癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

私の夢

1月18日、アメリカは「キング牧師」の祝日です。



私には夢がある。

それは、いつの日か、ジョージア州の赤土の丘で、かつての奴隷の息子たちとかつての奴隷所有者の息子たちが、兄弟として同じテーブルにつくという夢である。


私には夢がある。

それは、いつの日か、不正と抑圧の炎熱で焼けつかんばかりのミシシッピ州でさえ、自由と正義のオアシスに変身するという夢である。


私には夢がある。

それは、いつの日か、私の4人の幼い子どもたちが、肌の色によってではなく、人格そのものによって評価される国に住むという夢である。


今日、私には夢がある。

私には夢がある。それは、邪悪な人種差別主義者たちのいる、州権優位や連邦法実施拒否を主張する州知事のいるアラバマ州でさえも、いつの日か、そのアラバマでさえ、黒人の少年少女が白人の少年少女と兄弟姉妹として手をつなげるようになるという夢である。


今日、私には夢がある。

私には夢がある。それは、いつの日か、あらゆる谷が高められ、あらゆる丘と山は低められ、でこぼこした所は平らにならされ、曲がった道がまっすぐにされ、そして神の栄光が啓示され、生きとし生けるものがその栄光を共に見ることになるという夢である。



(米国における最高の演説であるとされている、
キング牧師がリンカーン記念館で人種平等と差別の終焉を呼びかけた演説、
1963年の「私には夢がある(I Have a Dream)」より抜粋)





つい50年前には不可能とされたキング牧師の夢が、
現実となったように、

私にも夢があります。

それは、
「3次元にいながらのワンネス」
です。

記事『人のために一番役に立つこと』
で、ポコプンの言っていた、

自分自身が常に満たされ、
本当の意味で自分を愛する状態になる為にも、
考えすぎないように、分析しすぎないように、何においても、


「ま、いいか」


の意識に人類が至る事です。



ほとんどいつも、
創造的でひたむきな少数派が
世界をより良いものにしてきた。

人は死んでも、
その人の影響は死ぬことはない。

(キング牧師の名言より)




このキング牧師の名言のように、
次世代、そして未来の地球のワンネスへの、
礎となれることを、夢見ています。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.18 14:55 | | # [edit]
みぃ says..."壮大な夢"
ほとんどいつも、
創造的でひたむきな少数派が
世界をより良いものにしてきた。

人は死んでも、
その人の影響は死ぬことはない。

(キング牧師の名言より)


とてつもなく壮大な夢であっても、
長い年月がかかってでも実現するのは時代が移り変わっても同じ意思を持つ誰かが受け継いでいくからなんですね。
その人の影響は、ずっと続いていくんですね。

ハ多さんの夢も必ず実現しますね❗️
2016.01.20 13:08 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは~!"
3次元にいながらのワンネス素敵ですね!

今自分はこれといって夢や志など無くて、そういう生き方が出来る人はカッコイイといつも思っています(´・ω・`)

でも記事を読んでいて八多さんのように、その方の夢を聞けて嬉しいなという自分が居る事に気が付きました。

ありがとうございます、言葉にするのは難しいですが嬉しくなりました(´∀`*)
2016.01.20 15:22 | URL | #- [edit]
mumi says...""
キング牧師のスピーチ、英語の時間を思い出します。
祝日にまでなっているとは・・。
世の中、無理なことなのないのですね。
そして真実の思いはずーと受け継がれていくのですね。
八多さんの夢の実現のためにも「ま、いいか」広めましょう。
2016.01.21 22:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/459-befcbfd0
該当の記事は見つかりませんでした。