癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

南極はアトランティス大陸ではなくて、ムー大陸の可能性ありだそうです

ノアの方舟で知られる、約1万3千年前の大洪水のアセンション以前の地球は、
現在のテクノロジーなど足元にも及ばない、
超テクノロジーの世界だったそうです。

「3次元の物質は、
1000年もあれば全部塵になって消えるけど、
唯一石だけが消えないんだよ」

と、ポコプン。

なので、現在でも超テクノロジー時代に作られた、
石造物や石でできた遺跡(ピラミッドなど)や、
石版のレリーフだけは残っているとのこと。

「誰もが、古代エジプト時代や縄文時代を想像する時、
石造りの家で、原始的に暮らしている人々をイメージしますが、
その当時でも、スマホやコンピューターのような電子機器もあったんですよ。
もちろん古代の機器に比べれば、
現在のものなんて子供だましみたいなレベルですけどね」

どうやら、1000年経っても、たま~に溶けずに出てきて、
私たち庶民が目にできるものが、
”オーパーツ”と呼ばれるものになっているみたいです。

ポコプンたちは、アヌンナキたちから守るために、
この超テクノロジーを南極の2500メートルにも及ぶ、
分厚い氷の下に隠したのだそうです。

この氷の下には、
超音波で切断した巨石を、重力コントロールで軽々と運び出すことができる、
ピラミッドを作る時に使用したテクノロジーも隠されているそうですが、

その中でも、特にアヌンナキに手に入れられると困るものは、
過去、未来、次元、空間を自由に移動できる、
ゲートなんだそうです。

そして、氷が溶けてゲートが現れれば、
真実の神が地球に降りてこれるのだそうです。
ただし、その地球が光の地球である場合にだそうです。

「光の地球になっていないと、神は姿を現せないというよりも、
現そうとしないでしょうね」
と、ノンモさん。

このゲートがアヌンナキに見つかると、第2のゲームがはじまるそうです。
アヌンナキはこのゲートを探しているので、地球温暖化を早めているらしいです。

「神は、光の地球では南極の氷を溶かしたら、
地球上の別の地域に氷を作ったり、水不足の地域に水を移したりして、
地球が水浸しになることなく、南極の氷を溶かしていくそうです。
けれど、闇の地球では南極の氷が溶けても、
神は何もせず、溶かしっぱなしにしておくそうなので、
大洪水が起き、地球は水浸しになるから、
アヌンナキはゲートを奪うことはできないそうですよ」
と、ノンモさん。

なんだか、「舌切り雀」などの昔話を思い出してしまいます・・・。
ということは、生きている間に南極の氷が溶けて地球が水浸しになったら、
闇の地球にいるというサインなんですね・・・。

ポコプンから南極の氷がタイムマシーンだよって教えてもらうまで、
先進国がこぞって南極探査をすることに何の疑問も感じていませんでした。
でも今は「なんで?」って疑問に思わなかった自分に、
「なんで!?」って思います(笑)

それで、調べてみると、
南極はアトランティス大陸の可能性ありって噂を見つけたんですが・・・。
(グラハム・ハンコックの著書『神々の指紋』に書かれているそうですね)

「・・・・。
これはポコプン情報ではないですが、
南極大陸はアトランティス大陸であるように感じます」
と、ノンモさん。

南極大陸近くのサウスサンドイッチ諸島近くの氷の下に埋まっている、
巨大な円盤(UFO)をグーグルアースで見つけた人もいるそうですが、

Antarctic UFO

きっと、こんなものじゃないレベルのものが、
南極の氷の下には隠されているのでしょうね。

以下、2016年6月4日追記です:

どうやら、南極の氷の下はアトランティス大陸ではなく、
ムー大陸の可能性が高いそうです。

アトランティス大陸はノンモさんが感じたことですが、
昨日のミーティングでは、ポコプンが、
「ムー」
と、言いましたので、ムー大陸でほぼ間違いないようです(苦笑)

ポコプン・・・、もうブログに、
南極はアトランティス大陸って書いてしまったんですけど~(T_T)
と言うと、

「情報がコロコロ変化する方が信ぴょう性があって良いんじゃないですか?」
と、ノンモさんに他人事のように言われました。

たぶん、南極探査をしている国々も、グラハム・ハンコックを含む多くの方も、
氷の下にアトランティス大陸が眠っていると思っているのでしょう。

今まで何度も何度も、ムー大陸についてポコプンに聞いても、
「知らない」「重要じゃない」
と、スルーされていたのに、

『癒守の地球物語・沖の島』で突然、
宗像三女神の母親の故郷がムー大陸だと言い出すので、
もう!やっぱり重要なんじゃないですか!と、
ここぞとばかりにムー大陸について質問したのですが、
それ以上の情報はもらえず、またず~っとスルーされておりました。

で、すっかり忘れたころになって出てきましたよ!ムー大陸情報が!
(でもレムリア大陸については、ポコプンはノーコメントを貫いております)
ムー大陸とアトランティス大陸については、近日またブログに書きますね。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

大好き♡ says...""
前に
ポコプンエネルギーを注入してもらった石に、僕はずっと昔から、ここにいるんだよ(^-^)とメッセージを受け取ったんですが、

ほんとにほんとに昔から
地球のことを見つめてこられたんですね。

ポコプンも、石も。

2016.06.03 15:40 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは!"
アトランティスですか!(;゚ Д゚)ナンデストー

氷の下にはいろいろな物が埋まっているのですねぇ、ゲートはアヌンナキのおもちゃにならないで欲しいです汗

南極には文明が存在していたのですなあ~。

そういえばツタンカーメンのナイフが地球の物質ではないと記事になっていました↓
http://tocana.jp/2016/06/post_9919_entry.html
2016.06.03 18:52 | URL | #- [edit]
みぃ says..."そうなんだ…"
1000年経ったら石しか残らないんですね‼︎
だから石で出来たモノしか残ってないんだ…納得です。。。
今が一番、進んでると思っている人達に今よりグーンと進んだテクノロジーだったんだと見せてやりたいですね(笑)
南極の氷には本当に色んなモノが入ってるんですね。
まさかゲートが隠されているとはなぁ。。。
どうかアヌンナキに見つかりませんように(笑)
水没するから大丈夫か(*´︶`*)
2016.06.03 23:13 | URL | #- [edit]
あい says...""
でたーポコプンのノーコメント!怪しい!www

ってか、ムーの方なんですか?!www
2016.06.05 10:35 | URL | #- [edit]
ネコんぱす says..."ムー大陸!"
ムー大陸はあったんですか!
ムー大陸の研究をしてる人の本を読みましたが、後からあの本は嘘だった!みたいなことを言ってたのでショックでしたが、あったなら素敵だな~( ´∀`)
2016.06.05 11:23 | URL | #- [edit]
あおい says...""
レムリアは、ムー大陸の一部だったと読んだことがあります。

アマテラスの漫画を読みなおすと

こういう事だったんだなと改めて凄さを感じます。

私の中では、アトランティスに対して
良いイメージを持っていません。

純粋種に拘りすぎて 一部でレムリアンに行った残虐で
してはいけないことをしていたと行っていたと読んだことがあるからです。
読んだことあるからです
2016.06.05 11:59 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/534-8a45476f
該当の記事は見つかりませんでした。