癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

私の『何かや誰かのせいにしてたけど、 自分の心理的な問題だったのかも?』その2

前回の記事、「私の『何かや誰かのせいにしてたけど、 自分の心理的な問題だったのかも?』その1」
からの続きです。



「じゃあ、自力で答えを見つけてやる!」
と、思った私は、ネットを検索しまくりました。

そして、ブログで何度もご紹介している、
『すぐに役立つ心理学講座』
を発見しました。

このサイトとの出会いは衝撃的で、
私が探し求めていた答えがすべて書かれてありました。
何を読んでも目から鱗がボロボロとこぼれました。

人間関係の基礎である、

「依存」「自立」「相互依存」

を知り、私と夫の関係は、お互いがお互いに依存する関係の、
「共依存」であることが分かりました。

そしてそれが、私たち夫婦だけの特殊なケースではないこと、
また、それを乗り越えた症例が多く存在することを知っただけでも、
心の荷が軽くなったのでした。

なぜ小学校で、この心理学を教えないのだろう?
せめて基礎だけでも小学生のときに知っていたなら、
どんなに救われたことだろうと思いましたし、
いじめや喧嘩も減るのではないかと思っています。

結婚や恋愛の4つの心理ステージについて知ったのも、
このサイトからでした。
(→過去記事『結婚の4つのステージ』をご参照ください)

終焉を待つのみと思っていた夫婦関係に、
「再生」のステージが待っている!
と知った私は、希望とその可能性に心が震えました。

このサイトでは現在、800件を超える心理ケースが紹介されていますが、
それを1番目から最後まで何度も何度も読み返し、頭に叩き込みました。

元夫にも、この相互依存のステージにがんばって一緒に行こうよ!と、伝えましたが、
私たちの関係は、なぜかさらに悪化していくのでした。

『すぐに役立つ心理学講座』を読んで、実践していくにつれ、
人間関係の成り立ちが、手に取るように分かるようになりましたが、
私の中にまた疑問が沸いてきました。

心理がどのように人間同士に作用し、また目指すゴールも分かったけど、
そのゴールに辿りつく方法は、人それぞれ・・・という感じではっきりと書かれていないのです。
結婚や恋愛の4つの心理ステージで、私が到達したいゴール、
「再生」のステージに、どうやったら辿りつけるのかなどの、
ステップ・バイ・ステップ的な実践方法が書かれていないのです。

それから、私はその「方法」を探しはじめました。
どうすれば「再生」のステージに辿りつけるのか、
それが知りたかったのです。

     ******

きっかけは、夫婦関係に悩んでいた私に、
友人のYちゃんが貸してくれた1冊の本でした。
それは、小池龍之介さんの「もう、怒らない」という本でした。

そのタイトル「もう、怒らない」を見て、

『理由もなく毎日のように夫に嫌味を言われ、怒鳴られ、
怒りたくないのに、怒らされて困っているんだよ!
なのに「もう、怒らない」って・・・?
Yちゃんは、怒っている私が悪いって言いたいわけ!?
悪いのは、全部夫なのに!!!(怒)』


と、思いました。

いつも重そうで怪しげなパワーストーンを身につけた、
唯一のスピリチュアルな友人のYちゃんに、
当時の私は軽く引いていましたし、

心理学にどっぷり浸かっていた私にとって、
若いお坊さんの小池さんのベストセラー著書でさえ、
怪しい自己啓発や、スピリチュアルの類の非科学的な本であったので、
読むことにかなり躊躇しました。

けれど、当時は藁をもつかむ思いだったので、
ともかく騙されたと思って読んでみようと本を開きました。

肝心の本の内容は忘れてしまったのですが、
恐れているほど怪しくない内容だったのと(笑)
心理学と似ているけれど、またそれとも違った深い視点や、
探していた具体的な日々の実践方法などが書かれていました。

小池さんの本が、
私のスピリチュアル恐怖症を緩和してくれたおかげで、
新しい世界の扉が開いて、読みたい本が山のように出てきました。
宗教や、チャネリング、臨死体験、神秘体験など、
様々なジャンルの本を、たくさん読み漁りました。
中でもニール・ドナルド・ ウォルシュの「神との対話」は、
私にとってのバイブルとなり、元夫にも勧めて読んでもらったりしました。

そんなある年、元夫が緊急入院をしました。

原因は元夫の父親が若くして心臓発作で亡くなったため、
医者が元夫に低アスピリン剤を毎日摂取することを勧めたことでした。
健康なのに、なんで薬をのまないといけないの!?
そんなのおかしいって!と、私が反対するので、
意地になった元夫は低アスピリン剤をのみつづけ、
血小板が激減する生死に関わる奇病にかかってしまったのです。

そして退院の3か月後、転んで左足にヒビが入る大怪我をし、
また3か月かけてそれが完治したら、
今度は右足首を上にあげることができなくなってしまいました。
これは、病院を変えてどんな検査しても原因不明としか出てきませんでした。

3か月ごとに立て続けに起こる謎の厄難と、
そのストレスからの夫との言い争いの日々に心身ともに疲れ切って、
当時通っていた美容師さんに愚痴っていると、
「上江洲義秀さんって知ってますか?」
と言われました。

美容師さんいわく、上江洲義秀さんとは、
手かざしで、どんな病気も治してしまう沖縄出身のヒーラーであり覚醒者で、
現在は病気を治療ではなく、人々を覚醒に導くためのヒーリングをされていること。

そして、
「2か月後にニューヨークにいらっしゃるので、
上江洲さんのヒーリングを受けたら、ご主人の足も治るかもしれませんよ」
と、言われたのですが、

小池龍之介さんの本でさえ、怪しいと引いてしまっていた私ですから、
『うっわ~!超怪しい~!もしかして新興宗教の勧誘!?』
って、心の中でドン引きしていました。

でもなぜか、心に引っかかるものがあったんですよね。
それでもチキンな私は、セミナーに参加したほうが良いなら、
私がなにもしなくても行く事になるだろうと思い、放っていました。
そして、セミナーが迫ったある日、Yちゃんではない別の友人と食事の席で、
上江洲さんの話をしてみたら、

「そのヒーリング、受けてみたい!
(*゚∀゚)=3」

と、友人は言い出し、率先してセミナーの申し込み方法などを調べてくれたのです。

宗教団体ではない事を何度も確認し、
料金も破格だし、少しでも宗教臭がしたら逃げることにしようと思いつつ、
2010年9月に行われた、上江洲義秀さんのニューヨーク・セミナーに、
足の治療のためにと説き伏せた元夫と、友人との3人で参加したのでした。

長くなったので、またまた続きます~!
(2話で収まると思ったのに無理でした。ごめんなさい~!)

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : ワタシのこと
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ネコんぱす says..."気になる~!"
すごく興味深いです!
続きが気になる~!
2016.08.18 15:37 | URL | #- [edit]
七星 says..."こんにちは"
いつもブログを拝見しております。
今悩んでいる事へのヒントが欲しくて、直感でこのページを開いた途端に魂(ハートチャクラ?)から例えるなら空気が抜ける様な感覚がしまして、内容を読んだらドンピシャでした。
(その3のコメント欄に続きます)
2017.03.29 08:46 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/579-474828f0
該当の記事は見つかりませんでした。