̀ω⁼̴̶̤́ )うほほ〜!"
ノンモさんとハ多さんの妄想…
あながち妄想とは言えない氣がしちゃいました( *´艸`)
全て…
有りか無しかでいくと「有り」でしょー!
特に卑弥呼が隠れた岩戸が実は12芒星のゲートとか…
神武&卑弥呼の子が12芒星のゲートを通ってきたんじゃないかとか…
あやしい…(*ΦωΦ*)
巷で噂の釈迦入滅後56億7千万年後に現れる救世主って、その子⁉︎
なんて更に妄想を膨らませる私でございます(笑)

癒守の地球物語…待遠しいですぅ。
2015.10.17 19:31 | URL | #- [edit]
mumi says...""
楽しそうですね。
妄想仲間。

個人的には、9月27日の「かごめかごめ」の記事を読んだ人が9月28日の12芒星のゲートをくぐってノンモさんの歌を伝える、ってあるんじゃない?感が満々なのですが・・・。
考えてると時間という概念の感覚が狂ってきてしまって、何やら奇妙な感覚に陥ります。

何はともあれ、物語の再開が待たれます。
2015.10.18 00:20 | URL | #- [edit]
中津宮 says..."七五三の意味"
こんにちは。
七五三がなぜ?七五三なのか。

最近知りました事です。

男の赤ちゃんは、自分のエネルギーを生まれた時から5年間、周りの家族に命をかけて、与えるそうです。

女の赤ちゃんは、3歳から、7歳まで。3年目からエネルギーを与えるそうです。
3歳まで、5歳まで、7歳までは、命をとられやすいので、お宮にお詣りにいきます。
男は、3歳と5歳
女は、3歳と7歳
七五三詣りします。
2015.10.22 12:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/416-9f441b4f
該当の記事は見つかりませんでした。