癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

地球上の別次元に存在するニビル星

ポコプンの新情報は、次元が大きく関係してくるもので、
頭がこんがらかってくると思いますので、
理解して頂きやすいように、少しずつ出していきますね。
上手に説明できるように頑張ります~(>_<)

     *****

みなさま、ニビル星はご存知ですか?

ニビル星とは、アヌンナキが暮らしていた星の名で、
スピリチュアル界では、この↓ゼカリア・シッチン説が有名です。



シッチンは、古代シュメール文化の創造は、アヌンナキ(もしくはネフィリム)によるとの考え方をとっている。アヌンナキは、ニビルと呼ばれる太陽系に属する惑星から来た種族だという。
(Wikipedia 『ゼカリア・シッチン』より)



ところがノンモさん曰く、

「ニビル星は太陽系の惑星のひとつではなくて、
同じ地球上の別次元に存在するんです」
とのこと。

以前ノンモさんは、地球上には、1次元~高次元が同時に存在している
(次元は数字ではないそうですが、説明のために使っています)
と、言っていましたが・・・。

(過去ブログ記事→『次元について』をご参照下さい)


「地球の3次元と4次元の間に、ニビル星の次元は位置します。
でもどちらかといえば、3次元のほうに近いのかな?
それでも、自分たちの住む3次元よりは高次元なので、
自分たちからは、彼らが見えないんですよね。」

地球上の別次元に住む、
人間よりも高い意識を持ち、天使達よりも低い意識の存在体で、
望めば肉体を持って人間の前に現れる事が出来るそうですが、
普段はこちら人間サイドからは全く見ることが出来ない、
JINN(ジン)って、もしかしてアヌンナキのことですか?

(→旧ブログ記事『次元とJinn(ジン)について』をご参照ください)

「いいえ。JINN(ジン)とアヌンナキは違います」
と、ノンモさん。

「もしもニビル星の次元にチャンネルを合わせて見ることができれば、
すぐここに、アヌンナキがうようよいたりするんですよ。きっと(笑)
あ、でも、ニビル星では核戦争があって不毛の地になり、
現在は暮らせない環境になっているようです。

けれど、そうなってしまうまで・・・、
神はアヌンナキと共に、ニビル星に暮らしていました。
高次元のニビル星には、神が存在できたのです。

多くのアヌンナキは神と対話をしていましたし、
動植物ともコミュニケーションできていました。
ニビル星は、神と自然と動植物とアヌンナキが、
調和して平和に暮らす、楽園のような星だったんです。
宇宙人とも交流がありました」

なのに、ニビル星では核戦争が起こってしまったんですね?

「ある時、何者かがアヌンナキに、
Knowledge(知識)を与えたんです。

それまで考えることをしなかったアヌンナキは知識を得て、
自分より、兄弟の方が得をしているとか、
みんなが持っている物を、自分は持っていないとか、
という風に、考えはじめてしまったんです。

考えることからエゴが発生し、
アヌンナキの意識はどんどん低くなってしまいました。
そして、そのたびに、神々はニビル星で地上を大一掃する、
アセンションを起こしたんです。
けれどアセンション後も、
アヌンナキのエゴはいつも戻ってきてしまいました」
と、ノンモさん。

そして、現在の不毛の地となる原因の核戦争が勃発したのは、
ニビル星の第4番目の世界だったそうです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

らぶりん says..."初めまして"
初めまして。一週間位前にこのブログを知りました。バシャールや上江州さんの関連するブログをGoogleで検索していたら(でも、偶然って無いですよね)このブログに出逢い今は過去記事から遡ってみています。神式会社の新入社員になれるように少しずつですが、レベルアップしていけたらとおもいます。実は今日の記事を読んでいたら涙が急に溢れてきたのです。胸のあたりがモヤモヤ締め付けられるような感覚になって自分でも理解できません。不思議な感覚だったので思わずコメントしてしまいました。突然ですみませんでした。
2016.07.19 14:20 | URL | #B/fyqbzI [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
彼らにはそんな歴史があったのですか:(;゙゚'ω゚'):

落ちる所まで落ちちゃったのですね、今の地球の状況に似ているような…。

『知識』ですか、しかもアヌンナキへ誰が教えたのでしょう…。

二ビル星では平和に暮らしていたのに少し残念です、宇宙はエゴも存在の一部なのでしょうか(´ヘ`;)ウーム
2016.07.19 19:45 | URL | #- [edit]
みぃ says..."ん???"
何だか地球とニビル星のキャラがかぶってませんか?
記事のニビル星を地球に置き換えても何の不思議もない氣が…
(=゚ω゚)あれあれ?氣のせいですか?
2016.07.19 21:29 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.07.19 22:52 | | # [edit]
きく says...""
今、私たちがいる地球にパラレルな時空間があって、なおかつ次元もレベルに応じて多層的であるというのは、この地球だけが持つ特殊な仕組みなのかなあ。
別次元のニビルの話をうかがうと、次元間は、パラレルな時空間と違って分岐せず、影響しあうのだろうかと、思いました。
地に足をつけて今の世界のなかで生きていかなきゃって思いつつも、SF もファンタジーの世界も大好きです。今後の展開、楽しみです。
2016.07.20 12:40 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/561-99b9b4d6
該当の記事は見つかりませんでした。