癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

ノストラダムスの大予言は、まんざら間違っていなかったそうです

「ノストラダムスの大予言」を知らない世代の方へ。

Nostradamus.jpg


フランスの医師・占星術師ノストラダムスが、
『予言集』(初版1555年)に掲載した、
1999年7の月に人類が滅亡するという解釈が、
日本では「ノストラダムスの大予言」として知られていて、

私たち世代が中高生だった時には、
本当に人類が滅亡するのでは・・・
という不安を心のどこかでみんな持っていたんです。

「その『ノストラダムスの大預言』が、
まんざら間違っていなかったそうなんですよ」
と、ノンモさん。

『予言書』のように、
1999年に人類滅亡はなかったものの、
この年の辺りから、スマホ、タブレットなどの高度なテクノロジーが、
突然市場に普及したことで、

それまでの地球のシステムが壊滅し、
アヌンナキの作るシステムがはじまったのが、
1999年なのだそうです。



スマートフォンの創成期における重要な年が1999年である。
(Wikipedia「スマートフォン」より)




スマホやタブレットの普及で、
人間同士がコミュニケーションを取らなくなってしまいましたが、
その代わりにネットなどから、動物虐待や環境汚染、自然破壊などの、
真実が一般的に知れ渡るようになったことで、
保護活動や、リサイクル、オーガニックや非GMO食品などが、
ここたった15年ほどの間に、目に見える勢いで増えています。

アヌンナキは、スマホやタブレットで、
人類のマインドをコントロールしようとしましたが、
天は人類の意識を目覚めさせるために利用しました。

「癒守の地球物語」パート2へ、

​シリウスの最高神(キリスト意識?)が、アヌンナキにやりたい放題させておいたのはなぜ?

人種差別の根源の深さ、格差問題、争いや奪い合いが、
アヌンナキによって意図的に作り出されることを止めなかったのは、
シリウス神の誤算だったのかな?
それとも、魂の満足を高めるために、アヌンナキが泳がされていたのかな?


といった、ご質問のコメントを頂きましたが、
(コメントありがとうございます!)

神は現在の私たちには見えない、
未来の大きな結果を見ています。

神にとっては、人類の意識が目覚め、
その結果、高次の光の地球となることが最重要であるので、
その過程には、自然破壊や動物虐待、
アヌンナキの人類の家畜化を促すスマホやタブレットなども、
不可欠要素だったとのこと。

神は最初からアヌンナキの目的を知っていましたが、
それを初期段階で止めてしまうと、人類に、

「ん?おかしいな?」
「ひどい!助けてあげたい!」
「みんなそう言うけど、本当に安全なの?」


といった、思いが生まれず、
意識も現在のレベルまで向上しなかったのだそうです。

「少し過去に遡ると、
命がとても粗末に扱われていたことが分かりますよね。
けれど、いけにえをやめたり、共食いをしなくなったり、
日本国内での戦争や殺し合いもなくなって、
人間は命の大切さを理解するようになりました。
地球はどんどんひどくなっていると思われがちですが、
そうやって、ちゃんと意識は高まってきているんです」
と、ノンモさん。

オリオン神、シリウス神、ベガ神、そして「アルクトゥルス+プレアデス」神
の4神が4種類の人間を産み出しましたが、
この4種類の人間がまとまるためにも、
アヌンナキに地球をひっかき回させる必要があったそうです。

人類は真実を知り、急速に目覚めはじめています。
そして、アヌンナキのコントロールが必要のない人生を選ぶようになっていきます。
そうやって、4種の人間はまとまり、混血が進み、
光の地球では、人間は多種多様なDNAを持つ1種のみとなるそうです。

神は長い目で大きな結果を見ています。

現在巻き起こっている、私達に理解できない出来事も、
光の地球の重要要素となるのでしょう。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 宇宙と宇宙人
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

もちもち says..."こんにちは~!"
1999年!!(; ・`д・´)

ある意味予言が当たっていたのですね、アヌンナキのことだったとは。

いつか心からアヌンナキにお礼を言える日が来るのでしょうか。

それにしても神様達容赦無いです!(褒め言葉ですポコ笑)
2016.03.14 12:47 | URL | #- [edit]
ちびこ says...""
いま、人種や国境、その他もろもろの社会の枠組みを超えて
希望や愛といったものを大事にしようという人々の間でつながりが
大きくなっているように感じます。

本当に苦しかったけれど、やっと光が確実に見え始めたのかもしれません。
嬉しいです。
2016.03.14 15:12 | URL | #- [edit]
きく says...""
八多さん、またまた貴重なお話をありがとうございました。やはりシリウス神は、全てを知った上で、人の成長を促しているのですね。きっと全体の意識を高めるために、今、生きている人々は、あえて志願してこの時代に生まれてきたのだろうなあ、としみじみ思いました。

社会に目をやると、心が痛むニュースが多いです。それでも、長い目で見れば、よくなっているのですね。嬉しいです。知ること、惑わされないことだけでも、次の瞬間の意識が変わりますね。大層なことはできませんが、少しご機嫌になりました。
ご体調、快復途上とはいえ、あまり無理しないで下さいね。
いつもありがとうございます。
2016.03.14 18:20 | URL | #- [edit]
みぃ says..."懐かしい…"
ノストラダムスの大預言…
子供のころ「あぁ…私は20歳で死ぬんだ。」と思ってましたね〜。
1999年7月になって何もなく拍子抜けしたのを覚えています。
ノストラダムスの予言は割と当たっていると聞いたことがあります。
終わり良ければすべて良し…となるべくの全て神仕組みなんですね。
色んな経験を重ねて人類は少しずつ意識のレベルをあげ神様の望む結果に近づいてるんですね。

そのうち、ひとつの人種になるということも遠い未来のようですが楽しみです❗️

2016.03.15 15:35 | URL | #- [edit]
mumi says...""
空から来る恐怖の大王がアヌンナキとネット社会でしたか・・・。
ノストラダムスも予言で見た世界をいくら頭が良くても、当時の自分の知識で言葉で書き記そうとも
ボキャ貧になっても仕方ないですよね。

そして、言われてみれば、あの頃から急速にネットが広がってきましたね。
感慨深いのはやはりアヌンナキも天の采配の一部だったってことです。
2016.03.16 20:30 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/492-d62d4be2
該当の記事は見つかりませんでした。