癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

母と許し その2

前日の記事の続きです。



小学校卒業間近のある日、
私が持っていた近所の女の子の宿題を母が見つけました。
私は近所のいじめっ子の宿題をさせられていたのでした。

母は激怒し、その女の子の家に乗り込んで行きました。
帰って来た母にまた散々「お説教」をされた私は、
泣き疲れながらその夜ひとりで湯船に浸かっていて、

『母は本当に頼りにならない』

『卒業まであともう少しだったのに、今まで我慢してきたことが水の泡になった』

『明日から始まる地獄の日々をどうしてくれるんだ』


『そもそも、なんで私は、
頼りにならない母の言いなりになっているんだ?』


と、思ったのです。

忘れもしない、私に「自我」が芽生えた夜でした。
この夜のことは今でも鮮明に覚えています。

この夜から私は長い長い反抗期に入りました。
ここから母とは一切言葉を交わさなくなります。

そして、はじめて母が憎いと思いました。
金属バットで親を殴り殺す子供の気持ちが理解でき、
父が離婚をしてくれないかと思うようになりました。

小学校を卒業したら予想通り、いじめっ子とは縁が切れ、
新しい友人に恵まれ、はじめて学校が楽しいと思えるようになりました。
高校に入って、私の心情を歌う尾崎豊に倒錯し(笑)、洋楽にはまり、
「学費出せないならお水してでも行くんで」と親を脅して、
行きたかった美術短大に入学させてもらって、
卒業後は夢だったイラストレーターの職に就くことができました。

    *****

そして、20歳を目前にしたある時、
私はずっと話していなかった母と話し合おうと思いました。
成人してからも、このまま反抗期を続けるはまずいんじゃない?
と思ったからでした。

それで、母とふたりきりで話し合う時間と場を初めて作りました。
これを最初で最後の話し合いにしようと思って、後悔のないように、
子供の時に母から受けた言葉や暴力にどれだけ傷ついたか、
実母から家を出るようにと言われることが、
幼い子供にとって、どれほどの恐怖であるのかなど、
十数年間心の内に留めていた母への思いを全て話したように思います。

それに対して母は頑なに、過去の事はどうしようもないと言い張り、
私が母から一番聞きたかった言葉、

「ごめんなさい」
を決して言う事はありませんでした。

それで私は、

『この人はごめんなさいと言えない人なんだ』

と、思って、謝る事のできない母を受け入れることにしました。
謝ることができない人に、謝ってもらうのは無理だって思ったのです。

母も私と同じように完ぺきではないひとりの人間で、
子供にひどい仕打ちをしても、それが悪であると認知できず、
親としてのプライドにしがみついて、子供が心から欲している、
「ごめんなさい」または「悪かった」の一言が言えない、
それが私の母である事実を、そのまま受け入れることにしました。

翌日から、私は何年間も母と交わさなかった、
「おはよう」
を、言うようになり、
何事もなかったかのように、会話をするようになります。

    *****

ゆるしとは
「相手を無罪放免にする手段」ではなく、
「自分を自由にする手段」です。

ダライ・ラマ14世


このダライラマの言葉の通り、私は母のしがらみから解放されました。

そして私は一生、母から受けたいじめを忘れてはならないと思います。
いつか私に子供ができたら、もしくは子供と接する時がきたら、
母と同じ過ちを決して繰り返してはならないと思うからです。

母と普通の問題のない親子のように接するようになり、
母を丸ごと受け入れたと思ったものの、
私はしょせん血気盛んな20代でしたから、
長年の母やいじめっ子への恨みや怒りは、
簡単に受け入れることができずに苦しみました。

この当時は自分の怒りや人間関係が上手くいかない原因は、
母といじめっ子のせいだと思っていて、
まさか自分の内にあるとは思っていませんでしたので、

ブログで何度も触れているように、
私の中で積み重なった母への怒りは、
同じく母への恨みと怒りを強く持つアメリカ人の元夫との、
結婚生活へ持ち込まれ、そして浄化されるのです・・・。

    *****

今から10年ほど前だったと思います。
実家に帰省した私と、遊びに来ていた妹たちと、
母とでお茶を飲んでいたら、

母が、
「若かった頃は気持ちに余裕がなくて、
あんたらにとても辛く当たったと思うねん。
ほんまに悪かったと思うねん・・・」
と、言い出すではありませんか。

私も妹も、そんな話はしていなかったので、
突然の「自己反省」をはじめる母に驚き、戸惑いを隠せませんでした。
ここから母は、性格が一転し、
とても丸く穏やかで涙もろくなったように思います。

    *****

母にいじめられていても、虐待されていても、
子供は心の底で母親を愛し続けると言いますが、
私は母を愛していると思った事がないように思います。
私にとって母は家族というよりも、戦友って感じなんですよね。
これをもしも母が読んだら悲しむだろうなと思いますが・・・。

けれど帰省を重ねるたびに感じるのことですが、
父には無意識ながらも良い娘を演じようとしているようで、
長い間一緒にいると気疲れするのに、
全てをさらけ出しきった母には、
飾らない自分でいられるので楽なんです。
そして母とふたりきりが、なぜか落ち着くのです。

来月、去年の12社巡りから急に神社と古事記に目覚めた母と、
(→記事『11月神社参拝リポート(石上神宮)』をご参照下さい)
厳島神社と、出雲大社へ旅行に行きます。
人生初の母娘ふたり旅です。

私を気遣う、誤字だらけのメールを送ってきたり、
帰省のたびに、何気ない素振りで、
私の肩や手や髪に触れてくる母に、
老いた母の思いを感じます。

もしかしたら長い間、娘に拒絶されていて、
したくてもできなかった事を、
母はようやくできるようになったのかもしれません。

私と母の愛はこんなかたちです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 13 comments  0 trackback

13 Comments

樹里 says...""
記事ありがとうございます
私のいろいろが出て来て…
涙です
最後にポーンと
お世話になっているカウンセリングの先生の言葉が出て来ました
母との分離
私のテーマです
ありがとうございます
2015.10.31 12:19 | URL | #- [edit]
yuriko says...""
とても真っ直ぐな言葉で綴られた記事だと思います

涙がでました

ありがとうございました
2015.10.31 13:43 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
普通なかなか出来ることではありませんよ。(・д・;)ノ

謝ることの出来ない人だと気付き、受け入れる。簡単なようで難しい。そして奥が深い。

八多さんの愛がお母様をつき動かした、そう思えてなりません。

やっぱり八多さんは凄いです!

自分の中に原因があるんだとか親離れ子離れしなきゃなとかいろいろ考えましたが、愛はちゃんと届くんだと最後はそう思いました。

ありがとうございます。

(*・∀・*)よくブログでお手製の図を目にしますが、分かりやすいですし本当にありがたいです。なるほど美術の学校へ通っていたとは。八多さんの技術とセンスが唸るポコ!と関係無いことまで考えてしまいました(笑)
2015.10.31 13:44 | URL | #- [edit]
いわこ says...""
幼少時からの辛い体験から、お母様との関係がここまで昇華されたというのは、なかなか出来ない事だと思います。
上から目線な意見かもしれませんが、八多さんは今生で、大きな課題をクリアされたのではないでしょうか。

この記事を読んで、辛い人間関係にこそ、ステージアップするための鍵が隠されているんだなぁと思いました。

正直に語っていただいて、ありがとうございました。
2015.10.31 16:23 | URL | #- [edit]
あい says...""
どうにも話が自分のところと似てて怖いですねぇ。
終戦直後あたりに生まれた女性って、周りから話を聞くと結構ひどい扱いを受けてきてガマンガマンって感じで耐えてるので、同じことを他人、とくに子供に強いてくる気はあると思います。
私の母は還暦もとうに過ぎましたが、未だに勝気で一言目には言わなくてもいいケチをつけ、ひとの気をそぐのが得意な人です。
母の家庭はすぐに機嫌を損ねる父親にちゃぶ台をひっくり返され、反抗なんてもってのほかただ黙って哀しい気分のまま汁物もご飯も落ちた畳から拾って食べるそんな子供時代だったそうです。当然そのあいだも父親は怒っていて母親は謝り続ける中で。アニメ等TVでちゃぶ台ひっくり返す映像が流れるたびに恨めし気にあんな嫌なものはないと話します。ありえないと思うからちゃぶ台びっくり返しは笑いであれるわけですね。体験者から観たら面白くもなんともないですよね。でもそれを口にし出したのはこの数年です。彼女の中の硬くなったプライドが解けてきたのかもしれません。
今なら気が付くかもしれないとおもって、この夏にちょっと40年間の我慢限界のきっかけがあり、感情を解放するというのもやってみようと思っていたときだったので、思い切ってナニクソと思わず感じた悲しみにフォーカスし、生まれて初めてハンストし泣いて抗議する事件を起こしましたが、結果は八多さんと全く同じでした。笑。
大泣きしながらも、ここまで子供がプライド捨ててさらけ出しても母は話を違うことにすり替えようとするのか・・・ダメか―;と冷めた自分もいました。24時間の反抗期でしたが、あえなく撃沈でしたね。
あやまらない母親を許す子供、「許す」を体現するという体験をすると決めて、私も生まれてきたのかなと思っています。

ま、正直もやっとはしますけども。
八多さんやポコプンのおかげでかなり色々片付いています。ありがとうございます。^人^
2015.10.31 19:24 | URL | #- [edit]
めぐ says...""
涙がでました。胸が熱いです(>_<)

20歳の頃話し合いをした八多さん、素晴らしいと思いました。ターニングポイントですよね。
その時の八多さんとの話があったから、お母さんは自分の内側で様々な葛藤を見つめ、乗り越え、妹さんと八多さんへの浄化の懺悔、へと繋がったんじゃないかしら。
お母さんにとってもこのプロセスは大切だったはず。
お母さんを楽にさせてあげたのは、間違いなく八多さんの20歳の勇気ですよ。
とっても親孝行だと思いました・・
二人旅、大切な時間になりそうですね!
2015.10.31 19:34 | URL | #hfhOqJ1U [edit]
しろくま says..."全てを許す愛の深さ。"
愛の深さに涙です(T_T)
相手に求め過ぎてしまう私には反省ばかりです。

全てを受け入れ許す。
悟りですね。

お母様とのご旅行楽しみですね(^^)
2015.10.31 19:37 | URL | #HhRZqxPY [edit]
mumi says...""
率直な体験談ありがとうございました。

私は実は八多さんのお母様のこともすごく理解でます。
もちろん、八多さんと似たような経験、親子間の葛藤もありました。
多分、自分の子どもも私に対して同じように感じているのではないかと思います。

若い頃、自分の家だけが、私と母との関係が特別そういういびつな感じなのかと思っていました。
友人のところは違うのにって。
でも、今はパーフェクトな親って居ないんだと思っています。
親はやはり子どもによって育てられているんだと思います。
小さな心に負担があり、幸せなこども時代じゃなかったって思うこともあるけど、幸せだったことも確実にあるんですよね。

そして、今終盤に差し掛かって思うのは、無駄な体験ってないってことです。
2015.10.31 20:21 | URL | #- [edit]
みぃ says..."よかった。"
長く大変な道のりを経て…
お母様とハ多さんが氣心の知れた母娘へ辿り着いたこと嬉しいです。
各家庭ごとに色んな問題はあるでしょうが、やっぱり話し合うこと、受け入れることが大切なんだと感じました。
でも、それは簡単な事ではなくて、その境地に至るのが難しいのでしょうね。

「ゆるす」とは自分を自由にする手段というのは…
まさに、その通りですね。
お母様が急に自己反省をされ始めたのは、お母様自身を自由にしたかったのかもしれませんね。

貴重なお話を、ありがとうございました。
お母様とのご旅行、楽しんでくださいね(*´︶`*)
2015.10.31 22:23 | URL | #- [edit]
naoran says...""
私にも形は違えど、母について似た経験があります。そのことが元夫との結婚離婚にもつながったのも似ています。

私は30歳を過ぎてから母に感じていたことを話しました。

そして八多さんのお母様と同じ反応をされ、未だわだかまりがあります。

私の娘に対して私が取った行動をよく批難してくるのですが、私が子供だった時、
その何倍も何倍もひどい仕打ちをしたじゃないか!
そのことについて、なんの反省もないあなたに言われたくない!
と怒りが沸き起こり、
なぜ私にはあれだけのことをして謝りもせず、私には絶対してくれなかったことを私に課すの?
と、子供に戻った自分(これをインナーチャイルドというのでしょうか)が再度傷つく感じがするんです。

私は母に怒りを抱くより、恐怖を感じていました。
八多さんのように賢くはなかったんです。

まだ私は時間がかかっていますが、なんとかしたいと思い続けている事なので、
とても興味深く自分のことのように読ませてもらいました。

昨日の『その1』のコメントでめぐさんも書いておられたけれど、母も癒されていないものがあるのだろうと、
自分が子供を持った後で気づきました。

そして脈々と流れるこの負の連鎖を断ち切りたいと思っています。

八多さんがお母様から『ごめんね』をもらったこと、本当によかったです。自分がもらったような気がしました。

希望を感じさせてもらいました。

私は『ごめんね』をもらえるかは分かりませんが、自分ができることをまずやっていけばいいのだと思いました。

八多さん、このお話をシェアしてくれてありがとう!!



2015.11.01 00:10 | URL | #- [edit]
MM says...""
色々と大変でしたね。勇気を持って公開していただいたこと、感謝です。

皆さんと同じく、私もとても似たような(出来事のエッセンス的に)経験をしてきました。
私は八多さんよりずっと要領が悪くて親などにも立ち向かうことができませんでした。
大人になってから、もっと自分自身のために戦ってよかったのだな、とわかりましたが時すでに遅しです。

でもそういう生き方しかできなかったし、それが私の学びだったんでしょうね。

私の母は結構早く亡くなったので和解のようなことはほとんどできなかったのですが、今になってやっと自分で自分を受け入れられるようになり、生き直しスタート!という所です。
自分自身を受け入れて愛するというのが一生にひとつの私の最大の目標だったんだろうな、と思います。
そのために色々なことがあったのでしょうね。かなりきつかったけど、今自分を大事に思えるようになったことがうれしいです。

親の世代は親の世代(社会)からの諸々の負担があり、私たちには私たちの負担があるんでしょうね。
将来に負の部分を押し付けるのではなく、我々のところで断ち切りたいですね。

八多さんのお母さんとの関係が改善されたこと、私もよかった!と思いました。
お母さんにも感謝です。
2015.11.01 09:50 | URL | #YhxRTNrk [edit]
めぐ says...""
naoranさん
私のコメントを読んで頂き、共感頂いてありがとうございました☆

親にも子どもだった時があるように、傷を負ったまま大人に、母親になっていてもおかしくないですもんね。
私もいい大人になって気づきました。

naoranさんはお母さんに気持ちを伝えていますから、八多さんのように時間がお母さんの心を柔らかくほぐしてくれるかもしれませんね。
『ごめんね』をもらえる日が訪れるのを、私も心からお祈りしています。
私もnaoranさんも皆さんも、心の中で『母』を温め続けられるといいですね!
2015.11.01 14:32 | URL | #hfhOqJ1U [edit]
naoran says...""
めぐさん!
コメント欄書き込んだ後、ここを見ていなくて気づいてませんでした!
メッセージをありがとうございます。
自分の中で情けなく感じてる部分を思わず吐露してしまって恥ずかしくもあったのですが、気持ちに寄り添ったメッセージをくださり、なんだか心がほぐれました。
昔そうだったというより、今現在も色んな形で継続してこようとする母に対して、未だ恐れや苛立ちを感じている状態ですが、いつか自分も母もひっくるめて許すというところに行こうと思います。
私がそうすることで、ポコプンのいうように(私の勘違いでなければ)過去に働きかけることもできるかもしれない、母にも祖母にもそのまた母にも、とも思います。
八多さんとお母様の旅、いかがだったのでしょうか?それも気になります。
また後日談書いていただけると嬉しいなあ。
心の中の母、温め続けて八多さんに続きたいです。

2015.11.26 00:58 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/424-a340568a
該当の記事は見つかりませんでした。