癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

お肉を美味しくいただいて下さい

月双ノンモの地球寓話の、
『隅っこのシーチキン』と内容が重なりますが、

牛肉や豚肉、鶏肉などのお肉は食べた方が良いと、
ポコプンは言います。

「もしもお肉を食べてはならないなら、
神はそういった存在を、この世に作りません」

とのこと。

自然の動植物で、食べ物でないものには、
トゲや毒や悪臭があったり、
まずくて食べられない肉として存在するのだそうです。

牛や豚の魂は、食べられることを経験するために生まれます。
食べられることを経験したい牛や豚が屠殺され、
スーパーマーケットに並ぶのです。

牛や豚が屠殺される時には、恐怖や苦しみを感じます。
涙を流すものさえいます。

「生きている時の牛と魚のエネルギー、そして、
殺される牛や魚の苦しみや恐怖のエネルギーがあって、
それで、殺されてステーキや刺身となったら、
美味しく食べてね♪っていう思いのエネルギーに変わるんです。
殺される時の意識にフォーカスしているから、
ステーキや刺身を見て、かわいそうだと思ってしまうんですけど・・・。
死んでもなお、一部一部が生きていると感じるんです」

と、以前の記事『刺身の気持ち。毛皮の気持ち』で、
ノンモさんが言っていたように、

ロースやフィレやタンなどに切り分けられた、
肉塊の一切れ一切れがそれぞれ、
食べられることを経験をしたいと思っているのだそうです。

「肉を食べることを避けるように伝えているスピリチュアルの人達は、
魂の本当の目的を知らない」

と、ポコプンは言います。

そして、食べられる経験が終わった、
肉塊の一切れ一切れの魂は、
また、ひとつの魂に戻るのです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 地球・地球語
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

もちもち says..."こんにちは!"
繰り返しおっしゃるということは大切なことなのですね(;゚Д゚)(いやいや、どれも大切ですぞ)

確かにスピ系のお肉の話は聞いたことがあります。

でも何で植物は良くてお肉はダメなんだろうとも思っていました。

そういう摂理を知った上でお肉を食べないという選択肢も良いんじゃないかな~と思ってしまいました。(食材を無駄にするのは論外ですけどね汗)

神にあだなすことを書きつつ(ポコプンさん、これがもちもちレベルですぞ!ほい!)お肉食べます(ええ?)、うまポコ!
2016.06.23 13:45 | URL | #- [edit]
だいすき♡ says...""
それを聞いて、とても安心しました(^-^)

正直、悩みどころで、私は肉を食べなくてもなんとかなるけども、食べ盛り育ち盛りには、やはり肉は必要だと思っていましたので。

私も、これからも美味しくいただきます。

粗末にしない事ですよね(*´ω`)o
2016.06.23 14:00 | URL | #- [edit]
hiroshi says..."mottainai!"
もったいないって
素晴らしい言葉であり
概念ですね

食べ残すということの重大さ
日本はすんごい量の廃棄食品を出しているそうですよね。

捨てられるという経験を選んでいるんでしょうか…
2016.06.23 15:15 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
みなさま~!
コメントありがとうございます♪

もちもちさん
そうですよね~。これ、何度も何度も繰り返しポコプンが伝えている事ですよね。この世の摂理を知った上でお肉を食べないという選択肢も良いと私も思います。私は年々肉が食べられなくなってきています(ただ単に歳のせいですが。苦笑)美味しいと感じられるときに、がっつり召し上がっておいてくださいね!


だいすきさん
スピリチュアルの方でベジタリアン食に変えたら、病気になってしまったというお話しをよく耳にします。人それぞれ違う肉体や年齢にあわせて、ありがたく、美味しく命を頂くことが一番大切ですよね。食べ盛りはお子さんですか?お肉も食べてもらえて、身体の成長の役に立てて喜んでいると思いますよ♪

hiroshiさん
日本人の「もったいない」も素晴らしいですし、「いただきます」「ごちそうさま」も素晴らしいと思います。お肉やお魚にしろ野菜にしろ、私たちのために身を捧げてくださっているので、心していただかないとと思います。破棄食品はここ数十年になってからはじまったと思いますので、人間のエゴの病ですよね。捨てられる経験はしたくないと思います。
2016.06.29 02:51 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/545-4e08cc71
該当の記事は見つかりませんでした。