癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

ベビーブームがやってくる

「神式会社 本編その2 3コ目」に書きましたが、
2014年から生まれてくるすべての赤ちゃんのエネルギーは、
シリウスBのエネルギーに総入れ替えされます。

降り始めのポツ・・、ポツ・・とした雨粒のように、
今までにも準備の出来たシリウスの赤ちゃんは生まれていたのですが、
今年の4月以降からは集中豪雨のように、
ドザーッとシリウスの赤ちゃんがたくさん生まれ出すそうです。

今年からシリウスの赤ちゃんの準備が整ったからだそうです。
どうやら、ベビーブームが来るみたいですよ!

今年以降に生まれる赤ちゃんは、穏やかな大人びた子供になるし、
成長したら、戦争なんかしたくない、宗教を必要としない大人になるそうです。
(シリウスの赤ちゃんは”半分宇宙人の人間”ではありません)

「子供に恵まれない女性が日本にたくさんいるのは、
シリウスの赤ちゃんの準備が整っていなかったためだそうですよ」
と、ノンモさん。

私もそうでしたが、子供が欲しくても恵まれなかった女性が、
特に日本人にたくさんいて、深刻な少子化問題にもなっていますが、
それがシリウスの赤ちゃんの準備が整っていなかったためということは、
準備が整った今、日本人にシリウスの赤ちゃんを産んでほしいって事ですか?

「もちろん、日本以外にもシリウスの赤ちゃんは生まれるんですよ。
でも・・・やはり日本人は意識が高いですからね。
特に日本人に産んでもらいたいと、天は望んでいるのでしょうね」

でも両親にシリウスの赤ちゃんを受け入れる準備ができていないと、
赤ちゃんは生まれてこれないそうです。
この準備とは、目覚めや光が高まるこれからの時代に向けての、
心の準備の事のようです。

そしてこの準備を、私とノンモさんが、
ISの本を出版する事などでお手伝いするらしいのです。

それにノンモさんは、将来シリウスの赤ちゃんを産むお母さんたちの、
赤ちゃんを受け入れる準備を助ける何かを始めなさいって、
ポコプンではない存在に伝えられてましたもんね~。
(→過去の記事「秘儀がすごい事になってきてます」をご参照ください)
そのポコプンではない存在って誰ですか?やっぱり社長ですか?

「いえ・・・『魂の法則』にはイザヤ以外にあと二人登場しませんか?」

(( ;゚Д゚))

・・・し、します。最終章で登場します。
ノンモさん、読み終わってないのに、なんでわかるんですか!?
二人の男性と女性なんですけど・・・。

「あの世では性別がないですが・・・男性の方ですね」

Σヾ(・Д・´○)ノ

それは、ジュノーですね!
ジュノー・・・新たな意識体の登場なのでしょうか?

*****************
秘儀ヒーリングと座談会に、ご興味がある皆さまからの、
ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


↓拍手&応援のポチも、よろしくお願いします↓

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

まるに says..."読みたい!でも確定申告が終わるまではがまん!(爆)"
魂の法則…途中になったままです(;^_^A

そして。
つい先日再婚したわたくしですが…
愛しい人の子供は、一緒になる前から欲しくていました(*ノノ)

…年齢的に、かなりぎりぎりです(苦笑)
いちお、初産ではないから、その辺は少し楽観しとりまするが(笑)

あとは、彼の意志のみ(爆)

“欲しいな”って思った時点で、名前は浮かんでたりします(*゚ー゚)ゞ
シリウスの赤ちゃんだったら、なおのこと嬉しいなぁ~って。
先日の恵子さんの記事で思っていましてん(*^.^*)

あとは。
神のみぞ知る!
ですかね(^◇^)
2014.03.14 09:42 | URL | #- [edit]
八多 恵子 says..."コメントありがとうございます♪"
まるにさん

コメントありがとうございます♪
50歳前のノンモさんの友人が、出産を考えているとか(しかも初産です)
超高齢出産の話をよく聞かされるので、
まるにさんだったら、、まだまだ大丈夫ですよ!
毎日、両親の準備ができるのを待っている赤ちゃんに話しかけてあげて下さい。
生まれてくる赤ちゃんは確実にシリウスですよ~。いいな~。
確定申告も頑張って下さいね♪
2014.03.16 07:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/53-c00cd74c
該当の記事は見つかりませんでした。