癒守の地球

~いますべてが生まれ変わるとき。シリウス意識の光の地球へ~

私の常識とノンモさんの常識

先日の記事『この世は短い夢の世界』に、
とっても好評いただいているので、驚きました!

「でしょう?
ポコプンからこの情報を教えてもらった時、
すっごい情報だから驚くだろうな♪
と八多さんの反応を期待して伝えたら、全然反応なしで・・・。
あれ?おかしいな?と思って、
また別の機会に伝えたけど、スルーされちゃって、
3回目に伝えた時に八多さんは、

『それは誰もが知っている基礎ですし、
過去のブログにも書いていることなのに、
なんでポコプンは何度も何度も言うんでしょうね、
そんなにポコプンが言うのなら・・・』

って言って、
ようやくブログに書いてくださったんですよ」

だって、12月の記事『ブッダのようなポコプン発言』に書いたことと重なりますし、
別に今さらポコプンに教えてもらわなくても、
こんなの小さいころお寺や大人から教えられる、
仏教の基礎中の基礎『功徳(くどく)を積む』ってことじゃないですか。

・・・って、そう今まで思い込んで、
あの世を意識しながら生きてきたんですけど、
もしかして、これって一般常識ではなかったんですね!?

「一般常識ではないですよ!
人を欺き、傷つけている人たちが、
この世でもあの世でも裁かれることがないなんて、
なんて神は不公平なんだ!生きている意味が分からない!
ってずっと思ってましたけど、
この世が夢で、死後の目覚めた世界が現実だと知って、
この世の理不尽な数々が、あの世ではちゃんと影響するんだと、
生きる希望が出てきました!」
と、ノンモさん。

えええ~!?そんな風に思ってたんですか?
神は恐ろしく平等ですよ!
だから、入信しない者は地獄に行くとか、
女性は男性より劣ってるとか、同性愛禁止とか、
そういったことを説いている宗教なんかにいつも、

『あ~あ、死んだらえらいことになるのに・・・』
って思ってましたもん。

っていうか、これまで考えたこともなかったけど、
この私の思い込みというか、
”知っている”感は、一体どこからくるんでしょうか?
実家の裏のお寺からなのかな?

2年前『魂の法則』を読んで、目から鱗がボロボロこぼれて感動した、
第4章の『愛の法則』を、ノンモさんに強くお勧めして読んでもらったら、

「八多さんが絶賛していた第4章の『愛の法則』は、
もう知っている事でした。第1~3章のほうが驚きで、
ちょっと!ポコプンの言ってることがそのまま書いてあるよ!って、
ポコプンに話しかけながら、読みましたからね」

って、ノンモさんが言っていたことに驚きましたが、
(→記事『ノンモさんが『魂の法則』を読み終えたそうですヽ(゚Д゚;)ノ 』をご参照ください)

私は『魂の法則』第1~3章が、知っていることだったんですよね。
ノンモさんが知っていることを、私が知らなくて、
私が知っていることを、ノンモさんが知らないんですね。
おもしろい・・・。

でも、私にとっての常識の、
この世は功徳を積む場(または精神修行の場)を、
基本に今までブログを書いていましたので、
一部、意味が通じないところもあったでしょうね。

例えば、記事『「あの世」と「次元」は違うもの』で書いた、

愛と心が学べるのは、この3次元だけで、
神の世界にアクセスできるのも3次元からのみ


という情報は、
私にとって心が震えるほどの感動で、感涙ものだったのに、
「いいね」やシェア数が低いので拍子抜けしたんですけど、

これも、『この世は短い夢の世界』の情報が先なら、
もっと理解していただきやすかったかもしれませんよね。
(あぁだから、この情報の前からポコプンが、
この世は夢で・・・とクドクド言っていたんですね。苦笑)

そしてカテゴリの『あの世と魂の仕組み』の記事の数々も、
『この世は短い夢の世界』の情報を知った後なら、
もっと理解を深めていただけるかもしれません。

*****************
癒守結ヒーリングと座談会に、
ご興味がある皆さまからの、 ご連絡をお待ちしております♪
詳しくは「ホームページ」をご覧ください。
*****************


スピリチュアル情報サイト「トリニティー」にて記事を連載させて頂いております。ぜひこちらもご一読下さい。

↓拍手&応援のポチッも、よろしくお願いします↓




Posted by 八多 恵子(ハタ エコ) on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

きく says..."そうなんだ・・・"
私も、功徳(+おてんとうさまが見てる)って民間信仰的な常識だと思っていました。でも、最近気になっているのは、世代間で古くからの智慧が伝承されていないことです。こどもの生育環境が変わってきているからですね。だから、ポコプンは、八多さん、ノンモさんを通して伝えようとしているように思えます。このところの魂の仕組みの記事、なるほど、と思うことばかりです。前回の、「行動よりも心」というのも、例えば、犯罪で故意の有無が問題にされるのは、もしや魂の仕組みを無意識に取り入れているのかと、勘ぐってしまいました。ついでに、「この世は短い夢」というのは、荘子の胡蝶の夢を髣髴させます。私たちは、あちこちでいろいろな情報を受け取っていながら、バラバラに理解しているのかもしれません。パズルのピースが埋まっていくような感覚です。
お忙しいのに、記事の更新、いつもありがとうございます。あと少しですね。
2017.01.17 23:43 | URL | #- [edit]
いわこ says..."ワタシも"
功徳を積むというか、人知れず善行をすることで徳を積むことができるということは、親の教育もあってか小さい頃から体に染み付いていたので、実は、このブログでずっと云われてたカルマが現世では返ってこないということがずーっと心に引っ掛かっていて、最近の記事で現生の行いがあの世に影響するということを書いてくださったので頭でもようやく納得した次第です。。。

真理を言葉を伝えるのはなかなか難しいことですし、人によっても解釈が違いますし、同じことでも理解できる時期は人それぞれだと思います。
八多さんの言葉とペースでこうしてブログで伝えてくださっていただいていつも感謝していますm(_ _)m
2017.01.18 13:11 | URL | #- [edit]
みぃ says..."私…"
ハ多さん系です(笑)
ハ多さんが常識だと思っている仏教の世界観(?)が子供の頃から染みついてます。
祖父母と一緒に住んでいたからか、そういう事を普通に聞かされてました。
一般常識ではない事にビックリですね(笑)

ハ多さんとノンモさんは色んな意味で補い合える良い関係なんですね。

2017.01.18 16:44 | URL | #- [edit]
もちもち says..."こんばんは!"
自分の知っている事は相手が知らなくて、相手が知っている事は自分が知っているというのが不思議ですね。

八多さんとノンモさんはお互いに補い合っている感じです。

おおー!もちもちも震えましたよ~!

生きている間にこんな情報を知る事ができるなんて、と!驚きました。

本当に感謝ですポコ。
2017.01.18 19:28 | URL | #- [edit]
八多 says..."コメントありがとうございます♪"
きくさん、いわこさん、みぃさん、もちもちさん、

コメントありがとうございます♪

きくさん、
「この世は短い夢」の情報をポコプンにクドクド言われていたとき、それは荘子の胡蝶の夢のことやんか!って思ってました(笑)本当に、古くからの伝承などがここ100年ほどでこんなにも薄くなっていますよね。昔話を知らない子供たちも増えてきているでしょうね。このタイミングだからこその情報なのかもしれません。ポコプンが作った壮大なパズルのピースが埋まる驚愕の瞬間を一緒に体験出来てうれしいです♡

いわこさん、
カルマが現世では返ってこないとポコプンに言われて、まぁ、3次元はやりたいことをやる世界だからねと納得しつつ、でも悪行は必ずどこかで返ってくるはず、神は絶対に放っておくはずがないと思っていました。で、その後に現実の幽界ではカルマも因果応報もあるとポコプンが言い出して、やっぱりー!って思ったのですが。と、こんな風に、ポコプンの情報を常に信じ切っていない私なのでした(笑)マイペースですが、頑張ってポコプンの言葉を伝え続けたいと思います♪

みぃさん、
私もみぃさんみたいに祖父母とからの影響を受けているのでしょうかねぇ。あと毎月お坊さんが家の仏壇でお経を唱えてくださっていたので、その時にそういう話を刷り込まれていたのかもしれません。本当に一般常識ではないことにびっくりでした。日本人なら誰もが知っていると思い込んでました。

もちもちさん、
みぃさんもおっしゃってますが、私とノンモさんは全てにおいて真逆だと思います。でも補いあっているのかどうかは分かりませんが(苦笑)これって一般常識ですよね!って言うだけで、ノンモさんが理解できるように説明したりしないですからね~(笑)ポコプンに説明任せた!って放っています。こういう情報を知ると、生きているのがワクワクしてきますよね♪次元の情報も出始めたし、かなり高レベルになってきていると思いますよ~。
2017.01.24 11:20 | URL | #CfmXB8WU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://isearth.blog.fc2.com/tb.php/650-6e06cbbc
該当の記事は見つかりませんでした。