癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

南米のスターゲートは、ボリビアにあったそうです②

昨日の記事の続きです。

というわけで、ティワ湖について調べていたところ、
ティワ湖じゃなくて、ティワナクと呼ばれる遺跡群が出てきました(苦笑)



ティワナク(Tiwanaku)またはティアワナコ(Tiahuanaco)は、南米のボリビア多民族国にあるプレ・インカ期の遺跡名、およびその管区と村の地名。また、その時代の社会や文化をさす言葉としても用いられる。後に誕生するインカ文明と同じく、文字を持たない社会そして文化であった。2000年に世界遺産に登録された。

(Wikipedia『ティワナク』より)




『ポンタ』が、プマプンクだったので(苦笑)
『ティワ湖』ではなく、ティワナク(ティアワナコ)で合っているだろうと、
リサーチを続けたところ・・・、

こちらの情報に辿り着き(着かされ)ました。

(すべて『オカルト・クロニクル』サイトさんからの転載です)

プマプンク自体、宇宙人が建てた遺跡であり、
それを人間たちがマネて造ったのがティワナク遺跡である。

『Legendary Times』を発行するジョルジョ・ツォカロスは荒廃したプマプンクを以下ように観察する。

「プマプンクはこれを建設した宇宙人の手で故意に破壊されたと私は考えています。宇宙人は地球を離れて次の任務へ向かう前にここを壊していったのです。どんな破壊行為が行われたのかは想像しがたいのですが、宇宙人は地球を去る前にここで宇宙戦争を行っていたのではないかと思います」


・・・って、宇宙戦争はさておき、
ポコプンが壊したって言ってる通り!!!

さらに、
『古代の宇宙人』という番組で、
プマプンク遺跡の謎に迫る!という特集が組まれていたそうなんですが、

その番組の中で、
プマプンク遺跡のひとつ100トンもある「H」型の巨石は、
一体何に使われたのか?という謎に対して、

プマプンク3

「H」の凹み部分が直角ではなく、意図的に角度をつけて彫られているため、
これはありつぎ(蟻継ぎ)と呼ばれる接合法ではないか?と、
仮定したところ・・・、

プマプンク7
プマプンク6


出た!蝶番!!!

(((( ;゚Д゚)))

そして、プマプンクとは、現地のアイマラ族の言葉で、

『The Door of the Puma』

という意味なんだそうです!
(Puma『ピューマ』はご存じネコ科の大型肉食獣)

出た!ドア!!!

(((( ;゚Д゚)))


そして極めつけは、
プマプンクから発掘されたこちらの土器の内側に彫られている古代文字が、

プマプンク9

シュメール文明(Sumeria)の文字なんだそうです!

プマプンク8

出た!シュメール文明!!!

(((( ;゚Д゚))) 

ということは、ムー大陸に関係していた・・・?


シュメール文明のあった現在のイラク地方のものが、
遠く離れた南米のボリビアにあるという・・・。


ちなみに、こちらの番組の30分ちょっと過ぎたあたりから、この実験映像が流れます。
(残念ながら、日本語字幕はついておりません)


ANCIENT ALIENS - THE MYSTERY OF PUMA PUNKU... by artforall101

ノンモさん、覚えていないだけでこの番組見てたんじゃ…(苦笑)

それから、この遺跡の周辺で語り継がれている、
『ビラコチャ』という創造神の伝説があるそうですが・・・、



遙か古代、創造神は世界を創ろうとした。初めに大地と空を作り、石から巨人も作った。はじめは上手くいっていたが、やがて巨人同士が仲間割れを始め、働くことを拒否した。そして、その報いとして創造主は世界に大洪水を起こし滅亡させた。ある者は溺れ死に、ある者は石になった。箱の中に入っていた男女二人だけが助かった。その大洪水が一段落した後、創造主は人間の姿となってチチカカ湖に降臨し、ティワナクを拠点にアンデスのほうぼうを訪ね知識を授けた。時が来ると、ビラコチャは海の泡と消えた。



『ノアの方舟』、『アダムとイブ』、『ギルガメシュ叙事詩』、『シュメール神話』などが、
ごちゃ混ぜになっていますし、
シリウス神とアヌンナキも混ざってますね・・・。
多くの古代神話は、後からアヌンナキが改ざんしているものがほとんどのようですね。

他にも、プマプンク遺跡にはアセンションの大洪水の跡が残っていたり、
遺跡近くの標高3810メートルにある、淡水湖のチチカカ湖には、
海にいるはずのタツノオトシゴが生息していたりと、
オカルト好きにはたまらない遺跡エリアのようです♪

こちらのリサーチ結果を、まだポコプンに報告していませんが、
明らかにこの番組は見せられたと思います。

5月からのポコプン、
すごいを通り越して、ちょっと怖いです・・・。
神の本領発揮を見せられている気分です(苦笑)

最後に、ツィッターで、
「(ティワナク遺跡には)ポンセ像というのがあるらしいですよw
ポンタに似てるっちゃあ似てますね」


と、やてぃさんに教えていただきました。
(やてぃさん、ありがとうございますm(_ _)m)

ポコプン・・・、もしかしてノンモさんに、
『ポンタ』じゃなくて、ポンセ!って言ってたの?(苦笑)

プマプンク10
ポンセ像


*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

ちびこ says...""
私も5月から何をするにしても、ビシバシ決まるし
導かれ・展開が明らさますぎて「Oh!」って感じです。

天・神・ポコプン、本気ですね。
2016.06.07 12:10 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんにちは~!"
なんですとぉぉおおお!!(゜∀゜;)

ノンモさんの言われた事が書かれていますね!!ビックリぽこ!!

ポコプンさん最近一体どうしたのでしょうか、古代文明の話しが盛り沢山ですぞー!!(ポンポコポーン!)

最後の、ポンタの謎が解けたのが面白かったです(笑)
2016.06.07 15:35 | URL | #- [edit]
きく says..."ムーの白鯨"
昔、ムーの白鯨というテレビアニメがあったのですが、荒唐無稽な話ながら妙にひかれました。そこでは、南極大陸に古代文明遺跡が残されていたり、3年前海に沈んだムー大陸や異次元に移動させられたアトランティス大陸といった世界観で、二つの大陸文明の戦いが、現代によみがえった戦士たちによって再度、戦われるというものです。

今、ポコプンがなぜ古代文明の謎を明らかにしているのかなあ、と思ったとき、このアニメが思い浮かびました。このアニメのせいで、日本とムー大陸がとても深い関係にあることが刷り込まれています。アニメ、侮れないですね。
2016.06.07 20:57 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
コメントありがとうございます♪

ちびこさん、
天・神・ポコプン、本気がきてたんですが、急に止まってしまいましたe-351 天は本当に気まぐれです。こんな時は・・・遊び呆けます(笑)ちびこさんは波に乗り続けてくださいね~!

もちもちさん、
ほんとうに急に古代文明情報が盛りだくさんで驚いています。3年間ずっと私の質問をスルーしていたというのに(苦笑)そろそろ何か出てくるのかもしれませんよね!

きくさん、
ムーの白鯨というアニメは残念ながら見れなかったのですが、「白鯨=シリウス系」でしょうし、シリウスが日本を作ったので、ムー大陸とも関係しているんでしょうね。このアニメ見てみたいですね。再放送してくれないかなぁ?
2016.06.15 02:57 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/537-98b40e8c
該当の記事は見つかりませんでした。