癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

星々は地球の生命を維持しているそうです

部屋の電気を消した真っ暗闇の中に、
携帯やコンピューターの充電器の緑や赤の光に、
延長コードの雷ガードのライトなどを見て、
まるで暗い夜空で輝く星みたいだな・・・と、
ノンモさんが思っていたら、

「分かった?」

と、ポコプン。

電源にコンセントがささっていて、
そこから電気が通っていることを知らせるための、
充電器の小さな光が、
携帯やコンピューターの生命(電源)を維持しているサインであるように、

夜空に輝く星々は、地球と地球上の全ての生物の、
生命を維持しているサインなのだそうです。

星空

星々と地球は目に見えないもので繋がっていて、
生命エネルギーが送り込まれているとのことで、
夜空の星々が無くなる時、
それはまた、地球上の生命が途絶える時でもあるそうです。


「ひとつひとつの星がとても重要で、
意図されて夜空に配置されているんだよ」

と、ポコプン。

星々の配置の変化により、
地上で受けるエネルギーも変わるそうです。

地球に生命エネルギーを送っているのは恒星で、
その中でも、特に重要なのは、
オリオン、シリウス、ベガ
であるとのこと。

太陽系の、
水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星
は惑星なので、この生命エネルギーには関係しないとのことですが、
太陽系唯一の恒星である太陽は、
生命エネルギーに関係してくるのでしょう。


     *****

☆ 星のお勉強・おさらい編 ☆


惑星(わくせい)とは?

恒星の周囲を主に恒星の重力の影響を受けて公転し、自らは発光しない天体。 一般に、太陽系では、水星・金星・地球・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星を指し、小惑星やその他の塵状物質を含めない。


恒星(こうせい)とは?

自ら光を発し、その質量がもたらす重力による収縮に反する圧力を内部に持ち支える、ガス体の天体の総称である。 人類が住む地球から一番近い恒星は、太陽系唯一の恒星である太陽である。


シリウスとは?

おおいぬ座α星、おおいぬ座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。太陽を除けば地球上から見える最も明るい恒星である。オリオン座のベテルギウス、こいぬ座のプロキオンともに、冬の大三角を形成している。冬のダイヤモンドを形成する恒星の1つでもある。


オリオンとは?

オリオン座(Orion)は、トレミーの48星座の1つ。ギリシャ神話における登場人物オリオンを題材とした星座。
天の赤道上にあり、おうし座の東にある星座。中央に三つ星が並んでいるのが目印。明るい星が多いため、特に有名な星座であり、しばしば文学作品などにも登場。オリオン座は他の星を見つける目印にもなる。シリウス(α Canis Majoris)はベルトのラインを南東へ拡張することによって見つかる。アルデバラン、プロキオン、ふたご座もオリオン座を基準にして見つけることができる。
α星は、全天21の1等星の1つであり、ベテルギウスと呼ばれる。ベテルギウスと、おおいぬ座のα星シリウス、こいぬ座のα星プロキオンの3つの1等星で、冬の大三角を形成する


ベガとは?

こと座α星、こと座で最も明るい恒星で全天21の1等星の1つ。七夕のおりひめ星(織女星(しょくじょせい))としてよく知られている。わし座のアルタイル、はくちょう座のデネブとともに、夏の大三角を形成している


全天21とは?

実視等級で1.5等よりも明るい恒星のこと。太陽以外に、全天で21個ある。

全天21
(こちらのサイトからお借りしました→☆)

個人的ですが、全天21の星々がなんか怪しい~と感じています。

それから、余談になりますが、
今までは、視界の端に小さくピカッと光る白い光と、
青色LEDのような、シリウスの光を毎日見ていたのですが、
先週はじめて、ピカッと光るピンク寄りの赤い光を、
アパートで見たので、ノンモさんに報告したところ、

「それは、ベガですね!
(*゚∀゚)=3」


と、ノンモさんが言うには、

視界の端に見える、
赤い光はベガで、
青い光はシリウスで、
黄色の光がオリオンだとのこと。

「八多さんが見る、白い光はオリオンですよ。
太陽は白く見えますが、真っ白ではなくて、
黄色であることを感じますよね?
黄色というよりも、ゴールドなのかもしれませんけど」

赤、青、黄色って・・・信号みたいですよね。
(青じゃなくて緑ですけどね)

それに三原色の色ですよね!
(光ではなくて、色の三原色ですけどね)

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 宇宙と宇宙人
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 1 comments  0 trackback

1 Comments

もちもち says..."こんばんは!"
星はこんなにも重要なのですね:(;゙゚'ω゚'):と、驚きつつノンモさんの暗い夜空で輝く星みたい~という発想がお洒落ですなぁ。

なるほどう、古代の人々が大切にしていた気持ちが少し理解出来た気がします。意図的で尚且つ重要な星の配置だったとは(驚)

しかも新しい情報を得つつ、星の勉強も出来てありがたいポコ(●´;ω;`●)八多さんいつもいつも本当にありがとうございます(喜)

なんと!星(神?)によって見える光の色が違うのですか~!三原色がそこへ繋がるとは!地球へエネルギーを送り込んでくれる全天21も気になってきましたぞ~!
2016.06.10 00:25 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/538-000cc2de
該当の記事は見つかりませんでした。