癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

アナスタシアと、アヌンナキの第2のゲーム

大変遅ればせながら、
プレゼントして頂いた『アナスタシア・リンギングシダー』シリーズの、
4巻「共同の創造」を読んでいるのですが、

アナスタシア「共同の創造」
「共同の創造」著者:ウラジーミル・メグレ

ポコプンが、計画がとても残酷なため、
具体的には教えられないと言っている、
アヌンナキの第2のゲームについて、
この本の中の「章:侵略センター」で、
アナスタシアが触れているんですよ!!!
それに、「章:他の世界」なんかは、まさにアヌンナキのことだと思うんです!

でもどうやら、著者のウラジーミル・メグレ氏は、
そのことに気付いていないようなんですけどね。
(どうでもいい個人的な印象ですが、4巻になっても、
相変わらずウラジーミル・メグレ氏はアスホールですね

アナスタシアは、
「ぞっとするようなもの。話すのさえも気分が悪いもの」
と言いながら、その計画についてこう語ります。

● エイリアンが各国政府に、
自分たちは宇宙の最高知的生命の代表であると伝え、コンタクトを取り、
地球人への提案という形から始める。

● その提案とは、食べ物を野菜や肉からではなく、
科学的に調合された栄養混合物から摂取するための技術提供や、
コンピューターで管理された住居や職場の技術提供などで、
実行されることで、地球から戦争や犯罪や飢えがなくなる。

● 政府は権力を失わないことを知り、彼らを神の使者であると提唱。


このエイリアンの提案のどこが問題なんだと問う、
ウラジーミル・メグレに対して、アナスタシアは、

「異星人たちの条件を受け入れることは、
すなわち精神的な、神なる『私』を放棄することを意味している。
『私』を自分で殺してしまうことになるの。
残るのは物質的な肉体だけ。
そして、ひとりひとりが、どんどんバイオロボットに似た物になっていく。
そして地球の子供たちは、みんなバイオロボットとして生まれてくる」

「じきに多くの地球人が直感的に自分たちの過ちに気付くけれど、
その時彼らは自分の生を自殺という形で終わらせるようになる」


と、答えます。

なんだか水面下では、もうこの計画が開始されているように感じますけど、
アナスタシアの言うエイリアンとは、アヌンナキのことじゃないですか?

「アナスタシアの話している、
人間をのっとる方法はまんざら間違っていないそうです。
でも、彼らの第2のゲームはもっと残酷です」
と、ノンモさん。

『アナスタシア・リンギングシダー』シリーズは、
現在10巻まで出ているそうなので、
最新巻にはもっと詳しくこの計画について、
書かれているのかもしれませんけどね・・・。

「アヌンナキは人間を利用して、
機械を発達させようとしているそうです。
発達した機械が意思を持つようになり、
機械同士が電波で会話をするようになるそうです。
そして、この世は情の無い世界となります。
そして時がくれば、文句を言わない機械は残され、
文句を言う人間は抹殺されるそうです。
その時のために、現在ワクチンや投薬や食べ物などから、
人間にチップを埋め込んでいるんです」

そして、一部の富裕層にいる者、
または、選ばれた者だけが生き延び、
機械と共に暮らす世界がはじまり、
別次元の二ビル星で待機していた者が移住してくるのだそうです。

※この情報は第2のゲームのほんの一部で、
とても残酷なため、今伝えられるのはここまでだと、
ポコプンは言っています。


*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : アヌンナキ
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

みぃ says..."うわぁ…( º言º` )"
なんてこったぁ。。。
食事さえも薬みたいな感じになるなんて〜。・°°・(⊃T_T⊂)・°°・。

って、それどころじゃなく人が物として扱われるようになっちゃうんですね。
想像するだけで寒氣がします。

絶対に阻止してやる( ̄(工) ̄)
2016.08.02 21:34 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
共存ではなく乗っ取りですか(; ・`ω・´)

嫌な世界ですね、あまり考えたくないですね。

でも知っておくことも大切なことなのかも知れませんね。

個人的に料理が衰退していくのが物凄く嫌ですポコォ…(((; ・`ω・´)))
2016.08.04 18:43 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/575-5984b90a
該当の記事は見つかりませんでした。