癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

癒守の地球物語2 「ホルスとイエス」

シリウスの使者イシス(ISIS)は、シリウスのエネルギー体であるトート神のエネルギーを受けて処女懐妊し、エジプト神ホルスが産まれました。エジプト神話で知られる、イシスやホルスなどの神の名は意識体の名であり、イシスはメリー(Meri)という名の女性に入った意識体でありました。


ホルスは太陽暦の12月25日ではありませんが、太陰暦の冬至の頃に生まれました。冬至の夜空には大きなシリウス星が輝いていたので、救世主であるホルスの誕生を知らせる東方の星としてシリウス星を、そのそばに輝くオリオンの3つ星を、救世主誕生の祝いに駆け付けた3人の王として比喩され伝えられました。月の歴(太陰暦)を使用していた古代エジプト時代、占星術はとても重要な天文学のひとつでした。


シリウスの使者を母に、シリウスのエネルギー体を父に持つホルスは、その優れた才能を若くから発揮し、12歳にして教育者となり、30歳で洗礼を受け聖職活動をはじめます。この古代エジプトで行われていた洗礼こそが真実の洗礼であり、シリウス星から持ち込まれた特殊な水を使い、宇宙意識と繋がるために第8のチャクラを開く儀式であったのです。


ホルスは12人の使徒と共に旅をしますが、この12という数字は、12星座からのものです。旅先でホルスは病を癒したり、水の上を歩くなどの奇跡を行います。そして、裏切りにあい、盗賊と共に十字架に磔になり埋葬され、その3日後に復活します。


この偉大なホルスの人生は神話として世界中に伝わっています。



紀元前1200年、古代ギリシアのアッティス
処女懐妊。12月25日生まれ。磔で死亡し、3日後に復活。


紀元前1200年、ペルシアのミスラ
処女懐妊。12月25日生まれ。12人の弟子を持ち、奇跡を起こす。死後3日後に復活し「真理」や「光」などと呼ばれる。ミスラの礼拝日は日曜日とされる。


紀元前900年、インドのクリシュナ
処女懐妊。誕生を知らせる東方の星が現れる。弟子たちと数々の奇跡を起こす。死後復活。


紀元前500年、ギリシアのディオニューソス
処女懐妊。12月25日生まれ。旅をする教師であり、水をワインに変えるなどの奇跡を起こす。「王の中の王」、「神のひとり子」、「アルファでありオメガ」などと呼ばれる、死後復活。


(映画『ツァイトガイスト(Zeitgeist, the Movie)』より)



この偉大な神や聖人は全て架空であり、この神や聖人に近い地位にいた人物の偉大さを後世に伝えるために、ホルスの神話と混ぜ合わされたのでした。


シリウスの最高神は、アヌンナキが、このエジプト神ホルスの人生を演出する計画がある事をイエスに伝えました。ホルスに値する人物として、アヌンナキのDNAを掛け合わせたイエスを産み出し、マリアに処女懐妊を信じ込ませ、冬至の夜空に輝くベツレヘムの星に(アヌンナキのUFO)、救世主の誕生を祝う東方の三人の博士たち、聡明な12歳のイエスを神童と呼ぶ聖職者たち(どちらもアヌンナキの広告塔)、30歳で洗礼を受けさせ布教活動を開始させるなど、イエスの人生をホルスの人生そのもののように、アヌンナキが演出するというものでした。水をワインに変えたり、人々の病を治したり、水上を歩くなどのイエスが起こしたとされる数々の奇跡も、ホルスの奇跡を現実化させるために、全てアヌンナキが演出したものだったのでした。


なので、アヌンナキにとってのイエスとは、自分たちの計画通りに行動さえしてくれればよいだけの、ただの操り人形であったのでした。

ホルスとイエス

ISIS HORUS MARY JESUS

ホルスを抱くメリー(イシス)と、イエスを抱くマリア

Sirius and Three Kings

冬至の東の空に大きく輝くシリウスと、オリオンの3つ星。(映画『ツァイトガイスト(Zeitgeist, the Movie)』より)

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

mumi says...""
ホルスにあやかろうなどと、アヌンナキはオリジナリティが無さ過ぎです。
盗作だ!
ホルスはシリウス直系だったのですね。
松果体がホルスの目と言われるのも形だけではないのかもしれませんね。
2016.04.23 12:26 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは~!"
ホルス神は本当に存在していたのですね(*・∀・)

神々とは関係無いのですけど、古代エジプトは何故かドロドロしているイメージが勝手にあります。気の所為でしょう(汗)

話を戻しまして、イエスとホルスこんなにも共通点が…、いやいやアヌンナキが故意に…ですね。

映画の方も結構真実に踏み込んでいますね(; ・`ω・´)ゴクリッ

真実が出てきてゲームも終盤へと近づいて来ているのかも知れません。

なんか少しカッコイイこと言いたくなり書いちゃいました、これは後々恥ずかしくなるパターンぽこ!(笑)
2016.04.23 21:33 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
mumiさん、もちもちさん

コメントありがとうございます♪

mumiさん、
トート神も、イシスも、ホルスも、全員シリウス系なんですよね!
そして、ホルスの目=松果体の中のシリウス意識なのだと思います。

もちもちさん、
真実を出して、ゲームを終盤にもっていってやろうと思っています。
私もカッコイイこと言いたくなるほど、アヌンナキのやり方に腹立ってます。
2016.04.27 09:11 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/509-c5d198cc
該当の記事は見つかりませんでした。