癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

みんな仲良くなんてならなくていい

8月のスペイン旅行から帰ってきて、
地に足着いたような感覚です。

3月のメキシコのユカタン半島旅行では、
優しい女性性のエネルギーを受けて、
ピンク色のふわふわした気分になったのですが、、
どうやらスペインは男性性のエネルギーが強いのか、
そのふわふわ浮いていた気持ちが、
良い意味でどっしりと落ち着いたという感じです。

そして、その影響を受けてなのか、
現実が現実として目に入ってくるようになりました。

現在、勤めている会社が最悪の暗黒モードなんですが、
メンバーが入れ替わるたびに、人間関係の問題が発生して、
どうにか社員同士を仲良くさせようと、ランチ会を開いたり、
ミーティングで話し合う場を作る上司に、

そんなことしても、
社長や管理職の態度が高圧的なのが、そもそもの原因なんだし、
上のあんたらの意識が変化して謙虚にならない限り、
社員全員が仲良くなるなんて無理やがな・・・と、
考えていて、気づいたことなんですが、

そもそも、仲良くなろうとすることが間違いなのでは?
ハッ!(`ロ´;)


と思ったんです。

仲良くしようと思わなくていいんですよね!?

「そうですよ!( ̄□ ̄;)」

と、八多さん、なにを今さら!?
と言いたげな、ノンモさん。

「そうですね・・・じゃあ、八多さんにとってですが、
その高圧的な上司の発するエネルギーを色で例えると、何色ですか?」

えー・・・?エネルギーは見れないので、
私の勝手な印象ですが、赤と水色を混ぜたようなグレーかな?

「そして、その上司に反発している同僚のエネルギーは、
何色だと感じますか?」

う~ん。赤色かな?

「それが愛のピンク色や金色になればいいのにとか、
ピンク色や金色になるように愛と光で包みましょうって思うことが、
そもそもの間違いでエゴなんです。
スピリチュアル界の多くの人が、この勘違いをしていると思いますけどね」

はい。私も愛と光でこの世を優しいピンク色に包みましょう♡
って思っていたんですよ。

でも、よく考えれば、
本当に気の合う仲良くなれる人って人口の0.01%未満で、
気の合わない人口のほうが明らかに多いのに、
天の道を進むものとして、その人たちとも仲良くしなければと、
どこかで思っていたようなんですよね。

でもこれ、スピリチュアルというわけでもなく、
多くの日本人の人も勘違いしているのかもしれません。
日本人は出る杭は打つ精神を持っていますからね。

けれど、アメリカ人は、異は異として素直に受け止めて認めていると思います。
だから、彼らは自分の意に反する異と仲良くなろうなんて、
これっぽっちも思っていないんですよ。

だから、意に反する異とは真っ向から立ち向かうのですが、
でも、その異と話してみたところ、
意外にも共通点があることが分かったりすると、
急に仲良くなったりするんですけどね(←経験ありです。苦笑)
まぁ、良い意味でも悪い意味でも単純なんですね。

・・・と、こちらに話を進めると、違う方向に行ってしまうので、
話をもとに戻しますが・・・、

みんな仲良く!と思うから、
そうでない現実や、そうならないことに、ストレスを感じるんですよね。
でも、みんな違うんだから、仲良くなれなくて当然だよねと思うと、
気持ちが楽になるんですよ。

「そうですね。人が放つエネルギーには、いろんな色がありますから、
その色に染まらないように、常に自分を透明な器にしておくことです。
透明な器はどんな色のエネルギーも、そのまま通します。
そして、自分はその色の影響を一切受けないままでいられるのです。

職業がセラピストで、困っている人や怒っている人から影響を受けて、
いつも疲れてしまうので、影響を受けない身体になりたいと言っていたクライアントにも、
先日、この身体を透明に保つアドバイスをしたばかりです。

天の世界とは、そういう世界なんです。
天は誰かを何色に変えようとか、何色にならなければ・・・などと考えません。
ただ、その色から影響を受けないように透明でいるのです」

それは・・・、

「白色が、一番スピリチュアル的に高貴な色だと思われているようですので、
瞑想中に、白い光などを思い描く方もいらっしゃると思いますが、
白色は、赤や黒など、他の色に染まってしまうのです。
ですので、どんな色にも染まらない無色透明をイメージしてください。

怒りや悲しみの負のエネルギーを受けても、
透明になった自分のエネルギーは何の影響も受けず、
それが通り抜けていくイメージを持ってください。
これを続ける事で、何があってもブレない自分になれます。

逆に喜びや楽しさのエネルギーを受けた時は、
透明になった自分のエネルギーが、
多角面のクリスタルになったように、
まばゆいばかりに、その歓喜のエネルギーを、
周りに拡散させるイメージを持ってください」


と、以前ポコプンが話していた瞑想での無の状態のことですね。
(過去記事『瞑想での無の状態』をご参照ください)

「そのとおりです」
と、ノンモさん。

ということで最近、色眼鏡ならぬ、”エセ愛のスピリチュアル眼鏡”をはずして、
現実を直視するようになったように感じます。

自分の湧き上がる感情を、善悪と感情抜きにして見つめ続ける、
自己観察(内観)のように、
自分に巻き起こる現実も、きちんと正しく見ることが、
ものすごく大切なことなんだと感じるようになっています。

宗教、哲学、社会、世間体、習慣、ニュース、
噂話、占い師、道徳、親、先生、聖人、友人などの、
自分以外の誰かの価値観なんかを抜きにして、
苦手なことは苦手、嫌なことは嫌、好きなものは好きと、
ピュアな自分の意識の力でちゃんと見て判断することが、
とても大切なんだと思うのです。

そして、本当に自分と波長が合う人、合わない人、
好きな人、嫌な人、苦手な人をきちんと自分で理解してはじめて、
仲良くなれない人とお互い気持ちよく生活するための、
妥協策がとれるようになるんですね。
たとえば、波長が合わない人に近づいてお互い消耗するよりも
距離を保つことが平和的だと、判断できるようになるんですよね。

それに、この世のすべてが愛のピンク色に染まったら、
それはそれは、平和で居心地の良い、
退屈極まりない世界になるでしょう。

でもこの世に様々な色(個性や考えや思い)があるから、
ぶつかり合って問題や争いも収まらないけど、
その嫌な経験から、まだまだ他の色に染まって傷つく、
自分の弱さ(課題)に気付けたり、
不快感や争いに疲れきることで、仲良くなれない異を認め、
それぞれの色を受け入れ、流しあえるように、
透明な器でありたいと、強く願うようになれると思うのです。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 3 comments  0 trackback

3 Comments

もちもち says..."こんばんは!"
そう思うと気が楽になりますね(・ω・)ノ

いろいろな個性に囲まれてできることに、私も挑戦していきたいです。

正しく見る力と、判断する力、大切ポコ!ありがとうございます。
2016.09.05 22:47 | URL | #- [edit]
ナォーン says...""
そうです!そうです!
昨日、私も気づいたんですよ~(^ー゜)ノ

以前から職場で苦手な○○さんがいて、業務確認したいことがあり、その時近くにいた○○さんにたずねると無視されました。

「また私だから無視するのね…違う人だったら愛想笑い+返事するのにさ。友達に愚痴ろうかなぁ。」と思いました。

でも絶対に悪口は言わない!!と天の神に誓ったので、この心の呟きを取り消すと、「苦手な人がいても良いよね。無理に話をしようとしなくても良いよね。相手も私が気に入らないんだから仕方がないよね。」と自然に思えたんです~(^ー゜)ノ

ブログの内容はドンピシャリ!!で納得し、生きるのが楽になりました~♪
2016.09.06 15:32 | URL | #eq6eQq5k [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
もちもちさん、ナォーン、

コメントありがとうございます♪

もちもちさん、
何事もそうですが「~しなければ」は、しんどいですもんね。私も今更ですがこの気づきがあって気が楽になったので、もちもちさんにもそう思っていただけて良かったです。v-238

ナォーン、
仕事場とシンクロしたんやね~!私も自分の心の中で「もう、あれこれ考えたくないの!」「もう、愚痴は言いたくないの!」と宣言し続けているうちに、気がついたらやらなくなっていたということが何度もあるので、この方法は本当に使えますね!
2016.09.13 02:55 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/592-a8cb38d5
該当の記事は見つかりませんでした。