癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

正しく怒ってください

「アヌンナキによって人類が家畜(奴隷)化されていて、
彼らが私腹を肥やすために、九州の人工地震などで、
尊い命を遊び感覚で奪っているというのに、
なぜ誰も怒らないんでしょうね?」
と、ノンモさん。

九州方面で実際に被害に合われた方は、
憤慨されていると思いますけどね・・・。

まぁ、それに「怒らないこと」「怒りの手放し」を、
ブログに書き続けてきましたから、
怒ってはいけないと思っていらっしゃるのかもしれませんよね。
それにポコプンだって、こんな時こそアヌンナキの思い通りにならないように、
笑顔と小さなポジティブを見つける努力を!
って言っていたじゃないですか。

「八多さんが手放した怒りは、
同僚や元だんなさんへのエゴの怒りでしたよね。
そういった個人的感情のエゴの怒りと、
アヌンナキに対する怒りは全く違うものです。
怒りにも、”正しい怒り”と”間違った怒り”があるんですよ」

確かに。
ストレス発散の対象として、毎日いじめにあっている子供や、
宗教上の理由で、好きでもない男の元に嫁がされる幼い少女や、
騙されて罪を着せられ、一生牢獄から出られない人や、
社員を物のように扱う社長に、過労死させられた社員など、

おとなしく、いじめられるままになっていること、
好きでもない夫に仕えるだけの苦痛な人生をおくること、
罪を着せられて一生を終えること、
社長の私腹を肥やすために、過労死すること、

が、素晴らしいことではないし、
その状況下で笑顔を絶やさないでいることは、
ハッキリ言って、いじめっ子や罠にはめた人間や、
私腹を肥やしている社長を喜ばせる拷問です。
喜びや楽しさや幸福感と同じように、
ちゃんと怒りや不満を感じることも大切な経験だと思います。

そして、そのひどい現状を知っていて間近で見ているなら、
知らんぷりをするのではなく、
立ち上がり、現状を変えるために、
それぞれができる何かをするべきだと思います。

「なのでみなさん、
正しく怒ってください」

と、ポコプン。

人間の不安感と恐怖を使って、アヌンナキは人類をコントロールしていますが、
その不安と恐怖に翻弄されないためには、
常に幸福であることが大切なんじゃないですか?

「この3次元では、何があろうとも幸福でい続けることは難しいんですよ。
どんなに幸福でも、ほんの少しの恐怖や不安で、
あっという間に気持ちは落ちてしまいますからね。
なので3次元での『不安と恐怖』の対義語は『幸福』ではなく、
『怒り』なんです。
怒りが不安や恐怖を吹き飛ばすんです」
と、ノンモさん。

例えば、自信がなく不安な気持ちで会議のプレゼンをすると、
ミスばかり起こしてしまいますけど、上司にあれこれやじられているうちに腹が立ってきて、
吹っ切れて恐れがなくなり、素晴らしいプレゼンができるようになるような感じです。
スポーツや面接や舞台上で、こういったご経験をされた方は、
たくさんいらっしゃると思いますけど。

でも、そうやってみんなが怒ると、
暴動が起きるんじゃないかと恐れる人もいると思うんです。

「少しは暴動が起きるかもしれないね」
と、ポコプン。

「けれど、これからの地球では、暴力での解決ではなく、
もっと平和的な解決に向かうはずです。
過激なデモや暴力では、何も解決しないことを知っている人が増えているからです」

その平和的な解決って、
例えば、映画『ツァイトガイスト』が提案していたような、
紙幣や物質欲を手放す事なんでしょうか?

「それではまたアヌンナキの思い通りになってしまうんです。
だから、紙幣や物質欲を手放す必要はありません。

そんなことよりも、これからは正しい心を持った人が増えてきます。
例えば、正しい目的を持った政治家が世界中に現れるんです。

今まではアヌンナキがそういった政治家に力を持たせないように、
人を買収したり、選挙にインチキを使ったりして、
政治に関わらせないようにしていましたが、
これからは、買収される人が減り、
選挙でインチキを使っていた人たちの一部が不正を働かなくなるので、
正しい政治を行う国が生まれてきます。
そうやって人々の正しい心と勇気で世界が変わっていくんです。
そしてその世界では、アヌンナキの居場所がなくなるんです」
と、ノンモさん。

光の地球には、人々を不安と恐怖でコントロールする、
アヌンナキはいません。
その幸福感にあふれた地球へ私達は転生します。
この3次元では光の地球と同じ状態は望めないのですが、
天としては、みんなの魂が次の転生先の光の地球に向かえば良いそうです。

なので、アヌンナキによる『不安』と『恐怖』がはびこるこの3次元では、
ちゃんと正しく怒ることが大切になるそうです。

「自分たちの居場所がどんどん減ってきたアヌンナキは、
危機感から第2のゲームをはじめるようです。
このゲームは人類にとって、とても残酷なものとなります」
と、ノンモさん。

(→第1と第2のゲームについては、
「月双ノンモの地球寓話『ノンモの部屋4』」をご参照下さい)



「第2のゲームが始まる前に終わらせる」
とポコプンは言っています。

アヌンナキのゲームに終止符を打つために、
何千年も前から慎重に天が計画してきた、
『その時』がもうすぐそこまで来ているそうです。
『その時』とは今年や来年ではないけれど、10年以内のことのようです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Category : 宇宙と宇宙人
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

もちもち says..."こんにちは!"
怒りにもいろいろあるのですね(;・∀・)ナント!

自分はトンチンカンなことをよくやらかすので、そういう大切なことがちゃんとできるのか不安ではありますが、少しずつ学んでいきます。

『正しい怒り』大事ポコ!
2016.05.08 13:26 | URL | #- [edit]
mumi says...""
内に内にと向かって、自分の精神の安定だけを求めるのではなくて、、、
現状に満足して幸福感を感じることこそが必要なのだと、不正や暴力や差別にすら心乱されないことを推奨されているのかと勘違いしていました。
自分の無力を嘆くよりは無関心でいることなのかと。
「正しい怒り」で変えていこうとして良いのですね。
光の地球は三次元の地球と同じではない、アヌンナキが居ない地球はどんな地球でしょう。
第2のゲームの内容は知りたいような知りたくないような、ポコプンたちが始まる前に終わらせてくれるなら、知る必要はないですね。
自分の正義が独りよがりにならないように、心していきたいと思います。
2016.05.09 19:41 | URL | #- [edit]
みぃ says..."正しい…"
怒りはOKなんですね(*´︶`*)

アヌンナキには怒ってます(笑)
ただ目の前にいないので何だかボンヤリした怒りです。
「ふざけんな」「何様だよ」と常に思ってます。
正しい怒りを力に変えて、より良い地球にしなくてはいけませんね!
2016.05.10 18:53 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/518-618bc75c
該当の記事は見つかりませんでした。