癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

サメの第七感

ラッキー☆神式300点の質問を下さった、
Mさんへのポコプンからの回答がとても興味深いものでしたので、
ブログでシェアさせて頂くことにしました。
Mさん、ポコプンのちょいSな回答だったのに、
転載のご快諾をありがとうございます♪



Mさんからポコプンへの質問:

地球に暮らす鳥類の美的感覚は、他の動物と比べて群を抜いている気がします。
羽の美しさ、立派さ、巣作りの巧妙さは、いったいどこから来るのでしょうか。
庭師鳥の持つ美的センス・雌雄の駆け引きなどは、その完成度の高さに脱帽します。
親の巣作りを見ているわけでもないのに、鳥たちは親と同じ巣を作り上げます。
正確には、クローンのように全く同じではなく、その作成方法が同じということが不思議なのです。

たとえば利用できる材料の調達の可否により、違う素材を使うこともあり、
そこにはすでに確立された基礎と臨機応変な応用、知恵があります。
配偶者を決定するために、鳴くことが得意な鳥は練習して美しく鳴けるように学び、
ダンスをする鳥は先輩を真似て練習するようです。

面白いのは、人間が聞いても観ても、
レベルが高い・良いなと思う方をメスが選ぶということです。
(努力しているなとかそういう評価は入り込まないので、
おそらく人間よりももっとシビアに選ばれていると思いますが)

このようなことからずっと疑問に思っていることがあります。
鳥と人間の美的感覚の類似はどこからくるのでしょうか?
遺伝子のプログラムだけでそこまで可能だとは思えないのです。
脳だって、人間に比べたら恐ろしく小さいわけです。
(人間の脳のでかさがそもそも何のためなのかは知りませんが)
なにか、それこそ共有意識というか特別な知識、知恵、知性があってのことなのか?

鳥類のずば抜けた美的感覚はどこからくるのでしょうか?


     ******

ポコプンの回答:

少し厳しい言い方になってしまうかもしれませんが、ご質問の内容が人間視点ですね。
この人間視点というのは、人間が自然界で一番だと思っている視点という意味です。

地球には、もともと鳥や昆虫や爬虫類などが、人間よりも先に地球に存在しており、
鳥が美しく鳴くことや、人間が「求愛のダンス」と呼ぶダンスなども、
もともと人間ではなく彼ら「鳥」が先に地球上でやっていたのです。

人間は大きな脳を持ちながら、たった五感までしか使えませんが、
小さな脳を持つ動物は第六感まで使うことができます。
ロレンチーニ器官で海の電磁波を感知するサメなどは、第七感まで使えるのです。
その上彼ら動物は、宇宙意識につながることができ、
彼らのほうが人間の何万倍も「知っている」のです。

shark.jpg


羽の模様や、独特のダンスや、美しい鳴き声を通して、
相手(メスなど)を魅了するという繁殖以上の目的が、鳥にはあります。
けれど、その目的を人間の脳で理解することは到底できません。




実は魚はいわば微弱な電池のような存在でもある。魚の細胞中の塩分濃度と海水のそれとが異なることで,魚と海水の間に電位差が生じるのだ。ただ,それによって周囲に作られる電場は非常に微弱だ。ところが実験の結果,海中の1cm離れた2点間に100万分の1ボルトという電位差が存在するだけでも,サメはそれを感知できることが明らかになった。

サメはこの超高感度の電気センサーを獲物の位置特定に使っているらしい。魚が発生する電場を模擬できる電極を海中に下ろし,電極から少し離れたところに魚のすり身を置いてみた。サメはすり身に引き寄せられるようにやってきたが,最後の瞬間,サメが噛みついたのはすり身ではなく電極の方だった。サメは血のにおいを手がかりに遠方の獲物を探知し,接近してからは電気感覚で相手を“見て”いる可能性が高い。


(日経サイエンスより)


     
Sな回答で申し訳ありませんが、ブログでシェアさせて頂けませんか?
と、恐る恐るMさんにお問い合わせしたところ、

いやいやいやいや、理想的な回答で、やっぱりね!ヒャッハー(*≧∀≦*)です!
回答にあったように、地球での存在がどっちが先かとかは全然考えてなかったですが、
想定外に良い情報ありがとうございます!

ブログに犬と猫の存在の違いの記事もありましたが、人間は新参者で、
人間以外の動植物すべてが人間の考えなど及ばない完璧で素晴らしい存在なのですね。
推測していた通りで嬉しかったです~^^b
もちろん、ブログに掲載OKです~!


と、ご快諾をいただけました。
Mさんの懐はかなり深いと思います。

Mさんは鳥のすばらしさを思われたわけで、
人間視点とかそういう意味でご質問されたんじゃないんだと思うんです。
ほんと、すいません・・・。
(>_<)

私としては意外でもあり、やっぱりそう回答するのねと納得でもありというポコプン情報でした。

特に最近のポコプンは、人間は自然界(というよりも宇宙)の新参者で、
一番意識が低いというのに、謙虚さが全くなってない!
ということを伝えようとしているんだと思います。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 地球語
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 1 comments  0 trackback

1 Comments

もちもち says..."こんばんは!"
質問者の方は本当に鳥達のことが好きなのが伝わってきます。

サメは第七感まで使えるのですか!獰猛そうなイメージで勝手に勘違いしておりました。

動植物達は人間を迎い入れてくれたのに、その想いを無下にしたのが一番堪えます…(´;ω;` )ぅうっ
2016.09.23 23:48 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/603-f23b03c4
該当の記事は見つかりませんでした。