癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

私の神式会社への入社方法~ノンモさんの名刺~

『私の神式会社への入社方法~イントロダクション~』からの続きになります。

「私の『何かや誰かのせいにしてたけど、 自分の心理的な問題だったのかも?』その3」
からの続きとしてもお読みください。



「今まで会ったどの心理カウンセラーとも違う、
素晴らしいカウンセラーだった。
あんなに聡明な人にはなかなか会えないな。
おまえにはアンガーマネージメントの問題があるから、
おまえも彼に会うべきだ」

と、カウンセリングを受けて家に帰ってきた元夫が、
私に差し出したそのカウンセラーの名刺には、
ノンモさんの名前が書かれていました。

で、私は元夫の言い方にムカついて、
その名刺をポイッと書類ケースの中に放り投げ、
そのまま数か月が過ぎました。

ある日、会社のお局とひと悶着していたことや、
なにをやっても夫婦関係が良くならないことに疲れ果て、
部屋の掃除をしていたところ、持ち上げた書類の束から、
忘れていたノンモさんの名刺が、
ババーン!って感じで出てきたんです。

表現方法が乏しくて申し訳ないのですが、
まさに、ババーン!といった、
顔があったならドヤ顔だったであろう名刺の登場だったので、
こんな風に出てくるってことは、きっと何か意味があるんだろうなと思って、
とりあえずその名刺を財布に入れました。
そして、また数週間経ちました。

はい。今も相変わらずなのですが、
八多は恐ろしいほど腰が重いのです(笑)

私は元夫の仕事関係で、他州に数年間暮らしていたことがあります。
その時にコンドミニアムを購入したのですが、
数年後、また元夫の仕事関係でニューヨークに戻ることになった時に、
不動産の大暴落が起きて、コンドミニアムの買い手が見つからず、
毎月そのローン返済と、ニューヨークの高額な家賃を支払っていました。
それに加えて、カードローンの返済もあり、
来月の家賃をどうやって支払おうかと悩むほどの借金地獄でした。

小学校の教室に掲げられていた、

「努力」
「忍耐」
「根性」


この3つの言葉が大嫌いで、
自分は絶対にこの3つの言葉に関わらない人生を送ろうと、
思っていました。

というのもあって私には、会社をきちんと勤め上げるとか、
こつこつと努力して出世するとか、
ある程度の年齢になったら定職につかないと・・・
といった概念がまったく無く、

稼ぐ方法はなんであれ、生活できたらそれでいいんじゃないの?
というポリシーなので、
会社の人間関係がこじれたり、面倒になると、
退職して、また転職するというのを、
1年~1年半周期で繰り返していました。

でも別に、私には忍耐力がないのでは?とか、
もうアラフォーなんだから、そろそろ定職に就かないとまずいのでは!?
といった、焦燥感も何も感じていませんでした。

ところが、この借金地獄のため、会社が嫌で嫌で仕方なくても、
辞めるわけにはいかなくなりました。
そして、離婚すれば各々の家賃を支払った上での、
ローン地獄となるため、経済的な理由から、
結婚生活も続けるしかありませんでした。

そんなある日、ふと会社で、
『ノンモさんに会ってみようかな』
と、思い立ちました。

だって、夫婦カウンセリングは、
片側だけでなく、両者側から話をするほうが効果的だっていうし、
どうせ元夫は私のこと、ボロクソに話しているだろうから、
妻の言い分もきいてもらっても良いんじゃないかな・・・?
それに、精神的にかなり疲れてる私の悩みも聞いてもらいたいなぁ・・・。
と、思ったからなんですが、

そしたら、今でも忘れられないのですが、
私のおなかの中で、それまで細々とゴザやワラジを編んでいた、
江戸時代の農村の困窮した男たちが一斉に、
ハッ!と驚いた顔で私を見上げたかと思うと、
作業を投げ出して、輪になって踊り出したんですよね。
(という、イメージが浮かび上がったんです。笑)

Σ(-∀-;)
な・・・、なにこれ!?
なんで貧しい江戸時代の農村が私のおなかの中に!?


と、そのイメージにギョッとしたものの、
おなかの中で踊っていた村人(でもなぜか男だけ)が、
呑めや唄えの大宴会まではじめ出したので、

これは、ノンモさんに会ったほうが良いってことなんだろうな・・・。

と、意味不明にも納得し、
名刺を手にしてから約半年後に、
ようやく重い腰を上げ、ノンモさんにメールをしたのでした。

次回に続きます。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

きく says..."歓喜にわく農民たち!"
何て分かりやすい!ポコプンや八多さんの中の人たちは、ノンもさんに会う機会を渋る八多さんにじりじりもやもやしてたんですね。踏み出すことを決意したときの歓喜の渦、しかも江戸時代の水呑百姓たちの(♂限定)って、面白すぎです。ノンモさんとの出逢いは、何千年もの時の糸を手繰り寄せて、今この時って、天が用意していたように思います。
一方で、ご主人との結婚生活の中で、ローンに押し潰される生活苦の方も、大丈夫かしらと気になってしまいました。
八多さん、さらっと書かれていますが、大変な時期を過ごしてらしたのですね。
2016.09.27 12:29 | URL | #- [edit]
みぃ says..."( *´艸`)ヒャー"
ハ多さん面白すぎます(笑)
爆笑しましたよ❗️
お腹の中に貧しい江戸時代の農村!
すごいイメージが湧きましたね✨
でも何故か、その農民の皆さんの氣持ちに寄り添えるのが不思議!
2016.09.27 19:42 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
たぶんポコプンさんが精力的に動いていらっしゃいますね(  ゚ ▽ ゚ ;)ナント!

ラッ☆神のポコプンGOの日、青いブラシが落ちてきて、おかしいなー?いつもはピンクのブラシばかり落ちるのになぁ。ちゃんとフックに掛けている方が落ちるなんて変だ。

もしかしてポコプンさん!?(;・д・)え?ポコプンさんって物を動かせるの??という事がありました。

続きが凄く気になります!次回も見逃せないポコ!
2016.09.28 00:03 | URL | #- [edit]
maya says..."初めまして(╹◡╹)"
いつも、「八多さん、早く関西に帰ってきて〜」と思いながらブログ読ませてもらっています♬

今回の話、めっちゃ分かります!!

私、以前に「ありがとう」の小林正観さんに初めてお会いした時、自分の表面意識と関係なく、

突然、私の体の中で、誰かが狂喜乱舞してるのが分かったんです!
喜び過ぎやろ〜って位のお祝いでした(笑)

思い出すと今でも不思議ですが...

あの頃、自分の不幸は全て人のせいだと、恨み辛みで生きていた私の意識を、確実に変える事になった出会いでした。
2016.09.28 08:05 | URL | #0KiDOWaE [edit]
なみ says..."わはは~!"
面白すぎですっ!(≧▽≦)

困窮していた農民の方達、
よっぽど嬉しかったんですね~♪

イメージ映像が湧き出てきました(笑)
2016.09.29 22:29 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
みなさま

コメントありがとうございます♪
お腹の中に貧しい江戸時代の農村のイメージに共感して下さる方が多くて、なんだかうれしいです(笑)
mayaさん、小林正観さんにお会いされたんですね!いいな~!そうですよね、たまに三次元の頭で考えていることと魂の望みが一致した時には、体の中で、誰かが狂喜乱舞しますよね~♪この狂喜乱舞が、魂の望みのサインなのかもしれませんよね。もちもちさん、ノンモさんとの出会いは本当に少女マンガのような設定で、ここまでポコプンが精力的に動いてくれたのは、それ以前も以後も、この時だけでした(笑)長くなりそうですが、私の神式会社への入社方法に、お付き合い下さいませ~(なぜか今、書き上げないといけないように感じています)
2016.10.04 02:38 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/607-8c96d506
該当の記事は見つかりませんでした。