癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

神々の近親婚

以前の記事『思うだけでは子供はできません』で、

「神の世界なら、違った経験をするために、
自分の分身が欲しいと思えば、すぐに分身(=子供)が出来ますけど、
物質世界の3次元では、思うだけでは子供は絶対に出来ません。
性行為がなかったとしても、体外受精などのように、
卵子と精子との結合が必要になります」

と、ノンモさんが言っていましたが、
神の世界で子供を作る方法については、教えてもらえていませんでした。

神の世界って、

聖書の、アダムとイブ
古代エジプト神話の、イシスとオシリス
古事記の、イザナミとイザナギ


のような兄弟姉妹婚に、
引いてしまうんですけど・・・。
なんで神の世界では、こんなに近親婚が多いのでしょう?

「神の世界で子供を作る方法は、
3次元の常識とはまったく違うんです。
神の世界では性行為は必要ありません。
ふたりの神の同意で、子供ができます

と、ノンモさん。

「で、神の出産ですけど・・・、
体の妙な部分から子供が生まれるイメージが見えます」

妙な部分?
ブッダは脇の下から生まれたそうなので、
脇の下なんですか?

ブッダ 脇の下

「う~ん。脇の下かどうかは・・・(苦笑)
4次元でさえ空間がコントロールきますから、
神の世界では、時間(妊娠期間)や、
空間をいじって出産する体の部分をコントロールするなんて、
簡単なことだと思いますよ。
出産はもちろん無痛で、好きな時に赤ん坊を、
肉体から引き出せるのかもしれません」

(→記事『次元をわかりやすく説明してみました』をご参照ください)

へぇ~!
それは、旧約聖書に書かれている、
禁断の果実を食べたイブに神が言われたとおりですね!



つぎに女に言われた、「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう」
(旧約聖書:創世記:3章: 16節)




痛みと苦しみを伴う出産は、
3次元ならではのものなんですね~。

でも、近親婚は血が濃くなりすぎて、
病気にならないんですか?

「3次元での近親婚から生まれた子供は、
先天性の病気や障害が起きますが、
神のDNAが入っている場合は、病気にならないそうです。
これは神と人間の間にできた、半人半神の子供のきょうだい間の
近親婚でも同じだそうで、
神のDNAが入っているから、血が濃くならないそうです」
と、ノンモさん。

「たとえば、小型犬と大型犬のハイブリッドを作る時、
必ずメスのほうが大型犬でなければならないように、
神と人間のハイブリッドの場合も、
人間が男性で、神は女性神でなければならないんです」

え?なんでですか?

「神は体が大きいんだそうです。
小型犬が大型犬の子供を妊娠したら、
体が破裂してしまうでしょ?
それと同じで、人間の女性が神の子供を宿しても、
体がもたないらしいです」

だから、山幸彦と豊玉姫(浦島太郎と乙姫)の神話のように、
女性神と人間の男性である必要があったので、
癒守の地球物語で必ず女神であるのはそのためなんだそう。

でも、大神神社の神話では、
大物主は男性神ですが、活玉依比売(イクタマヨリビメ)は人間だったはず・・・。
また詳しく聞いておきますね~。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************

スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓



Category : 未分類
Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

みぃ says..."ほぉ〜(*°o°*)"
神様の世界の妊娠、出産…
かなり羨ましいです(笑)
3次元も、そうなってくれると助かるのですが( *´艸`)

神様と人間の妊娠…
確かに人間の男性と女神様というパターンですよね。
そういえば崖の上のポニョでもフジモトと海の女神さまの子供がポニョでしたねー(*´︶`*)
あと昔話にも人間の男性と鶴、雪女…とかありますもんね。

たまにある逆バージョン…
氣になりますね。
2016.12.19 18:08 | URL | #- [edit]
きく says..."古代の王家は、"
神のDNAを強く継承していたから、近親婚が可能だったというのは、なるほどでした。
そうなると、神の子の結婚は子孫に、DNAを残すことを目的にしているでしょうから、血統の重視は必然ですね。
天○家の謎の解明が、癒守の地球物語の核心のように思えます。どのように展開していくのか、今後が楽しみです。

女性神と人(男性)の組み合わせとなると、ギリシア神話は、ゼウスをはじめ男性神があちこちで人(女性)との間に子をなしています。ギリシャ神話は、異なる系統になるのでしょうか?三輪神社の大物主同様、気になります。いずれにしても、古代の女系から現代にいたる男系への転換は、誰かの何らかの意図が働いているのかもしれませんね。

そうそう、『神話の力』のビル・モイヤーズの「まえがき」が泣けます。キャンベルへの深い哀惜の念と敬愛の情に満ちています。
2016.12.19 18:13 | URL | #- [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.12.19 21:44 | | # [edit]
朔 says..."神の子生みというと"
イザナギが黄泉の国から逃げ帰って禊中に体の各部分から次々と神が生まれたのと、
アマテラスとスサノオの誓約(うけい)で、持ち物を交換して噛み砕き吐いた息から生まれたのが印象的です。
日本以外だとギリシャ神話で、双子座と白鳥座の由来の大神ゼウスが白鳥に化けて人間の女性との間に子をつくった時は卵で生まれているから
男神と人間の女性でもどうにか出来そうな気もしますが。
イクタマヨリビメは、タマヨリ=霊依で巫女姫という説があるので、普通の人間とは違うのかもしれないですね。
または、大きな霊力を持った家系だから祭祀を任されたのを血縁者だったという事にしてしまったのか。
それとも、古代人は少なからず神の血を引いていたのかしら?
2016.12.19 22:47 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
神のDNA凄いですね(*□*;)ほぁ~

癒守の地球物語を読んでいて、そこが何気なく気になっていましたが安心しました。ヨカッタですぞ~!

自分も逆バージョンが気になります!
2016.12.21 02:41 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/637-b0327405
該当の記事は見つかりませんでした。