癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

癒守結セッション パート1 体験記(@NY Cさん)

「癒守結セッション パート1」を受けて下さったCさんから、
ご体験記を頂きましたので、ご紹介させて下さい。



セッション中、自分のお腹あたりから、何かがぐわーっと動き出して、
そのエネルギーに引っ張られるまま身を任せて、自分の体の中で
しばらく乗り物にでも乗っているような感覚を楽しみました。

八多さんの投げ掛ける質問に、
最初は自分の知識で答えてるだけ、の感じでしたが
たまにイメージ、直感のようなものが即座に出てきて
それを言葉に置き換えるのが自分なので、
自分の考え??かと思ったのですが
どうやらそういう感じでくるのが、内なる神との会話なのかなーって。
その感覚を初めて掴んだという感じです!

セッション中、印象深かったのが、彼氏と私の関係を聞かれた時、
陰陽のマークのようなものが、陰と陽それぞれ、
流動的な水のようなもので満たされている感じがして、
甲乙、ぴったり合うことが出来る相手なんだなって感じました。
とっさにうまく言葉にできませんでしたが。

あと、電車の乗りかえとかで、
いつも直感をはずして待つはめになったりしてる気がするって言ってたんですが、
セッション後のある日、乗り換えの電車を待っている時、
他の駅で乗り換えた方がよかったか、とまたいつものように考えていると、

『信じる』

という直感がきました。

その時にたくさんある選択肢からちゃんと自分が選んだなら、
そしたらもうそれを信じるだけ。
他の選択肢のことなんて、もう考えない。
という感じでした。

ちゃんと直感に従って、ちゃんと納得して選ぶこと。
それの連続だし、今に集中して、
過去や未来の選択をくよくよ考えない。
その感覚を、ちゃんと体験して学べた気がします!

これからもっと円滑に内なる神とコミュニケーションをとれるようになっていきたいです。
そしてまた、準備ができたらセッションお願いしますね!
ありがとうございました!!



Cさん、「癒守結セッション」を受けて下さった上に、
早速の体験談を本当にありがとうございました。

ちょうど日本帰省前のタイミングにCさんから体験談を頂きまして、
日本で癒守結セッションパート1を受けて下さる、
八多と初対面のみなさんの参考になればいいなと思って、
久々に体験談の掲載をさせて頂きました。

「癒守結セッション」については、
こちらのホームページをご覧下さい。

『癒守結』
http://isyui.weebly.com

『癒守結フェイスブックページ』
https://www.facebook.com/isyui.healing


みなさまからのお問い合わせをお待ちしております。
*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪

詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

もちもち says..."こんにちは!"
『イメージ、直感のようなものが即座に出てきてそれを言葉に置き換えるのが自分なので、』

上から目線に聞こえていたら申し訳ないのですが、この感覚です!凄く大切です!(・Д・;)

そしてもちもちは誰と繋がっているんだー!

という最後どうでもいいコメントをしつつ、『過去や未来の選択にくよくよしない』の言葉に感動を覚えました。

凄いなあ(*´∀`*)
2015.11.09 15:57 | URL | #- [edit]
mumi says...""
なんかもう少しで感覚的につかめそうな、微妙な感じなのですが、何となくわかったようなわからないような・・・
うーもう少しって手を伸ばしたら届きそうな・・・。

うーん、体験したいです。
2015.11.10 13:53 | URL | #- [edit]
みぃ says..."そうそう…"
そんな感じでした!
自分の口から言葉が出てくるので最初は私が話してると思うんですけどね…
急に思ってることと違う言葉が出てきてギョッ(ㆁ௰ㆁ)とするんです。

懐かしく思い出しました。
2015.11.10 14:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/430-53c4f7fe
該当の記事は見つかりませんでした。